御正体山

 2017-04-09
こんなに雪が・・・
(先週末に雪が降ったとの事)                       御正体山山頂にて
P4080064_convert_20170409094036.jpg

<御正体山>
御正体山(みしょうたいやま、-さん)は、山梨県都留市と南都留郡道志村の境にある山。標高は1,681mで、道志山塊の最高峰である。日本二百名山、山梨百名山の一つに数えられている。山頂付近は原生林が広がり展望は良くない。都留市二十一秀峰に選定されている。 ウィキペディアより
平成16年には皇太子殿下も御登頂されました。



2017.4/8(土)早朝雨のち曇

 今日は御正体山~ハガケ山~文台山~尾崎山と久々のロングの縦走、そしてハガケ山の岩場のデンジャラスゾーンも如何なもんかと楽しみもあったが、予報通りの早朝から雨で気持ちが萎える。
でも現地は曇の予報だし、今を逃したらもう行く事も無い山かと思い、珍しく夫に駅まで送ってもらい集合の富士急行線都留市駅に向かう・・・  
●SHC山行 : Oリーダー他19名

 8:10発のバスに乗車(SHCメンバーに他登山者一人とほぼ貸し切り)。
30分程揺られ終点の道坂隧道入口で下車。
リーダーより、天候や山の状態次第では縦走は断念する場合も有りとの話が有り、8:42出発。
雨後で湿度も高い事も有り、登りりだしてすぐにくろすけはもう汗が流れる。。。
P4080002 _convert_20170410174001 P4080003 _convert_20170410185538
小笹の平らな登山道に出てホッとするも間もなくにまたまた急登、鬱蒼とした樹林は霧で更に暗く物憂げだ。
P4080005 _convert_20170410185619 P4080006 _convert_20170410185713
・笹の背が高くなる頃に 残雪が・・・   ・急登を上るとブナの巨木が点在しいい感じに
P4080010_convert_20170410192425.jpg P4080020 _convert_20170410192458
尾根を進む・・・大岩などを回り込んだりしながら白井平下山方面との分岐を通過・・・10:55
P4080025_convert_20170410194634.jpg P4080032_convert_20170410194707.jpg
分岐を過ぎてからが急斜面の残雪との悪戦苦闘になる・・・
落ち葉の下に隠れた氷がくせ者で妙に滑るは、斜面の泥で滑るはで木の根っこなど利用しながらヒ~コラ登って行く・・・残雪もツルツルに凍ってる部分もあり、神経使いまくり・・・
P4080040_convert_20170410201059.jpg P4080042_convert_20170410201137.jpg
11:29 やっとここで軽アイゼン等装着となる。
くろすけは、チェーンスパイク装着。急斜面も安心して踏み出せる。もっと早くに装着すれば良かったぁ
P4080047_convert_20170410203347.jpg P4080052 _convert_20170410204626

斜面も段々緩やかになり、魅力的な巨樹も次々と登場して来た・・・
P4080054-1_convert_20170410210942.jpg

霧に佇みミステリアス!
くろすけワールドが展開しそうな巨樹達だ・・・
P4080057_(2)_convert_20170410211028.jpg

新緑や紅葉の頃にそ~っと来てみたいと思わせる雰囲気です。  
P4080058_convert_20170410211411.jpg
11:49 御正体山1681m到着       ・真っ白な世界(山頂)で昼食・・・
P4080061_convert_20170410212735.jpg P4080066 _convert_20170410212831

