六甲へ

 2013-01-20
 いつかは加藤文太郎(新田次郎の小説「孤高の人」の主人公(登山家))の歩いた道を歩いてみたい・・・長年心の片すみにあったが、実行する機会を得られないでいた。昨年末、新Hの山行で、「六甲全山縦走」があるのを知り、申込み参加してきた。なんと参加者は80名(バス2台)と学校登山のような人数。大宮を21時に出発、用賀には到着が遅れ22:30の出発となる。途中4回程トイレ休憩を取り、須磨浦公園駅前には6:15到着。
※「六甲全山縦走」海抜12mの須磨浦公園から海抜48mの宝塚まで16のピークを越えて行く、全55~56キロの行程。最高地点は海抜931mの六甲山。神戸市では毎年11月に2回大会があり、走る事厳禁で1日で縦走する(平均14~15時間)と認定証がもらえるんだとか・・・なんとも驚異的な大会です。そしてこれが各日2000名の枠らしいのですが、あっという間に定員になってしまうという非常に人気の大会なのだそうです。
▲<2013.1/13(日)>晴後曇り
 まだ暗い中、スタート地点の須磨浦公園駅前を出発。朝早くから、散歩の人などがあいさつをしてくれる。気持ちのよい市民の人達だ。公園の結構な急坂を登って行くと、すぐに体は熱くなり、厚手のジャケットを1枚脱いだ。睡眠不足も何のその、今日もくろすけは快調で~す。展望が開け海岸線の街の灯りがまだきれいに見える。西側には明石大橋がかすかに見えた。

