ニ王子岳へ

 2016-11-04
2016.10/30(日)晴れ(山行中一時曇るが基本晴)

 4:30起床、5:00宿泊先を出発。車で1時間ほどでニ王子岳登山口駐車場に到着。
やっぱ、早朝は冷え込んで寒い、車の中で簡単に朝食を済ませ、防寒着を身に着けて6:20 いざ出発!
PA300032_convert_20161104121549.jpg PA300033_convert_20161104121608.jpg
ニ王子神社を通り抜け・・・
PA300037_convert_20161104121826.jpg PA300036_convert_20161104121646.jpg 
見上げる空は、青空だ・・・昨日の雨のせいか空気がより澄んでいて気持ちがいい。
PA300039_convert_20161104121906.jpg PA300040_convert_20161104123007.jpg
巨杉空を覆い清流は滝となって霊気満ちている。。。と案内に書いてあったが確かにぃ~・・・
PA300041_convert_20161104162904.jpg PA300046_convert_20161104163012.jpg
登山道は整備されており、階段状になっている・・・   ・6:51 一合目(歩き出せば熱くなり衣服調整)
PA300047_convert_20161104181629.jpg PA300049_convert_20161104164351.jpg
・森が大好き!・・・清流の流れをBGMに進む・・・まだこの辺は紅葉し始めたばかり・・・
PA300053_convert_20161104164417.jpg
・7:09 神子岩                     ・二合目
PA300056_convert_20161104164504.jpg PA300057_convert_20161104164524.jpg
・岩場や根の張り出したところも登場・・・    ・目を引く風雪に耐え抜いた巨杉も・・・
PA300059_convert_20161104165553.jpg PA300060_convert_20161104170317.jpg
・7:26 一王子避難小屋にやって来た・・・小休止 
PA300064_convert_20161104172842.jpg PA300065_convert_20161104171300.jpg
・虫食いのカンアオイ、妙に艶っぽい・・・        ・7:37 避難小屋(三合目)出発
PA300066_convert_20161104172206.jpg PA300067_convert_20161104182132.jpg
・少しずつ色づいてきていい感じに・・・適度にアップダウンと緩やかな道を繰り返し・・・非常に歩きやすい・・・
PA300071_convert_20161104182642.jpg PA300074_convert_20161104182745.jpg
・7:59 四合目             ・8:11 五合目(定高山994.4m)・・・小休止
PA300076_convert_20161104183443.jpg PA300077_convert_20161104183510.jpg PA300079_convert_20161104183551.jpg
・定高山の朽ちた山名板    ・山ぶどうの葉っぱは情感たっぷり・・・・大人の女の色香が漂う
PA300085_convert_20161104183621.jpg PA300081_convert_20161104183652.jpg
・日が射してきた・・・秋色満載の登山道を行く・・・
PA300086_convert_20161104185539.jpg
・緩くアップダウンしながら、段々近景も見えるようになってきた・・・・・・8:43 六合目通過
PA300091_convert_20161104190619.jpg PA300093_convert_20161104190654.jpg PA300097_convert_20161104190721.jpg
・ウルシの紅葉が彩りを添える・・・
PA300099_convert_20161104192609.jpg
展望が開け・・・オ~~~ッ!山の頂が白い!・・・
PA300103_convert_20161104192850.jpg

PA300111_convert_20161104193408.jpg
                    ・青空もまた出て来たぞ~~~!
PA300114_convert_20161104193808.jpg PA300116_convert_20161104193909.jpg
・ロープ付岩場をエンヤコラ・・・     ・どんどん近づいて行く・・・
PA300118_convert_20161104194349.jpg PA300122_convert_20161104195633.jpg
・素敵だぁ~・・・
PA300133_convert_20161031202044.jpg
おっ!
PA300136_convert_20161104200047.jpg
・おぉぉぉ~~~!
草紅葉の光りと影そして霧氷との対比が美しい!
PA300138_convert_20161104201154.jpg

PA300142_convert_20161104200155.jpg
ほんのり赤く・・・               ・9:27 いつの間にか水場に来ていた。一杯頂く…
PA300152_convert_20161104202444.jpg PA300156_convert_20161104202300.jpg
・霧氷の中へ・・・  
PA300162_convert_20161104204024.jpg

