魔の山(谷川岳)で学ぶいろいろ

 2012-07-23
 谷川岳は、2007.8月S社のツァーで山頂(トマの耳とオキの耳)を踏む。素晴らしい天候だったが、生まれて初めて「バテル」という事を知る。盆休みの初日で大渋滞に巻込まれ、天神平に着いたのは昼頃、山頂をどうしても踏みたい人はガイドの後についてきて下さいとの事でスタート。猛暑の中、初っ端からかなりのスピードでグングン登って行く。くろすけは途中で苦しくなり、やばいことに・・・。ガイドに申し出、列から離れ休憩をとる。程なく回復し、マイペースで山頂へ。下山も集合時間にはゆとりで戻れた。この時自分のペース配分なるものを知る。いきなり速いスピードで歩き続けると直ぐにバテテしまうタイプだったのだ。それとガイドについて行った10数人の人達はくろすけよりも年上の方達がほとんど、なのに・・・まだまだくろすけは修行が足りん!・・・足腰の強さも持久力も・・・と自身を顧みたのでありました。 それから3年後の2010.7月大分逞しくなったかと M社の馬蹄形縦走に申込む。高速を走ってる途中で、ふとある事に気がつく。もしや・・を忘れたのでは・・・。くろすけ前代未聞の忘れもの・・・雨具。晴れてても山は雨具持参は常識なのに・・・トホホホッ!余分に持ってる人などいるはずもなく、天候急変が珍しくもない谷川岳だ、迷惑をかけるのもみじめな思いをするのも嫌だったので、トイレ休憩時のSAで降りた。全くもって恥ずかしい話である。夫には頭を下げて迎えに来てもらった。これまた、準備はゆとりを持って、最終チェックもれずに!・・・と猛省したのでありました。 ・・・と、いろいろ曰くのある谷川岳ですが、今年こそはと計画を練ったのでありました。

谷川岳馬蹄形縦走+大源太山 
 行きたい山はまだ山ほどあるので これから先何回も行けない事を思うと、尖がりやギザギザが大好きなくろすけは上越のマッターホルンと言われている大源太山も欲張って入れる事にした。馬蹄形を1日でなどという兵もいるが、2日間かけて縦走するのが一般的のようだ。くろすけは大源太を入れて3日間の計画(茂倉と白崩の避難小屋泊)を立てた。

