FC2ブログ

安達太良:湯川

 2018-10-14
まるでペイントしたような樹皮の斑紋 
PA130153_(2)_convert_20181014110821_convert_20181014112252.jpg


 先日夫の車を廃車し次の車がまだ来ないので、久々にレンタカーを借りた。。。
このクルマのナビに慣れず(いつもの案内とは違うルートだった)、ナビに文句を言いながら 何度か迷走し、「今日は行くなってことかな…」などと思いながらも、何とか東北道に乗った。。
自宅を21時頃出発し、二本松塩沢スキー場駐車場(無料)には、24:45着。クルマは1台も止まっておらず貸し切り、満天の星空に迎えられた。シュラフを出して車中泊。


2018.10/13(土)曇り時々日が射す 単独
           ※写真はクリックで全て拡大可

 5:30起床。シュラフを抜けると少し肌寒い感じがしたが、軽く朝食を済ませる。外を伺うと数台のクルマが止まっていた。
・6:25出発。スキー場を抜け馬返しを右に入ると直ぐに木橋の掛かる湯川に出て入渓。
20181013_061928_convert_20181014120227.jpg PA130004_convert_20181014122905.jpg 20181013_063556_convert_20181014120258.jpg

・ゴーロ状を進む。。。                   ・しみ出し?
20181013_064959_convert_20181016180421.jpg PA130012_convert_20181014125618.jpg

いい感じの枝沢
PA130017_convert_20181014125955.jpg

入渓して1時間ほどで最初の滝が登場!倒木の掛かる5m滝は左壁の緑の岩の横から。。登り易かった。
20181013_072130_convert_20181014130839.jpg 20181013_072205_convert_20181014131103.jpg

                                ・左から。。。
20181013_072541_convert_20181014132746.jpg 20181013_073600_convert_20181014133343.jpg

見上げれば。。。
20181013_074412_convert_20181014133753.jpg

水量は、平水なのか否かわからないが、いずれも釜は青く澄んで深い。。
20181013_074809_convert_20181014140231.jpg 20181013_080144_convert_20181014135116.jpg

・シダと苔が大好き!
PA130046_convert_20181014141153.jpg


20181013_080922_convert_20181014135711.jpg 20181013_082403_convert_20181014135735.jpg

・右岸枝沢にしょぼいが50m滝が掛かる。直ぐに三階滝に到着。二段までしか見えないが、下段は8m滝
20181013_082903_convert_20181014142131.jpg 20181013_083444_convert_20181014142148.jpg

釜は深くって落ちたらこの時期嫌だが、そんなに難しくはなさそうだったので左壁登る。
登ってる途中で釜を覗く。登った先に中段の10m滝が見えた。こちらも何とかなりそうだったので、登り始めたら途中で日が射して、なんと突然が現れた。これはついてるラッキー!慎重に戻り虹のきれいに入るポイントで撮影。右:クリック拡大で虹見えます。
PA130063_convert_20181014144336.jpg 20181013_083937_convert_20181014143654.jpg PA130069_convert_20181014144118.jpg

虹を撮り終えた後、単独なんだし、そんなに登攀にこだわることもないなと思い直し、あっさり巻き道を選択。
右岸の梯子を登り、鎖場を進み、途中で中段の滝を覗いて見る。右:上段の8m滝も釜がサファイアブルーで素敵!何か落とせば女神さまが出てくるかも。。。 この滝も頑張らないことにして巻いた。
20181013_085130_convert_20181014163055.jpg PA130072_convert_20181014163128.jpg 20181013_085559_convert_20181014164001.jpg

これからナメ床が続く。。。
20181013_090555_convert_20181014172317.jpg 20181013_091101_convert_20181014172334.jpg

時々倒木を避けたりしながら、快適遡行!
20181013_092204_convert_20181014173334.jpg 20181013_092529_convert_20181014173402.jpg

・輝くばかりのレモンイエロー。。。
右岸岩壁は屏風岩
20181013_092800_convert_20181014174300.jpg

これが相恋の滝2m+8mと思われます。     ・屏風岩
20181013_092929_convert_20181014173947.jpg 20181013_094121_convert_20181014174700.jpg

