会越国境:裸山

 2017-10-29
スラブをまとった尖がり山。。。
きゃぁ~!何だか燃えちゃうなぁ~。。。
20171028_103837_(2)_convert_20171029223611.jpg


 またしても台風(22号)に追いかけられ、
またまた隙間を狙って会越国境の小さな山で紅葉に負けない位に燃えてきた。。。
登山道もなく、沢、スラブ、藪の混在するエキサイティングなくろすけ好みの山だった。


2017.10/28(土)曇り

<メンバーSHC:D Oリーダー 他6名>      ※写真は全て拡大可

 熊谷駅南口7:10出発。小出ICを下り、見慣れた風景を目にしながら、国道252号線六十里越え手前の登山口?へ。
登山口からは、そそられるお姿が目に飛び込んでくる(トップの写真)。。。ワクワク!
すでに車が1台止まっており、先行がいるのかも?。。。クルマを道路端に寄せはやる心を押さえ準備。

10:38 裸山を望みながら林道を進んで行く。。。
PA280001_convert_20171103212023.jpg

直ぐに大きな堰堤登場し、沢を渡渉し、魚道を何度か飛び越えて行く。が、短い足のくろすけにはぎりぎりの幅で、思わず足を踏み外し溝に落ちるのではないかとちょっと怖かった。
20171028_104224_convert_20171102220416.jpg 20171028_104302_convert_20171102220536.jpg 20171028_104645_convert_20171102220814.jpg

堰堤に上がって。。。すすきの原っぱが郷愁を誘う
20171028_104955_convert_20171102224054.jpg

10:53 堰堤下に下りて、涸れ沢を登って行く。。。
岩がぬめっているところもあり神経使うが、ホールドスタンスしっかりあるので割と歩きやすい。
20171028_105325_convert_20171103214657.jpg PA280013_convert_20171103214311.jpg

                         ・ポットホールがあちこちに。。。
PA280016_convert_20171103212806.jpg PA280021_convert_20171103212839.jpg

11:19 二俣?になったところで右へ入るも方向が違うと言う事で低灌木の藪を掻き分け左俣へと移る
20171028_111913_convert_20171102231927.jpg

アラッ!こんな岩場に。。。
PA280025_convert_20171103213009.jpg

視界が開け。。。 草付きを滑らないように進む
20171028_112443_convert_20171103000138.jpg 20171028_112822_convert_20171103000730.jpg

振り返る。。。
20171028_112324_convert_20171102233515.jpg

いよいよスラブ帯に入る。。。
ザラザラスラブで、フリクションばっちり効くので、心配なく足を出せ気持ちよく登れる。。。
20171028_113400_convert_20171102234457.jpg

11:42 休憩。。。 風がほとんどないので助かる。
20171028_114250_convert_20171103094117.jpg 

送電線の鉄塔までも絵になる。。。
20171028_120219_convert_20171103095411.jpg

まるで棚田のようなスラブ壁。。。
20171028_121542_convert_20171103095519.jpg

この辺はまだ立って歩ける。。。
20171028_121553_convert_20171103135226.jpg

OH!スリリング!転げ落ちたら大変と慎重に一歩ずつ。。。
上部のスラブ壁は実際は写真よりもっと立っています。。。
20171028_121919_convert_20171029224141.jpg

ポットホールを上手く利用して登って行く。。。この岩を登り詰めると稜線に出たぁ~
20171028_122109_convert_20171103101505.jpg 20171028_122422_convert_20171103102609.jpg

振り返り。。。
秋色に染まる山々を愛でる。。。下の方に堰堤が小さく見える
20171028_122617_convert_20171103100959.jpg

低灌木に覆われた稜線を詰めて(藪漕ぎ)山頂へ… 裸山山頂1010.4mはこれのみ 12:35着
20171028_122811_convert_20171103103234.jpg 20171028_123544_convert_20171103103440.jpg

何もない裸山山頂にて。。。画像拝借m(__)m
DSCF4052_convert_20171117002546.jpg

山頂には、先行の二人組がいたし、藪で何もないので速やかに下山となる。。。
ひとしきり藪をこぐと崩壊地に出、この斜面で昼休憩となった。。。12:41~
20171028_123822_convert_20171103105759.jpg 20171028_123920_convert_20171103110002.jpg 