大汗をかいて登って来たが、山頂でじっとしてたらさすがに肌寒くなってきて、カップラーメンを食べてる人が温かそうで、チョッピリ恨めしかった。
想定以上の残雪にハカケ山岩稜帯の凍結が予想され、縦走は中止となり、三輪神社(御正体入口バス停)へ下山する事になった。12:17 山頂には皇太子殿下御登頂の看板(平成16年10月15日)があった。
P4080070_convert_20170410213945.jpg P4080072_convert_20170410214138.jpg
こちらの尾根の残雪は深~い!何と30センチ位ある所もあった。  ・巨樹にはつい・・・
P4080081 _convert_20170410220644 P4080084_convert_20170410220716.jpg
岩稜帯を慎重に巻く・・・
P4080090_convert_20170410221759.jpg P4080094_convert_20170410222046.jpg
・12:43 峰神社                  ・真新しい分岐の標柱が・・・
P4080095_convert_20170410222151.jpg P4080099_convert_20170410222639.jpg
・峰神社の先にベンチ有り(休憩)
P4080100_convert_20170410231028.jpg
もう残雪はないだろうと思ったら。。。まだまだ・・・
P4080104_convert_20170410224142.jpg -P4080107 _convert_20170410224211 
・雲が少し取れて明るくなってきた・・・     ・本日縦走予定だった文台山だと教えてもらう
P4080112_convert_20170410224450.jpg P4080114_convert_20170410224536.jpg残雪から解放され、落ち葉の堆積道~歩きやすい登山道に  ・13:40 視界が開けると工事現場だった
P4080121 _convert_20170410225023 P4080125_convert_20170410225102.jpg
・文台山の更なる全容も・・・              ・13:42 舗装道路をテクテク下って行く
P4080127_convert_20170410230704.jpg P4080128 _convert_20170410230730
・13:58 沢の水で泥靴を洗う ・14:37 三輪神社通過 ・14:39 御正体入口バス停到着。お疲れ様でしたぁ~!
P4080131_convert_20170410225331.jpg P4080133_convert_20170410225421.jpg P4080134_convert_20170410225525.jpg

土日バスは15:22のみ1本しかない。おやつなど食べながら40分ほど待って、ほぼ時刻通りに来たバスに乗車。車窓からは西願寺の枝垂桜がもうじき見頃を迎えそうに咲いているのが見えた。都留市駅でも電車を1時間近くも待ったが、縦走ではなくなったので予定より早く自宅に戻れた。
御正体山は、交通不便の山でなかなか足が向かなかったが、今回本来の縦走という目的は達成できなかったけれど、くろすけの行きたい山の候補は一つクリアーできたので取りあえず満足で~す。
SHC:Oリーダー他皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

 いやぁ~想定以上の残雪にビックリでしたが、
  街でも里でも桜も満開の季節となり、
  やっぱこれからはお花たちを追いかけて行きたいですね。
スポンサーサイト
タグ :

アカヤシオ追っかけ隊が行く(仙人ケ岳)

 2017-04-02
おっ、                             ※登山口手前の民家にて
P4020015_(2)_convert_20170402221656.jpg

お~~~、
 いい感じに咲きだしてるではないか・・・
      ※登山口手前の民家にて
P4020161_(3)_convert_20170402220253.jpg

登山口手前の民家の庭先には、
咲き出したばかりのフレッシュなアカヤシオ・・・
期待しちゃっていいのかなぁ~

アカヤシオ追っかけ隊のくろすけ、
今年は今までになく早く活動開始!・・・



<仙人ケ岳 662.9m>
仙人ヶ岳は足利市の西北部に位置する。群馬・栃木県境の山である。
標高は低いが、沢沿いの道や、適度な岩場、尾根歩きは、標高を忘れさせる味のある山である。
YAMAKEIより