●7/15(日)仕事を終え、家事を済ませ、22:40の電車に乗る。上野を経由して高崎駅に深夜の1:37着。駅のベンチで仮眠するが、一晩中騒音で眠れず。
●7/16(月)晴
結局一睡もできなかったが、パンとコーヒーで朝食を済ませ、朝一番の水上行き6:23発に乗車。水上駅7:26着。
土合の谷川岳ロープウエイ行きのバスは8:25までないので、タクシーで向かう。待合室は祭日とあってそれなりに登山客がいた。往復切符を買う人がほとんどだが、くろすけは片道1200円の切符を買う。本当はもっと早く出発できれば、西黒尾根を登りたかったのだが、この時間では厳しいと判断しあきらめたのだ。
天神平までは約10分ほど。標高が上がるにつれ、今から向かう谷川岳や最終日の笠が岳・朝日岳・白毛門などが視界に入ってくる。お~っ、あそこまで縦走するのか・・・悠然と構える峰々に対峙し、闘志が燃える。
▲谷川岳(トマの耳とオキの耳)  ▲笠ヶ岳 朝日岳 白毛門
IMG_0040_convert_20120718145201.jpg IMG_0037_convert_20120718145313_convert_20120718145454.jpg
 天神平を8:18出発。ハナニガナの咲く登山道をゆっくりと行く。今回は避難小屋泊まりだが、食糧の他に万が一の事を考えて(小屋が小さく小人数しか泊まれない)テントも持参したのでザックが重い。山ガールや山ボーイ、家族連れなどの登山客も多く、抜きつ抜かれつしながら熊穴沢避難小屋を過ぎ、段々急登になってくる登山道を大汗をかきながら登って行く。天狗の溜り場に9:40着。岩場にギボウシが咲いていた。10分ほど休憩してる間にさっきまであんなに天気が良かったのにガスってきてしまった。肩の小屋の手前の雪渓に10:35着。雪渓から時折吹いてくる涼風が気持ちいい。雪渓の横のガレ場をエンヤコラ登りつめ肩の小屋には10:48着。2007・8月の時と同じ場所で写真を撮り(参考:青い世界)、笹原を少し登るとトマの耳だ。1963m11:00着。山頂は混んでいて順番待ちで記念撮影。周囲の展望もガスがかかったり取れたりで見えたり見えなかったり、太陽も雲に隠れたり、出たりと忙しいが、とにかく日陰がないので超蒸し暑い。
▲ガスが一瞬とれて(左から茂倉岳、一ノ倉岳、オキの耳)
IMG_0055_convert_20120723172944.jpg
 谷川岳は双耳峰なので、トマの耳からまた下って登り返す、オキの耳1977m11:24着。こちらも山頂は大賑わい。とんぼがたくさんとんでいる。進行方向右側がガスっていて何も見えない。左側は万太郎山へ続く尾根が見える。ゆっくりもしてられないので、写真を撮ってもらい一ノ倉岳へ向かって出発。蛇紋岩の滑りやすい岩場がずっと続くので足元に神経を使いながら歩を進めて行く。ウスユキソウやウサギギク、テガタチドリなどポツンポツンとまるで退屈しないよう気を使われてるように登場してくる。。鳥居のある浅間神社奥宮まで来ると11:35ピンクのタカネバラが咲いていた。少し先の大きな岩場の裂け目にはダイモンジソウがかっこよく「すご技」で咲いていて思わず魅きつけられた。12:03ノゾキ着。ここから彼の有名な一ノ倉沢の岸壁が見えるはず・・・が、ガスって見えない。ここであんまり暑くて少しバテ気味なので休憩を兼ねて昼食をとる事に。お腹は空いているのだが、水分ばかり取っていたせいか、あまり食べたくない・・・けどシャリバテになっちゃぁまずいしで、無理やり大好きなかぼちゃサラダを1袋食べた。休憩していても風ひとつなくサウナ状態。まいったぁ~、ヒ~。