奥森吉:桃洞沢~赤水沢下降②

 2018-06-19

前頁の続き。。。

赤水沢下降 

11:49 昼休憩を終え、天国の散歩道へと下降開始。。振り返れば先程下降してきたミニ雪渓が見える。
明るく開放的で実に心地よい空間だ。。。
P6030366_convert_20180618174043.jpg P6030370_convert_20180618174111.jpg

ずっとナメ床ですが、桃洞沢と同様甌穴には気を付けて。。。振り返る。。。ラストはOzカメラマン
P6030371_convert_20180618192935.jpg P6030373_convert_20180618234205.jpg

5m滝 より安全のために懸垂下降の人。。。ステップが切ってあるのでそれを下りる人。。
P6030378_convert_20180618195456.jpg P6030380_convert_20180618195621.jpg


P6030386_convert_20180618201211.jpg P6030390_convert_20180618201309.jpg

8m滝 落ち口は水流強し         ・くろすけ懸垂下降。。。Mさん撮
P6030392_convert_20180618201558.jpg CIMG5055_convert_20180618203642.jpg

・下から眺める。。。              ・振り返ってみる。。。
P6030396_convert_20180618202201.jpg P6030402_convert_20180618202245.jpg

微妙な幅の深~~い甌穴、リーダーがお助けひもで女性陣をサポート。 ※Mさん撮
黄ヘルくろすけ短い足だが、気合入れ。。おいおい、くろすけの事も心配してぇ~~~!何とも絵にならぬ恰好。
CIMG5062_convert_20180618205006.jpg CIMG5064.jpg

直ぐに4m滝
右から下りられるらしいが今日は水量多いのでより安全に懸垂下降で。。
この滝は水量少ないと下の方が 型にえぐられてるのでハート滝とも呼ばれてるらしい。確認できず超残念!
P6030410_convert_20180618214150.jpg P6030412_convert_20180618214109.jpg

見っ~~け!
甌穴風呂、湯加減最高!。。。若ガエル。。。極楽極楽!
P6030418_convert_20180618220953.jpg

へつって。。。
P6030423_convert_20180618222530.jpg P6030424_convert_20180618222631.jpg

・圧倒されるスラブ壁               ・滝の落ち口の上に出たようだ①
P6030430_convert_20180618234531.jpg P6030433_convert_20180618234606.jpg

・滝の段々を懸垂下降で少しずつ②。。。          ③
P6030436_convert_20180619000655.jpg P6030438_convert_20180619000740.jpg

④                            ⑤
P6030440_convert_20180619000821.jpg P6030442_convert_20180619000900.jpg

⑥下りきって振り返る。。。
この滝が最後の兎滝。。。だと思ったのだが。。。
-1P6030445-3_convert_20180619084643.jpg

あら、もう一つ大きな滝が。。。
お~!大分高度があるぞ。。。懸垂下降で。。。
P6030460_convert_20180619010626.jpg

ジャ~ン!
こっちが兎滝だった!

P6030466-1_convert_20180619013606.jpg

うさぎの白い毛、今日はふさふさ?
うさぎに見えるような見えないような。。。想像~妄想???
P6030463_convert_20180619013013.jpg



P6030481_convert_20180619085238.jpg


・うさぎ年くろすけ跳ねる。。あっ、秘密。。    ・水量多いので迫力有りの兎滝満喫!
P6030471_convert_20180619085524.jpg P6030492_convert_20180619085939.jpg

まばゆいほどの森
ウォーターウォーキング。。。
P6030499_convert_20180619092119.jpg

・ムラサキヤシオの咲き残り。。
P6030505_convert_20180619093303.jpg P6030507_convert_20180619093341.jpg

オオカメノキやコブシの白い花も所々に見られる。。
P6030510_convert_20180619093554.jpg P6030518_convert_20180619093516.jpg

                            ・巨木が根元より倒されていた。。
P6030519_convert_20180619093635.jpg P6030520_convert_20180619093710.jpg

・水芭蕉の畑みたい。。
P6030523_convert_20180619093818.jpg P6030524_convert_20180619093854.jpg


P6030532_convert_20180619093951.jpg


P6030543_convert_20180619094733.jpg P6030546_convert_20180619094656.jpg

ここで、ウォータースライダー楽しむKリーダーとMさん。。。
さすが!ゆとりにみえました。。。 が、想定外でKリーダーのスマホが永眠!
P6030550_convert_20180619095031.jpg