2017.4/2(日)曇り時々晴れ

 SHC:Dの山行に参加した。メンバーKリーダー他5名
始発に乗り、一区間新幹線利用で7:14着で何とか熊谷7:20集合出発に間に合わせる。

・岩切の駐車場8:25出発!  ・案内もしっかりある   民家の咲き始めのアカヤシオにワクワク!
P4020013_convert_20170404173641.jpg P4020014_(2)_convert_20170404174350.jpg P4020015_(3)_convert_20170404232231.jpg
・鳥居をくぐり・・・    ・?透き通るような花びらだ  ・沢沿いを進んで行く…木橋は何度も登場
P4020016_convert_20170404175104.jpg P4020017_(2)_convert_20170404175139.jpg P4020020_convert_20170404175510.jpg
・鎖付き岩場があったり・・・  ・ハナネコノメもチョッピリ!
P4020025_convert_20170404180336.jpg P4020029_(2)_convert_20170404180437.jpg P4020030_convert_20170404180752.jpg
・マンガン鉱を掘った跡が幾つも・・・ ・生満不動尊は本日清掃日? ・落ち葉もたっぷり・・・
P4020035_convert_20170404181656.jpg P4020038_convert_20170404181723.jpg P4020044_convert_20170404181911.jpg
・涸れ沢に架かる木橋   ・岩は重なり合う形状も ・小学校手作りの案内、きつい難所と記入有り…
P4020049_convert_20170404183218.jpg P4020051_convert_20170404183251.jpg P4020053_convert_20170404183319.jpg
・確かに段々急登となりました・・・             ・いい汗かいて熊の分岐9:34到着
P4020054_convert_20170404184650.jpg P4020057_convert_20170404184853.jpg P4020058_convert_20170404184748.jpg
・アカヤシオ開花第一発見!と思いきやヤマツツジ  ・尾根を進むと3年前の山火事の跡が・・・
P4020059_convert_20170404191146.jpg P4020064_convert_20170404191209.jpg
アップダウンを繰り返し、緩やかになった先が仙人ケ岳山頂662.9m 9:57着
P4020072_convert_20170404191541.jpg P4020074_convert_20170404191625.jpg
山頂からは日光白根山が確認できましたが、くろすけのコンデジではボ~ッと。
・この山は?   ・休憩後往路を戻る ・熊の分岐を過ぎた所でやっとアカヤシオの蕾達に出逢う
P4020077_convert_20170404193831.jpg P4020078_convert_20170404193902.jpg P4020084_convert_20170404194135.jpg
・10:45 知の岳からの展望・・・眼下に松田川ダム
P4020087_convert_20170404194906.jpg P4020086_convert_20170404194943.jpg
これから歩く縦走路が右に見えている・・・
P4020090_convert_20170404195741.jpg
・ザレ地を下りヒ~コラ登り返せば宋の岳10:58      ・時々見かけた…ダンコウバイかなぁ~
P4020094_convert_20170404200941.jpg P4020095_convert_20170404201039.jpg P4020096_(2)_convert_20170404201405.jpg
巨岩が目立つ尾根を進んで行くと・・・
お~ヤッタ~!花開いたものが・・・
P4020109_convert_20170404203805.jpg

この山で絶対早咲きのあなたに逢えると信じてやってきた・・・
今年も幸多からん年になるよう見守って下さいね・・・。
ありがとう!あなたに逢えて良かった・・・。

P4020103_convert_20170404202903.jpg

またザレ地を下り、岩尾根を登り進んで行くと本日の核心部犬帰りにやって来た。
10m程の岩場(崖)で鎖・ロープ付、ホールドスタンスはしっかりあるので慎重に下りれば問題なし!
P4020116_convert_20170404210543.jpg P4020117-1_convert_20170404212222.jpg
・くろすけは一番最後に降りて行きました・・・   ・岩尾根の緩いアップダウウンを進む・・・
P4020128_convert_20170404213915.jpg P4020134_convert_20170404214005.jpg
・11:53 猪子山にて昼食       ・日光白根山がチラ見え・・・  ・ヒノキ林?を下る
P4020135_convert_20170404214819.jpg P4020137_convert_20170404214915.jpg P4020140_convert_20170404215339.jpg
・可愛い!スミレ             ・これは駐車地で撮ったもの(都合でここに並べました。
P4020144_convert_20170404220603.jpg P4020180_convert_20170404224639.jpg
・下って行くと峠に・・・                    ・チョロ水沢に沿って進む
P4020145_convert_20170404220954.jpg P4020147_convert_20170404221038.jpg P4020150_convert_20170404221419.jpg
魚の養殖場跡?を通り抜け・・・道路に沿った藪を少し進んでからあらためて道路に出る
P4020154_convert_20170404221655.jpg P4020155_convert_20170404221733.jpg P4020159_convert_20170404225032.jpg
・里は桜も梅も花盛り・・・      ・13:10 駐車地に戻る・・・お疲れさまでしたぁ~m(__)m
P4020167_convert_20170404225243.jpg P4020184_convert_20170404230018.jpg

帰路も、一般道を走り、車窓からの桜開花(五分~八分咲き)を楽しみながら・・・
交通渋滞にも少しぶつかりましたが、、武蔵浦和駅まで送って頂いたので予定より早く自宅に戻れ助かりました。皆様、お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m


