霞沢岳(上高地) その②

 2013-09-24
▲2013.9/19(木)快晴 単独
<徳本峠小屋4:20…5:20ジャンクションピーク5:36…6:08小さな池…8:06K18:20…K2…8:55霞沢岳9:30…(往路を戻る)…12:19ジャンクションピーク…12:56分岐…13:00分岐…最初の水場(30分休憩)…14:35分岐…14:40明神…15:40上高地BT>
       ※道草撮影が多いので時間は参考になりません。

 相変わらずウトウト程度しか眠れないでいると、すでに3時半前にはもう出発して行った人達がいた。その後4時過ぎにもう一組。くろすけも、昨日山から下りて来た人達にジャンクションピークでご来光が見られると聞いていたので、それに合わせて出発する事にしていた。軽く朝食(パン・味噌汁・コーヒー)を済ませ、4:20出発。(※小屋の朝食は6時~)まだ真っ暗なので、ヘッドランプをつけて、ゆっくりゆっくり登って行く。昨日展望台から少し進んだ所の上高地からの道との合流地点まで歩いてみていたのだが、そこから先はジャンクションピークまでの高度差300mのジグザグの登り坂が始まった。途中で1組(ご夫婦)追い抜く。5時を過ぎるとヘッドランプなしでも歩けるようになり、真っ暗闇から解放されホッとする。傾斜が緩み平坦地を進むと針葉樹におおわれたジャンクションピーク2428mに出た(5:20)
P9180073_convert_20130924015944.jpg P9190082_convert_20130923094205.jpg
東側だけが開けていて、八ヶ岳、南アルプス方面との事だが、はっきり確認できない。今朝は山の早朝にしては暖かい方だったので、きりっとした大気の冷え込みがあれば見えるのかもしれない。ミルクティーを飲みながらご来光を待つ。5:30真っ赤な太陽が山の頂より顔を出し、地球の朝が始まった。ちょと大袈裟かな
後から来たご夫婦も何とか間に合ってよかったと喜んでいた。
今日の無事故を祈り、あらためてスタート!
P9190084+(2)_convert_20130923094305.jpg
緩やかな斜面を下りながら10分程すると、南面からは乗鞍岳、その左側には御岳山が見えた(5:49)。天気はいいし、展望もきくしルンルンで歩を進める。おやぁ、何だか白っぽく見えるものが先にあるぞ~。残雪?…まさか?…窪地に近づくとそれは小さな池でした(6:08)。たぶん朝の光線の加減で残雪の様に見えたのでしょう。徳本峠からここまでで約半分の行程です。
P9190095_convert_20130923094438.jpg P9190096_convert_20130923094519.jpg
池の片隅には真っ赤に熟したハリブキの実が一際目立っていた。
・ハリブキ
 葉がフキに似て大きく、幹にも葉柄、葉脈にも刺がある。
 全身で他者を拒否しているのに、この強烈な真っ赤な実、自己顕示欲の強いお方だ。
P9190191+(2)_convert_20130924014715.jpg
ここから急峻な小突起、続いて緩やかな起伏と二つの小ピークを越えて、霞沢側にガレがなぎ落ちる小鞍部に6:48着。この手前で昨日出会った若者二人(学生風)にまたもや追い抜かれた。さわやかな若者達だった。あ~ぁ、あの足が欲し~い!
P9190098_convert_20130923094607.jpg P9190104_convert_20130923100633.jpg
再び登り始めてお花畑(あざみとトリカブトの花が少しだけ咲き残っていた)の山肌をトラバースし、わずかに急登する。北側には穂高連峰が見えだす
P9190107_convert_20130923100933.jpg P9190112_convert_20130923101042.jpg
正面には左から霞沢岳~K2ピーク~K1ピークの急峻にせりあがった山容が大迫力で迫って来た。(7:17)ワクワク!
P9190114_convert_20130923101157.jpg
潅木帯の斜面越しからみる穂高連峰。ナナカマドの葉っぱがほんの少し色づき始めていた。
P9190116_convert_20130923101336.jpg
これからいよいよ本コース中の核心ともいうべきK1ピークへの登りに掛かる。右手がスッパリと切れ落ちたガレ場のトラバース(7:35)に続いて、主稜線上に向かって伸びる急峻な溝状(7:45)を、時々ロープに助けられながら穂高を背に登って行く。ヒェ~きっつ~い!
睡眠不足がやっぱきいている。時々休みながら、ゆっくりゆっくり登って行く。頭の上から声がして朝一番で出た3人組の人達が見えた。
P9190125+(2)_convert_20130923101658.jpg P9190127+(2)_convert_20130923101747.jpg
森林限界を超え、笹の斜面を登りきると、そこがK1ピークだった(8:06着)。ふぅ~、取りあえず、第一関門突破!
見事なまでの360度の大パノラマが広がっている。
雲一つない快晴、そして無風。(K1が一番展望が良いとガイドブックには書いてある)