崩壊地より浅草岳が見えた。。。
20171028_124304_convert_20171103111352.jpg

12:58 休憩後、藪漕ぎ開始。。。この稜線を辿る。。。
20171028_125911_convert_20171103111117.jpg

枯れ笹で滑ったり、小枝で顔にもビシバシ鞭打たれたり、必死こいて藪をこぐ。。。
途中痩せ尾根も登場してくるが、展望も開ける部分ではホッとする。。。
20171028_130140_convert_20171103114702.jpg 20171028_130737_convert_20171103114830.jpg

13:25  H910m付近鞍部より桑原沢目指して下降する。。。裸山のスラブ壁がチラ見えする。。。
20171028_132506_convert_20171103120607.jpg 20171028_132946_convert_20171103120901.jpg

13:34 やっと桑原沢に出たようだ。。。
6.m位の滝が出現。この位ならいつもなら普通に下りて行くくろすけだが、今日は慎重にロープお借りしクライムダウンする。ぬめったり、もろい部分もあった。
20171028_133415_convert_20171103121631.jpg 20171028_135158_convert_20171103121845.jpg


20171028_141538_convert_20171103123840.jpg 20171028_142209_convert_20171103123952.jpg 20171028_142500_convert_20171103124041.jpg

沢下降中裸山の尾根を見上げる。。。
20171028_144027_convert_20171029233636.jpg


20171028_144555_convert_20171103134537.jpg

想定外に楽しめた桑原沢下降。。。最後にはこんな小滝が待っていた。
20171028_143120_convert_20171103124953.jpg 20171028_144822_convert_20171103125153.jpg

14:54 今朝の堰堤が見え、ここで山ブドウを発見!
小鳥さんになってちょっとだけ頂く。この野趣あふれる甘酸っぱい味がくろすけは大好きだ。
20171028_145506_convert_20171103125823.jpg 20171028_145727_convert_20171103125920.jpg

堰堤のヒヤヒヤもんの魚道をまた飛び越え往路を戻る。。。15:08駐車地着
くろすけ好みのワクワクとドキドキの山「裸山」多いにエンジョイ! 
20171028_150549_convert_20171103133908.jpg 20171028_150618_convert_20171103134015.jpg


大満足で山行終了し、宿泊先の阿賀町にクルマを走らせる。
裏五頭山荘は地味な構えですが。。。
アットホームな雰囲気の宿の方々の対応、ボリューム満点の夕食(写し忘れ)、細かいところまで神経の行き届いた諸々。宿の姿勢が随所に感じられる心和むお宿でした。
20171029_085931_convert_20171103140318.jpg 



2017.10/29(日)雨

 予報通りの雨で、本日予定の御前ケ遊窟は残念ながら中止!
川沿いの離れで朝食が案内される。。。色々ちょっとずつで女性には嬉しい!
20171029_070154_convert_20171103140753.jpg

時間はたっぷりあるので昨夜入りそびれた露天風呂に行く
中ノ沢川に面した露天風呂は、風情があり。。。癒しの時間が流れる。。。
20171029_074829_convert_20171103141526.jpg

雨に煙る中ノ沢川沿岸を眺めながら、のんびり湯船に浸かっていると忘れていた日本人としての五感が覚醒されていくようでした。リフレッシュ!
20171029_074407_convert_20171103141214.jpg



 雨の強弱はありましたが、特に走行中に影響もなく、あちこち寄り道楽しみながら無事帰路に着く。
SHC:Dの皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

道の駅R290とちおでくろすけは、名物の油揚げをお土産で購入。翌日、シンプルに焼いて長ネギのみじん切りとおかかでお醤油かけて頂いたが、評判通りメチャうま!御飯が進む君です。。。
食欲の秋にあらがえないくろすけで~す。  

10月は、秋雨前線や台風の狭間をすりぬけての山行が続いたが、いずれもLuckyやHappyに巡り合わせ良き想いでたくさん作れました。
出会った全てに感謝!留守を守ってくれる家族にも感謝!

スポンサーサイト
タグ :

越後銀の道を辿る。。。

 2017-10-22
10/21の越後駒ケ岳2002.7m    ※拡大可
20171021_105624_convert_20171022231541.jpg


2017.10/21(土)曇り~22(日)雨

大型台風21号が本土に接近中の天気予報を気にしながら。。。
越後:銀の道を辿ってきた。。。

<メンバーさわね: Nリーダー I さん くろすけ>

 前夜家を出るときは霧雨、高速走行中も止む気配無く。。。が、国境の長いトンネルを抜けると。。。
雨は降っておらず、道の駅ゆのたに駐車場にてテント泊。
朝食を済ませ、道の駅から30分もかからずに駒の湯の駐車場に到着。出発時には青空まで出て。。
PA210001_convert_20171023114050.jpg PA210002_convert_20171023113944.jpg PA210004_convert_20171023114019.jpg


