干支の山へ(北アルプス:白鳥山)本編

 2017-03-24
<白鳥山>
 白鳥山は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の最北端にある標高1287mの山。
新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。山姥山・上計呂山・寺山などの別称がある。
朝日岳と日本海沿岸の親不知とを結ぶ栂海新道上に位置する。
Wikipediaより

2017.3/18(土)晴のち曇

 前夜、遅番の仕事を終えそのまま電車に飛び乗り、新座駅に着いたのは23:35。
さわねNリーダーの車にピックアップして頂き、下仁田の道の駅にて仮眠を取り、翌朝新潟と富山の県境へと高速を飛ばす・・・

・美し~い!妙高山・・・走行中、つい      フロントガラスに付いた虫がオマケです
P3180003_convert_20170322181938.jpg

今のところお天気は素晴らしい!このまま山頂に着くまでもってほしいものだ。(天気予報は三社三様で悪く出てるものも有り)日本海の穏やかな海を眺めながら、風が強くない事にホッとしながら、富山県の朝日町に入る。境川沿いに走り、上路集落を目指す、道路上に雪は全く無し・・・。集落は、廃屋が多いのかお留守なのか、人の存在が皆無に等しかったが、Nリーダーが付近の民家でやっと見つけたおばあちゃんにお声掛けして、駐車場お借りした旨お伝えする。m(__)m 10:30出発!

・上路の集会所?の駐車場お借りする    ・神社の境内から入山・・・立派な杉が立ち並ぶ
P3180004_(2)_convert_20170322185641.jpg P3180005_convert_20170322185710.jpg P3180007_convert_20170322185739.jpg
神社の裏側から林道にぶつかり終点まで辿り、小脇谷右岸尾根に取付く。
スタート時は、雪少なく山の地肌がまる見えの藪漕ぎだったが徐々に腐った雪となり、50分ほどはツボ足で進む。
P3180012_convert_20170322190909.jpg P3180015_convert_20170322190939.jpg
スノーシュー装着後、緩急のアップダウンを繰り返し標高を稼いで行く。今回も1泊装備なのでザックがズシリと重たいし、相変わらずくろすけの御身も重たい。。。
ふと横(東方向)を向くとひょっこりと特徴ある山が見えてきた。後で調べてみると頸城の黒姫山のようだ。数分後に振り返れば今度は海も見えて来た・・・この山と海がずっとくろすけを励ましてくれた…
P3180026_convert_20170322203139.jpg P3180024_(2)_convert_20170322203556.jpg
出発時は青空だったのに、進むほどにオブラートに包まれたような空に・・・。
それでも風は微風程度なので助かる・・・
P3180039_convert_20170323173251.jpg P3180048_convert_20170323173311.jpg


P3180062_convert_20170323173339.jpg

・急斜面だぁ~                  ・ヒ~フ~、エンヤコラ!・・・
P3180067_convert_20170323174158.jpg IMGP4724.jpg
たぶん800m地点・・・日本海をバックに
本日は残念ながらボーっと霞んだ海色だ。
でも日本海だと思えば、太平洋側に住んでるものにとっては、格別の思い、嬉しい!。。。
IMGP4725.jpg

・太陽にもフィルターが掛かって… ・891mピーク地点から山頂避難小屋を望む… まだはるか先だぁ~…
P3180078_convert_20170323180926.jpg P3180081-1_convert_20170323182509.jpg
雪庇のせり出しも多分大分減ってるに違いないが、雪の感触が違ってきた・・・
ザクッザクッからサクッサクッと
P3180091_convert_20170323183640.jpg

頑張れ!・・・休憩もこまめに取りながらガンバ!
P3180109_convert_20170323193545.jpg

あとピークは2つ・・・ 頑張れ!
P3180112_convert_20170323195803.jpg

・最後のピークをガンバ!            ・1230m地点で振り返る・・・海色がぼ~っと
P3180119_convert_20170323193922.jpg P3180120_convert_20170323194102.jpg