10分位休憩してる間に少しガスが薄くなって一ノ倉沢が見え出した。急峻な岸壁の下の方には雪渓があり、厳しさと山深い感じが伝わってくる。見えたことでちょっとだけ満足しながら、歩を進めると鎖場が出てきた。滑りやすいので慎重に降りると、岩の陰にユキワリソウが咲いていた。いよいよ一ノ倉岳への登りの取りつき。容赦なく照りつける太陽も時々雲の中へ隠れてくれるが、いかんせん無風状態でしんどい。一歩一歩登るほどに気分が悪くなってきて、とうとう我慢しきれずに吐いた。3~4回吐きながらやっとのことで一ノ倉岳1974m12:53着。吐いたことで気分は少し良くなったような気がするが・・・。今日はどうしちゃったんだろう?・・・山をやり始めてからこんなのは初めてだ。・・・睡眠不足でも、もっと暑い中を延々歩いた事もあるのに・・・今まではこんなことは無かった。年なのかなぁ、いやぁ、それともさっき食べたかぼちゃサラダかなぁ・・・色々思いめぐらせながら小休憩後、茂倉岳へ向かう。途中で休憩しているご夫婦に逢うと、やっぱり今日はバテテしまって休憩している所だとのこと。予定は蓬峠まで向かうとの事。色の濃いハクサンコザクラが1輪くろすけを励ますように咲いていた。笹原を行き、茂倉岳1977mには13:30着。フゥ~・・。休憩していると新潟から来たという単独の男の人、抜きつ抜かれつしていた大阪からの男女6人組がやってきた。みな今日土樽に降りる予定との事。いずれもバテテル様子無し。15分ほど休憩後、皆と一緒に本日宿泊予定の避難小屋へ14:00着。避難小屋は情報通りきれいで、水場も小屋から1分程下った所にあり、水も冷たく美味しかった。・・・休憩しながら、心が揺れた。気分は良くなったが、今回のような体調の変化と、今までコースタイムは休憩時間を含めて地図上にのっている参考タイムだったのに、今日は1時間もオーバーしている。・・・2日目、3日目と段々きつくなる今回のコース、それに3日目は天気が悪い予報・・・。
 大阪の男女6人組が小屋を出発した。少し遅れてくろすけも小屋を後にした。・・・初めて弱気になった。
▲一ノ倉岳            ▲茂倉岳避難小屋にて
IMG_0095_convert_20120718150233.jpg IMG_0115_convert_20120718145746.jpg
 下山コースは、土樽に降りる茂倉新道。矢場ノ頭までは展望のよいアップダウン付の尾根歩き、花も色々結構あり楽しめた。が、ここからが想定外の肉体の疲労度、極限に達してしまった。大小の木の根っこと滑りやすい粘土質の登山道ですっかり足がやられてしまった。過去単独(夏期)で西穂高~ジャンダルム~奥穂高~前穂高縦走、飯豊連峰縦走、塩見岳~北岳縦走、薬師岳~黒部五郎~雲の平縦走などと経験している中で、一番きつかった。よっぽど肉体的に弱っていたのか?小屋を14:30に出発して下山口に着いたのが17:40。これまたコースタイムより1時間のオーバー。・・・下山口のタクシー呼び出しの看板を見つけた瞬間は、まるで砂漠でオアシスを見つけたようなそんな感じだった。タクシーの運転手はとても親切で越後湯沢駅前のお風呂屋さんに横づけしてくれ、荷物まで運んでくれた。
 お風呂に入り(400円)大分よみがえり、19:11発の新幹線に飛び乗り、無事我が家に帰宅した。・・・くろすけ、ちょと慌て気味の決断でしたが、初めての挫折体験となりました。
①体は刻々変化(加齢)していてこの間と同じでないこと
②睡眠不足は最大のマイナス要因だということ
③夏山は特に早朝のスタートでゆとりを・・・とまたまた当たり前のことを再認識致しました。。ジャン