<銀の道>
江戸時代に銀山から銀を運び出す唯一の道として栄えた、駒の湯から明神峠を越え石抱橋までのコース。

IMG-3,0


8:11 一合目 坂本宿
なかなかの急登で始まる。。。
20171021_081138_convert_20171022195551.jpg


20171021_082932_convert_20171022203033.jpg


20171021_083840_convert_20171022204356.jpg 20171021_084653_convert_20171022201712.jpg

緩やかな道も交え、アップダウンを繰り返し。。。
20171021_085554_convert_20171022205406.jpg


20171021_085858_convert_20171022211206.jpg

暴れん坊将軍のようだ。。。溢れるエネルギー
20171021_090006_convert_20171022205806.jpg


20171021_091039_convert_20171022211643.jpg 20171021_092104_convert_20171022211847.jpg

津久の岐山~鼓ケ倉山~滝雲 
滝雲を初めて見たのは、2009.10/14この越後駒ケ岳登山中だった。
そして枝折峠から震えながら見た満点の星空は今でも忘れられない。。。
20171021_093341_convert_20171022212215.jpg

キャッ!熊さんの真新しいウ○チも。。。
20171021_100218_convert_20171022215752.jpg 20171021_100322_convert_20171022215948.jpg


20171021_100756_convert_20171022220718.jpg


20171021_100827_convert_20171022221431.jpg


20171021_102311_convert_20171022230901.jpg

明るく開放的なブナの森を何度も通り抜け気持ちが良い。。。
20171021_104410_convert_20171022225147.jpg


20171021_104916_convert_20171022230254.jpg

青空が欲しかった。。。
20171021_105825_convert_20171022233339.jpg

11:05 十合目 大明神 (ランチ休憩)
20171021_110522_convert_20171022230020.jpg 

11:23 往路を戻る。。。
20171021_112303_convert_20171022231851.jpg


20171021_113018_convert_20171022234412.jpg


20171021_113158_convert_20171023035938.jpg


20171021_113228_convert_20171022234901.jpg


20171021_113615_convert_20171022235207.jpg

光りが差したらもっと素敵だろうな。。。
20171021_114137_convert_20171022235423.jpg


20171021_120230_convert_20171022235911.jpg

滝雲は消えかかっていた。。。
20171021_120728_convert_20171023004243.jpg


20171021_123727_convert_20171023000200.jpg


20171021_124216_convert_20171023000523.jpg

暴れん坊将軍ともお別れです。。。
20171021_125916_convert_20171023000810.jpg

13:36 駐車場に戻る。。。
20171021_133609_convert_20171023001244.jpg

駒の湯橋から望む越後駒ケ岳と佐梨川
20171021_133908_convert_20171023001424.jpg 20171021_133822_convert_20171023001557.jpg 

                          ・橋を渡った先に。。。
20171021_134345_convert_20171023113434.jpg 20171021_135157_convert_20171023003000.jpg


 昨年11月、銀の道は骨投沢を遡行しながら明神峠~銀山平までを終了しており、残る部分を今回は、駒の湯~銀の道~明神峠~明神峠南南西ピークから尾根下降~道行沢下降という計画で完結する予定だったが、台風の影響を考慮し、銀の道のみ歩くことになった。
くろすけは、昨年は参加していなかったが、この時期紅葉の沢を遡行できるのではないかとちょっぴり期待して同行したのだったが。。。う~~ん、残念!恋人(沢)との逢瀬は叶わなかったけど、またまた魅力的な巨樹たちに出逢い、銀の道が心躍る道となった。
銀の道を完結後、一区間だけ高速に乗り五十沢温泉にて入浴(700円)し、五十沢キャンプ場のバンガロー泊と相成る。
ウッディで小奇麗な二階建てで、シャワー付き、暖房完備、、調理器具・布団までそろってる。。。実に快適空間で勿論宴も付いた贅沢な一夜を過ごさせていただきました。(一人3800円)

雨は深夜になってから降り出したものの、本日22日高速走行中の問題もなく無事戻ってくることができました。
帰宅後、真面目に選挙にも行き国民の義務を果たす。。。
雨降りばっかりで思うように沢も行けないが、青空のもと秋らしい日を少しでも味わいたいな。。。  

出会った全てに感謝!



