京都紅葉巡り

 2012-11-30
<2012.11/27(火)曇り時々晴れ>
 京都に紅葉で初めて訪れたのは、2008.11/28M社のツアーだった。時期的に調度よかった事と雨上がりという演出効果もあってそれはそれは素晴らしいモミジと風景が待っていた。散りモミジの美しさもその時初めて知った。それ以来くろすけの恒例行事となり、秋のモミジと春の桜を楽しんでいる。5年目となった今年は、仕事先の事情で休みが1日しか取れないため往復夜行高速バスというハードスケジュールでひとり訪れる事になった。

清水寺―清閑寺―東福寺―天龍寺(精進料理:篩月)―常寂光寺―落柿舎―二尊院―祇王寺―化野念仏寺―嵯峨鳥居本―大覚寺

 東京駅を23:20出発。途中何度かトイレ休憩を取り、京都駅に着いたのは5:15頃。予定より早く着いたので計画変更して朝の6時から開門する東山区の清水寺に行く事にした。朝一番のバスに乗り清水道で下車。徒歩10分程で山門前に到着。さすがこの時間帯は観光客は数人で、地元の檀家の人達らしき参拝者が10数人いただけだった。10分ほど待ち開門。(拝観料300円)まだ薄暗いなか清水の舞台をめざす。

・4階建てのビルに相当する清水の舞台
・右:清水の舞台から京都の街の朝焼け(京都タワーが見える)
IMG_1959_convert_20121220060810.jpg IMG_1960_convert_20121220061619.jpg
三重の塔           ・子安塔を望む
IMG_1970_convert_20121220110332.jpg IMG_1962_convert_20121220110547.jpg
 まだ早いのでこの先の穴場スポット歌の中山(清水寺から清閑寺までの山路の地名)の清閑寺まで行く事にした。誰にも会わず7分程で到着。清閑寺は8時からだったが、庭掃除をしていた住職が特別に入れてくれた。(拝観料志納制)境内にある要石から京都市街を眺めると左右の山に挟まれた景色がまるで扇を開いたように見える・・・との事で早速眺めてみる。ここのモミジは「清閑寺もみじ」といって、独特の葉の小ささで知られているらしいがうっかりアップで撮り忘れた。おまけに京都ではここだけにしかないという「三つ葉かえで」とやらも見忘れてしまうという間抜け2連発をしょっぱなからしでかすくろすけでした。

清閑寺に上がる階段 ・扇を開いたような眺望 ・境内
IMG_1952_convert_20121220055640.jpg IMG_1947_convert_20121220060006.jpg PB270007_convert_20121220060440.jpg
「清閑寺もみじ」
IMG_1946_convert_20121224213610.jpg
 往路を戻り、音羽の滝で喉を潤し、清水寺の境内を抜けバスで東福寺駅下車。バス停より10分程で臥雲橋へ(8:00着)
・臥雲橋から眺める通天橋の紅葉
IMG_1973_convert_20121220062225.jpg
東福寺の開門は8:30からだが8時過ぎから観光客が増え始め、チケット(拝観料)売り場の前はあっという間に人だかりになってしまった。平日でこうなのだから土日はもっとすごいに違いない。(通天橋・方丈庭園各400円)

・迫力の鬼瓦          ・ひと葉さして
IMG_1983_convert_20121220062549.jpg IMG_1993_convert_20121220063417.jpg
通天橋を民族の大移動のように歩を進めて行くと、
 うぉ~、素晴らしいモミジ達が・・・

・モミジの樹のラインがまるで日本舞踊を踊っているような立ち姿だ
PB270013_convert_20121220070655.jpg
・まぶしいばかりの黄葉です
IMG_1996_convert_20121220064205.jpg
・朝のひかりを浴び燃え盛る
IMG_2004_convert_20121220064644.jpg