 仙人ケ岳は2011.4/14にも行っていて、その時の印象が良くって再訪しましたが、沢周辺のお花達がすっかり減っているのにはびっくりでした。ニリンソウ、ヤマルリソウ、トウゴクサバノウはほとんど見かける事もなく、ユリワサビとネコノメソウがある位でした。それとも時期が早くって見つけることができなかったのでしょうか?清掃登山の方々にお会いしたのでアカヤシオの事を聞いたら、「例年だったら満開になってることが多いのに、今年はちょっとおかしいね」と言っていました。全体的な花芽も非常に少なく感じました。民家の庭先で咲き始めたアカヤシオを見て、つい期待しちゃいましたが、仙人ケ岳は今年は裏年なのでしょうか・・・ でも、咲き出したばかりのアカヤシオ達に逢えたので、くろすけの中ではそれなりに満足です。今年は、あと2回位はまた逢いたいなぁ~・・・。

くろすけは、優しいピンク色が好きです。今日のHAPPYをありがとう!
P4020161_(2)_convert_20170402220839.jpg P4020162_(2)_convert_20170402220955.jpg

タグ :

新春ハイキング(槇寄山)

 2017-01-10

富士も微笑んで・・・   槇寄山山頂より
P1070044_convert_20170109171413.jpg


2017.1/7(土)快晴
 新春の山始めは、東京都と山梨県の境を走る笹尾根にある「槇寄山」へ行ってきた。
当初は、安達太良山・箕輪山のはずだったが、天候悪しと言う事での転進だった。
メンバーはさわねのNリーダー、Mさん、くろすけの3人。

 上野原駅北口より8:30発の飯尾行きのバスに乗り50分程揺られ郷原で下車。お寺さんの横を通り過ぎ、舗装路行き止まりの朽ちた民家から登山道に入る。猪侵入防止ゲートを開閉し、右に竹林を見ながら進む。
P1070001_convert_20170109180546.jpg P1070003_convert_20170109181831.jpg P1070006_convert_20170109180620.jpg
杉や檜の植林地を抜けて行くと、朽ちた倒木やらいろいろな怪樹が登場してきて新春早々くろすけワールド展開!
P1070014_convert_20170109185326.jpg P1070015_convert_20170109185400.jpg
巨大な怪物だ・・・一体何を飲み込んだんだろう・・・動けないでいる・・・
P1070018_convert_20170109185746.jpg
膝上までの落ち葉のラッセルを楽しみながら登って行くと落ち葉を集め袋詰めしているおじさんに出会う・・・
何だか人間に化けてるように見える・・・
P1070025_convert_20170109190129.jpg
落ち葉の沼に引きずり込まれたぁ~~        ・透明なまでの真っ青な空のスクリーンが心地よい
P1070029_convert_20170109192121.jpg P1070033_convert_20170109193205.jpg
看板の奥多摩情話「つね泣き峠」の由来を読み次の展望地で小休止・・・
正面には真っ白な富士山が顔をのぞかせ、眼下には郷原の集落・・・
P1070039_convert_20170109194807.jpg P1070037_convert_20170109194339.jpg 
西原峠より少し戻り・・・
10:48 槇寄山1188.2m山頂  くろすけやつれもせず  元気で~す!
P1070050_(3)_convert_20170109200348.jpg
ヤッホー!雲ひとつ無いスカイブルー。。。実にさわやかな展望だ・・・
ここからは富士山も肩を出して見える(富士山の左に御正体山、右に三つ峠山や本社ケ丸)・・・槇寄山山頂にて
P1070043_(2)_convert_20170109195910.jpg