タグ :

ニ王子岳へ

 2016-11-04
2016.10/30(日)晴れ(山行中一時曇るが基本晴)

 4:30起床、5:00宿泊先を出発。車で1時間ほどでニ王子岳登山口駐車場に到着。
やっぱ、早朝は冷え込んで寒い、車の中で簡単に朝食を済ませ、防寒着を身に着けて6:20 いざ出発!
PA300032_convert_20161104121549.jpg PA300033_convert_20161104121608.jpg
ニ王子神社を通り抜け・・・
PA300037_convert_20161104121826.jpg PA300036_convert_20161104121646.jpg 
見上げる空は、青空だ・・・昨日の雨のせいか空気がより澄んでいて気持ちがいい。
PA300039_convert_20161104121906.jpg PA300040_convert_20161104123007.jpg
巨杉空を覆い清流は滝となって霊気満ちている。。。と案内に書いてあったが確かにぃ~・・・
PA300041_convert_20161104162904.jpg PA300046_convert_20161104163012.jpg
登山道は整備されており、階段状になっている・・・   ・6:51 一合目(歩き出せば熱くなり衣服調整)
PA300047_convert_20161104181629.jpg PA300049_convert_20161104164351.jpg
・森が大好き!・・・清流の流れをBGMに進む・・・まだこの辺は紅葉し始めたばかり・・・
PA300053_convert_20161104164417.jpg
・7:09 神子岩                     ・二合目
PA300056_convert_20161104164504.jpg PA300057_convert_20161104164524.jpg
・岩場や根の張り出したところも登場・・・    ・目を引く風雪に耐え抜いた巨杉も・・・
PA300059_convert_20161104165553.jpg PA300060_convert_20161104170317.jpg
・7:26 一王子避難小屋にやって来た・・・小休止 
PA300064_convert_20161104172842.jpg PA300065_convert_20161104171300.jpg
・虫食いのカンアオイ、妙に艶っぽい・・・        ・7:37 避難小屋(三合目)出発
PA300066_convert_20161104172206.jpg PA300067_convert_20161104182132.jpg
・少しずつ色づいてきていい感じに・・・適度にアップダウンと緩やかな道を繰り返し・・・非常に歩きやすい・・・
PA300071_convert_20161104182642.jpg PA300074_convert_20161104182745.jpg
・7:59 四合目             ・8:11 五合目(定高山994.4m)・・・小休止
PA300076_convert_20161104183443.jpg PA300077_convert_20161104183510.jpg PA300079_convert_20161104183551.jpg
・定高山の朽ちた山名板    ・山ぶどうの葉っぱは情感たっぷり・・・・大人の女の色香が漂う
PA300085_convert_20161104183621.jpg PA300081_convert_20161104183652.jpg
・日が射してきた・・・秋色満載の登山道を行く・・・
PA300086_convert_20161104185539.jpg
・緩くアップダウンしながら、段々近景も見えるようになってきた・・・・・・8:43 六合目通過
PA300091_convert_20161104190619.jpg PA300093_convert_20161104190654.jpg PA300097_convert_20161104190721.jpg
・ウルシの紅葉が彩りを添える・・・
PA300099_convert_20161104192609.jpg
展望が開け・・・オ~~~ッ!山の頂が白い!・・・
PA300103_convert_20161104192850.jpg

PA300111_convert_20161104193408.jpg
                    ・青空もまた出て来たぞ~~~!
PA300114_convert_20161104193808.jpg PA300116_convert_20161104193909.jpg
・ロープ付岩場をエンヤコラ・・・     ・どんどん近づいて行く・・・
PA300118_convert_20161104194349.jpg PA300122_convert_20161104195633.jpg
・素敵だぁ~・・・
PA300133_convert_20161031202044.jpg
おっ!
PA300136_convert_20161104200047.jpg
・おぉぉぉ~~~!
草紅葉の光りと影そして霧氷との対比が美しい!
PA300138_convert_20161104201154.jpg

PA300142_convert_20161104200155.jpg
ほんのり赤く・・・               ・9:27 いつの間にか水場に来ていた。一杯頂く…
PA300152_convert_20161104202444.jpg PA300156_convert_20161104202300.jpg
・霧氷の中へ・・・  
PA300162_convert_20161104204024.jpg