IMG_2005_convert_20121220103014.jpg IMG_2062_convert_20121220103226.jpg

IMG_2011_convert_20121220064922.jpg
・庭園の渓谷              ・禅宗最古の山門
IMG_2024_convert_20121220103909.jpg IMG_2036_convert_20121220104122.jpg IMG_2094_convert_20121220104452.jpg
・散りモミジ・・・カサコソのふかふかで~す
IMG_2031_convert_20121220065058.jpg
・散りモミジの舞台には緑の苔がお似合いです
IMG_2052_convert_20121220065234.jpg
・オレンジ色のモミジもなかなかジャパネスク!
IMG_2069_convert_20121220065406.jpg
・枯山水の方丈庭園       ・石と苔の市松模様
IMG_2077_convert_20121220065604.jpg IMG_2081_convert_20121220065751.jpg
・愛染堂(八角形の優美な円堂) 
・右:龍吟庵(龍の庭:龍が海中から黒雲を得て昇天する姿を石組によって表現)
IMG_2015_convert_20121222172002.jpg IMG_2091_convert_20121222171754.jpg
 素晴らしいモミジ達の舞台を見学後、せっかく来たのだからと特別公開の龍吟庵(日本最古の方丈建築・石で龍をかたどった枯山水の庭園など見学)にも立ち寄り(拝観料500円)気が付けばもう10時過ぎ。急ぎ足で東福寺駅まで戻り、JR奈良線で一つ目の京都駅へ、そこから今度はJR嵯峨野線で15分程の嵯峨嵐山駅へ。まずは早めの昼食をと、電車の中で問い合わせしておいた天龍寺境内にある精進料理店「篩月」へ。少し道を迷ったが11:15分ごろには到着できた(境内にあるので拝観料(庭園)500円を払って入る)。予約なしでは時間帯によっては無理と言われていたが、昼前の早い時間だったので運よく一汁五菜の膳「雪」(3000円)を頂く事ができラッキー!
旬の京野菜、湯葉、豆腐など、滋味深い味に感動!

・「大変おいしゅうございました」
 (デザートの細長い柿は完熟でとろとろだった)
IMG_2097_convert_20121220070100.jpg IMG_2102_convert_20121220070240.jpg
 昼食後、天龍寺の法堂で天井に描かれた八方睨みの龍の図を見る。(拝観料500円)加山又造の渾身の力作で、直径九mの円相の中に躍動する見事な龍が墨色で描かれている。
曹源池庭園は背景の嵐山なども取り込み、自然と人工の美が融合した壮大な庭園だ。
池の所で天気雨にあうが、この時だけですんだので助かった。(天龍寺ではちょっと要領悪く廻ってしまったので約1時間も費やしてしまった。
雲龍図(パンフレットより)       ・曹源池
IMG_2464_convert_20121220082813.jpg IMG_2131_convert_20121220075057.jpg
・青空に映え超きれ~い  ・北門傍の美しい竹林に散りモミジ
IMG_2123_convert_20121220073755.jpg IMG_2108_convert_20121220073403.jpg
 天龍寺の北門より、嵯峨野の美しい竹林の道を抜け常寂光寺へと向かう(13:12着)(拝観料400円)山門から伸びる参道の石段を登って行くと素晴らしい木々が織りなす錦の世界が広がっていた。
・常寂光寺の山門              
IMG_2207_convert_20121220084052.jpg IMG_2141_convert_20121221222418.jpg
・色とりどり・・・なんて素敵な秋色なんでしょう!
IMG_2196_convert_20121220084456.jpg
・ちょっと石灯篭から覗いてみました
IMG_2199_convert_20121220084654.jpg
IMG_2200_convert_20121222165025.jpg
・珍しい小さな小さな柿(ロウヤ柿) ・境内
IMG_2180_convert_20121220084250.jpg IMG_2155_convert_20121222000559.jpg
 常寂光寺から落柿舎に寄り道しちょっとだけ覗き、次は二尊院へ(14:06着)(拝観料500円)「紅葉の馬場」と言われている参道の紅葉を楽しみにしていたが、時期が遅かったのか今一つだった。境内には紅葉に混じって寒桜が咲いていた。
                   ・珍しい桃の瓦
IMG_2211_convert_20121220085112.jpg IMG_2218_convert_20121220085329.jpg IMG_2230_convert_20121220085518.jpg
・紅葉には白壁や日本瓦がよく似合う
IMG_2229_convert_20121220085758.jpg
 