PA300179_convert_20161104201731.jpg

PA300184_convert_20161104204546.jpg
・9:38 三王子神社
PA300188_convert_20161104205322.jpg PA300192_convert_20161104205829.jpg
                           ・小さな池は様々を写し絵になる・・・
PA300199_convert_20161104210115.jpg PA300208_convert_20161104210842.jpg
霧氷を見上げながら、山頂を目指し緩く登って行く・・・
PA300215_convert_20161104211022.jpg
パキパキ・・・何か音がすると思っていたら、霧氷が融けて崩れ落ちる音だった・・・儚い音です・・・
PA300217_convert_20161104211511.jpg
・9:50 奥の院            ・二王子岳避難小屋が見えて来たぁ~山頂はすぐそこだ・・・
PA300270_convert_20161104211954.jpg PA300224_convert_20161104212104.jpg

PA300226_convert_20161104212545.jpg PA300230_convert_20161104212616.jpg
・9:54 二王子岳1420.1m
PA300234-1_convert_20161104212901.jpg
・頭上は青空なのに、飯豊連峰もすっかり雲の中・・・辛うじて北股岳~烏帽子岳~飯豊本山が見え隠れしていた。
PA300255_convert_20161104215228.jpg
・左奥の唇型の山は赤津山だそうな・・・
PA300261_convert_20161104220144.jpg
・                               
PA300240_(2)_convert_20161104213721.jpg PA300241_convert_20161104220526.jpg
・10:32 山頂で心ゆくまで楽しみ下山・・・
PA300271_convert_20161104221229.jpg
・池の周りの霧氷はもう消えてしまっていた・・・      ・今一度山頂を振り返る・・・ 
PA300273_convert_20161104221636.jpg PA300279_convert_20161104221713.jpg

PA300284_convert_20161104222336.jpg PA300289_convert_20161104222420.jpg

PA300287_convert_20161104222655.jpg PA300288_convert_20161104222717.jpg

PA300295_convert_20161104225015.jpg
・途中何度か休憩を取りながら・・・            ・神子岩通過・・・
PA300299_convert_20161104224652.jpg PA300306_convert_20161104223514.jpg

PA300312_convert_20161104223546.jpg
・13:04 ニ王子神社到着。境内の水場で靴を洗い、駐車場へと戻る。(13:16) お疲れ様でしたぁ~。m(__)m
PA300035_convert_20161104224133.jpg PA300038_convert_20161104223637.jpg PA300319_convert_20161104224030.jpg

帰路は、高速等の渋滞を考慮し、入浴無し・・・お約束ですが、天気は益々よくなって高速道路からの山々の眺めが素晴らしかった。途中で夕食(ラーメン屋:とんとら)を取り、無事19:25 熊谷駅に到着。
SHCの皆様大変お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m


 初日は雨に降られ、予定の山に登れなくて残念でしたが、今日はその分取り返すがごとく、素晴らしい出会いがありラッキーでした。早朝の出発だからこそ見られた現象、自然界の成せる美しい技、正に神秘の神技・・・感動でした。ありがとう! ニ王子岳、素敵な思い出をつくる事が出来ました。全ての出会いそして家族にも感謝! 
スポンサーサイト
タグ :

裸山(脱線編)

 2016-11-03
2016.10/.29(土)雨のち曇り

 久し振りにSHCの山行に参加した。メンバー: Oリーダー他11人(男4人女7人)
熊谷駅南口7:10集合出発。2台の車に分乗し、高速に乗る・・・。 
出発時は、意外なほどにお天気が良くすっきりした青空に、もしかしたら・・・とチョッピリ期待モードに入ったが・・・関越の長いトンネルを抜けると・・・ 予報通りの雨。本日予定の裸山1010mは、沢の遡下降もあるので、当然のことながら中止となった。
(裸山:魚沼市大白川にあり、浅草岳に連なる鬼が面山の南西に位置するスラブの山。)

急遽、大人の社会科見学と相成り、時間をつぶす・・・。
雨に煙る山間を走りながら・・・9時から見学OKとの酒蔵(越後ゆきくら館)見つける・・・
9:55 敷地内の紅葉したツタが何やらいい感じ・・・  お~っとこちらです・・・。
PA290002_convert_20161102171329.jpg PA290003_convert_20161102171350.jpg 
新潟と言えば「こしひかり」・・・でも、お酒を造るのにはこの美味しいお米は適してないらしい・・・お酒を造るお米が別にあったなんて初めて知った・・・ふ~ん、そうなんだ。
・お酒の種類によって精米の仕方も変わる               ・酒米を蒸している所
PA290004_convert_20161102172740.jpg PA290005_convert_20161102172125.jpg

