2013京都紅葉巡り(その①高雄~嵯峨野・嵐山エリア)

 2013-11-29
 くろすけ恒例京都紅葉巡り。何となく7年続けようなんて思っていて、今年はもう6年目の秋になる。バスの予約だけは早くに取っておいたものの、何だか今年はノリが今ひとつで、間際まで行こうか行くまいか揺れていた・・・が、天気は良さげだし、気分を一新する意味でもやっぱ行って来るかぁ~・・・。取りあえず場所は、紅葉が見ごろになっている所でいいやぁ~・・・と、最初の頃と比べると随分熱も入らなくなってしまって・・・

一日目
■2013.11/21(木)晴  一人旅
 前日、東京駅八重洲南口改札から鍛冶橋駐車場23:00出発の夜行高速バスにて京都駅八条口5:42着。
京都タワー側のバスターミナルに移動し、高雄へのバス待ちの間、駅前の進々堂のベンチでスコーンとコーヒーで簡単な朝食。
6:30にお店が開くので、お気に入りのロースハムと自家製ピクルスのサンドイッチ(昼食分)をGET。
 
 今日は、高雄から清滝川に沿って(錦雲渓)ハイキングし、嵯峨野・嵐山へと抜けるコースを選択。本当は、保津峡駅へと抜け、トロッコ列車に乗りたかったのだが、先日の台風の影響で保津峡駅だけがまだ乗降りができないとの事で、遠回りだが寄り道しながら嵐山からトロッコ列車に乗ろうと計画したのでありま~す。(高雄~清滝ハイキングコースは2度目、嵯峨野~嵐山までは3度目の再訪です。)

 JRバス「高雄・京北線」7:15発に乗り約50分、栂尾で下車(バス代500円)。10人位降りたかな。
北側のせいか何となく暗い雰囲気だが、陽が射せばさぞかし美しいモミジのトンネルだ。紅葉はきれいに色づいてる所まだこれからの所とMIXしている。
高山寺の裏参道(写真右側)より、石段を上がって行く。8:19
IMG_0012_convert_20131126135646.jpg