★相恋の滝のアップ
前日アップした屏風岩より俯瞰した写真では、随分と滝が立ってるように写っていますが実際は、このような感じ。水流右から登って行った。よく見るとネバーエンディングストリーのファルコンに似てるような。
あっ、角無し水牛かな。。
20181013_093106_(2)_convert_20181014180455.jpg

お~~!遂に二俣までやって来たようだ。
右俣の八幡滝現る。
20181013_094527_convert_20181014181638.jpg

・水が澄んでいて美しい! 八幡滝には登山客が結構いて写真を撮っていた。   
PA130096_convert_20181014184231.jpg 20181013_095001_convert_20181014184255.jpg

休憩後、八幡滝の右側(上の写真のもっと右岩壁に鎖付)を登って行く。。。
八幡滝の上には傾斜のあるナメが待っていた。。。左:振り返る   右:進行方向
20181013_100616_convert_20181014185110.jpg 20181013_100812_convert_20181014185215.jpg

                              ・倒木もオブジェと化す。。
20181013_101030_convert_20181014185726.jpg 20181013_101508_convert_20181014185850.jpg

大きく左にカーブして中の滝:20mナメ斜瀑現る。思いのほか傾斜が有り、始め右から取付いたが、一部ヌメリが有り、避けているうちに段々左に寄って行ってしまい、一瞬セミになりそうになり焦ったが、どうにか左端に出て登り切った。侮るなかれ。。でした。
20181013_101808_convert_20181014190806.jpg 20181013_102013_convert_20181014190833.jpg

・中の滝落ち口より振り返る   ・まだ緩い傾斜有り    ・ひたひたとナメ床を行く。。
PA130117_convert_20181014192157.jpg 20181013_103423_convert_20181014192337.jpg 20181013_103915_convert_20181014192407.jpg

OH~!
10:42 遂に楽しみにしていた霧降の滝20m現る。

PA130122_convert_20181014193729.jpg 20181013_104518_convert_20181014194131.jpg

あなたに逢いたかった!
この表情が見たかった。。。

ウルトラマンのダダ星人より、時の人ロックンローラーU田氏に似てるかも。。。m(__)m
20181013_104553_convert_20181014194826.jpg

しみじみと鑑賞後、ちょっと一人遊びなどもしたりして、霧降の滝にお別れする。
PA130131_convert_20181014213932.jpg PA130130_convert_20181014213947.jpg

・往路を二俣まで戻る。。。   ・トイ状をひょんぐってる  ・中の滝下に女性二人連れが見えた
PA130135_convert_20181014215520.jpg 20181013_111015_convert_20181014215543.jpg 20181013_111310_convert_20181014215624.jpg

女性二人連れは、中の滝左岸を巻いて上がって来た。ごあいさつして少しおしゃべり。今日初めて沢で遭遇した人達だった。
くろすけも勿論帰りは巻き道で下りた。。
滑ったりしないよう神経使いながら、無事八幡滝落ち口まで下りてきた。まだ滝下には登山客が数組いた。
登りでは鎖は使用しなかったが、帰りは慎重に鎖を使用して下りた。
20181013_112801_convert_20181014220608.jpg 20181013_113128_convert_20181014220630.jpg

八幡滝にお別れ。ありがとう!充分楽しめたいい沢でした。これより登山道で戻る。
20181013_113552_convert_20181014223744.jpg 20181013_113724_convert_20181014223814.jpg PA130138_convert_20181014223915.jpg

崩落個所も数か所あったが、鎖や板橋などで補強整備されていた。沢を直下に、紅葉を樹間より垣間見ながらの下山となる。屏風岩で休んでる人達も見えてきた。
20181013_114626_convert_20181014223839.jpg 20181013_114823_convert_20181014224432.jpg 20181013_114849_convert_20181014224453.jpg

紅葉には太陽の光が欲しいところだ。突き出した屏風岩に寄ってみる。
20181013_114954_convert_20181014224713.jpg PA130143_convert_20181014224744.jpg