♥出逢った花たち
IMG_0063_convert_20120718161439.jpg IMG_0067_convert_20120718161613.jpg IMG_0071_convert_20120718161804.jpg IMG_0073_convert_20120718162037.jpg
IMG_0099_convert_20120718163202.jpg IMG_0100_convert_20120718163456.jpg IMG_0113_convert_20120718163924.jpg IMG_0127_convert_20120718164237.jpg
IMG_0130_convert_20120718164419.jpg IMG_0143_convert_20120718164630.jpg IMG_0144_convert_20120718164758.jpg IMG_0159_convert_20120718164923.jpg
IMG_0170_convert_20120718165107.jpg IMG_0142_convert_20120718165446.jpg IMG_0140_convert_20120723121137.jpg
▲まだまだ行ってみたい峰々が・・・
IMG_0175_convert_20120718165842.jpg


 谷川岳は「魔の山」と言われているが、くろすけにとっても毎回自身を顧みさせてくれる「顧みの山」となった。近い将来雪辱を果たしたい。そして、くろすけらしく無理せず楽しみながら、感動の山旅を続けたい。 
スポンサーサイト
タグ :

逢いたくってツクモグサ(白馬岳~栂池縦走)

 2012-07-06
 山に夢中になり始めた頃、高山植物の図鑑を見て心魅かれる花はたくさんあったが、なかでも「青紫色のウルップソウ」と「ムクムクの産毛のツクモグサ」は私の中で特別な存在となった。いつかは見てみたい・・・逢いたい・・・
ウルップソウは2001年7月夫と南八ヶ岳縦走時に初めて見ることができ、ツクモグサは2009年6月意を決し単独にて逢いに行った。憧れの花を見つけた(八ヶ岳横岳付近)瞬間は、長い間逢えなかった恋人にやっと逢えたようなときめきと愛しさを覚えた・・・あれから3年、白馬岳のツクモグサにも何だか急に逢って見てみたくなった。白馬山荘の情報やネット情報を得、単独決行する事に・・・はやる気持ちをおさえ、6/29(金)新宿15:00発白馬行きの高速バスに乗った。

逢いたくってツクモグサ・・・いざ、白馬岳へ
▲6/30(土)晴 単独
 前日白馬駅前の旅館に素泊まり。客はくろすけ一人とのこと。昨夜は、夜中から朝方まで強風が吹きまくり何度か目が覚めてしまった。今朝は嘘のように静かで、窓を開けると朝焼けに染まった白馬三山が目に飛び込んできた。ワォ~、素晴らし~い!今日は期待できるかも・・・。朝食を簡単に済ませ、この時期まだ猿倉行きのバスは出てないので、前日に頼んでおいたタクシーで5:10登山口に向かう。運転手はとても感じの良い人で、山のおしゃべりをしながら気持ち良く送り出してくれた。猿倉荘のあるの登山口には、数台の車と2組(単独の人、二人組の男の人達)が、それぞれ準備をしていた。5:30出発。登山道から林道、沢にかかった木橋を渡る。右側の川の奥には堰があり、雪解け水が滝となって轟音を立てて流れ落ちている。そして、前方には青空の中に白馬岳から小蓮華山への稜線が・・・。天気はいいし、何だかワクワクしてくる。最高の日になりそうな予感・・・。山道に入り、サンカヨウ、シラネアオイ、キヌガサソウなどの花が時々目を楽しませてくれる。
 今年は4月にも雪が降り雪解けが遅かったとのことで、残雪は白馬尻の手前からあった。6:20白馬尻着。小屋はまだ営業してないがトイレは使える。休憩し、いよいよアイゼンをつけて大雪渓に取りつく6:50 白馬三山は2008.8月唐松岳~不帰剣~で縦走していたが、帰りは栂池の方に抜けたので大雪渓は今回が初めての経験である。とにかく雪崩・落石に要注意なので、耳を欹て一歩一歩大雪渓のほぼ真ん中をうっすらと残る紅がらの印を追いながら登って行く。葱っ平からは少し夏道が出ているのでアイゼンをはずし、岩場を登って行く。途中で夏道がなくなるので、またアイゼンをつけ紅がらに沿って登って行く。この時期人はチラホラ程度。

▲白馬大雪渓を行く、残雪はシャーベット状だ
両サイドは青空に残雪と新緑のコントラストが美しい
IMG_9576_convert_20120713190302.jpg
▲黙々とひたすら登る、休憩を兼ねて時々後を振り返る8:40
(葱っ平の取りつき地点)この辺りより傾斜も増してくる
雪渓からの天然クーラーで、大汗をかくことはない
IMG_9588_convert_20120713190510.jpg
いよいよ小雪渓に取りつく。急斜面なのでこけたら大変。避難小屋を過ぎ、ウルップソウやハクサンイチゲなどの花が咲いているお花畑を通り過ぎ、頂上小屋をめざす。
▲この角度からがかっこいい杓子ヶ岳とハクサンイチゲ
IMG_9607_convert_20120712232415.jpg
頂上小屋に10:20着。(まだ営業していません)
白馬尻から3時間と5分、大雪渓を無事登りきりました。
小屋前のお花の写真を撮り、10:30白馬山荘のある白馬岳めざす。
途中振り返ると、ヒャッホォ~!
▲槍・穂高連峰もくっきり・・・   ▲丸山の後ろに勇壮な剣岳
IMG_9648_convert_20120718014550.jpg IMG_9656_convert_20120718014728.jpg
うっすらと白い雲がかかっているけど360度の大展望!山荘への登山道はミヤマキンバイ・オヤマノエンドウそれになんと早くも恋焦がれていた「ツクモちゃん」がもう登場してくるではありまでんか。もう最高潮!ルンル~ン!
山荘は目の前なので写真を取りながら、ゆっくり歩いて行く。11時過ぎ山荘到着。ザックは置き、必要な物だけ持って山頂周辺を散策に出かける。
▲白馬岳と白馬山荘              ▲白馬岳山頂にて 
IMG_9635_convert_20120718021959.jpg IMG_9815_convert_20120712215951.jpg
富士山こそ見えなかったものの、名だたる峰々の眺望を得、すこぶる満足。
それに「ツクモグサ」が雑草のように至る所に群生していて、大株あり、花弁の違うものもあり・・・で、ほんとこれにはビックリ!八ヶ岳・横岳ではポツンポツンという感じで咲いていて見つけるのも大変だったのに、随分と違うものだ。花も八ヶ岳よりも少し大きい気がする。いつまでもこの状態であってほしいものだ。