11:03 西原峠に戻り、落ち葉の絨毯を踏みしめながら。。。11:32 数馬峠・上平峠にやって来た
P1070052_convert_20170110182934.jpg P1070055_convert_20170110183007.jpg P1070058_convert_20170110183236.jpg
数馬峠・上平峠からの眺め・・・あっという間に雲の出現・・・丸太のベンチで小休止
左側には丹沢の山塊(丹沢山~檜洞丸~大室山~加入道山)が・・・・※クリックで拡大可
P1070064_convert_20170110183338.jpg
植林地の緩いアップダウンを進む・・・                 ・12:03 笛吹(ウズシキ)峠
P1070073_convert_20170110191103.jpg P1070074_convert_20170112225956.jpg
今では耐久レースのコースになってるようですが、古の道でもありました・・・
ひだり さいはら みぎ かづま・・・と彫ってある
P1070075_convert_20170110191218.jpg
分岐よりチョイで丸山山頂1098m12:23着 ランチで~す!くろすけ:担々麺とイチゴ大福  
歩いてれば汗ばむ程でくろすけは上着を脱いでしまっていたが、休んでいればやっぱ空気はヒンヤリ冷たいし寒くなって来たが、ラーメンのスープとコーヒーでお腹の中から温まったぁ~・・・。
P1070078_convert_20170110192801.jpg P1070079_convert_20170110192829.jpg P1070080_convert_20170110192906.jpg
さぁ、お腹も満たされたら出発で~す
おっ笹尾根らしい所も出て来た・・・              ・木棡峠へ向かう(読み方がわからない?)
P1070082_convert_20170110200230.jpg P1070086_convert_20170110200309.jpg
展望が開け御前山~大岳山の連なりが。。。植林地や落ち葉の登山道の緩いアップダウンを進んで行く。ドラム缶の防火水用の水は分厚く氷っていた。
P1070087_convert_20170110202126.jpg P1070093_convert_20170110202513.jpg
13:36 土俵岳1005mからも御前山~大岳山が・・・スッキリの青空が快適さをバックアップ・・・
P1070094_convert_20170110203412.jpg P1070096_convert_20170110203433.jpg
檜の植林地を下って間もなくに日原(ヒバラ)峠 13:50着
Nリーダーお目当てのお地蔵様にご対面!・・・しっかりと撮影タイム
20170107_135338_convert_20170110205706.jpg
日原峠より人里(ヘンボリ)へ下山で~す・・・             ・北側なので霜柱ザクザク・・・
P1070102_convert_20170110210756.jpg P1070105_convert_20170110211252.jpg

見つかるといいなぁ~と思っていたシモバシラ・・・興味のある方はこちらの記事クリックして見てね、
HAPPY FEATHER まるで鳥の羽をデザインしたみたい・・・素敵!
今年の干支「酉」…山の神様からの洒落たプレゼントかなぁ~… 他にも小さいものがたくさんできてました。
P1070111_(2)_convert_20170110211827.jpg P1070110_convert_20170110211858.jpg
・水場?有り・・・植林地を延々下って行くと工事中の崖地に出た。出来立ての石段を下りさせて頂いた。
P1070112_convert_20170110212927.jpg P1070119_convert_20170110212955.jpg P1070124_convert_20170110213751.jpg
人里への案内表示から植林地を20分程下って赤い橋を渡り、階段を上ると道路に出たぁ~ 14:58着 
人里休暇村の先で、ほとんど待つこともなくタイミングよく自由乗降のバスに乗れた。ラッキー!
P1070125_convert_20170110213200.jpg P1070128_convert_20170110213230.jpg P1070131_convert_20170110213941.jpg

臨時便も出るほどのバスは、登山客を乗せて40分程で武蔵五日市駅に到着。16:18発の電車に乗りそれぞれの途に就く。



 新春の山旅スタートに相応しく富士山を愛でながらのハイキング。
お天気にも恵まれ穏やかな山行を楽しめました。
Nリーダー、Mさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。m(__)m
P1070047-1_convert_20170112230438.jpg

出会った全てに感謝!
タグ :

奥多摩/川乗山・真名井北稜

 2016-05-16
2016.5/13(金)晴

初夏モード全開!!
P5130135_convert_20160516094258.jpg

美しい新緑の万華鏡に魅せられながら
P5130027-1_convert_20160516095229.jpg

シロヤシオとミツバツツジの咲き乱れる静かなる山稜を楽しんだ
P5130119_convert_20160517004502.jpg
<コース>
川井駅 - 上日向 - 送電線巡視路 - 真名井北稜(惣岳山~新蔵指ノ丸~雁掛ノ峰~真名井沢の峰) - 川苔山1363.2m - 船井戸 - 大根ノ山ノ神 - 鳩ノ巣駅 