P9190131_convert_20130923105934.jpg
♦左:笠ヶ岳~抜戸岳、そして穂高連峰
P9190177_convert_20130923102039.jpg
♦穂高連峰のアップ(西穂高~天狗岩~ジャンダルム~奥穂高~吊尾根~前穂高)
P9190140+(2)_convert_20130923105442.jpg
笠ケ岳から左にターンして
♦焼岳と後方にちょっと薄いですが白山
肉眼でははっきり見えてるんですが、やっぱりカメラの性能が今一。)
P9190134+(2)_convert_20130924003452.jpg
そして焼岳の左方向に、これから向かうK2ピーク(手前の丸い山)
一番左薄い山が御嶽山、その右が霞沢岳、
P9190138+(2)_convert_20130923103219.jpg
展望を楽しんでる間に単独の男性が2人やって来ました。ここから霞沢岳までは、30分という事ですが、も少しかかりそうな気がするのでここいらでK2ピークに向けて出発。ハイマツと岩稜地帯を大きく下り登り返すと以外にも早くK2ピークだった(8:20)。んっ、表示がない!…ので、写真はK2からK1方面を振り返った所をパチリ
(一番右の三角い山がK1ピーク)
 前穂高から右の連なりが常念山脈  
P9190143+(2)_convert_20130924003057.jpg
♦K1ピークをさらにアップで(2人の人が休んでいる)
P9190144_convert_20130923104204.jpg
K2ピークより、霞沢岳へのうねるようなハイマツの緑の稜線を、展望を楽しみながら行く。時々コケモモやシラタマノキなどが登場。
P9190145+(2)_convert_20130924112117.jpg
尾根筋から東斜面のお花畑(ハクサンフウロやウサギギクの咲き残りが少々)を抜け、短く急登すると、本日の目的地霞沢岳山頂2646mだった(8:55着)
 やった~!  中部山岳の名だたる峰々が四方八方から目に飛び込んでくる。素晴らしい大パノラマだ。
それぞれの嶺の思い出が今走馬灯のように甦えってくる
・・・暫し、至福の時を過ごす。
P9190159+(2)_convert_20130923104739.jpg
♦笠ヶ岳
P9190154_convert_20130923102633.jpg
♦焼岳(活火山の荒々しい山肌が・・・)
P9190152+(2)_convert_20130924004235.jpg
♦白山
P9190153+(2)_convert_20130924005022.jpg
♦左:御嶽山と中央:乗鞍岳
P9190151+(2)_convert_20130924004706.jpg
♦八ヶ岳
P9190161+(2)_convert_20130923110653.jpg
♦南アルプス
 甲斐駒ヶ岳の左側にちょっとだけ富士山も確認できた。
 嬉し~い!(左側の山の後ろうすい影のような台形)
P9190162+(2)_convert_20130923110318.jpg
ティーブレイクしながらのんびり堪能していたいところだが、バスの時間があるのでもう行かなければいけない。山頂で30分ほど休憩後、(9:30)往路をまたしっかりとこの展望を楽しみながら戻る。
♦K2ピークより、K1ピーク方面を眺める。
吊尾根~前穂高の右側には、常念岳~蝶ケ岳~大滝山への連なりが
P9190173_convert_20130924011552.jpg
♦K1より足下に上高地の帝国ホテルの赤い屋根が見える。
P9190178+(2)_convert_20130924010820.jpg
K1ピークで、昨日展望台で一緒になったご夫婦と出会い、下って行く途中では小屋でお隣になった二人連れの女性達とすれ違った。
ガレ場など慎重に下りながら、咲き残りの花などもカメラにおさめ
帰りの時間を気にしながらも見残しがないよう注意しながら下山する。
♦何度も足を止めて見てしまう・・・。
P9190180+(2)_convert_20130924011835.jpg
小鞍部を過ぎた緩やかな起伏の所でランチ(11:10~11:25)、小さな池を11:40、ジャンクションピークには12:19着。早朝真っ暗でわからなかった針葉樹林帯を、こんな風景だったのかと確認しながらジグザグに下って行く。疲れているせいなのか帰りの方が距離が長く感じられた。(実際には帰りの方が短時間でずっと早く歩けている)小屋手前の分岐に12:56、次の分岐に13:00と予定通りに下りてこれた。
P9190195_convert_20130924015232.jpg P9180062_convert_20130924015433.jpg
ここから上高地バスターミナルまでは約2時間30分。バスは16:15出発でまだ時間的にゆとりがあるので、第1ベンチの水場で休憩する事に。最近毎度の事だが、睡眠不足が祟り、ボディブローのように徐々に効いてきて、身体が重くなって、足はオーバーヒート気味。急遽思いついて、ほてった足を素足になって流れる水で冷やした。超冷たくって気持ちがいい~!余りにも冷たくって長く水につけてられないので、何度か出たり入ったりして、冷やし大根2本完成!もう登山靴ははきたくなかったが、足を冷やした効果はバッチリで、足元壮快!・・・30分程の休憩でいざ出発。足取りが急に軽くなった。途中また、色々道草をしながら河童橋には15:40着。相変わらず、人の多い所だ。穂高の峰を梓川の畔からも一度眺め、バスターミナルに向かう。高速バス(さわやか信州号)は、順調に走り、新宿に20:30頃着。電車を乗り継ぎ、自宅には22時少し前無事ご帰還となる。家族のみんな、2日間ありがとう。そして縁したすべてに感謝!