さく~っと見学後、皆さんお楽しみの試飲コーナーへ・・・。
10種類位あったかなぁ~・・・くろすけ、胃が不調なのに、ちょっとだけならいいかぁ・・・なぁんて、可愛いお猪口で全部いっちゃいました。
で、珍しくご購入!越後武士に南高梅を漬け込んだ梅酒(アルコール度数18度)
少しの間、くろすけの睡眠導入剤となるはず・・・
08170931_55d12b5c07411.jpg    sleep-sheep2.jpg

10:50 道の駅 R290 とちおにて、ちょと早いが昼食・・・栃尾名物の油揚げが入ったうどんを頂く
超分厚いBigな油揚げは、うっすら甘く下味がつけてあって美味しかった! 
PA290012_convert_20161103210037.jpg  PA290011_convert_20161103205548.jpg

12:33 昼食後、雨も何とかあがり、今度は探検で~す・・・
大沢鍾乳洞・・・
この鍾乳洞は、新生代新第三期鮮新世という新しい時代に砂が堆積してできたやわらかい砂岩の中にできたもので、日本ではほんの2~3を数える位しかないのだそうであります・・・。
PA290013_convert_20161103211725.jpg PA290015_convert_20161103211849.jpg
こんな入り口から急な階段を下りていきます。照明なんかはないので、ヘッドランプをつけて探検隊気分・・・
トンネル状を潜ったり、ホール状に出たり、洞窟が分かれていたり・・・何が出て来るやらワクワクしながら・・・
コンデジなので内部真っ暗でほとんど写らず写真は無しです・・・
鍾乳石や石筍もたくさんあったらしいのですが、現在は天井、壁などにわずかに確認できる程度で非常に残念でした。
PA290016_convert_20161103212549.jpg PA290017_convert_20161103212629.jpg
天井にコウモリがたくさんぶら下がっていて、1羽の足にはピンクの環が付いていて、何か調査の対象になっているのでしょうか?
天井からの水の滴りを貯めている金明水・銀明水という所もありました。
PA290024_convert_20161103212827.jpg PA290025_convert_20161103213027.jpg
大きな洞窟ではなかったので、探検はあっという間に終了・・・
PA290026_convert_20161103223637.jpg PA290029_convert_20161103223731.jpg

 若い頃、鍾乳洞の美しさに魅了され、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島に東洋一と言われている昇竜洞を見に行ったことがあります。そして今は機会があれば神秘の絶景が見られるという「銀水洞」に是非とも行ってみたいものだと秘かに?思っています。


時間つぶしも種切れとなり。。。今日の宿泊先に向かう事に・・・ 
14:45 五泉市馬下保養センターへ・・・青空も少し出て来たぞ
ふるさと創生事業の一環として掘削した温泉を利用する施設。季節の料理がそろう食堂があるほか、宿泊棟には自炊室が備わっている。あいにく当日は、温泉揚湯ポンプ不具合により、水道水の沸かし湯だった・・・残念!
PA290030_convert_20161103224516.jpg PA290031_convert_20161103224554.jpg

午後4時からのチェックイン後、入浴したり、みなとおしゃべりしたりしながら6時頃食堂で夕食を取る。皆それぞれ好きな物を注文していた。くろすけは、さんまの塩焼きにMixサラダとヘルシーに・・・

 夕方ぐらいから急に冷え込んできた・・・。予報では、明日は曇りのち晴れとなっているが・・・
明日の天候を祈りながら、早めのご就寝・・・
(今朝は、最寄りの駅に向かうのに時間がなくなって超ダッシュで走りぬき、山へ登る前に朝から超汗だく・・・山には登れなかったけど十分運動してるので、今晩はぐっすり眠れるかも。。。 

※翌日のニ王子岳へと続く・・・
タグ :

素敵なサプライズ!

 2016-10-31
 雪???                        ※写真は全てクリックで拡大可
PA300104_convert_20161031193708.jpg

 OH!霧氷だ・・・
PA300170_convert_20161031221934.jpg

 
PA300137_convert_20161031221357.jpg


PA300175_convert_20161031211811.jpg


PA300176_convert_20161031203322.jpg


PA300181_convert_20161031213142.jpg


PA300193_convert_20161031220703.jpg

 素晴らしい出会いにみな大感動!
PA300216_convert_20161031192644.jpg


新潟県新発田市のニ王子岳にやって来た。
素敵なサプライズが待っていた・・・。(*^^*)
SHC山行2日目10/30(日)の出来事でした。

※近日中詳細アップ予定・・・(^^;  m(__)m

タグ :