カメラマンや登山者が数人休んでいた。素晴らしい休憩ポイントでした。
眼下に見える相恋の滝のアップ。あの滝の右側を登って来たのだ。。
20181013_115803_convert_20181014225731.jpg PA130149_convert_20181014225646.jpg 

岩々な箇所も数か所~金剛清水~穏やかな樹林帯となかなか変化にとんだ良いコースでした。
PA130154_convert_20181014230259.jpg 20181013_124814_convert_20181014230021.jpg PA130160_convert_20181014230239.jpg

13:01 出発地に戻って来た。晴れの予報だったのにしっかりと曇って来てしまった。
ありがとう!安達太良:湯川。。秋色のスケッチを滝を楽しみながら心ゆくまで味わいました。
PA130161_convert_20181014231604.jpg PA130162_convert_20181014231649.jpg

今日は、帰りに、石筵の銚子ケ滝(日本の滝100選)に是非寄ってみたいと思っていた。が、レンタカー会社が21時までなので、今の時間なら一見ゆとりで行けそうだが。。高速渋滞発生すると時間が読めなくなるので微妙で心が揺れたが、安心安全運転を選んであきらめた。。。
まっ、あわてることなくマイペースでくろすけ流沢、存分に楽しめたので良しとしましょう。。。
結果的には、高速下りてから渋滞にはまってしまったものの、18時過ぎには地元に戻ることができ、買い物などの用事も済ませゆとりでレンタカーも返却できた。

 安達太良山は「ほんとうの空…」ばかりでなく、沢を含めてあらためていい山だと思った。季節を変え、コースを変え、山も沢も楽しみたいと思った。

 単独での沢、ワクワクとハラハラドキドキ度は満点だが、今回は特に、くろすけの大自然と向き合う原点など、自身を顧みる良い機会となった。これからも、くろすけのプロフィール通りの沢・山人生 ingでありたい。。。

出会った全てに感謝!
くろすけの沢やか人生に乾杯!

スポンサーサイト
タグ :

秋色アダージョ沢登り

 2018-10-13
OH!
三面怪人ダダ現る! (ウルトラマンに登場した宇宙人)   安達太良:霧降の滝20m
PA130124_convert_20181013220525.jpg

ティータイム。。。
オータムショコラはいかが。。。 
PA130134_convert_20181013221847.jpg


三階滝の中段に突如現れた虹! 
20181013_084909_(2)_convert_20181013233506.jpg


屏風岩にて
PA130148_convert_20181013223147.jpg


屏風岩より相恋の滝を俯瞰する            八幡滝にて
PA130150_convert_20181013224337.jpg PA130103_convert_20181013224310.jpg 


2018.10/13(土)曇り時々日が射す 単独

 今年また安達太良山へ来るようになるとは。。。
一切経山の魔女の瞳が見たくって、計画を立てていたが、3日前になって、吾妻山の噴火警戒レベルが2に引き上げになり、それに伴う火口から1.5kmの間の登山道へは通行止めとの情報をnetで知る。当然一切経山も対象に入っている。
ありゃぁ~ほんまかいな。。しゃぁない、急遽計画変更!
それではと、前から気になっていた滝のある安達太良の湯川に沢登り行くことにした。単独で沢は1月以来である。。超ドキドキの大決断!
 前夜出発で、二本松塩沢スキー場の駐車地で車中泊。星空の下で、明日は予報通りお天気いいかもと思っていたが、とうとう青空はほんのチョットだけ。。。時間が取れれば、くろがね小屋に泊まり、鉄山~僧悟台~塩沢登山口のコースで紅葉を楽しみたかったが、沢登り1本に絞り、秋色に染まる沢を五感で楽しんできた。。。

※詳細は近日中アップ予定!