<出会った花・実(一部)>
・〇〇あざみ      ・マユミ   ・オヤマリンドウ
P9190108+(2)_convert_20130924013409.jpg P9190110+(2)_convert_20130924013514.jpg P9190168+(2)_convert_20130924013604.jpg
・シラタマノキ   ・気の早い紅葉  ・サラシナショウマ
P9190171+(2)_convert_20130924013643.jpg P9190188+(2)_convert_20130924014351.jpg P9190208+(2)_convert_20130924013849.jpg


 上高地の裏山、穂高連峰の隠れた展望台と言われている「霞沢岳」。久々に天候に恵まれ、満ち足りた山行となりました。当日霞沢岳の山頂を踏んだ人は行きと帰りで数えたら16人だったと思います。土日だったらもう少し多いのかもしれませんが、確かに穂高辺りと比べたらず~っと人は少ないです。紅葉の頃に、新島々からのクラッシックルートで徳本峠~霞沢岳と縦走したら、もっと充実感があるかも・・・。静かに大展望を楽しみたい人には、お薦めの山です。
スポンサーサイト
タグ :

霞沢岳(上高地) その①

 2013-09-21
 やっと恋人(山)に逢いに行けるぞ~・・・
台風一過後、好天が続きそうだ。行くんだったら去年行けなかった上高地の霞沢岳と決めていた。今年は雨に祟られる事が多かったので、天候を気にしながらギリギリまでバスの手配はせずにいた。この時期は紅葉前だし空いているだろうと思っていたのだがこれが大間違い。3日前の手配ではバスの夜行便は取れず、必死になって検索した結果やっとさわやか信州号の朝便が取れた。

▲2013.9/18(水)晴 単独
<新宿(バス:さわやか信州号)7:20―12:22上高地12:32…12:37河童橋12:45…13:20明神…13:26分岐…15:11徳本峠(徳本峠小屋泊)> ※道草が多いので時間は参考になりません。

 新宿7:20発のさわやか信州号(高速バス)に乗り、上高地へ。予定より20分ほど遅れ12:22着。夜行便が取れたなら、大正池~明神池までのんびり散策してから小屋に向かうはずだったのに、昼過ぎ到着ではそれができず残念。登山届を提出し、すぐに出発。バスターミナルから5分程して河童橋。平日なのに観光客が結構多い。1年振りの上高地昨年10月涸沢の紅葉~北穂高だが、台風の影響なのか去年より梓川の水量が多い気がする。