浅草岳(新潟/福島)ヒメサユリを訪ねて(詳細編)

 2016-06-29
P6260198-1_convert_20160628201407.jpg P6260030-1_convert_20160628202034.jpg P6260148_convert_20160628202722.jpg P6260056-1_convert_20160628203422.jpg

 娘と山<25日守門岳:大白川コース(布引の滝)~民宿泊~26日浅草岳:田子倉~六十里越コース>に行く約束をしていて、毎日天気予報とにらめっこ・・・ 多少の雨だったら行こうと準備していたが、前日の予報(各社)で、25日は降水確率70~80%、で風強し、26日は、微妙な雨・・・と出た・・・ 迷ったが、娘を悪天候の中歩かせたくはなかったので、大幅に予定変更し26日の浅草岳(六十里越登山口よりピストン)のみとした。
(田子倉登山口から入山したかったが、民宿泊りも止めたので送迎ないのであきらめる。)

2016.6/25(土)曇
 明け方までの嵐のような強風雨で、やっぱ行かなくて良かったかなぁ・・・な~んて思いながらのんびり目覚める。早速ネットで現地の天気予報確認・・・すると なっ、何と・・・予報が逆転している・・・今日25日が曇で26日が降水確率70%・・・おいおい、そりゃないでしょう ・・・でも山の天気はわからない・・・今年3月の平標山のようなこともあるし・・・自称「晴女」を信じ、気を取り直し決行する事に!・・・
 午後3時過ぎ娘をピックアップして、関越に乗り高坂SA(夕食)~小出ICで降りる。国道252号線に入ってしばらくしてから となる・・・、入広瀬の道の駅(20:40着)で今日は車中泊。雨は車を叩くようにスンゴイ勢いで断続的に降り続ける・・・  

2016.6/26(日)曇(山は濃霧

 4時起床・・・雨は・・・ 取りあえず止んでいた。
簡単に朝食を済ませ、晴女パワーと神の加護も期待しつつ ・・・道の駅から30分程の登山口まで移動する・・・
準備していると車が2台ほどやって来た。1台は道の駅でお隣になった方々だった。
六十里越駐車場             ・登山口5:10スタート      ・えぐれた登山道・・・
P6260408_convert_20160627225743.jpg P6260002_convert_20160627224723.jpg P6260004_convert_20160627225853.jpg
・歩きやすい登山道を快調に進む・・・小沢を渡り、表示に従って左折・・・展望が開け鉄塔の間から田子倉湖が・・・
P6260013_convert_20160628205827.jpg P6260016_convert_20160628205949.jpg P6260017_convert_20160628211843.jpg
・樹林帯に入るとブナの巨木がチラホラ・・・レンズ曇って・・・
P6260022_convert_20160628210526.jpg
・マイクロ中継局 18:06 緑のトンネル状を抜け、鬼が面方面へ ・なぁ~んにもにも見えませ~ん・・・濃霧です
P6260024_convert_20160628213306.jpg P6260026_convert_20160628213332.jpg P6260031_convert_20160628214846.jpg
・ゴゼンタチバナロードが始まった   ・一登りするとあっけなく南岳1354m   ・ 展望無し
P6260032_convert_20160628222836.jpg P6260033_convert_20160628222920.jpg P6260035_convert_20160628215404.jpg
南岳山頂より急なザレ場を下ると大きなアザミがうなだれていた・・・  
そして、ジャ~ン!本日初のヒメサユリ様達に出逢う・・・
この辺はチラホラ、盛りは過ぎたようで少し傷んでいた・・・が、登山道から離れ背を向けて咲いてる姫様帯が霧のベールに包まれてなぜか初々しく映った・・・
P6260037_convert_20160628222239.jpg P6260039_convert_20160628222303.jpg
ヤセ尾根を進んで行くといよいよヒメサユリロードとなって来た・・・
P6260050_convert_20160628230508.jpg P6260067_convert_20160628230532.jpg
                            ・我が家の姫様は何分咲き・・・      
P6260054_convert_20160628230757.jpg P6260058_convert_20160628230830.jpg
・風が少しあるので姫様たちを撮らえるのも大変!  ・いつの間に鬼ガ面山1465.1m
P6260076_convert_20160628233259.jpg P6260084_convert_20160628233325.jpg
・鬼ガ面山でも展望は全く得られず・・・前進するのみ・・・
P6260088_convert_20160629002000.jpg
また小群落が・・・ルンルンで歩がなかなか進まない・・・
P6260090_convert_20160629000909.jpg P6260093_convert_20160629000948.jpg