タグ :

猫になる日。。。(^-^;

 2018-10-08
超可愛い!
20181008_184726_convert_20181008194355.jpg


2018.10/8(祝月)曇りのち晴れ

 またしても間抜けをしてしまい、ガックリです。。。
今日は所属している山の会の山行日だったのですが、うっかり集合時間を間違い参加できませんでした。
山頂でチーズホンジュやキノコ汁と言う事で、食いしん坊のくろすけは、具材もしっかり用意し、大変楽しみに電車に乗ったのですが。。。武蔵野線に乗り換えて間もなくにスマホが鳴り。。。Kさんからで、一瞬は何が起きてるか理解できませんでした。
1時間も時間を勘違いしていたなんて。。。どうにもなりません。皆様には、くろすけをおいて出発して頂くことでお願い致しました。

過去に、疲れていて電車を乗り過ごし、先まで行ってしまったことはありましたが、集合時間を間違えたことは、初めて。。前代未聞!

あ~あ、自分の間抜けさ、注意力の欠如に超ショック!
行く当てもなく意気消沈で仕方なく家に戻りました。

そして、猫になってゴロゴロ!
 ※トップの猫の写真は、あまりの可愛さに一目ぼれして買ったトートバックのプリント猫です。


<おまけ>
我が家の百目柿も食べれるようになってきました。
20181008_151112_convert_20181008200357.jpg


タグ :

中川川水系 鬼石沢

 2018-10-06
OH~~~!
こんな未知との遭遇がたまらない!

自然のなせる業。。巨岩の重なりが面白!
さて、何が待っているやら。。。
20181006_115655_convert_20181007010029.jpg


♥謎のカッパ?現る!          ♥一生懸命準備中!(ミツマタ) 
20181006_120650_convert_20181007014800.jpg 20181006_145436_convert_20181007015155.jpg

 
2018.10/6(土)曇り

※写真はクリックで全て拡大可
   
 本日もkamog先生の教室受講。当初は早戸川のカサギ沢の予定だったが、台風の影響で林道に問題ありとの事で、急遽西丹沢の鬼石沢に転進となった。微妙な予報だったが沢に入れることが嬉しく、眠い目をこすって朝一番の電車に乗車し、渋沢駅で下車。クルマで1時間ほどで、大滝沢林道駐車地に到着。
装備を調え、8:55出発!登山道は荒れており随所でえぐられ、倒木有りと台風の凄さを物語っていた。
20181006_085516_convert_20181007123644.jpg 20181006_090015_convert_20181007123707.jpg 20181006_090341_convert_20181007123723.jpg

昨年5月に畦ケ丸に行った時の下山ルートだったので、あれこれ思い出しながら進んで行く。
今日はゴルフ卒業して、山を始めたというSさんと共に受講です。
木橋が流されてるので2回ほど渡渉。、今が旬のホトトギスちゃん、今日も元気に囀っています。   
・kamog先生撮拝借!
tmp_imgresize_(13)_convert_20181007125839.jpg 20181006_092218_convert_20181007125351.jpg 20181006_092500_convert_20181007125414.jpg

マスキ嵐沢にかかった木橋は健在!くろすけの沢人生はここから始まりました。Tさん、お元気でしょうか。。
・kamog先生撮拝借!       ・マスキ嵐沢入渓点      ・一軒避難小屋が見えてきた
tmp_imgresize_(14)_convert_20181007131745.jpg 20181006_093253_convert_20181007131856.jpg 20181006_100354_convert_20181007132039.jpg

一軒避難小屋で小休止後、作業経路で堰堤を越えいよいよ鬼石沢に。。。凄!倒木てんこ盛り
20181006_100810_convert_20181007132054.jpg 20181006_102013_convert_20181007132328.jpg 20181006_102130_convert_20181007132348.jpg

・オ~~    ・水はきれいだ。kamog先生がヤマメを見っけ!    ・おっ、あれがF2
20181006_102607_convert_20181007135246.jpg 20181006_102823_convert_20181007135307.jpg 20181006_102946_convert_20181007135401.jpg

F2 12m滝                       ・滝手前右(赤岩)に湧水。ゴチ!
20181006_103018_convert_20181007140134.jpg 20181006_103056_convert_20181007140155.jpg

・右から登って落ち口へ。滑らないので快適登攀!
20181006_103239_convert_20181006225833.jpg 20181006_103320_convert_20181006225903.jpg 20181006_103432_convert_20181007141916.jpg

F3 15m滝                      ・大好きです!イワシャジン 
20181006_103526_convert_20181007143734.jpg 20181006_104011_convert_20181007143814.jpg