IMG_0015_convert_20131127195930.jpg IMG_0017+(2)_convert_20131127200147.jpg
高山寺の裏門(入山料500円) 8:26
 高山寺は日本で初めて茶が作られた場所として知られる。
IMG_0018+(2)_convert_20131126151442.jpg IMG_0035+(2)_convert_20131127200559.jpg
国宝:石水院(料金600円)       ・鳥獣人物戯画
IMG_0030_convert_20131126151034.jpg IMG_0024_convert_20131126144248.jpg
縁側からは、紅葉と雄大な山並みも見える
IMG_0025_convert_20131126151118.jpg IMG_0043+(3)_convert_20131127210111.jpg
表参道の杉林を下りて行く。
IMG_0046+(2)_convert_20131127201555.jpg IMG_0049_convert_20131126144329.jpg
周山街道を紅葉を楽しみながら行く。
・西明寺への入口、清滝川にかかる指月橋
IMG_0058_convert_20131126151941.jpg IMG_0059_convert_20131126153852.jpg
西明寺の表門、これより境内(料金500円) 9:15
IMG_0063_convert_20131126152055.jpg IMG_0066_convert_20131126152216.jpg
真っ赤なモミジは終盤のようですでにたくさんの葉を落としていた
PB210001_convert_20131126153334.jpg PB210005_convert_20131126152726.jpg
右は薄暗いが鐘突堂。
IMG_0074_convert_20131127211235.jpg IMG_0088+(2)_convert_20131127211330.jpg
土産物屋が並ぶ高雄橋の手前辺りから観光客がぐんと増え始める
IMG_0094_convert_20131126154419.jpg IMG_0097_convert_20131126154542.jpg
神護寺への参道を登って行く。
青空をバックに朝の光を透してモミジ達がひときわ美しい。
IMG_0098+(2)_convert_20131126163804.jpg IMG_0105+(2)_convert_20131126160326.jpg
・熟年夫婦がいい感じ・・・旅行会社のCMに使えそうなシーンだ。
IMG_0107+(2)_convert_20131126160808.jpg
 燃ゆる・・・ 
IMG_0114_convert_20131126160853.jpg
神護寺への石段を登る。前に来た時は、石段から見上げるモミジはほとんど散り掛けていたが、今回はまだ緑色が多い。(料金500円) 10:07
IMG_0118+(2)_convert_20131127223232.jpg IMG_0169_convert_20131126163453.jpg
これより神護寺の境内にて
 燃ゆる・・・
IMG_0123_convert_20131126161000.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0125+(2)_convert_20131126161216.jpg IMG_0127+(2)_convert_20131126161253.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0131_convert_20131126162452.jpg
・ソレ~~ッ!苦しみ・災い飛んで行け~~・・・。
神護寺境内の一番奥、地蔵院前の展望広場から錦雲渓に向かって投げる「かわらけ投げ」。(素焼きの皿「厄除けかわらけ」2枚100円)
IMG_0151_convert_20131126163024.jpg PB210017_convert_20131129010209.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0156_convert_20131126162651.jpg
 燃ゆる・・・
PB210021_convert_20131129011129.jpg
 燃ゆる・・・
PB210024_convert_20131129010751.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0159_convert_20131127213929.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0161+(2)_convert_20131127221312.jpg
神護寺より下山し、清滝川(錦雲渓)に沿ってハイキングスタート
・料亭へと渡るもみじ橋とやらが情緒があってとてもいい。
(この橋は渡りません)
IMG_0181_convert_20131127233625.jpg IMG_0182_convert_20131127233728.jpg
ポッカポカの今日はハイキング日和。清滝川を右に見ながら進んで行くが、所々に台風の残骸らしきものが見え隠れする。旧ダムのようなこの場所は、神護寺の展望広場からも遙か下の方に微かに見えた所だ。前来た時は此処のモミジはも少し赤かったような・・・
IMG_0185_convert_20131129170125.jpg IMG_0187_convert_20131127233957.jpg
杉木立越しに・・・
IMG_0190+(2)_convert_20131128005056.jpg
・北山杉
IMG_0192_convert_20131127234103.jpg IMG_0194_convert_20131127234604.jpg
コンクリ橋を渡り、今度は川を左に見ながら・・・清らかな流れは、心身の悪いものを浄化してくれるようで何だか気持ちがいい
IMG_0199_convert_20131127234840.jpg IMG_0204_convert_20131127235001.jpg
・愛宕山登山道入口         ・金鈴橋 12:09
IMG_0209_convert_20131127235129.jpg IMG_0215_convert_20131129164743.jpg
・金鈴橋より上流(左)と下流(右)            
IMG_0211_convert_20131127235506.jpg IMG_0210_convert_20131127235201.jpg
・蛍マーク発見!(渡猿橋
 夏にはきっと蛍が乱舞し、その光りが異次元界へと誘ってくれる事でしょう・・・
IMG_0217+(2)_convert_20131128000211.jpg IMG_0221+(2)_convert_20131128000404.jpg
また橋を渡る。
IMG_0229_convert_20131129203222.jpg
色鮮やかさには欠けるが、静かな秋色の風景が広がっている。
IMG_0234_convert_20131128001231.jpg
落合橋はこれでしょうか?まだ台風の残骸が・・・
IMG_0247_convert_20131129210738.jpg
清滝川から離れ車道を歩くが六丁峠まではずっと登りで大汗をかく
・保津峡にかかる橋が見える        ・六丁峠 13:07
PB210027+(2)_convert_20131129014923.jpg IMG_0252+(2)_convert_20131128003259.jpg
六丁峠より下りとなり、8分ほどで鳥居本13:15到着。去年来た時は、平野屋さんの屋根にかかるモミジはすっかり落ちてしまっていたが、今年はドンピシャ!調度見頃だ。
IMG_0266+(2)_convert_20131128010327.jpg
・モミジの重なり、表情が少しずつ違う・・・
IMG_0267_convert_20131130163503.jpg IMG_0268+(2)_convert_20131130163624.jpg
苔むした藁ぶき屋根にモミジのグラデーション
・・・日本の郷愁に駆られる美がここにある。(余りにも定番すぎて )
IMG_0328_convert_20131128011851.jpg
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)料金300円
仁王門を入り坂道に沿って進むと様々な石仏(羅漢像)が出迎えてくれる。全部で千二百躰あるそうだ。ユニークなものやらユーモラスなものなど一つ一つみんな違っていて面白い。一般の人によって彫られたものだそうな。
IMG_0272+(2)_convert_20131128014625.jpg IMG_0275+(2)_convert_20131128014752.jpg
・面白羅漢がいろいろ・・・
IMG_0274_convert_20131130194103.jpg