・ウォータースライダーはこのラインだったのかな?
P6030551_convert_20180619100011.jpg P6030557_convert_20180619100432.jpg


P6030558_convert_20180619100456.jpg P6030559_convert_20180619100609.jpg


P6030560_convert_20180619101514.jpg P6030564_convert_20180619101544.jpg

・振り返る。。。                   ・緑の壁、美し!
P6030565_convert_20180619101640.jpg P6030568_convert_20180619102048.jpg

この先で沢岸をへつりながら、森へ入る。。。
P6030576_convert_20180619103028.jpg

・森に入ったところで振り返る ・オオバキスミレはもう終盤 ・おっ残雪だ。最後まで大サービス!
P6030581_convert_20180619103659.jpg P6030582_convert_20180619103758.jpg P6030587_convert_20180619104500.jpg


P6030588_convert_20180619103914.jpg P6030592_convert_20180619104920.jpg


P6030593_convert_20180619105058.jpg P6030596_convert_20180619105125.jpg P6030599_convert_20180619111021.jpg
 

P6030600_convert_20180619105208.jpg P6030601_convert_20180619105235.jpg P6030603_convert_20180619105408.jpg

・15:59 赤水沢との分岐に出たぁ~                    ・小休止
P6030606_convert_20180619105652.jpg 20180603_160046_convert_20180619112109.jpg

後は往路を戻るだけ。。。
ほんとに素敵の森です。。。

20180603_162645_convert_20180619112828.jpg


P6030617_convert_20180619113916.jpg 20180603_164233_convert_20180619114012.jpg

足どりも軽く。。。
20180603_162752_convert_20180619114952.jpg 20180603_164254_convert_20180619114845.jpg


16: 47 鳥獣センター  ~ 17:20 キャンプ場に戻る。超楽しかったぁ~ お疲れさまでした!

残りもんのビールでみんなで乾杯!  
今日もほおずきのような真っ赤な太陽が落ちて行くのを眺めながら夕食。各自好みのラーメンに野菜とゆで卵をプラス。こんな質素な食事でもこういうところでは格別に美味く感じるのだから不思議なもんだ。きっと新鮮な空気と大満足の幸せオーラがみなぎってるからなんだろう。。


 桃洞沢~赤水沢下降は、くろすけたちの貸し切りの舞台だった。
雲一つないピーカンの空の下、奥森吉の森の豊かさに触れ、桃洞滝など、絶妙なる造形美を堪能。タイミングよく登場して来る可憐なお花達に癒され、滑床に現れる甌穴の大小、形にもイマジネーションをくすぐられ、神経を使いながらも面白かった。また思ってた以上の残雪に冒険度が増し、不安に駆られることもあったが、リーダー始め経験豊かなベテラン男性陣の的確な対応で、難所も無事でクリアーすることもでき何よりだった。
水量も多く感じられ、兎滝などは勢いある白ウサギとなり、より魅力的な滝になっていた。が、ハート滝などは水量多いのが災いして♥が確認できず、ハートマニアのくろすけにとっては少々残念だった。


「天国の散歩道」とは、誰が表現したんだろう。。。

森の新緑の輝き、水のきらめき、清らかな流れ、
可憐な花たちのおしゃべり、悠久の時を経て磨かれた岩肌(滑床)、
雪解けの生まれたての風に抱かれ、青く透明な空に身を投じてみた。。。
穏やかに微笑む夫が高い高いもっと高い宙(そら)に居た。。。

「天国の散歩道」。。ゆったりとした美しさ、この世のものとは思えない美しさ。。。
それはきっとそれぞれの心に見える風景なのだろう。。。

                                by まっ黒くろすけ 20160305180705_convert_20180620023409.png


くろすけの沢やか人生に今日も乾杯!


