夢一夜

 2017-08-23
18:10
20170823_181045_convert_20170823193707.jpg


18:15 生まれ落ちた星
20170823_181505_convert_20170823193743.jpg


18:28 ビィーナスの誕生
20170823_182828_convert_20170823193828.jpg


一夜限りの舞踏会
20170823_182723_convert_20170823193901.jpg



カラスウリの花は実に幻想的だ。レースをまとった妖麗な姿は神秘そのものだ。。。
子供の頃は、その妖しいまでの美しさに魔界や禁断の世界を垣間見るような感じさえしていた。
先日の加茂水族館でのクラゲ達同様この花も、くろすけを想像から妄想の世界へと誘ってやまない。 


仕事から帰ってきてから、ユーチューブで音楽を聴きながらなぜだかふとこの花の事を思い出した。
そうだあの花は夏の花だった。
まだ間に合うかも知れない。。。

クルマをちょいと飛ばしご近所の思い当たる場所へ夫を誘って行ってみた。
OH!あった、あった。。。
なんたる奇跡。。。開花したばかりに遭遇!
素敵すぎる!。。。


カラスウリの花は日が暮れてから咲きだし、明け方にはしぼんでしまうという儚い一夜限りの花。
昨夜は新月、今宵はまだ新しい月も顔を出さない。。。
純白のドレスを身にまとった彼女達の闇夜での一夜限りの舞踏会が今始まろうとしていた。。。 



<花言葉>
よき便り 誠実 男嫌い


花言葉の由来が面白い!
「よき便り」は、実のなかの黒褐色のタネの形状が結び文に似ていることに由来するといわれている。特異なタネの形状はカマキリの頭部や打ち出の小槌にたとえられることもある。
「男ぎらい」の花言葉は、この花が日没後にレースのような純白の花を咲かせ、日の出前にはしぼんでしまうことにちなむといわれている。


カラスウリの花のつぼみを見つけた後、少し先でカメラを持ってる人に出会った。何と今、ここで狸のファミリーに出会ったとの事。くろすけが、カラスウリの花を探してここに来たなどとおしゃべりすると、なんとその方も数日前にすぐそばでこの花の写真を撮ったとの事。ご親切にその場所までご案内までして頂いた。世の中には、同じようにこの花に心動かされる人がいるのかと何だか嬉しくなった。

暮れなずむ。。。狸のいる風景
20170823_181851_convert_20170823215921.jpg
スポンサーサイト
タグ :

牢獄の花。。。

 2017-08-20
・8/14 おっ、今年も咲いてくれてるぞ。。。   
20170814_133929_100_convert_20170819105406.jpg 


・8/16 ラックに挟まれてた1本を起こしてあげた。。。
20170816_145918_convert_20170819173156.jpg


8/16 この日は小雨が降ったり止んだり。。。
20170816_145757_convert_20170819105530.jpg


8/18 3輪から4輪になった。。。
20170818_092928_convert_20170819105633.jpg


彼女の生きる環境はまるで牢獄
わずかの空間で
限られた空を眺め
通り過ぎる雲とおしゃべり

雨に打たれ
きらめく星に身を焦がし
小さな世界から無限の世界に
あなたの心は駆け抜けていくのですね

悲喜こもごもを風に託して
ひと夏の生の輝き
私は見ています
今年もありがとう。。。m(__)m

タグ :

お墓参りの後で。。。

 2017-08-16
スタスタと石段はあっという間に登れた。
子供の頃のくろすけにはもっと急で長い石段だった。。。

ピンクに敷き詰められた地面が目に入る。。。
さるすべりの花だ。
あったけかなぁ~。。。

奥に見えるお堂。。。あそこではあの床下に潜って遊んだりしたっけ。。。
そういえばお堂の中には不動明王が祭られていて、
覗くたびにただただ空恐ろしかったっけ。。。

20170815_085448_convert_20170816214835.jpg


2017.8/15(火)曇り時々雨

 くろすけの実家のお墓参りに家族と行った。。。
帰りにその裏手になるお寺さんに何気に寄ってみた。
昔は御大師様とか呼んでいて、お遍路さん達が巡って来る所だったと記憶している。

懐かしかったが、何もかも子供の頃の風景とは違って見えた。
蝉の鳴き声だけが、子供の頃と変わらない。。かな?
んっ、やっぱ違うなぁ~
もっと蝉は大合唱だった。。。

故郷は、心の中に。。。
露草が2輪、カマキリが頭をもたげるように咲いていた。

20170815_084921_convert_20170816231641.jpg


※姫と行くぐるり旅④鳥海山の一番最後に
その日見た夕景が素敵だったのを思い出してプラスしました。

訃報が届いたりもして、人生をちょっと振り返るくろすけです。

<追記>
その後ちょと調べてみると、
お寺の名前は「大聖寺」、やはり「四国五捨四番」になっていたようだ。
タグ :

やっとパソコン帰ってきたぁ~!