IMG_0282_convert_20131201203230.jpg IMG_0306+(2)_convert_20131201203337.jpg
「ふれ愛観音堂」歴史的に初めて、目の不自由な人達に、仏との縁を結んでもらうために生まれた観音様が祭られているんだとか。
心の目と手で触れる事で、心身の痛みを癒して下さい・・・との事でした。
IMG_0290_convert_20131201194620.jpg

IMG_0298+(2)_convert_20131128014943.jpg
この先の化野念仏寺は、おどろおどろしい感じだが、ここはなんかホットするような和みが感じられる寺だ。
IMG_0313_convert_20131128015124.jpg
化野念仏寺への坂道
IMG_0342+(2)_convert_20131128015625.jpg
厭離庵は、門から覗くだけでまだ中には入った事が無かったので立ち寄ってみた。藤原定家が百人一首を選んだ山荘跡と言われている。料金500円
IMG_0363+(2)_convert_20131128020943.jpg IMG_0358_convert_20131128021058.jpg
小さな庵だが、なかなか情緒がある。
IMG_0360_convert_20131128020449.jpg
 燃ゆる
IMG_0353+(2)_convert_20131202195250.jpg
清凉寺の境内を通り過ぎ、寄るつもりのなかった宝筐院にうっかり間違って入ってしまった。 料金400円(行きたかったのは宝厳院)
IMG_0392+(2)_convert_20131128023716.jpg IMG_0366_convert_20131128022207.jpg 
前回来た時は庭園全部が燃えるようだったが、今回はまだ緑が多い
IMG_0367+(2)_convert_20131128024958.jpg IMG_0368_convert_20131128022433.jpg
燃ゆる・・・表門傍で
IMG_0385+(2)_convert_20131128023011.jpg
トロッコ列車に乗るために嵐山駅に向かう。常寂光寺前では去年余りにも素晴らしかったので、も一度寄りたい誘惑にかられたが、物凄い人なのであきらめる。
 おやっ、通り沿いの庭木にお人形が・・・メルヘンチックな雰囲気につられ、ついつい入ってしまった喫茶店「アイトワ」でコーヒータイム。人形作家の森小夜子さんの工房の隣に素敵なテラス付のカフェ。手作りケーキ(マッセナ)とコーヒーのセット700円を頂く。
PB210059+(2)_convert_20131130030217.jpg PB210043+(2)_convert_20131130030319.jpg
・もふもふだぁ~・・・可愛いがいっぱ~い!
PB210054_convert_20131128030559.jpg
トロッコの嵐山駅。昼の部の最終16:07に間に合うように30分以上前に窓口に着ましたが、全席完売との事で乗車できず残念!ガックリ!ライトアップの部が1人空きがあると言われたが、今回はやめにした。
嵯峨野の竹林から野宮神社へと抜け、渡月橋を確認しておきたかったので、テクテク向かうが、とにかく平日なのに凄い人だ。
PB210061+(2)_convert_20131129020142.jpg PB210063+(2)_convert_20131129020056.jpg
・嵐山の紅葉はまだ色づき始めたばかり・・・
2010.11/26に訪れた時は、嵐山は紅葉真っ盛りで、桂川のほとりに黄金色に色づいたエノキの大木と、アーチ型になった真っ赤なもみじの木があり、今回もできればそれを見たかったのですが、残念ながら色づきはまだまだでした。
 渡月橋も民族の大移動の様に大勢の人が渡っている。台風の痕跡は良く見ないとわからない位に橋も周辺も復旧していた。地元の方はじめ様々な方々の努力で今日に至った事、あらためて感謝致します。お陰様で何の支障もなく観光する事ができています。有難うございます。     ※右:中央よりすこし右の丸く尖って見えるのが愛宕山らしい
PB210068_convert_20131128030655.jpg PB210071_convert_20131128030730.jpg
本日の晩御飯は嵐電嵐山駅近くの「ぎゃあてい」と言う所で、おばんざいバイキング(1890円)する予定にしていたのだが、仕込んだものが無くなり、時間前に早くも終了。ざんね~ん!
仕方な~く第2候補のお店へ。
鯛匠HANANA・・・鯛茶漬け御膳2000円
真鯛の薄造りをまず特製ゴマだれで味わってから、次はお茶漬けで頂く。デザートのカボチャプリンもGOOD!
・・・大変美味しゅうございました。大満足!
PB210073_convert_20131128030838.jpg PB210074_convert_20131128030907.jpg
食前酒で頂いた白ワインがほど良く身体に効いて、きりっと冷え込んできた夜の空気までも心地良い。