・出発6:20        ・夜明け前の神戸方面の海岸線6:41  
P1130002_convert_20130120091629.jpg P1130005_convert_20130121005623.jpg
・展望台6:52  ・鉢伏山246m6:54 ・旗振山253m7:00
P1130012_convert_20130120101225.jpg P1130014_convert_20130120101400.jpg P1130018_convert_20130120101536.jpg
・まだ日が登らない7:01
P1130020_convert_20130120102454.jpg
7:13登山道の右側の木々の間から真っ赤な太陽が顔をのぞかせた
        ・鉄拐山234m7:14 ・ウバメガシの登山道 
P1130025_convert_20130120103100.jpg P1130029_convert_20130120103452.jpg P1130033_convert_20130120103715.jpg
・いい感じに太陽が登って来る7:24
P1130042_convert_20130120104853.jpg
・おらが茶屋7:25  ・高倉山7:27 ・栂尾山が見える
P1130045_convert_20130120105504.jpg P1130049_convert_20130120105721.jpg P1130050_convert_20130120110710.jpg
高倉山より、延々と続く階段を下り、橋を渡り、少し進むと400段の石段が待っていた・・・これはこのコースのほんの序章にしかすぎません。
・400段の石段を登る7:43 ・栂尾山274m7:56
P1130053_convert_20130120105918.jpg P1130056_convert_20130120111624.jpg
春霞のように景色はぼぉ~っとしていますが、早朝の山と海の展望は実に清々しくて気持ちいい。
P1130058_convert_20130120113116.jpg
・上写真右側アップ、明石大橋がぼんやり見える
P1130059_convert_20130120112243.jpg
・花崗岩の登山道  ・横尾山312m8:16 ・鎖場8:18
P1130061_convert_20130120114112.jpg P1130065_convert_20130120114324.jpg P1130066_convert_20130120114508.jpg
・高取山(左)と東山
P1130069_convert_20130120115400.jpg
山の先に林立する高層ビルが、ぼぉ~っと霞んで、まるで幻の都市のようです(上写真右の山の先のアップです)
P1130071_convert_20130122184629.jpg
今回、楽しみにしていた場所だ。天気がよくて良かった~。
・馬の背と呼ばれる須磨アルプス①
P1130080_convert_20130120115505.jpg
・須磨アルプス②8:31・・・大好きです。こういう所
P1130083_convert_20130120115651.jpg
住宅街を抜ける時、ちょっと道迷いし時間をロスする。(地元の人に道順を聞いたのだが裏目に出た)
・東山8:43・住宅街を抜け、阪神高速を乗り越え、地下鉄西神線のガードをくぐる9:20
P1130089_convert_20130120130242.jpg P1130092_convert_20130120130425.jpg P1130093_convert_20130120130604.jpg
・妙法寺9:26 ・妙法寺小学校前交差点
P1130096_convert_20130120135105.jpg P1130099_convert_20130120135237.jpg
高取山へもまたまた結構な勾配の急坂だ。途中からの展望9:52
P1130100_convert_20130120130951.jpg
高取神社はいろいろな像や、いくつもの建物・石碑があるらしいがのんびり見ている時間は取れなかった。
     ・高取山神社10:13  ・高取山320m10:23
P1130101_convert_20130120140512.jpg P1130104_convert_20130120140300.jpg P1130112_convert_20130120134639.jpg
丸山の市街地を抜け、鵯越駅を通り過ぎた所に広場があり、そこのベンチで簡単に昼食を取る11:30。
・鷹取橋東詰交差点10:57・気持ちのよい樹林帯11:49・きれいな川11:59
P1130117_convert_20130120141630.jpg P1130119_convert_20130120141803.jpg P1130123_convert_20130120141930.jpg
右:菊水山への900mの登りの階段が今回の行程中で一番きつかった。時間にしてみると30分ほどなのだが、いやぁ~、地獄の階段のようにきつかった~
    ・左側にダム12:20 ・菊水山への取りつき12:31
P1130129_convert_20130120142057.jpg P1130131_convert_20130120142514.jpg P1130132_convert_20130120143616.jpg
菊水山は展望台もあり、少しはのんびりもしたいが時間がない。天王吊橋の下には有馬街道が走っている。
・菊水山459m13:01 ・ため池? ・天王吊橋13:33
P1130136_convert_20130120143407.jpg P1130144_convert_20130120143855.jpg P1130146_convert_20130120144040.jpg
鍋蓋山も九十九折れのなかなかの急坂でした。山頂は平で、広場からは神戸港の全容が見える。
・鍋蓋山の取りつき13:36 ・鍋蓋山487m14:05
P1130150_convert_20130120145818.jpg P1130153_convert_20130120150144.jpg
鍋蓋山まではほとんど一人で歩いていましたが、その少し先からは新Hの仲間と歩くようにしました。市ケ原では、キャンプを楽しんでいる人達がいました。
・大龍寺14:37  ・市ヶ原14:48
P1130160_convert_20130120150709.jpg P1130162_convert_20130120150901.jpg P1130163_convert_20130120151108.jpg
途中トイレ休憩し、道順を確認しながら摩耶山へのルート天狗道を行く。ふぅ~、ここも中々の変化に富んだ登りです。上り詰めると広い所に出、道路の右を少し登った所が摩耶山頂でした。やった~、本日の最終地。でもまだ半分で~す。掬星台の展望台には上がる時間が取れず、超残念!(函館・長崎と併せて日本3大夜景地)
・摩耶山へのゴロゴロ坂16:35・麻耶山頂702m16:59・掬星台17:06
P1130169_convert_20130120151255.jpg P1130175_convert_20130120151532.jpg P1130176_convert_20130120154109.jpg
 掬星台より、薄暗くなった車道を2.3キロ下り今日宿泊の「自然の家」へ17:40着。ふぅ~、1日約11時間(休憩含む)良く歩いたもんだ。出掛ける前に少しは情報を得ていたが、思ってた以上のハードさでした。低山のアップダウンの連続と、繋ぎの街中のコンクリートの急坂も結構堪えるものでした。ほんとによく頑張りました。(後で知った事ですが、途中何ヵ所かの駅でリタイアした方も結構いたようです)
受付を済ませ、各自自由に部屋へ(本日は新Hだけなので貸切状態とのこと)。くろすけは、2階の201号室(2段ベッド×8人分と窓側の畳部分)の畳にした。夕食は6時から、5人と6人ずつのテーブルに分けられ、すき焼き(豚肉とうどん)を頂いた。夕食後、入浴。調度空いている時間だったので、ゆっくり入る事が出来た。明日の天気は低気圧が日本列島を縦断し、この地域も大荒れになるらしい・・・食事後、リーダーが明日天気が悪くても山に行きたい人は、挙手して下さいとのことで、くろすけは何の躊躇もなく手を挙げたのだが・・・山へ行く人は朝5時までに玄関に集合との事・・・夜8時30分過ぎ就寝。