※森吉山、近日中アップ予定!  
スポンサーサイト
タグ :

奥森吉:桃洞沢~赤水沢下降①

 2018-06-17
おおらかな緑の森を突き進めば
まっ黄色に輝くたんぽぽの海、たんぽぽ天国
目を転じれば残雪抱く森吉の山が静かに佇んでいた
    ※森吉山麓親子キャンプ場
P6020004_convert_20180616180851_convert_20180616181608.jpg


<メンバー>ING電脳登山部:Kリーダー他6名(OZさん ITさん Sさん IKさん Mさん くろすけ)


1日目
2018.6/2(土)快晴

 埼玉の熊谷駅7:00出発。目指すは北秋田。。東北自動車道をひたすら走る。。
・菅生SA(宮城)でランチ(くろすけは名物牛タン弁当)
P6020003_convert_20180616215627.jpg P6020002_convert_20180616215700.jpg 

鹿角八幡平ICで高速を下り~食材買い出し~北秋田市森吉高原山麓の親子キャンプ場へ。
休憩他含め約10時間のドライブで本日のねぐらにやって来た。
17:05着 キャンプ場はたんぽぽの黄色い海が広がる。。。 
P6020006_convert_20180616193405.jpg

素晴らしい環境のキャンプ場だ。炊事場・トイレ水洗・シャワー完備(時期的に使用不可)で何と無料!申し分ない。が、この時期蚊が多いので蚊取り線香など防虫対策必須。(小さな池があるのでそこから蚊などが発生するのかも。)

テント設営と調理斑に別れ手際よく準備!

メルヘンチック!
夕方、タンポポも花を閉じて休むことを知る。。。

P6020013_convert_20180616193119.jpg


日は落ちて。。。
P6020014_convert_20180616192807.jpg

ビールで乾杯し、楽しく宴。。。  

野菜キノコお肉たっぷりのうどんが激ウマ! ※OZさん各撮
IMG_2538_convert_20180616222510.jpg IMG_2537_convert_20180616221526.jpg IMG_2540_convert_20180617112727.jpg
 
明日のために早めに就寝。。。
夜空には月も星も出て、明日の天気を約束してくれてるようだった。
たんぽぽたちはどんな夢を見るのだろうか。。。
くろすけその晩恐ろしい夢を見てうなされ自分の寝言で目が覚めた。。。悪霊と闘うようなとにかく超恐ろしい夢だった。。テント同室の方には、驚かせ迷惑をかけてしまった。ごめんなさい!m(__)m


2日目
2018.6/3(日)快晴

4時起床。いつものことのようにあまり眠れなかったが、今日も素晴らしい朝だ。ヒンヤリ感が心地よい
・ナナカマドの白い花と森吉山に。。。「オハヨウ!」 
P6030018_convert_20180617104118.jpg

朝食を済ませ、5:30キャンプ場から早めに出発!
5:50 鳥獣センター、ピーカンの空の祝福を受けて。。。
熟年沢やか隊  ※Ozさん撮
IMG_2542_convert_20180617114813.jpg P6030022_convert_20180617114946.jpg

・何だか怪しげな黄ヘルくろすけ(Ozさん撮) 
IMG_2544_convert_20180617122253.jpg P6030026_convert_20180617123104.jpg  P6030027_convert_20180617123446.jpg

素晴らしい森の始まり。。。
P6030031_convert_20180617131151.jpg P6030034_convert_20180617124103.jpg 

                        ・ハルゼミ。。任務全うしたのか?
P6030037_convert_20180617124127.jpg P6030039_convert_20180617124736.jpg 


P6030040_convert_20180617125605.jpg P6030041_convert_20180617132757.jpg P6030043_convert_20180617130626.jpg

ブナの原生林で最高の森林浴!
身体の細胞たちが蘇生されていく。。。

P6030052-1_convert_20180617135413.jpg


P6030057_convert_20180617133040.jpg P6030060_convert_20180617133407.jpg

                                      ・湿地には水芭蕉 
P6030061_convert_20180617133710.jpg P6030062_convert_20180617133736.jpg

登山道には、キクザキイチゲ、サンカヨウ。。。
P6030064_convert_20180617135123.jpg P6030072_convert_20180617135226.jpg

スミレサイシンと次々目を楽しませてくれる。。。
P6030071_convert_20180617140359.jpg P6030078_convert_20180617140332.jpg 

樹間より横滝
P6030085_convert_20180617141545.jpg P6030088_convert_20180617141607.jpg


P6030089_convert_20180617142100.jpg P6030092_convert_20180617142148.jpg P6030094_convert_20180617142726.jpg