そして目の前に初雪山
P3180124_convert_20170323202815.jpg
初雪山アップ・・・
肉眼ではしっかり確認できるのですがすっかりガスってきてしまいカメラ的には良く撮れませんでした。
お天気が良ければ初雪山の肩に剣岳まで見えるのだそうな・・・残念!
P3180126_(2)_convert_20170323203242.jpg

さぁ、此処までくればあとひと踏ん張り・・・ガンバ!赤○が山頂避難小屋
P3180131_convert_20170323205838.jpg

黒姫山と山頂避難小屋
P3180133_convert_20170323212325.jpg

・雪庇を回り込んで赤○を目指す・・・     ・初雪山を感慨深げに眺めるNリーダー
P3180137_convert_20170323212856.jpg P3180139_convert_20170323213040.jpg

・もう少しだ。ガンバ!  ・遂にヤッター!白鳥山山頂避難小屋1287m 16:05 着
P3180146_convert_20170324184741.jpg P3180148_convert_20170323214709.jpg
すっかりガスってしまい、山頂からは近景の黒姫山が見える程度・・・
晴れていれば、焼山・火打山・雨飾山~剣岳・初雪山・白山などの名峰、そして日本海西北には能登半島までも見えるらしい。日本海の水平線も是非ともこの目で見たかったなぁ~実に残念の一語に尽きる・・・
P3180152_convert_20170323215415.jpg
小屋の1階の出入り口はほぼ雪で埋まっていて入れないので、情報通り、鉄梯子を登ってアクロバティックに2階の小窓から部屋に入り込んだ。小さなテーブルに銀マット・ハンガー、それに布団?(布団カバーに入ったものが2つ。)まであった。深夜から早朝はきっと大分冷え込むに違いないと思っていたが、予想に反し全くの寒さ知らずで快適に過ごせた。小窓からは夜景もきれいに見え、山頂での展望の無さをカバーしてくれた。ささやかな宴後、21時には就寝したが、夜中目が覚めると強風と雨音、それに稲妻まで走り、一瞬明日はちゃんと帰れるのか不安になったりもしたが、アルコールが効いていたのか山の神に祈りながらいつの間にか眠ってしまっていた・・・ 
P3180151_convert_20170323215223.jpg P3180153_convert_20170323214501.jpg


2017.3/19(日)曇

 目が覚めると一番に風の唸る音を耳にした。小窓を開けると外は真っ白で何も見えない。。。
きゃぁ、今日は一体どうなってしまうのだろう?
簡単に朝食を済ませ、部屋の片づけも終わるころ、風音もほとんどなくなってきたので、予定通り下山する事に。
・8:35 出発!小屋を出て間もなくに、視界は徐々に広がり でした。
P3190157_convert_20170324203225.jpg P3190170_convert_20170324205118.jpg

振り返れば、白い太陽が顔を出し、見送ってくれている。
P3190168_convert_20170324212639.jpg


P3190173_convert_20170324210332.jpg


P3190180_convert_20170324210411.jpg
もう一度振り返り、小屋にさよなら!
大変だったけど機会があればまた来たいなぁ~・・・・。 
P3190183_convert_20170324211841.jpg

帰りはあっという間で~す・・・
P3190192_convert_20170324210438.jpg

下って行く程に疲れも出てきてるらしく、軽くなったはずのザックも休憩後に背負う時はメチャ重く感じるし、急斜面では踏ん張る力も今一つでこけまくり!・・・と体力の落ちた事に年を感じました。  
                            ・マンサクが咲き始めていた・・・
P3190194_convert_20170324214155.jpg P3190199_convert_20170324214236.jpg

                            ・コブシの花の蕾も・・・
P3190203_convert_20170324214533.jpg P3190204_convert_20170324214824.jpg

・一部はっきりした青空も・・・           ・藪に突入する前にスノーシュー脱着
P3190208_convert_20170324215214.jpg P3190209_convert_20170324215322.jpg

・藪漕ぎは沢登りで鍛えられて苦にはならなかったが…  ・林道を戻る・・・
P3190217_convert_20170324220642.jpg P3190220_convert_20170325151839.jpg