 二尊院から徒歩10分で小倉山麓にある祇王寺へ。(14:33着)(拝観料300円)ここは平清盛と二人の女性の哀れな物語のある竹と楓に囲まれたささやかな草庵である。樹高の高さが特徴の庭園はすでに色を失いかけた散りモミジで苔が見えないほど。もう1週間程早ければ苔に散った美しいモミジが見られたはず、残念!
IMG_2232_convert_20121220091116.jpg PB270023_convert_20121220090843.jpg
・小ぶりの手水鉢の濡れモミジに眠り猫がなんともかわいい
PB270030_convert_20121220092200.jpg
・藁ぶき屋根の門の右側に嵯峨菊が・・・ 
IMG_2238_convert_20121222183139.jpg PB270034_convert_20121222183351.jpg
 今日の天気は、雲が多いが時々青空が顔を出し日も差すといった感じだったのだが、15時も過ぎると日も差さなくなり、気温も少し下がってきたようだ。化野念仏寺には15:08着。(拝観料300円)境内にまつる八千体を数える石仏・石塔は往古あだし野一帯に葬られた人々のお墓である。

・血を思わせるような凄まじいばかりの赤だ
PB270064_convert_20121220092558.jpg
・竹林ともみじ・・・まるで日本画のようだ
PB270070_convert_20121220092759.jpg

PB270084_convert_20121220092947.jpg
・激しいばかりの赤が目立つ境内
PB270090_convert_20121220113437.jpg PB270092_convert_20121220113722.jpg
 お決まりではあるが、嵯峨鳥居本の400年の歴史をもつ「平野屋」さん(名物が鮎料理の店)もやっぱり撮っておこうと足を延ばすが(15:47着)、残念ながらこちらの紅葉はほとんど終わってしまっていた。
京都市の歴史風土保存地区に指定されている嵯峨鳥居本は門前町の面影を残す古民家が懐かしい味わいのある町並を作っています。

・からぶき屋根の茶屋「平野屋」 ・同じ並びの家
PB270102_convert_20121220093708.jpg PB270110_convert_20121220094241.jpg 
 もう16時近くになってしまい、予定ではあと5か所(厭離庵・清涼寺・宝筐院・直指庵・大覚寺)もあるのに廻れそうもない。せめて直指庵と大覚寺だけでもと思い頑張って歩いていたが、拝観受付時間はほとんど16:30までなのでやはり1件にしぼることにし、大覚寺を目指した。途中満開のコスモス畑があり紅葉ばかり眺めてきたせいか、なぜか新鮮に映った。大覚寺には受付終了前の10分前(16:20)には着いたが、受付で夜間特別拝観がある事を知り、計画変更してライトアップを見る事にした。入場は17:30~なので、それまで近くの「しぐれ茶屋」という所で軽く夕食(ゆばうどん)を取り待つ事にした。
17時過ぎからどこからともなく人が集まり出し、結構な人達が寒い中並んだ。暗くなると急に冷え込みも増して、厚手のジャケットを着てきて正解だった。(拝観料500円)
 大覚寺は今年「1200年の風にのせて」と題し、心経宝塔前には幾万本もの風車が奉納され(飾られ)ていて、夜のせいか、一種独特の雰囲気があった。「真紅の水鏡」と表現されている大沢池には、様々なものが映し出され、光との競演の幻想をしばし楽しんだ。

・大沢池に映る心経宝塔        ・大沢池に映る月
PB270120_convert_20121220095438.jpg PB270151_convert_20121220101317.jpg PB270161_convert_20121220101439.jpg
・幾万本ものかざぐるま      ・京都駅のクリスマスツリー
PB270134_convert_20121223164226.jpg PB270189_convert_20121220105830.jpg
 大覚寺前からバスと電車を乗り継ぎ京都駅に戻る。(19:25着)伊勢丹でお土産をGETし、「ひとりお疲れさん会」で駅から3分の創作和食の「ぎんなん」で京料理と共に生ビールを一杯頂きくつろぐ。。(アボガドと揚げ黒糖パンのシーザーサラダや豚の角煮、生麩のピザなどが美味しかった。)その後、まだ時間があるので駅のマックでお茶し時間をつぶす。やっと時間になり23:00発の高速バスに乗り、うとうととまどろみながら東京駅に戻る(朝の7時少し前到着)。無事自宅に御帰還となり、お風呂に入り昼からの仕事に備えて少し体を休めた。ふぅ~う、ほんとにハードな1日半?でした。