7:05いよいよ桃洞沢に入ったぞ。。  ・7:22休憩後、さぁあらためて出発だ! おっ、残雪!
P6030096_convert_20180617145332.jpg P6030101_convert_20180617145446.jpg

開放的な沢が展開してきた。。。
P6030103_convert_20180617143816.jpg


P6030104_convert_20180619224410.jpg

間もなくに
7:29 桃洞滝! 熟年沢やか隊 
IMG_2568_convert_20180619222614.jpg


絶妙な造形美、実に優美!
観賞もそこそこに左岸に取付く。ステップが切ってあるので登り易いが、慎重に!
P6030112_convert_20180617150700.jpg

登って行けば高度感もたっぷり。。
P6030116_convert_20180617151405.jpg P6030122_convert_20180617151533.jpg

登り切れば、大尻?いや大桃がまた二つ。。。
P6030126_convert_20180617151643.jpg

甌穴に落ちないよう注意して歩く。。。
P6030133_convert_20180617162355.jpg P6030139_convert_20180617162436.jpg


P6030148_convert_20180617162819.jpg P6030150_convert_20180617162846.jpg

7:54 二俣で左沢へ入る 右沢八段の滝とやらにも入って行きたくなる。。。
P6030152_convert_20180617163045.jpg

・左沢入口、倒木有り                     ・おっまた残雪だ!       
P6030154_convert_20180617170841.jpg P6030157_convert_20180617170944.jpg

 ・深いぞ!                  
P6030161_convert_20180617171249.jpg P6030168_convert_20180617171545.jpg

左岩の甌穴跡が獲物を待ち構える巨大ネズミの目のようだ。。。
P6030177_convert_20180617171929.jpg


8:12 中の滝5mにやって来たようだ。。。
P6030181_convert_20180617172952.jpg P6030184_convert_20180617173020.jpg


P6030189_convert_20180617173833.jpg P6030193_convert_20180617173902.jpg

OH~倒木が巨大恐竜の骨のよう。。。
P6030196_convert_20180617174236.jpg

8:20 男滝三段12m 
右に残置ロープ有るが短いので、安全のためリーダーが持参ロープ出す
P6030204_convert_20180617174937.jpg

中段のバンドはゆとりで渡れる幅有り。 して右岩取付く。激流チラ見し慎重に。
P6030208_convert_20180617175820.jpg P6030209_convert_20180617181239.jpg P6030210_convert_20180617175906.jpg

登り切ったところをMさんが。。。
沢ではくろすけ少年?。。。ご満悦の笑み!
CIMG4915_convert_20180617180212.jpg

沢幅狭くなってくる。。。
ずっと甌穴だらけなので落ちないように下ばかり向いて歩いている。振り向いてもパチリ!
P6030218_convert_20180617182909.jpg P6030222_convert_20180617182939.jpg

残雪も随分多くなってきた。。。
沢岸にはシラネアオイやカタクリ。。。
P6030227_convert_20180617184221.jpg P6030234_convert_20180617184303.jpg

小さな水芭蕉。。。
P6030244_convert_20180617185609.jpg P6030249_convert_20180617185646.jpg

休憩場所には大好きなキクザキイチゲやショウジョウバカマ。。。
P6030257_convert_20180617190205.jpg P6030264_convert_20180617190331.jpg

色違いで咲いていますが上手く色が出ません。。。
P6030262_convert_20180617191006.jpg P6030261_convert_20180617190907.jpg

・甌穴がハート型?                 ・沢が雪渓で埋まって来た
P6030272_convert_20180617193429.jpg P6030280_convert_20180617193535.jpg

の先は、雪渓が寸断されているので、斜面を上がりトラバースする事に。。。
ITさんが、熊退治?に持参したナタでステップを切る。。物は使いよう。サスガ!
トラバース中、下を覗くと深い甌穴が口を開けていた。ヒヤヒヤ!さらにブロック雪崩跡を越え。。
P6030284_convert_20180617192929.jpg P6030289_convert_20180617193010.jpg

・リュウキンカは水芭蕉とコラボが似合いますね。        ・大好きなんでつい!
P6030294_convert_20180617195527.jpg P6030292_convert_20180617195601.jpg