神社に寄り参拝し、駐車場に無時戻る。11:27着。お疲れ様でしたぁ~!
杉の巨木達が霊験あらたかな雰囲気を醸し出していた・・・。
P3190221_convert_20170324220732.jpg

帰路、上路集落の街道沿いのフクジュソウが点々と何べんも目に入ったが、車から下りて採るパワーがなくて・・・眺めただけ!
道の駅「越後市振の関」にて昼食。海鮮丼みたいなものを食べたかったが、生憎なくて店長お薦めの「たら汁定食」なるものを頂く。たらのぶつ切りが入ったたっぷりの汁でお味はなかなかでしたが、付け合わせの冷ややっこの方に妙に感動した。 (モンベル会員100円引き) ・たら汁定食の写真は拝借m(__)m
P3190226_convert_20170325151521.jpg mig_convert_20170325154446.jpg

往路を戻り高速に乗るが、途中で少し雨に降られ、白鳥山ではどうだったのかと気になった。(白鳥山で出会った人:行きは4人、帰りは10人位 小屋泊まりはくろすけ達だけの貸し切り)
行きに素晴らしい展望を見せてくれた山々の展望も帰りは春霞状態でほとんど得られず、高速をひたすら走るが、渋滞に少し遭遇しただけでそれほど遅れる事もなく無事新座駅に到着。さわねNリーダー、長距離運転お疲れ様でした。伊豆山稜線歩道に続いて白鳥山、何だか海と夜景の見えるシリーズになってしまいましたね。それぞれに大変でも楽しかったです。ありがとうございました。m(__)m


干支の山「北アルプス:白鳥山」は、もう一度登ってみたいと思わせるいい山でした。
やはり雪山は、地球の青さを感じるほどのまっ青な空のもとで、辛さも楽しさも味わいたいなとつくづく思います。


出会った全て、家族に感謝!

※P.S
白鳥山の良さを表現できるような写真今回は撮れませんでした。残念!
スポンサーサイト
タグ :

干支の山へ(北アルプス:白鳥山)

 2017-03-20
さぁ、張り切って行くぞ~ (^^♪
P3180026_convert_20170320235046.jpg


が。。。登っても         登っても。。。(~_~;)
P3180067_convert_20170320234606.jpg P3180077_convert_20170320234631.jpg

山頂はまだまだず~~~っと先!(◎_◎;)
が山頂避難小屋  右下がソロスキーヤー     ※写真はクリックで拡大可
P3180081-1_convert_20170320233805.jpg


この山(頸城の黒姫山?)と・・・
P3180034_convert_20170321003917.jpg


この海(日本海)に励まされ。。。頑張った!(ぼ~っとした青ですが海です。
P3180072_convert_20170321004240.jpg


今年の干支は酉、それなら山名に酉(鳥)のつく山にも登ってみたいと。。。
3/18(土)~19(日)北アルプス白鳥山(栂海新道の一番端の山)へ。。。
近日中詳細アップ予定!


◎訪問下さる皆様へ
いつもありがとうございます。
昨日夜山から帰って来ましたが、大分疲れていたらしく午前中はしっかり寝てしまいました。
午後からは、頭だけは何とかスッキリしたようなので、沢始め!「湯河原:新崎川左俣の詳細アップできました。(^^;
タグ :

信州:三峰山

 2017-03-08
本日も晴天なり!
北アルプスの大展望・・・(*^^*)