 慌ただしい掛け巡りの紅葉路だったが、くろすけも充分高揚させてもらった。あと5日~1週間早ければ、モミジ達ももっと色鮮やかでもっと美しかったに違いない・・・が、くろすけを感動させてくれた様々な出逢い・発見もたくさんあったのでその自然との出逢いにありがとうと感謝したい。やはり「京都」はと言うより、「旅」は、ゆっくりと心に沁みる旅をしたいものだ。もちろん美味しいものも頂きながら・・・



スポンサーサイト
タグ :

篭岩~龍神大吊り橋縦走

 2012-11-25
▲2012.11/21(水)晴
 原始の世界を彷彿とさせる湯沢源流からロープと鎖の連続する登山道を尾根伝いに竜神大吊橋までA社のツアーで歩いてきた。

<東京=(常磐道―那珂IC)=登山口―不動の滝―湯沢源流―篭岩(501m)―明山―亀ヶ淵―竜神峡―竜神大吊橋―東京>
・10:23
PB210005_convert_20130109210950.jpg PB210009_convert_20130109211130.jpg
・不動の滝(落差20m)10:30
PB210011_convert_20130109211410.jpg PB210023_convert_20130109211928.jpg
・湯沢源流 
PB210027_convert_20130109212157.jpg PB210036_convert_20130109212405.jpg
・11:08
PB210044_convert_20130109213245.jpg
・篭岩(風雨によって岩峰のもろい部分が削り取られ、籠の目状に大小無数の穴があいている) 
PB210048_convert_20130109213641.jpg PB210054_convert_20130109214046.jpg

PB210052_convert_20130109214419.jpg
・篭岩展望台より11:12
PB210055_convert_20130109214751.jpg
・紅葉の登山道を行く
PB210063_convert_20130109215021.jpg PB210070_convert_20130109215244.jpg

PB210073_convert_20130109215810.jpg PB210082_convert_20130109220131.jpg

PB210118_convert_20130109221031.jpg PB210104_convert_20130109221240.jpg
・篭岩山12:14
PB210090_convert_20130109220407.jpg PB210108_convert_20130110000853.jpg

PB210126_convert_20130109221710.jpg PB210127_convert_20130109221845.jpg
・一枚岩に向かう13:33          ・一枚岩の天辺から
PB210147_convert_20130109222203.jpg PB210156_convert_20130109234440.jpg
・シモン山              ・明山
PB210145_convert_20130109222512.jpg PB210173_convert_20130109222708.jpg
・明山山頂より竜神大吊橋を望む14:40
PB210187_convert_20130109222944.jpg
・15:02
PB210193_convert_20130109223145.jpg PB210198_convert_20130109223737.jpg
・亀ヶ淵15:34
PB210212_convert_20130109223426.jpg

PB210221_convert_20130109223918.jpg PB210235_convert_20130109224037.jpg
・うんざりする階段を上り詰めると竜神大吊橋に出た。16:34
PB210238_convert_20130109224222.jpg PB210242_convert_20130109224514.jpg
もうすっかり薄暗くなり橋の上には満月が出ていた。
・竜神ダム          ・竜神大吊橋 
PB210254_convert_20130109224934.jpg PB210259_convert_20130109225119.jpg
竜神大吊橋(茨城県常陸太田市)
 竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋はかけられた。歩行者専用として375mの長さを誇り、ダム湖面よりの高さは100m、橋の上からの眺めは四季おりおりのパノラマが広がり、橋はその大自然の空間を舞い上がる龍を想起させる。(橋渡料金大人300円)

※この山行の詳細は省略。パソコンが調子悪かったため、翌年過去登録してアップしたので、記憶が一部不鮮明なため。 

●参加者9人+添乗員1人。
 友部を過ぎると車窓から気球がたくさん飛んでいるのが見えた。今日は素晴らしい天気なのでどんなに爽快かと思う。那珂ICの手前で工事渋滞にはまり結構登山口に着くのが遅れてしまった。