愛しのツクモグサ(キンポウゲ科オキナグサ属)
(白馬岳・八ヶ岳・北海道の一部にしかない絶滅危惧種)
IMG_9657_convert_20120712203159.jpg
♥ムクムクの産毛がたまらないのだぁ~
IMG_9685_convert_20120713000618.jpg
♥花弁が丸みをおびたものもありました
IMG_9739_convert_20120712223646.jpg
♥ツクモちゃんのつぼみで~す、青味がかった緑の部分があります
IMG_9666_convert_20120713191638.jpg
♥も少しで開きそうです。
何だかひよこのようで、かわいくって撫で撫でしたくなります
IMG_9691_convert_20120713191814.jpg
♥ツクモグサの咲く風景(断崖絶壁)
IMG_9833_convert_20120713181003.jpg
♥無造作に咲いていま~す
雪渓の手前に見えるのはたくさんのつぼみ
IMG_9806_convert_20120713182535.jpg
♥ツクモグサと旭岳
IMG_9690_convert_20120713175705.jpg
♥オヤマノエンドウと旭岳
IMG_9703_convert_20120713180215.jpg
♥ミヤマキンバイと旭岳
IMG_9688_convert_20120713180720.jpg
♥イワウメ           ♥チシマアマナ
IMG_9693_convert_20120718020359.jpg IMG_9745_convert_20120718020554.jpg
ウルップソウ(ゴマノハグサ科ウルップソウ属・絶滅危惧種)
この形と青紫色に魅かれます
IMG_9878_convert_20120713174317.jpg
♥残雪と雲と・・・
IMG_9713_convert_20120712230207.jpg
♥ツクモグサとウルップソウ、ポツンとそれぞれ咲いています
ここでしか、今しか見られない風景、感激です
IMG_9726_convert_20120713173721.jpg
♥白馬山荘東側のお花畑
IMG_9885_convert_20120713173422.jpg
 ツクモグサとウルップソウを撮るのに夢中で山荘に戻ったのは3時40分頃になってしまった。明日は天気が崩れるとの事なので思い切り堪能しておいた。山荘は調度「ツクモグサ祭り」中でウエルカムドリンクとして甘酒が用意され、記念品として携帯用の煙草の吸殻入れを頂いた。部屋は「杓子」という名前で、なんとくろすけ一人きり。山頂でおしゃべりした女の方も単独だったので部屋は一緒なのかなぁと思ったのだが、まっ、日本最大級の800人も泊まれる山荘なので、OFF日はこんな贅沢?もありなのかな。6時に夕食。部屋から富山湾の夜景を眺め7時30分頃には休んだ。
▲7/1(日)雨 単独
 朝から雨だ。ご来光は無理だと思っていたが、雨になるのが早すぎ・・・。取りあえず4時には起き、軽く朝食を済ませ、小やみになった頃を見計らって5:42山荘を出発した。ガスってて何も見えない。雨の中でもツクモグサとウルップソウは自然を享受する美しさ。さすが、高山で生きる彼女たち。厳しさの中で生まれる美しさに感動!
IMG_9941_convert_20120717221520.jpg