20170305_100537_convert_20170308170921.jpg

信州の三峰山にやって来た・・・
P3050134_convert_20170308171143.jpg


2017.3/5(土)快晴~晴          ※写真はクリックで全て拡大可

 SHCのスノーシュー登山に参加。Kリーダー他10名。(男性6人女性5人)
前夜バスで新宿駅西口を21:30出発。途中で仮眠をとり、下諏訪~和田峠~取付き地点まで。
6:31出発! 
中山道の表示の先に雪のブロックで作ったイグルーがあった。斜面を上がりビーナスラインを越え・・・
P3050011_convert_20170309113340.jpg P3050012_convert_20170309113405.jpg P3050017_convert_20170309120259.jpg
沢を越え、二度目のビーナスラインにぶつかった所から、スノーシュー・ワカンを付けていよいよ山に取付く
P3050019_convert_20170309120700.jpg P3050023_convert_20170309120924.jpg P3050024_convert_20170309121122.jpg
今日も素晴らしいお天気だ。雪はもうザクザクだが、振り返れば蓼科山や雲海の上に浅間山が姿を現した
逆光なのでくろすけのカメラではうまく撮ら得られず、アップできませんが・・・ 
登山道にぶつかり、三峰方面へ、まずは、目の前に見えるピークへ。
P3050033_convert_20170310103000.jpg P3050038_convert_20170310103033.jpg P3050039_convert_20170310103103.jpg
楽なアップダウウンで、快適に進んで行く。高度を上げるにつれて、展望も益々よくなり、北峰までもう少しのようだ。
P3050040_convert_20170310104230.jpg P3050048_convert_20170310104309.jpg
踏み跡の無いスロープを登って行く・・・
真っ白な雪面と真っ青な空のコントラストが言うまでもなく・・・美しい!
P3050049_convert_20170310105217.jpg P3050055_convert_20170310105252.jpg
ルンルンで斜面を上り切ると・・・
お~~目の前に三峰山・・・
P3050059_convert_20170310112527.jpg

そして北アルプスの遠望が・・・素晴らしい!
P3050062_convert_20170310111708.jpg

三峰山をしっかりとらえながら、前進!・・・
P3050071_convert_20170310113724.jpg P3050073_convert_20170310113752.jpg P3050079_convert_20170310114829.jpg

奥穂高~大キレット~常念岳~槍ヶ岳~大天井岳など段々クリアーになってきた・・・
P3050080_convert_20170310121054.jpg


P3050092_convert_20170310122307.jpg

雪が大分減ってしまっているようですね。笹や地肌がが見える所が多い・・・
P3050098_convert_20170310122405.jpg
振り返る・・・
右端の木の存在が絵になります・・・
P3050100_convert_20170310154341.jpg

大岩がポイントの個所通過・・・
P3050105_convert_20170310154407.jpg

振り返って見る蓼科山(左)と八ヶ岳連峰、残念ながら本日は富士山は見えず・・・
P3050111_convert_20170310113145.jpg

ぐんぐん山頂が近づいてくる・・・
P3050114_convert_20170310155309.jpg P3050115_convert_20170310160037.jpg

緩やかな登りです・・・ルンルン!
P3050117_convert_20170310155627.jpg

オ~~~山頂が見えて来たぞ。
P3050122_convert_20170310154831.jpg
ヤッター!三峰山山頂 1887m 9:57 ・茶臼岳の左に美ヶ原のアンテナが微かに・・・
P3050132_convert_20170310172827.jpg P3050123_convert_20170310174058.jpg

北アルプスは奥穂岳~白馬連峰まで見えると事ですが、この写真では五竜岳まで・・・ 
※是非クリックして拡大して見てね。
じっと眺めていると縦走した北アルプスのそれぞれの峰が走馬灯のように脳裏を駆け巡る・・・
20170305_100537_convert_20170310173709.jpg

家に帰ってから北アルプスの一部を拡大してみると爺ケ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳のようです。
P3050130_(2)_convert_20170310182208.jpg

御嶽山(左)や乗鞍岳も見えます・・・肉眼では、はっきりですがくろすけのカメラでは・・・
P3050139_convert_20170310161504.jpg

南アルプス(左)、中央アルプスなども春霞状態ではありますが確認できます。画質悪すぎ、気持ちだけ
P3050144_convert_20170310164229.jpg P3050086_(2)_convert_20170310181643.jpg
山頂は風もありますが、気温が高いせいか震えるほどではありません・・・。
しっかり展望を楽しんだ後、下山で~す・・・前方に蓼科山と八ヶ岳連峰
P3050150_convert_20170310185026.jpg