 このコースは、滝あり、川の源流を遡ったり、岩場やロープ・鎖場があったり等、なかなか変化に富んでいて面白かった。

 天気が良かった事も何よりだが、思ってた以上に紅葉がきれいだったので事の他満足度が高くなった。
 
 コース予定外の「明山」にも案内して頂き、充実度の高い山行となったが、朝の工事渋滞でロスした時間が、竜神大吊橋に着く時間に響いてしまい、橋の上からの景観が楽しめなかった事がちょと残念だった。


<今まで登った茨城の山>
筑波山、愛宕山、難台山、吾国山、男体山、月居山、花園山、堅破山、土岳、御岩山、高鈴山、富士山、佐白山、鍋足山、生瀬富士


タグ :

のんびり行く紅葉と温泉

 2012-11-09
 今秋の家族旅行は、白濁の湯に魅せられてのんびりと奥鬼怒温泉の加仁湯に1泊で行く事にした。過去、奥鬼怒温泉の夫婦淵には1回、八丁の湯には2回ほど行っているが、加仁湯は初めてだ。

IMG_1712_convert_20121109221014.jpg IMG_1799_convert_20121109221301.jpg IMG_1854_convert_20121115123705.jpg IMG_1709_convert_20121110021649.jpg

♦2012.11/2(金)曇り時々晴&小雪

 早朝5時少し前に自宅を出発。柏から高速に乗り外環~東北道~今市IC~日光~いろは坂へと向かう。平日のせいかほとんど渋滞することもなく明智平に8時少し前に着く。すでに駐車場は結構車が止まっており、次から次と車が入っては出て行く。今年は紅葉が遅れていた事もあり、いろは坂辺りはまだ充分きれいだ。なんと先ほどから、小雪(雪とみぞれの間位)が散らついており、少ししか休憩しなかったのに身体が冷えてしまった。中禅寺湖には8:20着。夫の提案で中禅寺湖でクルージングをすることに。(実はくろすけも先日の社山の帰りに計画していたのだが、バス待ちの大渋滞で断念していたところだったのですぐにノリノリでの大賛成!)
紅葉巡りは季節限定の特別便で、中禅寺温泉の船の駅から約1時間で中禅寺湖を一周。確か9時出発だと思ったが、まだ受付は開いていない。出発まで付近で写真など撮りながら時間をつぶす。真っ赤なもみじがひかりをあびてきれいだ。
乗船員の「9時出発で~す」の呼び声にびっくり。あわてて受付の場所を聞くと地下1Fとのこと。なんと開いていないと思ってた所は受付ではなかったのだ。乗船券(大人1人1500円)を購入し、慌ただしく船内に乗り込むとすでにほぼ満席。端の方の窓側にくろすけ家族は座れたが、くろすけは全景を見ながらクルージングしたかったので、デッキにあがって写真を撮りながら楽しむ。相変わらず小雪は散らついており、風をきり走る船のデッキの上は寒い寒い・・・デッキにいた船乗員の人に聞くと、例年ならとっくに紅葉は終わっているのだが、今年は遅かったのでまだ何とか楽しめるとのこと。一番きれいだったのは、10/20過ぎ位の頃だったとのこと。
逆光だったり、日も時々しかささないので、写真がうまく撮れず紅葉の色が今一つですが、実際はもっときれいです。

・男体山
IMG_1715_convert_20121110004727.jpg
・先日登った「社山」の尖がりがかっこいい(写真右)
IMG_1735_convert_20121110003600.jpg IMG_1786_convert_20121110003209.jpg
・湖岸のドウダンやもみじも遠目で見ればなかなかきれい
IMG_1729_convert_20121110014019.jpg IMG_1731_convert_20121115191435.jpg
IMG_1747_convert_20121110012329.jpg
・唯一の小さな島「上野島」
IMG_1776_convert_20121110005618.jpg
2000.10/15この中禅寺湖で夫と一緒にカヌーを漕ぐ体験をした。懐かし~い!
IMG_1766_convert_20121113181156.jpg
・黄葉ももう終盤です
IMG_1793_convert_20121110011948.jpg
・なんとなくメルヘンチックな風景
IMG_1800_convert_20121109223016.jpg
 クルージング後、「お茶しましょ」と金谷ホテルのコーヒーハウスに立ち寄る。くろすけはアップルパイ、夫と息子はチーズケーキでコーヒーブレイク。(セット1000円)老若男女様々なカップルがお茶していました。
30分ほど休憩し、今宵の宿「加仁湯」をめざす。中禅寺湖畔の通りは不景気のせいかクロ―ズされたホテルやレストランが目立った。そんななかで炎の如く燃えさかるドウダンがひと際目をひき、思わずシャッターをきった。主のいなくなった悲しさを現すかのような深く激しい赤だった。