PA300179_convert_20161104201731.jpg

PA300184_convert_20161104204546.jpg
・9:38 三王子神社
PA300188_convert_20161104205322.jpg PA300192_convert_20161104205829.jpg
                           ・小さな池は様々を写し絵になる・・・
PA300199_convert_20161104210115.jpg PA300208_convert_20161104210842.jpg
霧氷を見上げながら、山頂を目指し緩く登って行く・・・
PA300215_convert_20161104211022.jpg
パキパキ・・・何か音がすると思っていたら、霧氷が融けて崩れ落ちる音だった・・・儚い音です・・・
PA300217_convert_20161104211511.jpg
・9:50 奥の院            ・二王子岳避難小屋が見えて来たぁ~山頂はすぐそこだ・・・
PA300270_convert_20161104211954.jpg PA300224_convert_20161104212104.jpg

PA300226_convert_20161104212545.jpg PA300230_convert_20161104212616.jpg
・9:54 二王子岳1420.1m
PA300234-1_convert_20161104212901.jpg
・頭上は青空なのに、飯豊連峰もすっかり雲の中・・・辛うじて北股岳~烏帽子岳~飯豊本山が見え隠れしていた。
PA300255_convert_20161104215228.jpg
・左奥の唇型の山は赤津山だそうな・・・
PA300261_convert_20161104220144.jpg
・                               
PA300240_(2)_convert_20161104213721.jpg PA300241_convert_20161104220526.jpg
・10:32 山頂で心ゆくまで楽しみ下山・・・
PA300271_convert_20161104221229.jpg
・池の周りの霧氷はもう消えてしまっていた・・・      ・今一度山頂を振り返る・・・ 
PA300273_convert_20161104221636.jpg PA300279_convert_20161104221713.jpg

PA300284_convert_20161104222336.jpg PA300289_convert_20161104222420.jpg

PA300287_convert_20161104222655.jpg PA300288_convert_20161104222717.jpg

PA300295_convert_20161104225015.jpg
・途中何度か休憩を取りながら・・・            ・神子岩通過・・・
PA300299_convert_20161104224652.jpg PA300306_convert_20161104223514.jpg

PA300312_convert_20161104223546.jpg
・13:04 ニ王子神社到着。境内の水場で靴を洗い、駐車場へと戻る。(13:16) お疲れ様でしたぁ~。m(__)m
PA300035_convert_20161104224133.jpg PA300038_convert_20161104223637.jpg PA300319_convert_20161104224030.jpg

帰路は、高速等の渋滞を考慮し、入浴無し・・・お約束ですが、天気は益々よくなって高速道路からの山々の眺めが素晴らしかった。途中で夕食(ラーメン屋:とんとら)を取り、無事19:25 熊谷駅に到着。
SHCの皆様大変お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m


 初日は雨に降られ、予定の山に登れなくて残念でしたが、今日はその分取り返すがごとく、素晴らしい出会いがありラッキーでした。早朝の出発だからこそ見られた現象、自然界の成せる美しい技、正に神秘の神技・・・感動でした。ありがとう! ニ王子岳、素敵な思い出をつくる事が出来ました。全ての出会いそして家族にも感謝! 
タグ :

裸山(脱線編)

 2016-11-03
2016.10/.29(土)雨のち曇り

 久し振りにSHCの山行に参加した。メンバー: Oリーダー他11人(男4人女7人)
熊谷駅南口7:10集合出発。2台の車に分乗し、高速に乗る・・・。 
出発時は、意外なほどにお天気が良くすっきりした青空に、もしかしたら・・・とチョッピリ期待モードに入ったが・・・関越の長いトンネルを抜けると・・・ 予報通りの雨。本日予定の裸山1010mは、沢の遡下降もあるので、当然のことながら中止となった。
(裸山:魚沼市大白川にあり、浅草岳に連なる鬼が面山の南西に位置するスラブの山。)

急遽、大人の社会科見学と相成り、時間をつぶす・・・。
雨に煙る山間を走りながら・・・9時から見学OKとの酒蔵(越後ゆきくら館)見つける・・・
9:55 敷地内の紅葉したツタが何やらいい感じ・・・  お~っとこちらです・・・。
PA290002_convert_20161102171329.jpg PA290003_convert_20161102171350.jpg 
新潟と言えば「こしひかり」・・・でも、お酒を造るのにはこの美味しいお米は適してないらしい・・・お酒を造るお米が別にあったなんて初めて知った・・・ふ~ん、そうなんだ。
・お酒の種類によって精米の仕方も変わる               ・酒米を蒸している所
PA290004_convert_20161102172740.jpg PA290005_convert_20161102172125.jpg