P6260100_convert_20160629092408.jpg
綺麗!・・・可愛い!・・・美し~い!・・・個性的!・・・etc・・・みな違って見えるのです・・・
P6260104_convert_20160629003039.jpg P6260128_convert_20160629090658.jpg

P6260109_convert_20160629094731.jpg
・あらっ、ギボウシ達が登場・・・まだ咲き始めで~す・・・
P6260115_convert_20160629095324.jpg P6260116_convert_20160629094604.jpg
・カトレア風の姫様・・・               ・雨宿りできそうな岩洞を通過 8:06
P6260123_convert_20160629094039.jpg P6260134_convert_20160629093252.jpg

P6260135_convert_20160629001815.jpg
山の斜面にもヒメサユリは点々と咲いていた。濃霧の中、ヤセ尾根をアップダウウンしながら・・・ヤマツツジがまだ咲き残っていた。小さな岩の上に上がり道を辿ると藪になり終点・・・どうも北岳だったらしい・・・
P6260138_convert_20160629102047.jpg P6260151_convert_20160629102120.jpg P6260152_convert_20160629102147.jpg
北岳より戻り鋭角に右折し、急斜面を下りて行く・・・相変わらずのゴゼンタチバナロード・・・また姫様登場
P6260157_convert_20160629103814.jpg P6260159_convert_20160629103849.jpg P6260163_convert_20160629103919.jpg
・次々と姫様たちの競演と饗宴が・・・
P6260165_convert_20160629105252.jpg P6260171_convert_20160629105517.jpg
咲きたてフレッシュ!・・・ 上下花びらの枚数が違う・・・面白~い!
ヒメサユリ(乙女百合)花言葉好奇心の芽生え 飾らぬ美 純潔 私の心
P6260180_convert_20160629110209.jpg
どうもこの辺はムジナ沢カッチを少し過ぎた所だったようだ・・・ゴゼンタチバナロードは変わらず続く・・・
P6260186_convert_20160629111002.jpg P6260190_convert_20160629111043.jpg
・ニッコウキスゲも咲きだしていた・・・・・・ヤマツツジにギボウシやアザミも混じってにぎやかロードです。
P6260202_convert_20160629112537.jpg P6260198_convert_20160629112557.jpg
写真載せませんが、タニウツギ、ベニサラサドウダン、ヨウラクツツジ達にも随所で出会いました。
早っ!・・・
P6260213_convert_20160629113049.jpg
                          ・急登をエンヤコラ・・・
P6260215_convert_20160629114623.jpg P6260219_convert_20160629114701.jpg
・雪解け後の草地を下って行くと木道に出た ・小岩ゴツゴツの登山道にはイワカガミ ・分岐9:48通過
P6260220_convert_20160629115503.jpg P6260221_convert_20160629115526.jpg P6260222_convert_20160629115601.jpg
・ミニ雪渓が待っていた・・・  ・木道は斜めになっていたり、濡れているので滑りやすく・・・
P6260224_convert_20160629120433.jpg P6260232_convert_20160629120506.jpg P6260234_convert_20160629120652.jpg
・斜面を一登りすると浅草岳山頂1585.5m 10:06到着 
お天気が悪いにもかかわらず狭い山頂はたくさんの人達で賑わっていた。
P6260239_convert_20160629121612.jpg

まだ10時過ぎたばかりだが、朝早かったので、お腹が空いていたのでランチとする。食事中雨が降り始め、アレレェ~・・・と思ったが、5分位でおさまったので とした・・・ 
お天気が良ければ、大草原を散策したかったが、濃霧のままで展望は得られないので、さっさと下山する事に・・・。

往路を戻るが・・・行きはよいよい、帰りは・・・ タ・イ・ヘ・ン・・・でした。
往路は、くろすけ達が一番に六十里越えから入山したようなので、登山道もそれほどぐちゃぐちゃではなかったのですが、帰りは団体さんなど含め数組すれ違っていたので、その人たちが登山道をよりドロドロ化させてしまったようで、急斜面はより滑りやすくなり登りも下りも神経使いまくり疲れました・・・ おNEWの登山靴デビューだった娘には、ドロドロが少し気の毒でした。