下に見えるのはビーナスラインと展望台?
P3050160_convert_20170310185114.jpg


P3050172_convert_20170310190222.jpg

雪面の表情のいろいろの表情に感心しながら。。。
P3050171_convert_20170310190537.jpg P3050184_convert_20170310191015.jpg 

ワカンを付けた人が上から下りて来る・・・ウサギさん?の足跡との対比が面白い!
P3050193_convert_20170310211126.jpg

  三峰山
P3050215_convert_20170310191707.jpg
あっという間にここまで下りて来た。今朝、山の斜面から登山道に出た所。
P3050222_convert_20170310192047.jpg P3050226_convert_20170310192144.jpg
帰路は和田峠へ向かう・・・             ・先に見えている頂きが1557峰
P3050228_convert_20170310192906.jpg P3050230_convert_20170310192928.jpg
下りてくると鞍部は「歴史の道:中山道」の古峠だった。ちょっぴり、古に思いを馳せ・・・
P3050236_convert_20170310194839.jpg P3050234_convert_20170310193213.jpg
登り返して1557mピークにて12:16 昼食。振り返れば三峰山がまだ見えていた。
浅間山の噴煙の上に雲が乗り、キノコ雲のようになって面白!・・・
P3050242_convert_20170310194703.jpg P3050244_convert_20170310200224.jpg
スキー場跡を和田トンネル方面に下りて行く・・・ ・道路に沿って疎林を行き、ビーナスラインに出る。
P3050253_convert_20170310200930.jpg P3050259_convert_20170310200957.jpg P3050261_convert_20170310201100.jpg
ビーナスラインを進み、今朝のガードレールの個所をまた跨ぎ斜面を下り往路を戻る。13:20着。
P3050266_convert_20170310201708.jpg P3050268_convert_20170310201735.jpg P3050272_convert_20170310201835.jpg

SHCの皆様、お疲れ様でしたぁ~。お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m
出逢った全てに感謝!


日本に三峰山と言う名の山は一体いくつあるのでしょうか?
今回はその一つ信州の三峰山に登って来ました。。。残念ながら?雪が少なかったので楽に登れました。
素晴らしい展望の山『三峰山』
今度はもう少し雪のある時に来てみたいですね。

P3050206_convert_20170309110642.jpg
タグ :

新潟の山へ②威守松山

 2017-02-28
2017.2/26(日)曇時々小雪~曇

<威守松山>
 南魚沼市の清水集落から県境稜線への尾根の途中にある山。もとの山名は「えもんじょうやま」らしい。
ブナ林の尾根で、山頂の東側にはみごとなキタゴヨウマツがある。
登山口は、清水バス停、桜坂林道のイガシラ、柄沢林道の3ヶ所。イガシラからはさらに寺屋敷コースと飲用沢コースが分かれる。2時間ほどで山頂に登れるはずだが、急坂が多い。急坂にはロープが設置されている。山頂で巻機山などの展望が開ける。(ヤマレコ情報)