・JR青梅線川井駅8:30集合 ・メンバーSHCNET:Kリーダー他7名(男4・女4)  ・真名井橋を渡る
P5130001-1.jpg P5130004_convert_20160516102418.jpg P5130006_convert_20160516102436.jpg
・登山口             ・植林地を行く・・・ヒ~フ~     ・鉄塔550m
P5130008_convert_20160516102458.jpg P5130010_convert_20160516102523.jpg P5130011_convert_20160516102544.jpg
・おやっ、水場?        惣岳山710m(何にも無し・・・)  ・展望が開けた・・・爽快!
P5130015_convert_20160516102604.jpg P5130016_convert_20160516102628.jpg P5130017_convert_20160516102650.jpg
ヒメハギ・・・花言葉(隠者・信じる恋)
P5130020_convert_20160516104342.jpg
・所々にヤマツツジが咲く新緑の美しい林で小休止          ・落ち葉の斜面をトラバース
P5130024_convert_20160516105035.jpg P5130028_convert_20160516105105.jpg P5130032_convert_20160516105130.jpg
・830m付近で西側急斜面に取付き尾根に上がる・・・ ・新蔵指ノ丸1002m ・下からずっとアセビが多い所だとおもっていたが、いよいよシロヤシオツツジも現れ出しルンルンになって来る・・・ 
P5130033_convert_20160516110727.jpg P5130035_convert_20160516110750.jpg P5130040_convert_20160516111008.jpg
・気持ちの良い雑木林を抜け植林地の尾根に・・・ ・大きな岩の横を通り抜た先でランチとなる 11:55~12:15
P5130043_convert_20160516113147.jpg P5130046_convert_20160516113218.jpg P5130048_convert_20160516113240.jpg
重たくなった体で急斜面を一登りするとワァオ~! ミツバツツジ満開の雁掛ノ峰1168mだった。12:25
P5130061_convert_20160516115103.jpg
ここからはほとんどずっと山頂直下までシロヤシオツツジとミツバツツジの咲き乱れるツツジロードとなる・・・
P5130066_convert_20160516120133.jpg P5130070_convert_20160516120151.jpg P5130093_convert_20160516121014.jpg

P5130072_convert_20160516121555.jpg P5130087_convert_20160516121818.jpg

P5130090_convert_20160516122021.jpg
・気持ちの良い尾根歩き・・・               ・凄い勢い!
P5130094_convert_20160516122221.jpg P5130097_convert_20160516122251.jpg
                   ・ツルキジムシロ?
P5130101_convert_20160517003902.jpg P5130125-1_convert_20160517002507.jpg

P5130103_convert_20160517004304.jpg P5130115_convert_20160517005051.jpg
・後ろを振り返って見る・・・
P5130117_convert_20160516100227.jpg
・ツツジのトンネル状を行く                ・まだ蕾のものも・・・びっしりだ!
P5130120_convert_20160517005701.jpg P5130123_convert_20160517005739.jpg
広場を過ぎ一登りして緑のトンネルを進む・・・ほんとに心が瑞々しくなって来る・・・
P5130128_convert_20160517010435.jpg

川乗山山頂 1363.2m 13:13着    ・うっすらと富士山も見えた~
P5130131_convert_20160517011254.jpg P5130144-1_convert_20160517011558.jpg

・鷹ノ巣山~雲取山(中央より右)、天祖山などが・・・
P5130134_convert_20160517015128.jpg
くろすけ・・・鳥になりた~い!
飛びま~~~す!
・・・
P5130140-1_convert_20160517015718.jpg

アラッ
P5130147-1_convert_20160517020921.jpg

ハウチワカエデの花・・・以外に可愛い!
P5130149-1_convert_20160517020758.jpg

の~んびり40分程休憩。山頂には数人しかおらずやっぱ平日はいいですね。
昼の月を眺めながら・・・緑の風に微睡む・・・
P5130139-1_convert_20160517022356.jpg