♦お決まりのアングルで・・・梓川・河童橋・穂高連峰
P9180015_convert_20130920232840.jpg
真冬はこんな感じ・・・より穂高連峰が魅力的に
 2011.2/19 ツアーで行った時に撮影 
P2190511_convert_20130921212859.jpg
つい穂高連峰ばかりに目がいってしまいがちですが、
♦河童橋から焼岳(2010.7単独登頂)を望む
P9180019_convert_20130920232930.jpg
焼岳は真冬に見るとその存在感がはっきりするような気がする 
P2190507_convert_20130921211952.jpg
よりアップで・・・真冬の貫録(焼岳)
P2190508_convert_20130921212725.jpg
記事を書きながら、ちょっと冬の景色も思い出したので対比で載せてみました。上高地は一般の方も観光で北アルプスの峰々を一望できる素晴らしい場所です。でも登山者は、もっと北アルプスの峻厳な美を求めてそれぞれの峰を目指すのであります。(まっ、山に登るのは人それぞれ目的や楽しみがあるでしょうが・・・)
今日も平日なのにたくさんの登山者がいます。台風一過で皆さん一気に動いたんでしょうかねぇ~・・・。
 
清水川の清水橋の上から
水草が日のひかりを浴び、怪しい緑の発光体生物にくろすけワールド
P9180022+(2)_convert_20130922030406.jpg
森林浴を楽しみながら歩いて行くと突然視界が開け、明神岳の峻険な姿が現れる。山の尖がりやギザギザを見ると妙に登高意欲の湧くくろすけ、こういう男っぽい山にはそそられるものがあります。
明神岳
P9180023_convert_20130920234226.jpg
道は再び森に入り、小さな池の畔を通り、ふと見ると・・・
♦明神館手前の池にて(池に映った味のある古木)
水鏡の世界・・・異次元ワールドへ誘われます(くろすけワールド
P9190217+(2)_convert_20130922041201.jpg
♦全体はこんなでとても神秘的な感じがしたんですが、感じたようには写ってくれません。残念!
P9190215+(2)_convert_20130922032544.jpg
池のすぐ先が明神館の建つ明神。13:20着
記念撮影をしたり、思い思いにくつろいでいる人達がたくさんいた。明神のすぐ先で白沢出合に掛かる橋を渡るとすぐに徳本峠への分岐。右に曲がり、白沢沿いの林道を行く。
またまた道草探検をしながら、何かないかなぁ・・・。
P9180034_convert_20130920224807.jpg P9180037_convert_20130920224846.jpg
苔むした巨樹にツタもからみついて・・・くろすけの大好きパターン
P9180039+(2)_convert_20130920231034.jpg
見っ~け!・・・森の小さな宝石
(ユキザサ?、実が同じように熟さないのが面白い!)
P9180041+(2)_convert_20130920230553.jpg
こちらのコース只今歩いているのはくろすけ一人。やっぱり穂高に向かう人の方が圧倒的に多いようです。分岐より平坦な林道20分程歩いて行くと枝沢に掛かる小さな木橋を渡る。2つ目の木橋を渡った後位から登山道もやや傾斜を増してくる。
P9180045_convert_20130920234319.jpg P9180046_convert_20130920225114.jpg
振り返ると明神岳の連なりや西穂までの稜線が見えている。
P9180050+(2)_convert_20130920225206.jpg
ジグザグの坂を時々景色を振り返りながらエッチラオッチラ登って行く。初めて峠から下りてくる人達にも出会った。小さな梯子を登り、少しすると最初の水場が登場。小さな滝のように勢いよく水が流れている。傍にはベンチもある。今回くろすけは、その少し先の「最後の水場」と言う所で、水をGETする事にした。ガイドブックには水が涸れてる事が多いと書いてあったが、台風の後なのできっと大丈夫だろうと思ったのだが、正解だった。こちらの方が流れが小さかったが充分水はGETできる。
P9180058_convert_20130920225321.jpg P9180060_convert_20130920225403.jpg
最後の水場を過ぎた辺りで、若い男性(学生風)の二人ずれにサクサクと追い抜かれた。テント泊のようで、大きなザックを背負って逞しい、若者はやっぱり脚が違うなぁ、羨ま~しい!霞沢岳へ直接登る分岐に15:05着。そこから6分程で今宵の宿泊地:徳本峠小屋のある徳本峠だった。15:11着
♦手前に写ってるのは旧小屋の一部。資料館や休憩所などで利用して保存していくのだとか。くろすけの泊まった方は隣の赤い屋根の方2010年リニューアルされた建物(定員30人)。内部は、1階が受付・食堂・厨房、2階が宿泊所で木の温もりが伝わる、こじんまりとしたなかなか感じの良い作りでした。受付を済ませ、2階の自分の場所に荷物を置いてから、ちょっただけ散策に。
P9180064_convert_20130920225451.jpg P9180076_convert_20130920225757.jpg
小屋の手前からも展望はきくのですが、歩いて1分だというので展望台にも行ってみる事に。今日は1日中晴てましたが、やはり夕方近くになると雲も大分湧いてきました。が、峰々ははっきりと。
展望台からの眺め
2010.8/31~9/2西穂高~ジャンダルム~奥穂高~前穂高縦走(単独)しましたが、その稜線がはっきりと。ジャンダルムで頭がいっぱいでロバの耳には登りはぐりました。いつかは登ってみたいな。
明日登る霞沢岳は、ここからは見えないので写っていないが、下記表示で一番左側にある山です。
P9180070+(2)_convert_20130920225922.jpg
♦小屋の外のガラス窓に貼ってあった山名表示。
P9180074+(2)_convert_20130920230006.jpg
写真一部アップ(左:天狗岩~)
機会があれば登りたいロバの耳は角の様に見える右側(ジャンダルムの右側)
P9180080+(2)_convert_20130922013101.jpg
♦左:小屋手前(峠の前)から見える西穂独標左側稜線上に小さな富士山のような山が、笠ヶ岳(2008.9単独登頂)
♦小屋の夕食は17:30。ハンバーグ・イカと里芋の煮っ転がし・茄子の煮びたしなど何れもとても美味しかった。食事中人数を数えたら宿泊者は23人だった。明日以降も何と満室らしい。
P9180078+(2)_convert_20130920230048.jpg P9180077_convert_20130920230126.jpg
 明日の天気もバッチリ!との事・・・嬉し~い!
隣り合わせた方と少しおしゃべりし、早くも19:30頃には休むが相変わらず寝つきは悪いし、何度も目が覚める。夜中星空を見に外に出たが、思ったほど冷え込みは無く、星は満月に照らされてるせいか、数が少なく見えた。 
 さぁ~、明日は「霞沢岳」本番だ!
  