・またまた雪渓だ。。  ギャッ!ど、どうしたんだ。一瞬の出来事。雪渓が崩れ落ちた!
みんなで思わず笑ってしまったが、笑いにできる内容で良かった。。。
P6030295_convert_20180617200843.jpg CIMG5183_convert_20180618220045.jpg

その後藪っぽくなったり、雪渓やら倒木などの沢を詰め上げて行くと水も少なくなり。。。、
P6030305_convert_20180617204811.jpg P6030322_convert_20180617210537.jpg

①なだらかな雪渓を一旦下ってから、③沢型を詰め上げ。。。
P6030328_convert_20180617214108.jpg P6030330_convert_20180617214139.jpg

②写真前後しますが、森の雰囲気が素晴らしい!
P6030329_convert_20180618170145.jpg

10:36 尾根に取付き藪漕ぎ少々で 10:45 赤水沢支流に下りる。。。またまた雪渓だ。
20180603_103628_convert_20180617214313.jpg P6030334_convert_20180617214920.jpg P6030339_convert_20180617215012.jpg

雪渓を競技のように処理して下降して行く。。。キクザキイチゲガほんとに可憐で  
P6030351_convert_20180617222357.jpg P6030342_convert_20180617223115.jpg

所々に登場してくるお花たちにはホッと救われる。
悪条件・危険地帯を慎重にこなしていくのはもちろんですが、こういう難所、結構好きなやんちゃな?くろすけ少年です。
P6030357_convert_20180617222245.jpg P6030358_convert_20180617223140.jpg

おっやっと本流に出合ったようだ。。前方で歓声が上がった。。ヤッター第一関門突破!
11:28 750m赤水沢本流との出合

P6030361_convert_20180617225252.jpg P6030364_convert_20180617225407.jpg

ここで昼休憩!  

赤水沢は天国の散歩道と言われている沢だとか。。。
天国を実感できるかどうか。。続きは、近日中アップ予定!

                 ※ Ozさん撮 
-1P6030111_convert_20180617150530_convert_20180618002322_convert_20180618003750.jpg



今日はお休み。仲間は沢に行っている。くろすけも行きたかった。。。
午前中、約束の用事を済ませ、午後から家事、そしてやっとパソコンの前に。。。

BGMにユーチューブで西城秀樹の曲ばっかり聞いていたが、どうしてもウルウルしてしまう。
途中から玉置浩二~リチャードクレイダーマンと気分を変えた。。。

貧乏暇なし、今やることの優先順位をつけると、自分の時間がなかなかつくれない。
想い出の記録がたまる一方で何だかストレスが溜まってしまっている。。これはイカンです。

仕事辞めるわけ行かないし、いっぱい寝たいし。。。と愚痴ってみてもしゃぁないですね。

今日は、この辺で休みます。。。
Good Night!


タグ :

森吉:桃洞沢~赤水沢下降 & 森吉山

 2018-06-05
<奥森吉>
クマゲラのドリミング響くブナの原生林を行く

森呼吸するほどに蘇る身体の細胞たち。。。
P6030079_convert_20180605205540.jpg



大自然が創り上げた絶妙なる造形美
桃洞沢:桃洞滝 20m
P6030110_convert_20180605195101.jpg


生まれたばかりの沢風に吹かれ
天国の散歩道へと誘われる。。。
赤水沢:兎滝 40m

P6030466_convert_20180605201907.jpg



森吉山
阿仁ブナ帯コースを進めばシラネアオイロードが待っていた。。。
P6040647_convert_20180605215132.jpg P6040653_convert_20180605213804.jpg 


森吉神社の冠岩
鬼に変わって巨石を積み上げる。。。
P6040670_convert_20180605220556.jpg



今日もピーカン、残雪を踏みしめて。。。
P6040688_convert_20180605213129.jpg


ヤッホ~~~
森吉山頂にて。。360度の大展望
八幡平 岩手山 早池峰山 秋田駒ケ岳など
P6040708_convert_20180605213234.jpg



6/2(土)~6/5(火)で秋田県の奥森吉の沢と山をING電脳登山部の仲間と楽しんできた。
残雪残る沢も山もまだまだ遅い春を謳歌する妖精たちのささやきが聞こえて来た。。。

詳細近日中アップ予定!