 朝目が覚めガラス戸を開けると、細かな雪が降っていた。
7時朝食。シンプルだが何てったって本場のコシヒカリ。
皆さんお代わりしたのは言うまでもありません。 
7:45 民宿「やまご」を出発。気になっていた雪は止んで曇り空。
民宿より徒歩ですぐの小屋横より(➡の所)スノーシュー装着し、今日は想定外で民宿の主が近道(夏道)を途中まで案内して下さることになった。超ラッキー!
P2260508_convert_20170313161931.jpg P2260512_convert_20170313164825.jpg
道路より、エンヤコラ短い足を駆使して雪原に出る。杉林に突入し、大学の山荘などの横を通り抜ける
P2260513_convert_20170313165617.jpg P2260514_convert_20170313165637.jpg P2260521_convert_20170313165814.jpg
「あれ(中央の山)が威守松山」と民宿の主(左の人)が指差す… ・振り向けば気まぐれ青空さん
P2260523_convert_20170313170444.jpg P2260522_convert_20170313170422.jpg
雪原を大きく回り込んでいよいよ山の斜面に取付く。ベタ雪だ・・・
P2260524_convert_20170313172047.jpg P2260528_convert_20170313172110.jpg
・結構な急斜面です。。。        ・休憩後、雪稜を辿る。。。何にも見えません・・・
P2260532_convert_20170313173355.jpg P2260535_convert_20170313173132.jpg
傾斜が益々きつくなってきた。。。
木の根なども時々捕まって登って行くが、こんな急斜面は初めての様な気がする。。。
まるでスノーシューの限界に挑戦するような斜面だった。。。
P2260537_convert_20170313174506.jpg P2260539_convert_20170313174350.jpg
雪庇の張り出した雪稜を越え、またまた急斜面、写真では今一つで??ですが傾斜40度位に感じた…
P2260544_convert_20170313180003.jpg P2260550_convert_20170313180922.jpg
少し前から雪が降り出し、視界はホワイトアウト状態。。。
前の人を見失わないようにヒ~ヒ~登り詰めて行くと。。。お~っ、そこは何と山頂だった。
滅茶苦茶大変な登りだったが、なんかあっけない感じもした。。。
P2260552_convert_20170313182401.jpg
威守松山山頂1214.2m 10:18着
降りしきる雪の中で記念撮影。。。時折吹雪くので、15分ほど休憩後、早々に下山!
P2260556_convert_20170313183437.jpg P2260558_convert_20170313183455.jpg
下山はスノーシューを外しツボ足で下りる事になった。
いつの間にか雪も止んだ。。。
P2260579_convert_20170313184946.jpg P2260587_convert_20170313185025.jpg
・気まぐれ青空もちょっだけ。。。        ・展望も少しずつ。。。
P2260576_convert_20170313190053.jpg P2260589_convert_20170313190131.jpg
稜線から大源太山(興味ある人はクリックで見てね。)の雄姿が見られるらしいが、今日は・・・無理ですね。
P2260599_convert_20170313190203.jpg P2260606_convert_20170313190228.jpg
ほぼ下りかけた地点で雪面に深く潜るようになったのでスノーシューを装着し。。。
P2260607_convert_20170313190257.jpg
雪原を越え、杉林を抜け、出発点まで戻る。。。12:16着 お疲れ様でしたぁ~。
P2260609_convert_20170313192554.jpg P2260611_convert_20170313192622.jpg P2260614_convert_20170313192651.jpg
民宿「やまご」に戻ると、甘酒を用意してるので是非上がって休んで行って下さいとの事。
お言葉に甘えてみんなで昼食をとらせて頂く。。。すると、甘酒の他に民宿の奥さんが、大根の煮つけやら漬物など次から次と総菜を出して下さり、皆で恐縮するやら有難いやら・・・心温まるおもてなしに最後まで感動しっぱなしだった。
帰路、民宿で頂いたお酒「巻機山」を購入する人たちがいて酒屋さんに寄る。そこから見える山がくろすけが紅葉の時期に是非登りたいと思っていた山「金城山」と知り、こりゃ縁があるな。。。と
P2260615_convert_20170313193450.jpg P2260618_convert_20170313193537.jpg

 予定より早く下山できたので、高速の渋滞もほぼ回避でき自宅にも早く戻れラッキーでした。
SHC:Dの皆様、2日間お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m
出会った全てに感謝!


 威守松山は、残念ながらお天気に恵まれず展望は得られませんでしたが、民宿の主の案内のお蔭で当初の予定コースより半分近い時間で下山する事ができ、本当にラッキーでした。民宿「やまご」は、お風呂のシャワーの温度が低いのだけが、とっても残念でしたが、それをカバーすべくおもてなしの心を感じた素晴らしい山のお宿でした。 



※思ったより早く完結することができ、ホッです。。。(^^;
しかし、毎度のことながら写真は減らそうと思っても中々減らすことができません。
・・・ので、もうあまり考えない事にしました。くろすけの思うがままに。。。(^^;

尚、数日後に日付順(2月に)に入れ替えます。
タグ :