 本日の宿泊先は、今年4月にも利用した宇多野のユースホステル。こぎれいだし、設備は整ってるし、スタッフの感じもいいし、何てったって、1泊素泊まりで3300円と超お安い。(非会員でもOK)
「最も居心地の良いユースホステル」とやらを2年連続受賞してるんだとか・・・お薦めのYHです。
市バス11で、山越中町で下車(190円)し、徒歩約10分でYHに到着。受付で手続きを済ませ本日は1Fの一番奥の部屋へ。4人部屋で満室だった。入浴し、明日の準備をし22時過ぎ就寝。 
 明日もいい日でありますように・・・

        
          ※2日目に続く。(近日中アップ予定)
スポンサーサイト
タグ :

野鳥からの贈り物

 2013-11-23
2013.11/23(土)晴

 我が家の玄関先のピラカンサスの実が真っ赤になった。
これは庭木担当の夫が暇に任せて育てたもので~す・・・

バラ科・ピラカンサ(トキワサンザシ)属
属名の「ピラカンサ(Pyracantha)はギリシャ語の「pyro(火)」と「akantha(刺)」で、火のような赤い実と刺のある木という意味・・・だそうな。
IMG_6093+(2)_convert_20131110172431.jpg
夫の言:3本の幼木を成長に合わせながら適宜に絡めて育て、これ以上大きくならないように毎年剪定してるんだとか(現在高さ150㎝位)、木の絡み具合いが見せ所なんだそうで・・・
もう15年位?になるかなぁ・・・。
IMG_6095+(2)_convert_20131110172510.jpg IMG_6115+(2)_convert_20131110172637.jpg
上右写真の右上部分のアップ、こんなんなってます・・・
IMG_6098+(2)_convert_20131110172916.jpg
くろすけは、玄関脇に刺のあるもんなんて嫌だったし、実も最初の頃はオレンジ色で気に入らなかったんですが、成長と共に実が真っ赤になってきて、少しばかり見栄えする?ようになってきたもんで
・・・ふくろうポストと共に我が家の目印かなぁ。
・・・ほんとは邪魔なんですがねぇ~・・・