P6030615_convert_20180605231922.jpg
タグ :

西上州神流川流域/野栗沢・悪谷

 2018-04-18
あっ、あれは?
P4130249_convert_20180418123732.jpg



2018.4/13(金)晴れ

 アカヤシオの満開情報が次々と入ってきて、独り追っかけ隊としては何だか今年は取り残されそう。。
ING電脳登山部の沢第2弾は西上州、上手くいけばアカヤシオたちにも遭遇できるかもと期待大で参加した。

<熊谷駅7:15➡9:42赤岩橋9:57…悪谷出合10:01…12:37CS付2条10m滝…14:48大ナゲシ西側鞍部15:23…16:03赤岩峠…17:48赤岩橋➡20:10熊谷 (休憩数回含む)>

 熊谷駅南口7:15集合出発。(メンバー: Oリーダー Ozさん Iさん & くろすけ)
街ではすっかり青葉となってしまった桜達も、恐竜の町で有名な神流町(群馬県)辺りまでくると、山間では山桜が様々な萌黄色に混じって美しく、くろすけの大好きな風景に心が和む。

予定していた道が通行不可で少し大回りになってしまったようだが、道の駅万葉の里でトイレ休憩後、間もなくに出発地の赤岩橋に到着。装備を調えいざ出発!風もほとんどなく、太陽の微笑む爽やかな沢日和だ。
20180413_095732_convert_20180418135703.jpg 20180413_095841_convert_20180418140520.jpg

早っ!悪谷出合いにはものの数分。。。入渓!
大岩ゴーロ帯での最初の4m滝は、くろすけ右岸チャレンジするも苔に覆われた岩は意外にホールドなくいきなり蝉となり。。お助けロープにすがる。。恥ずかし。。。咲き残っていたハナネコノメに窘められるは、少し高い所からは夫の苦笑いを感じた。。。
20180413_100103_convert_20180415201155.jpg P4130151_convert_20180415201306.jpg

・釜が深いので巻く。。。             ・何か語ってます。。。
P4130154_convert_20180418145041.jpg P4130159_convert_20180418145412.jpg

・大岩ゴーロ帯を進む。。     ・巨岩の重なりが凄っ!
P4130165_convert_20180415203214.jpg P4130167_convert_20180415202357.jpg

・おっ、岩潜り。。。          ・アカヤシオとミツバツツジの競演。思ってた通り!
P4130169_convert_20180415202546.jpg P4130173_convert_20180415202703.jpg

・倒木を上手く利用して。。           ・OH~赤い沢床も登場~
P4130178_convert_20180415203836.jpg P4130183_convert_20180415205041.jpg

・青空にツツジたちが美しい!                    ・釈迦像風?
P4130184_convert_20180415205124.jpg P4130189-01_convert_20180415205225.jpg

さらに大岩ゴーロ帯を進んで行き。。。
見上げればまたもやそそり立つ岩峰の頂に咲くピンクのアカヤシオたち。。癒されます
P4130200_convert_20180419051928.jpg

・どんどん進んで行く。。。             ・2段3m滝
20180413_113855_convert_20180418153812.jpg P4130205_convert_20180416210616.jpg

5m滝は左岸を巻く。。。
P4130209_convert_20180416210747.jpg P4130211_convert_20180416210838.jpg

・沢床へはロープで下りる                 ・ぬめりに気を付けて
P4130213_convert_20180416210919.jpg P4130218_convert_20180416211014.jpg

・積み重なったCSをすり抜ける             ・段々になった岩層が面白!
P4130222_convert_20180416211053.jpg P4130224_convert_20180419051144.jpg


くろすけはゴルジュが大好き!
なぜか心がかきたてられるのだ。。。冒険チック!

P4130229-01_convert_20180418162337.jpg

・またまた倒木を利用して。。。
P4130231_convert_20180416211131.jpg P4130233_convert_20180416211210.jpg

・左岸巻く                        ・やっと癒し系の8mナメ
P4130238_convert_20180418163644.jpg P4130244_convert_20180416211257.jpg

おっ、OH~!遂に登場!
巨大隕石!。。。のようなチョックストーン 
P4130250_convert_20180418123414.jpg

くろすけはアカヤシオとこれが見たかったのだ。。。
巨大クルミ(胡桃)のようにも見えるぞ。。。

P4130252_convert_20180418122212.jpg

チョックストーンの下には2条10m滝、そして腰までの深い釜。。。
深い釜の攻略=手前にあった倒木を3人で引っ張り上げて滝の取付点に掛け丸木橋とし渡る。

・Oリーダーがまず先陣をきる。。。              ・Iさんはロープで慎重に上がる
P4130254-01_convert_20180416211910.jpg P4130259_convert_20180416212021.jpg