新潟の山へ①飯士山

 2017-02-27
A.あの白い尖がりを目指す。。。
P2250319_(2)_convert_20170311170937.jpg


B.魔のジェラートの先の白い尖がり。。。
P2250353_convert_20170311171224.jpg


C.紺碧の空に抱かれた白い頂きに導かれ。。。
P2250380_convert_20170311165800.jpg


D.何と美しいフォルム!
P2250423_convert_20170313155600.jpg

E.飯士山(いいじさん)1111m 
低山なれど魅力あふれる山でした。。。

P2250460_convert_20170311164208.jpg


 SHC:Dのスノーシュー登山に参加した。熊谷駅南口7:20出発。ほんとは7:10集合だったが、くろすけはどうしても間に合う電車が無いので、今回時間にゆとりがあると言う事で、くろすけの到着時間(7:14着)に合わせて頂いた。皆様ありがとうございました。m(__)m 
車2台に分乗し、高速に乗り新潟の南魚沼市に向かう。。。  
参加者:Oリーダー他8名(男性4人 女性5人)

2017.2/25(土)晴

<飯士山>
飯士山は新潟県・越後湯沢を代表する名峰で、その秀麗な姿は周囲からもよく目立ち、地元では「上田富士」とも呼ばれる。特に山の西側は峻険で、美しさが際立っている。一方で南東斜面は緩やかで、岩原スキー場が広がっている。
山頂から西側に伸びる鋸尾根は峻険なやせ尾根の急坂で、過去に死亡事故も発生しているので注意。 (YAMAKEIより)


 岩原スキー場の駐車場は、すでにたくさんの車が駐車していた。今日は昼から天気が回復すると言う事でみんな繰り出してきたのだろうか・・・。  ※写真はクリックで全て拡大可
・駐車場からもスキー場からも飯士山の白い尖がりが見える。。。  ・10:37 ゲレンデ出発!
P2250286_convert_20170311182145.jpg P2250288_convert_20170311182203.jpg
右上の白い尖がりが飯士山・・・尖がりやギザギザ峰を見ると妙に登高意欲の湧くくろすけ。
もう超ワクワク!
P2250299_convert_20170311182953.jpg
スキー場の端をリフト終点駅まで登って行く。標高700m地点よりいよいよ飯士山の雪稜に取付く。
目指す方面は薄い雲がかかったり取れたり・・・。
P2250298_(2)_convert_20170311214449.jpg P2250304_convert_20170311214549.jpg
今日は暖かく、直ぐに汗。衣服調整し進む。 Aの写真部分・・・カーブ状の雪庇の横を慎重に・・・。
P2250317_(2)_convert_20170311221052.jpg P2250320_convert_20170311222018.jpg

振り返る・・・リフト終点駅(中央)が小さく見える    
P2250322_convert_20170312201844.jpg

一休み・・・雪庇の形状がいろいろだ・・・
P2250330_convert_20170311223610.jpg

そそりますねぇ~あの白い頂き。。。カッコイイ! 
P2250333_convert_20170311223812.jpg

・激急斜面を乗り越えて・・・      ・あっ青空!なんだ坂、こんな坂、気合が入る・・・
P2250339_convert_20170311225315.jpg P2250342_convert_20170311225349.jpg

一休みした先に待っていた雪庇・・・Bの写真の部分のアップ・・・魔力的ジェラート!
P2250345_convert_20170311231325.jpg P2250352_convert_20170311231503.jpg
雪庇をすり抜けた先に・・・お~~~!飯士山がお姿を現したぁ~・・・
P2250355_convert_20170311232256.jpg P2250356_convert_20170311232332.jpg