・「炎の如く」クローズされたレストランのドウダン(左)
・金谷ホテルコーヒーハウス「ユーコン」の入り口(右)
IMG_1814_convert_20121109223343.jpg IMG_1808_convert_20121113181955.jpg
今回のお気に入りのショット(巨大こぶの木の股から)
 右上写真の左側の木から
IMG_1804_convert_20121113181607.jpg
 くろすけはやまんばなので、竜頭の滝やら戦場ヶ原なども少しは散策したかったのだが、あいにくの小雪混じりの天気と今回夫と息子はあまり歩きたがらないのでやむなく直行コースとなった。
光徳牧場付近から夫婦淵までは、所々道路が雪で真白になってる所もありビックリ!

・山王峠付近の林道から(岳樺の葉の落ちた斜面が、日本画のようだ
IMG_1821_convert_20121113182645.jpg
 まだまだきれいな紅葉を楽しみながら夫婦淵の駐車場には12:30頃着。夫と息子は食堂で昼食をとるが、くろすけはあまりお腹がすいていなかったので、付近の景色を見ながら、ぶらぶらする。昼食を取り終えた頃うまい具合いに宿の送迎バスが来た。乗客はくろすけ家族と年配の男の方のみ。(※夫婦淵から先のスーパー林道は一般車両は通行できない)
 やはり時々雪道の林道を20分位バスに揺られながら、1:30頃に加仁湯に着いた。

・雪化粧されて「三段紅葉?」(加仁湯手前の奥鬼怒大橋より)
IMG_1834_convert_20121109224342.jpg
 受付を済ませ、案内の女の子に雪がいつ頃から降っていたのか聞いてみると「本日が初雪でございます」とのこと。初雪の日に温泉・・・まぁなんてステキなんでしょ。部屋は3階の一番端の301号室(玄関側)見晴らしも良くなかなか良かった。

・加仁湯
IMG_1837_convert_20121109224636.jpg IMG_1850_convert_20121109224830.jpg

 散策に出るには天気が今一つだし、部屋にいてもすることがないのでまずは温泉、温泉・・・と、内湯から露天風呂までゆっくりと楽しむことにした。加仁湯は5つの自家源泉を持っており、泉質は4種類、温度も各源泉で違いがあるとのこと。また、その違いを味わえるように「ロマンの湯」として小さな湯船を5つ並べて(奥鬼怒4号・黄金の湯・岩の湯・ガケの湯・たけの湯)利き湯ができるようになっている。もちろん、すべて源泉掛け流しです
・婦人用露天風呂
IMG_1852_convert_20121109225054.jpg IMG_1869_convert_20121109225357.jpg
・「ロマンの湯」5本の自家源泉の利き湯を味わえる
         ・ロマンの湯の一部:ガケの湯とたけの湯
IMG_1872_convert_20121109225626.jpg IMG_1871_convert_20121113205914.jpg
・露天風呂の目の前に見える柱状節理の屏風岩(夜にライトアップされる
IMG_1891_convert_20121113210242.jpg
 露天風呂は婦人用が一番奥にあり、その手前の露天風呂は混浴となっている。くろすけは女なので2つの露天風呂に入れたが、夫と息子は混浴の所のみである。くろすけは、ちょっとだけ得した感じかな?白濁(乳白色)の湯は肌にとても優しく、そして肌がすべすべになる「美肌の湯」だ!タイミングが良かったらしく日中はほとんど一人状態で内湯も露天風呂も楽しめた。極楽、極楽! 6:30大広間にて夕食。特にこれはという珍しいものや感動するものはなかったが、山の幸たっぷりの献立でくろすけはお腹もすいていたので美味しくいただきました。
 