ここでは念のためと講習でもありますのですのでロープ出して頂いて。。。ひょんぐる程の滝のど迫力!
中央:Sさんは、ボルダリングもやってるとのことできれいに決めて行きます。
右:くろすけは、最後なので、クイックドロー外しながら。。一部シャワーで、ビジョ(いい女)になりました。
20181006_104532_convert_20181006230143.jpg 20181006_105323_convert_20181006230228.jpg tmp_imgresize_(15)_convert_20181007150621.jpg
                  ・堰堤は左から。。
20181006_111052_convert_20181007161726.jpg 20181006_111256_convert_20181007161801.jpg 20181006_114510_convert_20181007162356.jpg

910m 台地上で小休止後左へ  ・アザラシっぽい倒木    ・滑らないのでスイスイ登れる
20181006_112747_convert_20181007162330.jpg 20181006_114855_convert_20181007162426.jpg 20181006_115041_convert_20181007165225.jpg

ほんとに素敵!
あなたになりたい。。

20181006_115214_convert_20181007164202.jpg

・ルンルンで進んで行く。。。             ・960m OH!楽しみにしていた鬼石
20181006_115424_convert_20181007165531.jpg 20181006_115521_convert_20181007000535.jpg 20181006_115603_convert_20181007165749.jpg

・お立ち台でゴッキゲン! Sさん撮  kamog先生は何やら覗いていますが。。
image_xlarge_convert_20181007171106.jpg

そうなんです。
今日はこの巨大岩の重なった空洞(隙間)を潜るのを超楽しみにしていたのです。
kamog先生が胎内潜りと名付ける。。。

・kamog先生がまずはお手本。長い手足を駆使して。。。先生でさえ、ちょっと難儀してます。
20181006_115925_convert_20181007172758.jpg 20181006_120015_convert_20181006230623.jpg

・生まれ出る苦しみ!。。くろすけ、必死こいて   ・上からのぞいた隙間
tmp_imgresize_(16)_convert_20181007173706.jpg 20181006_120430_convert_20181007173814.jpg

現場の状態を上手く説明できませんが、とにかくすんなりとは抜け出られないのです。
負けず嫌いではないので、人生悔しいと思ったことはほとんどありませんでしたが、こんなところを難なくスッと抜け出られないのが超悔しい! いい年したおばさんが、何を熱くなってるのか。。笑われそうですね。。いや、笑ってるね。
「穴があったら入りたい」の人生。。。性懲りもなく。。。by まっ黒くろすけ

さぁ、まだまだ半分。。
沢沿いを歩ていると、前方に赤○。。ありゃ、カッパだ(トップ写真)。苔の茶目っ気たっぷりの悪戯に脱帽です!
20181006_120637-1_convert_20181007180338.jpg 20181006_120738_convert_20181007000633.jpg

・お~何本?離れたくなかったんだね。980m二俣は左へ
20181006_120828_convert_20181007192012.jpg 20181006_121105_convert_20181007191935.jpg 20181006_121537_convert_20181007192211.jpg

名物:堰堤に居座る大岩…左右どちらからも巻ける ・ボルダリングな岩とか…くろすけ全く無理
20181006_121727_convert_20181007193056.jpg 20181006_122127_convert_20181007193234.jpg

                                  ・1030m三俣中央へ
20181006_122456_convert_20181007195840.jpg 20181006_122648_convert_20181007195904.jpg 20181006_122706_convert_20181007195935.jpg
                                    ・堰堤は左から巻く
20181006_122754_convert_20181007202046.jpg 20181006_122952_convert_20181007202103.jpg 20181006_123106_convert_20181007202133.jpg

・前方に石豆腐一丁!
20181006_123350_convert_20181007202752.jpg 20181006_123850_convert_20181007202816.jpg 20181006_124035_convert_20181007202839.jpg

         ・おっ、奥に見えるのは。。見た目より難儀したCS4m滝(今日は水が被ってるとの事)
20181006_124122_convert_20181007204011.jpg 20181006_124404_convert_20181007203346.jpg 20181006_125135_convert_20181007203536.jpg