 2017-07-18
2017.7/18(火)曇り

15~17日と三連休を頂いていたので、
遊んだ(静養?)あとはしっかり働かねばと張り切って職場に向かう。。。(*^-^*)

「お早うございま~~す。。。」

「あら、・・・どうしたの?」

「んっ?。。。」

「今日は遅番じゃないの。。。」

「。。。。。。。(*゚Q゚*)」

やってもうたぁ~、おバカさん!
勤務は不規則なシフトなので、毎晩確認するようにしているのですが、
初めて確認せずに思い込みで出勤。。(^-^;

あ~ぁ、貴重な時間がもったいな~い。。。


ご近所のど根性もんのお花を見てご帰宅。。。
名前がわかりませんが逞しさに関心します。。。
20170718_074439_convert_20170718082322.jpg



 こんなわずかの隙間に。。。
さまざまな「生きる」。。。いろいろありますがくろすけも頑張りま~す!(*^^*)
20170718_074545_convert_20170718090617.jpg


やっとパソコンが修理完了し、昨日午後戻ってきた。
が、マザーボードとハードディスクがダメになっていて新規に交換したということで、パソコン起動させるためには一からセットアップしなくてはならず、機器類にまるっきり弱いくろすけは、息子に丸投げ。。委託。。。(^-^;

バックアップ取ってなかった分の写真等一部失いましたが、思い入れのある写真は、ほとんどブログにアップしていたので、少しはあきらめもつきましたが、やっぱ残念でちょっぴり泣けます。。。(^-^;

写真をパソコンに取り入れ次第、順次下記アップしていきます。
●6/29(木)毛猛/久右エ門沢(遡行)~前毛猛山~大鳥沢(下降)・・・残念ながら中退
●7/ 9(日)足尾/小中川ヒライデ沢右俣~小丸山~本流下降
●7/15(土)奥秩父/笛吹川雷川

尚、毎度のことですがずぼらの几帳面故過去登録となります。。。(^-^; 
※日常記事。。。7/1 「嬉しい!」が二つ・・・は、アップ済。


<皆様へ>
ブログお休み中にもかかわらず、
たびたびのご訪問本当にありがとうございます。
また皆様のところにもお邪魔させていただきます。

暑さにめげず。。。
Enjoy the Summer。。。by まっ黒くろすけ  (^O^)/

タグ :

早すぎる日々。。。

 2017-06-27
2017.6/27(火)小雨後曇り

ドクダミ
花言葉:白い追憶 野生
      6/5撮
20170605_170908_convert_20170627180035.jpg


どくだみのため息虚ろ日の陰り
1997年6月に創った俳句。。。もう20年も前になる。。。
20170602_133706_convert_20170627180104.jpg


鬱空や十薬群れて白競う
2006.7/5に創った俳句。。。月日が経っても感性が磨かれない。。。
20170602_133141_convert_20170627181625.jpg


季語を駆使し現実で捉えた様々な現象を心象風景に置き換え17文字で表現する俳句と同じように心揺り動かされたものをカメラで切り取って行く作業は相通じるものがある。今更ながら、見たように感じたように表現するのは本当に難しい。。。(#^.^#)
過去にちょっとだけ俳句をかじっていた時期があったが、遠ざかってもう10年以上経ってしまった。できればハイキングも俳句ingも両方楽しみたいものだが、沢が恋人になってしまった今は沢だけに性懲りもなく現(うつつ)を抜かすくろすけなのであります。。。
20170602_132916_convert_20170627180150.jpg


数日で6月も終わる。。。
何とも早過ぎ。。。
四季を五感で楽しみながらのスローライフ。。。
くろすけにはいつ来るのだろう。。。


<P.S>
沢の詳細3編(栗原川砥沢:鶏冠谷右俣:奥秩父ナメラ沢)はアップ終了しています。
相変わらずずぼらの几帳面なので日付順の過去登録となっております。(^^; m(__)m

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