                 ※その②へ続く
タグ :

台風一過

 2013-09-17
2013.9/17(火)晴
 
 昨日台風18号が我が地域をもかすめて行った。
夕方風はまだいくらか残っていたが、きれいな夕焼けの中に久し振りに富士山を見た。(我が家の2階から)

・中央に富士山 2013.9/16(月)18:02~
P9160005_convert_20130917165009.jpg
・右端に
P9160013_convert_20130917164728.jpg
・中央に・・・わっかりますかねぇ~。
美しい夕景全体を入れると富士山は小さくなっちゃいますが、実際はもっと大きく見えます。
P9160006_convert_20130917165505.jpg

 今回の台風18号は、くろすけの近隣では幸い被害をほとんど受けませんでしたが、深刻な被害を受けられた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。


<オマケ> くろすけの数少ないい傑作のひとつ
 Midnight swimmer 
   (泳げたい焼き君!)
 僕の尻尾がかじられちゃったよ~・・・2009.9/4 真夜中撮影
IMG_8068_convert_20130917161922.jpg
  (左側に目と口・・・それに鱗もある・・・でしょう?
 裏銀座縦走中2日目三俣山荘前から、真夜中の槍穂高連峰が見たくって、皆が寝静まってる真夜中そっと起きて外に出た。漆黒の闇に煌々と輝く満月、そしてその下に槍穂高連峰のシルエット・・・時々雲が現れては、様々に変化し流れ消えて行く。
眠りについた峰々の凛とした美しさに感動していると・・・
突如出没した雲・・・ありゃ、・・・尻尾のないたい焼きだ!
あっという間に形は崩れ・・・たい焼き君は闇に消えた・・・
つかの間の雲の演出に心躍った・・・。

参考までに槍穂高連峰が下に写っているのが、この証拠写真です。カメラの性能が悪いので辛うじてわかるて程度ですが・・・
パーフェクトたい焼き君が出没(形成される)する2~3秒前です。
IMG_8067.jpg

 帰宅後、家族に見てみて「真夜中に泳ぐたい焼き君を見た」と、写真を見せたが、「う~ん、言われればね・・・」と素っ気ない
・・・どうもくろすけは、想像力を超えて妄想力も素晴らしいらしい。このパーフェクトな?たい焼き君を撮った時、その下の槍穂高連峰も入れておけばもっと良かったのにと悔やまれます。そしていいカメラなら、もっとリアルにこの瞬間を撮れ、説得力もあったただろうにと思うのですが・・・。
2009年9月、くろすけの貴重な思い出の一コマでした。