下山の写真は往路でアップしなかった所とポイントなる所だけにしました・・・
・池塘があった・・・         ・V字谷             ・往路で見過ごした表示・・・
P6260240_convert_20160630003323.jpg P6260260_convert_20160630003357.jpg P6260268_convert_20160630003424.jpg
・まだ蕾もたくさん・・・   ・鬼ガ面山に戻ってきた 12:28   ・登山道が少し先まで見えるようになってきた
P6260310_convert_20160630003519.jpg P6260319_convert_20160630003548.jpg P6260326_convert_20160630003623.jpg

P6260340_convert_20160630005236.jpg
下山路も姫様たちにしょっちゅう立ち止まり、別れを惜しみました・・・ 
P6260336_convert_20160630010217.jpg
南岳(南岳通過13:01)の前後で視界が開け初めての展望が・・・ヤッター!これだけでも嬉~しい!
P6260349_convert_20160630005740.jpg
そして、間もなくに・・・
田子倉湖だ!すっ、素晴らしい!何だか別の惑星の湖に見えた
(道中、全く何も見えなかった反動でしょう・・・まじ大感動でした・・・
P6260355_convert_20160630005813.jpg
・分岐13:38通過                         ・中継局(小休止)が見えたぁ~・・・
P6260363_convert_20160630012939.jpg P6260366_convert_20160630013013.jpg P6260371_convert_20160630013045.jpg
                            ・樹林帯を下る・・・
P6260374_convert_20160630013111.jpg P6260378_convert_20160630013135.jpg
・巨樹の根元に魅かれる・・・なんと逞しく力強い事か・・・
P6260384_convert_20160630013206.jpg P6260389_convert_20160630013234.jpg
・鉄塔通過・・・          ・分岐通過 14:23
P6260393_convert_20160630015012.jpg P6260394_convert_20160630015040.jpg P6260395_convert_20160630015123.jpg
・小沢で泥靴を洗う・・・     ・深くえぐれた所・・・       ・ 登山口到着 14:49
P6260399_convert_20160630015153.jpg P6260403_convert_20160630015221.jpg P6260406_convert_20160630015247.jpg
・この近辺の森林は緑の回廊と呼ばれている・・・フムフム   ・神湯温泉(魚沼)でさっぱり・・・
P6260409_convert_20160630015558.jpg P6260413_convert_20160630015310.jpg

 行動時間(休憩含む)9時間40分(昭文社の地図上で9時間25分)の久し振りのロングコースでした。娘は健脚と言えども、下山後半でおNEWの登山靴でつま先が痛くなりちょっぴり辛そうでした。つま先が痛くなければ、全然平気なのに・・・と逞しい事を言っていました・・・

 梅雨の時期で予報でも雨になるかも・・・の中、山頂でほんのちょっと降られただけで、道中は全く降られずとってもラッキーでした。そして何より、ベストな時期に、ヒメサユリ大満喫の山旅ができた事、山の神様に感謝です・・・
(ヒメサユリは、明け方までの大雨とその後の濃霧で花びらに水滴がついており、いっそう艶やかでした。
あっ、そうそう、小さな野ネズミに娘も2回、くろすけも2回出会いました。ほんとにちっちゃくってまん丸でお目めがメチャ可愛いかったです。写真に撮れなかったのが残念!で~す。  


<おまけ>
出会った野性のラン
・オノエラン            ・ショウキラン
P6260147_convert_20160630024809.jpg P6260028_convert_20160630024730.jpg 
・クモキリソウ         ・コケイラン         ・ホソバキソチドリ
P6260010_convert_20160630024320.jpg P6260044_convert_20160630024352.jpg P6260296_convert_20160630024428.jpg
    ※追記・・・左右の?のランの名前、カッパさんに教えて頂きました。
      カッパさん、ありがとうございました。m(__)m
タグ :

浅草岳(新潟/福島)ヒメサユリを訪ねて

 2016-06-26
みっ見っ~~~け! (*^^)v 
八重咲き? ヒメサユリ     是非 クリックで拡大して見てね!
P6260074_convert_20160627014115.jpg

登山道はヒメサユリロード
①鬼ガ面山~北岳
P6260102_convert_20160627002647.jpg

②ムジナ沢カッチを過ぎた所
P6260186_convert_20160627002815.jpg

③浅草岳山頂直下の木道
P6260242_convert_20160627002848.jpg

真っ盛りのヒメサユリ・・・
霧に包まれ、銀の滴をまとい・・・
こぼれんばかりの笑み・・・
実に艶やかでした・・・(^_-)-☆


6/26(日)大幅に予定を変更して、浅草岳に、娘と一緒にヒメサユリを愛でに行った・・・。

※詳細近日中!(^^;
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