・下山です・・・
P5130153_convert_20160517023824.jpg P5130156_convert_20160517023853.jpg P5130161_convert_20160517023919.jpg
・鮮やかなミツバツツジともお別れし、淡々と植林地を下って行く・・・   ・小さな木橋を渡る
P5130166_convert_20160517024826.jpg P5130171_convert_20160517025139.jpg P5130177_convert_20160517025211.jpg
・鬱蒼とした植林地だが、ガクウツギが結構登場してきて和む・・・
P5130179_convert_20160517030045.jpg P5130178_convert_20160517030626.jpg
・ミヤママンネングサ ・いったん道路に出るがまた植林地へ突っ込む。展望が開け大根ノ山ノ神まで辿り着いた。
P5130173-1_convert_20160517031723.jpg P5130186_convert_20160517031414.jpg P5130192_convert_20160517031830.jpg
植林地の間から民家が見えるようになり、城山が目に飛び込んできた。舗装道路を下り16時ジャスト鳩ノ巣駅に到着
P5130196_convert_20160517031855.jpg P5130199_convert_20160517032521.jpg P5130201_convert_20160517031927.jpg


 五月晴れのもと、まばゆいばかりの新緑に心洗われ、ツツジ達の花盛り(シロヤシオやミツバツツジの最盛期と思われた。)ロードを辿る事ができた素晴らしい山行でした。リーダー始め会員の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。


シロヤシオツツジ(ゴヨウツツジ)
花言葉:上品・愛す喜び
P5130086-2_convert_20160517040055.jpg


※表妙義・白雲山~金洞山縦走は、先日完結させました。
興味のある方はどうぞご覧になって下さい。
カテゴリ :登山:関東の山 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

火戸尻山~鳴虫山ミニ縦走

 2016-04-20
 鳴虫山山頂で~す
 「アカヤシオ満開」・・・ドンピシャ! (*^^)v
P4190096-1_convert_20160420200452.jpg

2003.5/3(金)アカヤシオに一目お逢いしたいと独りこの山にやって来た。
くろすけの初のアカヤシオ追っかけ、そして山旅ソロデビューとなった山です。
13年ぶりの「日光・鳴虫山山頂」・・・あの時もこのアカヤシオの木を見上げた。
ずいぶん背高のっぽになったなぁ~・・・でも、花達はあの時と変わらず美しい!
・・・幸せで~す・・・(*^^*) 

P4190155_convert_20160420215413.jpg

・アカヤシオサークル・・・(^^♪
P4190089_convert_20160420211749.jpg


                                    