・至る所モフモフの苔                      ・1155mの二俣を左へ
20181006_131344_convert_20181007205009.jpg 20181006_131922_convert_20181007205037.jpg 20181006_132054_convert_20181007205929.jpg

                   ・またまたCS。。      ・最後の二俣を左へ
20181006_132222_convert_20181007205807.jpg 20181006_132748_convert_20181007210238.jpg 20181006_133452_convert_20181007210301.jpg

・藪漕ぎもなく楽に1230m鞍部・登山道に出たぁ 
・今日は登山道で下山    ・1240m小ピークで小休止     ・1165m良く間違う所らしい
20181006_133839_convert_20181007211839.jpg 20181006_135112_convert_20181007212340.jpg 20181006_141138_convert_20181007213310.jpg 

・見っけ!サルナシ     ・大滝峠上より避難小屋目指す  ・倒木で塞がれた登山道を回避して
photo_4_convert_20181007013306.jpg 20181006_142527_convert_20181007213329.jpg 20181006_144542_convert_20181007213406.jpg

木橋も流されたり、一部不明瞭な箇所も有り~の。一軒避難小屋で小休止後往路を戻る。お疲れ様でした!
13_large.jpg 20181006_151422_convert_20181007214057.jpg tmp_imgresize_(17)_convert_20181007221042.jpg

帰路は途中下車し、鶴巻温泉駅前:弘法の里湯にて入浴。(1000円)割と空いていて良かった。

 今日は、台風24号と25号の狭間で水量もお天気も心配だったが、遡行中に特別の問題もなくラッキーでした。
水量はやや多めとの事で、平常時なら流れていない箇所に小滝ができてたりして、それなりに得?した感じ? 
毎度ではありますが、地図読み・ロープワークもっと練習実践する場をつくらなくっちゃ。。と思う、進歩のないくろすけでありました。

kamog先生、今日もわくわくとドキドキをありがとうございました。
Sさん、写真もたくさんありがとうございました。

沢はくろすけの最強サプリメント!
Sさん撮                          ・おまけ 
image_xlarge_(1)_convert_20181007142613.jpg 20181006_145214_convert_20181007214022.jpg

<追記>
夕方、途中でうっかりアップしてたようで。。中途半端でご覧になられた方大変失礼いたしました。m(__)m
2016.3/3の記事より、記事のレイアウト状態がづれるようになり、プレビューしてレイアウトきちんと直してからアップしているのですが。。違うパソコンで見るとやっぱずれていてとても不愉快です。
ずれて見える方、見にくいでしょうが、寛大なお気持ちでヨロシクです!m(__)m
タグ :

台風一過。。。

 2018-10-01
嵐は去った。。。
いつものように2階の窓を開け、空を眺めた。。。
シロナガスクジラのような真っ白な巨大船体が。。。
青い海原に静かに停泊していた。。。
       我が家の2階より 5:44
20181001_055426_convert_20181001183630.jpg


まだ月は見守ってくれている。。。
20181001_055500_convert_20181001182432.jpg



2018.10/1(月)晴れ

 真夜中から明け方にかけ、台風24号が通過して行った。。。
恐ろしいまでの暴風は、家を揺らせきしませ、その唸りは、まるでゾンビ大集団のうめき声のようでなかなか寝付けなかった。

出勤すると、ショッピングセンター納品所の大きなシャッターがスライドさせる柱(溝)ごと風圧で壊されていた。。どんだけ凄い風だったの?

情報によると、
関東でも暴風が吹き荒れ、最大瞬間風速八王子で45.6メートル、千葉市でも41.1mを観測したとの事。。
我がふなっしー市でもそれ相当の風が吹いたに違いない。。。
幸い我が家に被害はなかった。。。


帰宅途中、三差路の小さな公園で咲いている芙蓉
彼女たちも随分と大変だったに違いないが、何もなかったかのように優しく風に揺れていた。。。
♥花言葉 : 繊細な美 しとやかな恋人
20180919_153831_convert_20181001184144.jpg 20180912_153629_convert_20181001184211.jpg


※またまたの台風25号とやら、どうか大人しく去ってくれ~~~

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