2番手はくろすけ、ドッキドキでしたが、何よりホールドスタンスしっかり有り、ぬめりもほとんどなかったので上部の狭い部分も思った程苦労もなく登れました。

本日の核心部を終了し、取りあえずホッとしながら進む。。畳状の岩の先の倒木の掛かった4m滝巻く。
P4130270_convert_20180416212114.jpg P4130277_convert_20180416212156.jpg P4130278_convert_20180416212243.jpg 

2段10m滝(写真は上部)は、巻く人、水流左登る人。。自由に
P4130281_convert_20180416212323.jpg P4130285_convert_20180416212409.jpg

・開けると苔ゾーン有り                 ・1180m付近でチョロチョロの水も涸れる
P4130290_convert_20180416212442.jpg P4130293_convert_20180416212512.jpg

休憩を交え段々急斜面になるガレ場をひたすら詰めて行く。ヒ~フ~ガンバ!大ナゲシ西側鞍部に到着
P4130297_convert_20180418174050.jpg P4130305_convert_20180418174146.jpg P4130315_convert_20180416212610.jpg

休憩後下山!(大ナゲシ西側鞍部を後にする。)
P4130316_convert_20180418215101.jpg

緩いアップダウン後に痩せ尾根となり下って行くと
樹間より赤岩岳、横を向けば大ナゲシ。。。それぞれそそられる岩峰だ!
P4130331_convert_20180418182537.jpg P4130335_convert_20180418182606.jpg

赤岩峠に到着。近い将来登るであろう赤岩岳と暫し対峙し、登山道を下る。。。ロープ付の倒木有り
P4130337_convert_20180416212738.jpg P4130340-1_convert_20180416212809.jpg

この時期まだ歩く人は皆無のようで、落ち葉に埋もれた部分が結構有り、急斜面だったり不明瞭だったりで最後まで気の抜けない登山道だった。小さな橋を渡り、眼下に堰堤が見えるとやっと土砂の堆積した舗装路に出た。
P4130358_convert_20180416212855.jpg P4130364_convert_20180416212946.jpg

路の真ん中でヒトリシズカがお疲れさまと迎えてくれると間もなくに赤岩橋駐車地に戻った。
P4130367_convert_20180416213041.jpg P4130368_convert_20180418192801.jpg

 
 悪谷は、確かに癒し系の沢ではなかったが、くろすけの冒険心をあおるアスレチック系な沢でなかなか面白かった。
遡行後間もなくから、天空を彩るかのようにそそり立つ岩峰の頂に咲くアカヤシオたちに遭遇し、その優しさ色に生命がみるみる蘇生されていくのを感じた。また最初からいきなりお転婆しても仲間たちの臨機応変な対応、寛大さ・優しさに触れ、アカヤシオの花と共にくろすけのハートは「優しさ色」に満たされた一日となりました。ありがとうございました。感謝!m(__)m


くろすけが唯一くろすけでいられる空間「沢」
これからも性懲りもなくずっと「沢」
くろすけの恋人「沢」
夫よありがとう
深い愛に感謝いたします 



タグ :