▲<2012.1/14(月祝)>雨のち雪のち曇り
 早朝4時、山に向かう人達は起きて準備をしていた。くろすけは、と言うと実につまんない理由で行かない事にしていた。恥ずかしくてここにはのせられません。(参考までに体力の余力は十分ありました)。あとから聞いた話では、山に行った人達は12人(男7人、女5人)。スタート時は雨だったが直ぐに雪に変わり、六甲の山頂では積雪が3センチ位で、真白な登山道を踏みしめながら、気持ちのよい山歩きが出来たとのこと。時間は予定通りの6時間30分で下りて来れたとのこと・・・くろすけ、ほんとにおバカでした・・・行けばよかったぁ~、ちょっぴり悔し~い!
P1140184_convert_20130120194754.jpg P1140185_convert_20130120193712.jpg P1140187_convert_20130120192811.jpg
 さて、山に行かない下界組はというと、これまた予想だにもしない事態に遭遇するはめになりました。朝8時少し前から雨が雪に変わり、あっという間に真白な世界になってしまった。9:30自然の家を出発し、9:45バスで六甲山に向かう・・・が、車道は、風雪で折れた大枝が落ちていたり、雪の重みでしな垂れた木々が道路を塞いでいたりと、大型バスが進むのには大変な事に・・・運転手の助手やツアーの有志がバスの前に先回りして木々の雪を払ったり、大枝を除去したりして、何とか六甲オルゴールミュウジアムの所まで来たのですが、そこから先は大型バスは通行止めとかで、Uタウンする事に11:08。そこからも積雪のための除去作業をしながら、神戸市立植物園でやっとチェーンをはずす13:20。山組が下山した宝塚に着き、山組の人達を乗せ、出発した時間が何と14:46。(山組の人達を3時間以上も待たせた事になる。)バスの給油やトイレ休憩などとりながらその後順調に進んだのだが・・・。
・刈谷SAでの夕焼け17:05
P1140191_convert_20130120174210.jpg
P1140193_convert_20130120174337.jpg
 大井松田付近21:40で、これから先50~60キロの渋滞、首都高速も積雪のため封鎖とのことで、新松田から小田急線の電車を利用して帰る方法の案内があり、ほとんどの人はバスを降りた。新松田の駅22:01発の電車に間がよく乗れ、新宿には23:20着。そこからの乗り継ぎの電車も運転している事がわかり、特別待つ事もなく、自宅には深夜の1時頃何とか着く事ができた。ふぅ~、今回は山より大変なバス旅でした。


「六甲全山縦走」・・・はからずも、くろすけのおばかな理由で達成できなくて実に残念です。是非、残りの半分をルミナリエの時期にでも合わせてやり遂げたいものです。・・・そして「加藤文太郎氏」、朝に和田岬を出発し、須磨から宝塚までの全山縦走後さらに和田岬まで歩いて帰るという全100キロの行程を1日で踏破していたという・・・超人なる脚力にあらためてもの凄い人だと思いました。くろすけなんか、とてもとても足元にもおよびませ~ん。

P1130110_convert_20130121005109.jpg P1130138_convert_20130121005328.jpg P1140180_convert_20130120192550.jpg


スポンサーサイト
タグ :

珍種・新種!

 2013-01-05
<2013.1/5(土)>晴のち曇り

 ジャ~ン!・・・そのⅠ
巨大ゆずの「ししゆず(獅子柚子)」で~す。勤務先のKさんから昨年末に頂いた直径約20㎝もあるゆずです。こんな大きなゆずは初めて見ました。

ししゆず・・・確かに獅子のようにゴツイ  右:花ゆず
IMG_2472_convert_20130105175356.jpg

調べてみると、中国が原産でわが国には奈良時代に渡ってきたものらしい。
「正月のお飾りにした後、ジャムにしたら」・・・との事で、今日早速教わった通りやってみた。

①ししゆずを8等分にカットし、ザクザクと綿も実もつけたままさらに5㎜位の厚さにスライスする。
種はほとんど入ってないのだが、あったら取り除く。荒くカットしても仕上がりがコンポート上になるので問題なし。
※綿にはジャム状にするためのペクチンがたっぷり含まれてます