 白馬岳の山頂から三国境へ6:30着。そして小蓮華山へ7:08着。時々ガスが取れて視界が開ける。キバナシャクナゲや残雪を抱いた峰々の雄大な風景を目にしながら、突然現れるミニ雪渓にドキドキもしながら白馬大池に8:30着。白馬大池はまだまだ雪に閉ざされまるで冬のようだ。
▲白馬大池と赤い屋根の山荘
IMG_9963_convert_20120713191033.jpg
白馬大池岸の残雪を慎重に踏みながら、岩のゴロゴロを競技のように乗り越え山頂の平らな乗鞍岳へは9:45着。さ~て、これからが問題の雪渓の天狗原だ。目印と多分安全のためでもあるのだろう、ロープが下まで引かれているが、これがまた急峻なのだ。ガスっていると先が見えなくて永遠に続くように思われ、白馬の大雪渓よりドキドキもんだった。ここではアイゼンをつけ、慎重にロープに沿って下った。ロープが2か所15分位はかかっただろうか、下りきると雪に埋もれた白樺林のブッシュ状態の所に着く。降り切ってやれやれと思ったのに、目印のピンクのテープがないうっそ~、ちょっとあせったが人の足跡と思われるものを懸命に探しながら、やっとのことでピンクのテープを見つける。一気に緊張がほぐれた。が、これから先も栂池までは悪路でうんざりした。とにかく夏道がほんの一部しか出てないので、残雪に覆われたブッシュ状態の所や、残雪が溶け、足の置き場が見つからないような斜面だったり、ドロドロだったり、他いろいろで、大雪渓を帰りも下った方が良かったと思ったくらいだ。栂池が近づいて来るとミズバショウが登場してきて、少し気分も落ち着いてきた。イワナシやミツバオーレン、ショウジョウバカマなどの花も目につくようになり、栂池自然園には10:30到着。天気が良ければ一周したかったのだが、雨で視界なしなので、取りあえず調度見ごろのミズバショウだけ見ることにした(入園料300円)幻想的とも思えたが、30分ほどで引き上げ、ミズバショウ祭りのイベントで11時から餅つき大会があるというので勧められ寄ってみた。観光客が代わる代わる杵を打ち、よもぎもちのできあがり。黄な粉をつけて皆にふるまわれた。つきたてのお餅は、お腹のすいていたこともあり柔らかく大変美味しかった。
11:43発ロープウェイに乗り、ゴンドラと乗り継ぎ下山。
とにかくすぐにお風呂に入りさっぱりしたかったので一番近くの栂の湯で入浴。客は誰もいなくひとりゆっくりと入る事が出来た。(ロープウェイ利用者は100円引きで600円)路線バスに乗り白馬駅に向かう。高速バスの事務所で下山時間が予定より早くなったので、乗車時間の変更手続きをし、15:35発の新宿行きのバスに乗車。混雑することもほとんどなく新宿には20:20着。


 ここ数年、絶滅危惧種や固有種の花たちを追いかけるのに熱くなっている。
ホウオウシャジン、タカネビランジ、コウシンソウ、タカネマンテマ、キタダケソウ、イイデリンドウ、ホテイソウ、コイワザクラ、ヤクシマシャクナゲ・・・など。
 これからも個性的で美しい稀有な存在の彼女たち(花)に逢いに、山々を駈け廻りたいくろすけで~す。
高山ではなくても、珍しい花があったらどなたでも教えて下さ~い。日常モードは、「花よりだんご」ですが、珍しい、貴重だ・・・と聞けば、「花」が優先になるくろすけで~す。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