あの真っ白な尖がりを目指して・・・燃える!
P2250361_convert_20170311232728.jpg


P2250369_convert_20170311233830.jpg

写真ではあまり感じが出ていませんが、結構な急斜面です・・・
P2250372_convert_20170311234226.jpg

お~~~!何だかスンゴイ山に登ってる感じです・・・
P2250379_convert_20170311235111.jpg

登り切ると山頂でした・・・。
P2250381_convert_20170311235218.jpg

12:26 ▲ 飯士山山頂 1111m 何とぞろ目!
P2250388_(2)_convert_20170312001230.jpg
雲が目まぐるしく流れ、どんどん展望が良くなっていきます・・・ 
何より風が全くと言うほど無~い!嬉し~い! 毎回ワンパターンポーズ・・・
穀倉地帯も今は雪に覆われて・・・
P2250392_convert_20170312000551.jpg

・Oリーダーよりツェルトの張り方を伝授して頂く  ・頭上は青空なのに山々にかかった雲が中々取れない
P2250397_convert_20170312212740.jpg P2250407_convert_20170312212906.jpg

大休止後下山。。。お~~っ、急斜面だ。慎重に!
P2250414_convert_20170312215216.jpg

帰路は途中から左の尾根に入り、別コースで・・・
P2250417_convert_20170312214931.jpg
振り返る・・・峻厳なお姿だ!
最後尾のOリーダー達が下りてくるところ・・・・転がって来た雪玉(左下)が可愛い!
P2250424_convert_20170312215958.jpg

爽快な尾根です!メチャ気分いい!
P2250426_convert_20170312223324.jpg
振り返る。。。
本当にお美しい山容です!
P2250428_convert_20170312221150.jpg

霧氷が少しだけ残っていました。。。
P2250438_convert_20170312221758.jpg


P2250442_convert_20170312221221.jpg

振り返る。。。
P2250445_convert_20170312223140.jpg

段々雲が取れてきて山の名前がわかるようになってきた。。。
P2250451_convert_20170312225500.jpg


P2250452_convert_20170312230233.jpg

惚れ惚れするような美しさ!
P2250458_convert_20170312230610.jpg

                            ・巻機山の尖がりは割引岳
P2250465_convert_20170312231359.jpg P2250466_convert_20170312231507.jpg

何度も振り返ってしまう。。。
P2250470_convert_20170312231948.jpg

スキー場の端っこを降りて行く・・・前方に谷川岳方面の山が・・・
P2250483_convert_20170312233237.jpg

谷川岳方面の山・・・教えて頂きましたが名前忘れたぁ~・・・・
P2250479_convert_20170312233832.jpg P2250475_convert_20170312232938.jpg

未練がましく何度も振り返っては見つめ。。。
P2250484_convert_20170312234324.jpg P2250485_convert_20170312234428.jpg

出発のゲレンデに戻って来た。お天気は益々よくなってきた。。。
P2250492_convert_20170312234713.jpg

14:30 最後にもう一度振り返る・・・ここでもうお別れですね。ありがとう!『飯士山』
P2250496_convert_20170312235021.jpg P2250497_convert_20170312235212.jpg

駐車場より40分位?で本日の御宿清水集落の山の宿「やまご」に到着。
この宿がまた、食事が最高!どのお料理も本当に美味しかった。
特に鹿肉のビーフストロガノフ風は絶品でした。
初めて頂いたアケビの新芽のお浸しも卵の黄身と和えてこれまた美味!・・・
宿の主から「巻機山」という地酒が一升瓶で振る舞われ、これまたフルーティーで美味しく、気持ち良く皆で酔わせて頂きました。
P2250501_convert_20170312235646.jpg P2250504_convert_20170312235716.jpg

本日、このお宿は私達だけの貸し切り状態。ゆったり気兼ねなく一夜を過ごすことができました。
明日の威守松山は、どんな出会いが待ってるのかな。。。楽しみ~楽しみ!
でもちょっとお天気が心配だなぁ。。。


 飯士山・・・めっちゃ!いい山でした。
くろすけには白い尖がりが角度によってマッターホルンのようにも見えました。
峻厳の美、惚れ惚れするような美しいフォルム、忘れられない山になりました。
飯士山は、春先もお花が一杯の山のようです。季節を変えて是非また登ってみたいですね。 


<オマケ> 
P2250488_convert_20170313160638.jpg


※新潟の山②威守松山に続く・・・
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