②水を入れた鍋に入れ、沸騰させ1回煮こぼし、ザルにあける。(苦味が好きな人は不要)
③鍋に戻し、水・砂糖・水飴で煮詰める。(約30分位でジャム状になる)

 くろすけは、今回仕上げに残りもんの蜂蜜と花ゆずと普通のゆずもあったので搾り汁をいれ、味と香り付けをアップさせました。もちろん適当に味見しながら入れました。それぞれの分量は長年の主婦の感覚を生かし?適当なので何グラムとか書けません。ししゆずは見かけと違ってあっという間に柔らかくジャム状になります。ししゆず2個でタッパー2つ分できました。ししゆずがどんな味なのか、ジャムにする前にちょっと食べてみましたが、酸味は「ちょっと酸っぱいかなぁ」程度で、甘味はほとんどありませんでした。
IMG_2541_convert_20130105175644.jpg
 ネット上で調べるともっと丁寧に作ってるものもありますが、頂いた人に教わったこの超簡単なやり方でも十分に美味しくできます。料理は手間をかけて美味しく作るものもありますが、日常では簡単、美味しいが一番の・・・くろすけで~す

ジャッ、ジャジャ~ン!・・・そのⅡ
 さて? はて?・・・これは一体何でしょう?
巻貝、サンゴ、ウ~ン、お釈迦様の頭、 
   いやぁ~、爬虫類の背中・・・???
IMG_2523_convert_20130105001515.jpg
なんと~、これはイタリア生まれのブロッコリーとカリフラワーをかけ合わせてできた新種の野菜。その名も「ロマネスコ」、洒落た名前ではありませんか。一目見た瞬間、「美しい!」「なんとアーティスティックな・・」と店先で足が止まり目が釘づけになりました。そして、一株398円で購入。

★★ロマネスコ
・らせん状に花蕾群が配列され円錐の形に、まるでコンピューターで作ったかのような驚愕の野菜だ
IMG_2521_convert_20130105002440.jpg
よ~く見れば見る程その造形にすっかり感心してしまいます。調べてみるとこういうのをフラクタル形状(幾何学の概念で、図形の部分と全体が自己相似になっているものをいう)と呼ぶらしい。ふぅ~ん・・・すぐに忘れてしまいそうな表現だぁ~。
 
 新鮮なうちに頂きましょうと、包丁を入れる事にしたが、ブロッコリーやカリフラワーのように小房に分けられない事が判明、思い切って半分に包丁を入れて見た。
じゃ~ん、面白~い!漫画チックなツリー(樹木)が飛び出して来たぞ!

・なんか今にもひょこヒョコ歩きだしそうな
  かわいいツリー達が生まれた
・・・
IMG_2533_convert_20130105002916.jpg
 ツリー達の意思が生まれないうちに・・・と、我が夕げの食卓のサラダのプラスαになりました。普通にゆでてマヨネーズと酢味噌の両方で頂きましたがクセもなく大変美味でした。ごちっ!
 ※栄養的には、ビタミン類が豊富で特にビタミンCや鉄分、食物繊維が多いとのこと。

「ししゆず」と「ロマネスコ」、我が家に登場した珍種と新種。特に「ロマネスコ」は、「野菜に感動!」という、くろすけ前代未聞の新しい発見を味わわせてくれた驚愕の野菜となった。
 果実・野菜・花・・・・そしてあらゆる植物の形状に思いを巡らせているとまるで知的生命が宿っているようにさえ思えてくる。いか様にしてその形状にたどりついたのか・・・想像と妄想のなかでくろすけは、地球の誕生にまで思いを馳せてしまう・・・その妙なる生体とその不可思議とロマン・・・あぁ~あ、くろすけ退屈しませ~ん・・・。(笑)


タグ :