 夜中くろすけは日中下見をしておいたロマンの湯にこっそり入りに行った。ロマンの湯は1人ずつしか入れない小さな湯船で、其々仕切りはあるものの混浴なので、夜中だったら、誰もいなくて全部いっぺんに入れるだろうと思ったからだ。案の定、誰も来なくゆっくりと5つの湯の泉質の微妙な違いを感じとることができた。今夜は曇っていて相変わらず小雪がちらついているのだが、時々丸い月が顔を出し、湯船につかりながら旅情をかみしめた。

♦2012.11/3(土)曇り時々晴れ&小雪
 温泉効果か朝は気持ちよく目が覚めた。朝食は7:30大広間にて。イワナの干物が出た。くろすけは初めてだった。朝食後、再度露天風呂を楽しみ、9時出発の送迎バスに乗る。バスはほぼ満席で数えたら33人乗っていた。団体は別のバスに乗るようで、もう1台用意されていた。33人と団体さんが何人かわからないが泊まっていた割には、お風呂ではほとんど人と会う事がなく、ゆったりと静かに楽しめラッキーだった。
 夫婦淵で我が家の車に乗り換え、今日は一旦川俣温泉まで戻り、それから川治ダム~五十里ダム~尾頭トンネルと抜けて塩原温泉まで北上だ。このルートは山間に川あり、ダムあり、美しい渓谷ありとまだまだ見頃の紅葉を満喫しながらのドライブとなった。

・間欠泉の展望台より(なんと展望台に足湯があった)
IMG_1900_convert_20121115220400.jpg IMG_1902_convert_20121113220050.jpg
・紅葉もこれからの所もあり
IMG_1905_convert_20121113210650.jpg
・蛇王の滝(望遠なのでボケています)
IMG_1911_convert_20121113212253.jpg
・美しい渓谷の紅葉
IMG_1928_convert_20121113213355.jpg
・青く透き通った水も美しい
IMG_1930_convert_20121115104031.jpg
・川の中州のもこもこの風景が面白い
IMG_1938_convert_20121115104224.jpg
 尾頭トンネルをぬけると間もなく塩原温泉郷だ。丁度昼頃に温泉街に着いたので、昼食をとることに。何気に見つけた和食処だったが、このお店(日本料理:松本)が大当たり!で1280円のランチ等いずれも美味しかった。

 昼食後、名勝地等散策する予定だったが、夫と息子は紅葉ドライブで充分堪能したらしくあまり歩きたがらない様子。なので、早いがもう帰ることに・・・。途中、「森林の駅」、「千本松牧場」で娘への土産などをGETし、西那須野塩原ICで高速に乗り、自宅へと車を走らせる。途中、祭日ということもあって渋滞にも少し巻き込まれたが、夜の6:45無事我が家に御帰還となりました。

 今回の旅行は中禅寺湖でのクルージングと紅葉ドライブ、そして温泉・・とほとんど体を動かすことなく、やまんばのくろすけにとっては少々物足りなかったが、たまにはこんなのもいいのかなぁ~?

塩原地区でやたら目立っていたといおうかアピールされていた大根。橋の欄干に縛り付けてあったり、店や家の周りに飾って?あったり・・・と。昼食をとったお店で塩原は寒冷地なので大根が甘くてやわらかくて美味しいのだと聞き、早速帰りに1本(130円)買って帰った。翌日、お店で出たようにして、ゆでてゆず味噌をつけて食べた。評判通り、お店で食べた通り、美味しかった。


お知らせ
・パソコンの調子が悪く、インターネットは普通に使えるのに、ブログはすぐにフリーズしてしまうという悪現象に日記が思うようにアップできなくて夏以来非常に困っている。原因究明でネットで調べてみたが、専門用語が多すぎてメカ音痴のくろすけには何のことやらチンプンカンプン!知り合いのパソコン講師に見てもらいたくてもなかなか時間が取れず今に至ってしまっている。
 雲取山縦走(写真のみアップ)・白雲山(表妙義)・涸沢~北穂高・半月山~社山など、これから日付順になるよう過去登録でおいおいアップしていきますので、興味のある方は是非覗いてみて下さい。
 ブログは思い出の記録とボケ防止も含めて始めたのだが、記憶がなんとかはっきりしているうちにパソコンをなんとかしたいもんだ。         








タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