さく~っと見学後、皆さんお楽しみの試飲コーナーへ・・・。
10種類位あったかなぁ~・・・くろすけ、胃が不調なのに、ちょっとだけならいいかぁ・・・なぁんて、可愛いお猪口で全部いっちゃいました。
で、珍しくご購入!越後武士に南高梅を漬け込んだ梅酒(アルコール度数18度)
少しの間、くろすけの睡眠導入剤となるはず・・・
08170931_55d12b5c07411.jpg    sleep-sheep2.jpg

10:50 道の駅 R290 とちおにて、ちょと早いが昼食・・・栃尾名物の油揚げが入ったうどんを頂く
超分厚いBigな油揚げは、うっすら甘く下味がつけてあって美味しかった! 
PA290012_convert_20161103210037.jpg  PA290011_convert_20161103205548.jpg

12:33 昼食後、雨も何とかあがり、今度は探検で~す・・・
大沢鍾乳洞・・・
この鍾乳洞は、新生代新第三期鮮新世という新しい時代に砂が堆積してできたやわらかい砂岩の中にできたもので、日本ではほんの2~3を数える位しかないのだそうであります・・・。
PA290013_convert_20161103211725.jpg PA290015_convert_20161103211849.jpg
こんな入り口から急な階段を下りていきます。照明なんかはないので、ヘッドランプをつけて探検隊気分・・・
トンネル状を潜ったり、ホール状に出たり、洞窟が分かれていたり・・・何が出て来るやらワクワクしながら・・・
コンデジなので内部真っ暗でほとんど写らず写真は無しです・・・
鍾乳石や石筍もたくさんあったらしいのですが、現在は天井、壁などにわずかに確認できる程度で非常に残念でした。
PA290016_convert_20161103212549.jpg PA290017_convert_20161103212629.jpg
天井にコウモリがたくさんぶら下がっていて、1羽の足にはピンクの環が付いていて、何か調査の対象になっているのでしょうか?
天井からの水の滴りを貯めている金明水・銀明水という所もありました。
PA290024_convert_20161103212827.jpg PA290025_convert_20161103213027.jpg
大きな洞窟ではなかったので、探検はあっという間に終了・・・
PA290026_convert_20161103223637.jpg PA290029_convert_20161103223731.jpg

 若い頃、鍾乳洞の美しさに魅了され、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島に東洋一と言われている昇竜洞を見に行ったことがあります。そして今は機会があれば神秘の絶景が見られるという「銀水洞」に是非とも行ってみたいものだと秘かに?思っています。


時間つぶしも種切れとなり。。。今日の宿泊先に向かう事に・・・ 
14:45 五泉市馬下保養センターへ・・・青空も少し出て来たぞ
ふるさと創生事業の一環として掘削した温泉を利用する施設。季節の料理がそろう食堂があるほか、宿泊棟には自炊室が備わっている。あいにく当日は、温泉揚湯ポンプ不具合により、水道水の沸かし湯だった・・・残念!
PA290030_convert_20161103224516.jpg PA290031_convert_20161103224554.jpg

午後4時からのチェックイン後、入浴したり、みなとおしゃべりしたりしながら6時頃食堂で夕食を取る。皆それぞれ好きな物を注文していた。くろすけは、さんまの塩焼きにMixサラダとヘルシーに・・・

 夕方ぐらいから急に冷え込んできた・・・。予報では、明日は曇りのち晴れとなっているが・・・
明日の天候を祈りながら、早めのご就寝・・・
(今朝は、最寄りの駅に向かうのに時間がなくなって超ダッシュで走りぬき、山へ登る前に朝から超汗だく・・・山には登れなかったけど十分運動してるので、今晩はぐっすり眠れるかも。。。 

※翌日のニ王子岳へと続く・・・
タグ :

素敵なサプライズ!

 2016-10-31
 雪???                        ※写真は全てクリックで拡大可
PA300104_convert_20161031193708.jpg

 OH!霧氷だ・・・
PA300170_convert_20161031221934.jpg

 
PA300137_convert_20161031221357.jpg


PA300175_convert_20161031211811.jpg


PA300176_convert_20161031203322.jpg


PA300181_convert_20161031213142.jpg


PA300193_convert_20161031220703.jpg

 素晴らしい出会いにみな大感動!
PA300216_convert_20161031192644.jpg


新潟県新発田市のニ王子岳にやって来た。
素敵なサプライズが待っていた・・・。(*^^*)
SHC山行2日目10/30(日)の出来事でした。

※近日中詳細アップ予定・・・(^^;  m(__)m

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