2016.4/19(火)晴のち曇り

 SHCNET:Yリーダーの火戸尻山~鳴虫山ミニ縦走に参加して来た。(参加者11名)
素晴らしいお天気のもと東武日光線下今市駅9:10集合、3台のタクシーに分乗し出発するがすぐに林道の水を流すための溝の盛り上がりで車が難儀し一時は無理かも・・・と思ったが、何とか乗り越えて林道を進む。ところが途中で出会ったショベルカーの方がこの先はタクシーでは無理との事で途中下車となる。せせらぎをBGMに川沿いを進んで行ったが車の通行に支障があるようには思えなかった・・・まっ、いいけど                                ・橋を渡る・・・
P4190001_convert_20160427194423.jpg P4190003_convert_20160427194459.jpg P4190004_convert_20160427194544.jpg
歩き出してから30分程で新谷登山口到着。小休止後、あらためて出発!なかなかの急登での始まりです。
P4190005_convert_20160427201134.jpg P4190006_convert_20160427201325.jpg P4190009_convert_20160427201239.jpg
アキレスけんを伸ばしながらの急登・・・ ・ 真っ赤なキノコ    ・緩やかなヤセ尾根・・・
P4190012_convert_20160427202341.jpg P4190013_convert_20160427202402.jpg P4190016_convert_20160427202425.jpg
おっ、アカヤシオ登場だ!・・・ありゃ、チョット遅め?かなぁ~・・・でもこちらは少しいい感じ・・・
P4190019_convert_20160427203139.jpg P4190020_convert_20160427203158.jpg
・ヤセ尾根の急登が続く・・・ ・火戸尻山山頂 851.6m 11:19到着 少し進んで展望の良い所で昼食
P4190023_convert_20160427204504.jpg P4190025_convert_20160427204525.jpg P4190028_convert_20160427204548.jpg
ミツバツツジも咲き始めのようでフレッシュ! お腹いっぱいで体が重たくなったが、体重減めざし・・・
P4190027_convert_20160427210020.jpg P4190033_convert_20160427210047.jpg
 くろすけの大好きな怪樹にバッタリ!・・・悪魔の手、指先がどんどん伸びて行く・・・
P4190038_convert_20160427210149.jpg
雑木林、カタクリの葉っぱポツンポツンの急な尾根を下って行く・・・ 
右側の展望が開け・・・山桜がいい感じで咲いている・・・    ・正面奥は鶏鳴山と笹目倉山という山らしい
P4190042_convert_20160427214032.jpg P4190045_convert_20160427214106.jpg
木の根の絡む急登~伐採された木が転がる地を通り過ぎると少し藪っぽくなり~919m地点と思われる所に出る。
P4190051_convert_20160427221558.jpg P4190052_convert_20160427221620.jpg P4190053_convert_20160427221641.jpg
地図の通り鋭角に曲がって進むようだ・・・ヒノキ林を抜けると一面の伐採地跡が現れた・・・登り切り小休止
P4190055_convert_20160427222633.jpg P4190057_convert_20160427222715.jpg P4190061_convert_20160427222747.jpg 
切り株がちょうど椅子のようで皆で座って、火戸尻山方面を望む・・・すっかり曇ってしまったが展望はそれなりに
P4190064_convert_20160427223814.jpg
ヒノキ林を抜け鹿よけネットに沿って進んで行く・・・ネットに鹿の角付き頭が絡まっっていてちょと無残
P4190069_convert_20160427231815.jpg P4190071_convert_20160427231842.jpg P4190074_convert_20160427232115.jpg
またまたヒ~コラ急斜面・・・アカヤシオもチラホラ現れ出して・・・これより登山道はありませんの看板(鳴虫山から見て)の横を通り抜けると先行者の歓声が聞こえて来た・・・
P4190076_convert_20160427233040.jpg P4190078_convert_20160427233114.jpg P4190079_convert_20160427233336.jpg
鳴虫山山頂1103m 14:00到着     ・つぼみもちょっとあって一番いい時・・・
P4190113_convert_20160427234308.jpg P4190085_convert_20160427235415.jpg
・懐か~しい!・・・美しい!13年前と同じようにときめきます・・・
P4190082_convert_20160428001114.jpg P4190117-1_convert_20160428001831.jpg 
15分ほど休憩後、今日は予報通り夕方天気が崩れるかも?・・・と木の根の絡まる急斜面を足早に下山
P4190120_convert_20160428004750.jpg P4190125_convert_20160428005027.jpg P4190126_convert_20160428001854.jpg
急斜面の尾根もアカヤシオの林が続く・・・
P4190124_convert_20160428005355.jpg P4190136_convert_20160428005423.jpg
途切れたかと思うと・・・また続く・・・という感じで
P4190139_convert_20160428005723.jpg P4190142_convert_20160428005759.jpg
うっとり見上げてばかりで歩が進みません・・・
P4190145_convert_20160428010522.jpg P4190151-1_convert_20160428012452.jpg
満喫・・・満喫!・・・
P4190172_convert_20160428011303.jpg P4190174_convert_20160428011159.jpg
木の根っこの絡み方も芸術的・・・アカヤシオ効果で疲れ知らず・・・足取り軽く登って行けます・・・
P4190177_convert_20160428011903.jpg P4190183_convert_20160428011953.jpg
神主山山頂 842m 15:19着 展望も今一つ、小休止してる間に遠雷が聞こえ、雨粒がポツンと・・・
P4190184_convert_20160428011458.jpg P4190185_convert_20160428011517.jpg P4190186_convert_20160428011548.jpg
何とか雨にも降られず分岐の神社の所までやってきた。下山口が違う人も(車で来た人)居たのでタクシー代を清算し電車組は一路東武日光駅目指す・・・下山口からは満開の桜に迎えられて最後まで花尽くしの山行となりました。
帰路車窓から筑波山の横に沈む真っ赤な夕日が久々の感動でした・・・。
今日も出会ったすべてに感謝!


 ヤマレコで日光鳴虫山アカヤシオが、4/16現在であと1週間~10日日位で見頃かもと書いてあったので、何とか暖かい日が続けばいい具合になるんじゃないかと思っていましたが、ドンピシャ!素晴らしい時期に巡り会う事が出来て超ラッキーでした。鳴虫山のアカヤシオの花付きは今年は当たり年のように思えましたが・・・。 

「アカヤシオ」・・・今年も貴花に逢えて幸せです・・・
優しさ色のHAPPYをありがとう!

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