房総/湊川・梨沢~嵯峨山

 2018-01-14
冬でも比較的温暖な気候と言われる房総。。。
このお花たちがひと足早く山村を街道を。。と賑やかに咲き香る。

20180114_123543_(2)_convert_20180114193438.jpg


が、今年の寒気。。。
さすがに沢は。。。

20180114_095906_convert_20180114193542.jpg


勿論、水超冷たかったぁ~。。。
でも、イッちゃってるくろすけを
恋人の沢は、呆れながらも優しく受け止めてくれた。。。

梨沢不動滝6mにて   ※手に持ってるのは落ちていた鹿の角
P1140006_convert_20180114190144.jpg


2018.1/14(日)快晴 単独

 日本全国寒波に襲われて、房総も例外でないとは思ったが、「やっぱ寒くっても沢」と、イッちゃってるくろすけは「こんなにお天気がいいんだもん。。」と、クルマを飛ばし富津市(千葉県)の梨沢までやって来てしまった。
うっかり出発点(駐車地)とする梨沢区公民館を見落とし、「可笑しいなぁ?」と思いながら何と七ツ釜の案内板に従い郷蔵トンネルを抜ける所まで行ってしまった。あきらかに行き過ぎ。。トンネルを抜けたやや広めの所で何とかクルマを切り返し、トンネルの天井でクルマの屋根が擦れるんではないかと心配しながら~ツルツルに凍ったわだちでスリップしやしないかとドッキドキしながら~車幅ギリギリの小さな橋を渡り、Å角の急坂を切り返して。。とまるで運転技術を試されてるかのようだった。。。 いきなりの間抜けをし、出鼻をくじかれた感だったが、ドンマイ、ドンマイ!。。で、無事公民館へ。

・梨沢区公民館(行きでは見落としやすい立地)出発!・梨沢橋を渡る ・案内に従い右折し坂下る
20180114_082212_convert_20180114213428.jpg 20180114_082323_convert_20180114213449.jpg 20180114_083520_convert_20180114213523.jpg

・鳥居の先から細い急坂となる  ・小さな橋を渡り、素掘りのトンネルを抜ける
20180114_084013_convert_20180114213604.jpg 20180114_084121_convert_20180114213622.jpg 20180114_084235_convert_20180114213645.jpg
・河原に下りる道から入渓  ・右の上流に向かう。。  ・ゴーロかと思いきや結構水量が。。。
20180114_084724_convert_20180114220852.jpg 20180114_085146_convert_20180114220916.jpg 20180114_085715_convert_20180114221135.jpg

・イノシシ?足跡がいっぱい         ・水は澄んで美しい!
20180114_090319_convert_20180114221157.jpg 20180114_090611_convert_20180114221220.jpg

・ゴーロを進む。。壁が立ってくる。。      ・岩壁に深い緑のシダの群生。。シダ大好き! 
20180114_090720_convert_20180114222132.jpg 20180114_091447_convert_20180114222241.jpg

・ヌタ場が随所に。。              ・おっ、やっといい感じになって来た。。
20180114_091553_convert_20180114222307.jpg 20180114_091807_convert_20180114222348.jpg

・なるたけ濡れないよう工夫して歩く。。       ・大好き!ゴルジュ登場 
20180114_091903_convert_20180114222413.jpg 20180114_092216_convert_20180114222510.jpg

・ワクワク、ドキドキ!
20180114_092630_convert_20180114224550.jpg 20180114_092656_convert_20180114224606.jpg

お~~!不動滝6mだ。
くろすけ好みの空間だ。。。
歴史を感じる地層がバームクーヘン状!。。。
20180114_092955_convert_20180114224642.jpg

暫し鑑賞してから、ヘルメットをつけてガイドブック案内通り、左側から登って行く
階段状で登り易いし岩も滑らない。水もチョロチョロで助かった。
20180114_092830_convert_20180114225736.jpg 20180114_094215_convert_20180114225805.jpg 20180114_094219_convert_20180114225825.jpg

滝の落ち口から下を除く。。。浸食のされ方が面白い!
写真では高度感が今ひとつ出ず。。。 人がいればねぇ~
20180114_094523_convert_20180114231828.jpg

・直ぐナメ状となる。。。    
20180114_094731_convert_20180114232342.jpg 20180114_095141_convert_20180114232613.jpg

・岩壁からのしみ出し色々。。。
20180114_095207_convert_20180114233230.jpg 20180114_095842_convert_20180114233840.jpg

おっ、釜だ、深いぞ。。。
・手前は右端歩けば大丈夫 ・奥はドボンしないよう慎重に右側へつる。
20180114_100630_convert_20180114234241.jpg 20180114_100653_convert_20180114234318.jpg


眠くなってきたので、この続きはまた明日。。。できるかな?なので。。近日中!

※最近は、お年なので睡眠を大切にしています。
「質の良い眠り!」の心がけ。。。

追記 1/15(月)
パソコン不調、立ちあげ間もなく真っ黒画面になってしまい起動せず。。せっかく昨日の続きをまとめようとしたのに。。
明日、メーカーにTelして調べてみます。
あ~ぁ、時間が中々取れないというのに、全くもうです。
スマホより

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