やっと明日は恋人(山)に逢いに行けそうです。ワクワク!
タグ :

我が家からの夕景

 2013-09-13
2013.9/13(金)曇時々晴

空が好きです。
空の雲はもっと大好きです。

毎日一つとして同じことはありません。
刻一刻変化して、朝~昼~夜と様々な景色を楽しませてくれます。

穏やかに、時に荒々しく、
ファンタスティックだったり、ドラマチックだったり・・・

今日は我が家からの夕景をご覧いただきましょう。
(全部我が家の2階から撮ったものです。)

・2011.12/25 16:50~
IMG_7655_convert_20130913144903.jpg

IMG_7663_convert_20130913141929.jpg
・2012.8/29 18:43~
IMG_0726_convert_20130913140917.jpg

IMG_0729_convert_20130913140757.jpg
・2013.4/7 18:04~
IMG_3517_convert_20130913141251.jpg

IMG_3518_convert_20130913141148.jpg
・2013.9/3 17:43~
P9031050_convert_20130913144227.jpg

P9031052_convert_20130913144125.jpg
・2013.9/9 18:00~
P9091056_convert_20130913144351.jpg

P9091057_convert_20130913144444.jpg
今日という日を締めくくる様々な夕景、黄昏のシーンです。
ホ~ッと一息ついて、くろすけは夕食の準備を始めるのであります。

自然は偉大なアーチストです。壮大な空のキャンパスに描いてくれる「面白いや不思議・美しい」をこれからもじっと見つめて暮らしていきたいですね。


<オマケ>
最後は朝焼けの1枚。ご来光前の奥穂高山頂より2010.9/2
(この時山頂はくろすけたった一人、夜明けのセレモニーの感動に浸りました。)
IMG_4669_convert_20130913163447.jpg
             (左下の尖がりは槍ヶ岳です)

もうひと月以上恋人〈山〉に逢いに行っていません。
何となく気の抜けた生活です。
来週は、行けるといいなぁ・・・。
タグ :

キツネのカミソリ

 2013-09-01
2013.9/1(日)晴
 8/30~9/3まで 南アルプスの聖岳~光岳縦走予定だったが、超久々に体調を崩し中止した。過密な仕事のスケジュールと個人的な用事が多々重なり、過労と睡眠不足によるものと思われますが、夏風邪状態。鬼の霍乱で~す。芯が丈夫なので、3日も休んで(食事作りと洗濯のみ実施)ゴロゴロしていたら今日は見事に復活で~す。元気になるとやっぱり山(恋人)の事ばかり思ってしまうくろすけです。
 さて、今までの夏は山以外何してたんだろう・・・と、パソコン写真ファイルを開けていたら、キツネのカミソリのページが・・・遠くの山ばかりでなく、身近な里山や近隣の散歩・・・ 忘れてちゃぁいけませんね・・・

キツネのカミソリ ヒガンバナ科 2010.8/21撮影
 (ヒガンバナと同様に花が咲く時には葉がない:有毒植物)
IMG_4409+(2)_convert_20130901194958.jpg

IMG_4403+(2)_convert_20130901194851.jpg

IMG_4421_convert_20130901195321.jpg

IMG_4423_convert_20130901195446.jpg

IMG_4416+(2)_convert_20130901195611.jpg

IMG_4426_convert_20130901200329.jpg IMG_4427_convert_20130901200448.jpg
   コンデジで不鮮明ですが柏市あけぼの山農業公園とその付近で撮影

<名前の由来>
花の色が「キツネ色」で、帯状の細長い葉っぱをカミソリに見立てて付けられたと言われているのが、一般的だそうな・・・。なぜキツネと付くのか、キツネが生息するような場所に自生するのか、キツネが使いそうなイメージからなのか、それは憶測の域を出ない・・・との事


<P・S:お知らせ>
 くろすけの山行記事:蓮華温泉~白馬岳~清水岳~雪倉岳~朝日岳縦走①~⑤はアップ完了しています。相変わらず、くろすけは、過去登録で日付順にしてますので、悪しからず!m( _ _ )m
天気には恵まれませんでしたが、花に満ち溢れた山旅となりました。興味のある方は、是非覗いて見て下さい。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