富士山とスカイツリー

 2013-01-04
<2013.1/4(金)>晴
 我が家の2階からも勤務先の屋上からも富士山とスカイツリーは見えるのだが、今までそれぞれを並べて写真を撮った事はなかった。距離的に無理だろうと思っていたからなのだが、職場の人が「並べて入るんじゃないの・・」とのことで、早速試してみる事に・・・。今日は空気がきりりと冷たく、良いお天気なのできっと富士山もきれいに見えるはず・・・と、屋上に上がって見ると・・・見えました~真白な富士山・・・そして並べて入るかとカメラを向けて見ると、何と~ぴったりカメラの枠に収まるではないか・・・やった~!パシャリ

・勤務先の屋上から8:25(一番右端の針のようなのがスカイツリーです)
 (さらにお天気がいいと南アルプスの一部や日光連山も見える。)
P1040191_convert_20130104205420.jpg
 そして、今度は仕事から帰って来てから、真っ暗になる前に我が家でも試してみようとあわてて2階に上がりカメラを向けてみると・・・なんと~、我が家からも、枠内にバッチリジャストサイズでおさまるではありませんか・・・ヤッタ~!パシャリ・・・富士山に雲がかかってしまって絵的にはちょっと残念ですが・・・

・我が家の2階から17:08、夕景のシルエット富士と光の点滅したスカイツリーです。(針穴のようですが肉眼ではもう少し大きく見えます。)
 (右端のスカイツリーの下の四角に光っているのはホームセンターの看板の照明です)
P1040201_convert_20130104205700.jpg
※写っている建物(家々)が同じように見えますが、勤務先と我が家は方向が違うので、全く別の建物です。

なんともどうでもいい下らないと言えば下らない事なのですが、なんかちょっとした発見のようで嬉しかったくろすけでした。
そして日本一の富士山を朝な夕なに見られる環境の山んばのくろすけはとってもHAPPYでありま~す。

※追記 くろすけのコンデジはパノラマが撮れるようになっているのですが、なんだかいつも面倒そうなので使った事はありません。広角レンズだったらなんて事はないことなんでしょう・・・ね。
 器機類に超弱いくろすけなので、
  ・・・喜びの次元が低くて・・・はじゅかし~い!



タグ :

2013年スタート!

 2013-01-01
新年おめでとうございます
<2013.1/1(祝火)>晴
 娘のリクエストで千葉・美浜の防波堤から初日の出を家族で見て来ました。(道路がすいていたので車で約15分、徒歩5分のところ)朝寝坊し出掛けるのが少し遅れてしまったのですが、下の方に雲が多かったので充分間に合いました。反対側の東京湾に浮かぶ富士山も日が当たると少し赤く焼け、静かで平和な一年のスタートと相なりました。今日は暖かく、風もないので海もなぎの状態です。防波堤には若者のグループやカップルなど10人位の人達がいました。
・千葉マリンスタジアム上の朝焼け  ・ほんのり赤く染まって
IMG_2479_convert_20130101131241.jpg IMG_2504_convert_20130101132327.jpg
・御来光(千葉・美浜の防波堤より)
IMG_2501_convert_20130101131621.jpg

 我が家恒例となった夫が手掛けた玄関のお正月の生け花です。ちなみに夫は生け花を習った経験はありません。お花を教えていたという母親の影響はあるかもしれませんが、全くの自己流です。(梅と菊の花だけは買い、他は知り合いの方の山で頂いてきたもので~す。)くろすけは、夫の名前から一文字とって「雅流」と勝手に呼んでます。滅茶苦茶にしか見えませんが、夫の威厳を保つために、中々いいじゃなぁ~い
・・・と夫婦の平和を保つことに努めるくろすけであります。
 新年を祝して・・・投げ入れ(雅流
IMG_2510_convert_20130101170537.jpg

 今年もくろすけは相変わらず山んばな1年になると思いますが、健康第一で一日一日を大事にしながら過ごしていきたいと思います。
 ブログは、多忙とパソコンの調子の悪い事で、昨年の10月~11月分(白雲山・涸沢~北穂岳・篭岩~龍神吊り橋など)の更新が追い付かず、年が明けてしまいましたが、何とか頑張って1月中にはアップする予定ですので、気にしていてくれる方は、(すべて過去登録のため)月別アーカイブのところで検索して下さい。
 
 さぁ~、巳年の今年、ヘビーなくろすけの人生には何が待っているのかなぁ~・・・

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