これ、実は野鳥からのプレゼントなんです・・と、思われます。
勝手に今の所に3本出てたそうで、鳥の落とした糞に種が混じってたものと思われます。
鳥たちを何気に観察していると、同じ玄関傍にあるナンテンの実やキッチン横のキンカンの実は美味しいらしくすぐに啄まれますが、ピラカンサスの実はまずいらしく、いつまでも残っていることが多く、食べるものが無くなった時に仕方なしに啄むようです。
 5~6月頃に、真っ白な花を咲かせますが、その花言葉が、
美しさはあなたの魅力・慈悲・防衛・燃ゆる思い・快活・愛嬌
・・・だそうで、思いのほかいい感じの表現が並ぶ・・・ 

真っ白な花の「燃ゆる思い」が、この真っ赤な炎のような実に結実したんでしょうね・・・。

「1年366日の花」によると、
今日11月23日の花はピラカンサスだそうです。

<おまけ>
万両(ヤブコウジ科)
こちらも鳥さんからのプレゼントです。最初4本あったそうですが、1本枯れて今は3本。
実はほんのちょっぴり色づき始めたところ・・・
PB230184+(2)_convert_20131123085009.jpg
くろすけは、千両と万両を勘違いしてました。
千両(センリョウ科)は、葉の上に上向きに、
万両は葉の下に下向きに実をつけるんだそうです。

いずれにしても我が家は、ナチュラルティストを存分楽しんでいるのであります。
タグ :

早川渓谷~河口湖畔へ(山梨)②

 2013-11-21
2013.11/18(月)晴
<のんびりまったり家族旅行②>
 旅の朝は、気持ちの良い目覚め。
娘と二人、朝食前に雨畑湖周りを散歩する事に・・・。
・可愛い看板
早川町は、「日本で最も美しい村」連合に加盟している。
PB180428+(2)_convert_20140220232329.jpg
宿より、2,3分の吊り橋へ・・・
PB180422_convert_20140220234137.jpg PB180426_convert_20140220234303.jpg
・朝もやに煙る山々・・・
PB180413_convert_20140220234438.jpg

PB180419_convert_20140220235213.jpg

PB180429_convert_20140220235530.jpg PB180434_convert_20140220235612.jpg
・右:奥に見える山は南アルプス
PB180435_convert_20140220235639.jpg PB180436+(2)_convert_20140220235809.jpg
早朝の散歩で、身体の隅々まですがすがしくなった。
・朝食も美味し~い・・・
PB180438_convert_20140221000536.jpg
・夫と息子は、高い所が苦手なので、渡ろうとしない・・・
PB180442_convert_20140221000804.jpg
・朝もやも晴れて、右奥に見えるのは南アルプス・・・
PB180444_convert_20140221000914.jpg

PB180446_convert_20140221001204.jpg
早川渓谷を遡って、奈良俣ダムまでドライブ・・・
・右:真ん中辺に滝が白く微かに見える・・・
PB180452_convert_20140221002217.jpg PB180451+(2)_convert_20140221002149.jpg

PB180454+(2)_convert_20140221003349.jpg PB180455+(2)_convert_20140221003423.jpg

PB180458_convert_20140221003502.jpg
・奈良俣ダム
PB180463_convert_20140221003529.jpg PB180464_convert_20140221003604.jpg
往路を戻り、早川渓谷に別れを告げる。
PB180471_convert_20140221004044.jpg PB180474_convert_20140221004118.jpg
・道の駅などに寄り道しながら・・・名前忘れました・・・
PB180475_convert_20140221004534.jpg PB180481_convert_20140221004630.jpg
・河口湖方面へ向かう。
娘がネット検索で見つけた人気の家庭料理店「やまぼうし」で昼食。2階に上がり、ドアを開けると明るい店内からは河口湖が見え、窓辺には手作りの果実酒の瓶などが並べられ、とても雰囲気の良いお店だ。
PB180483_convert_20140221005024.jpg PB180488_convert_20140221005052.jpg
だいぶ待ったが、予約なしなので松花堂弁当+デザート付(1365円)を頂く。1食で30種類以上の食材で盛沢山の内容。(野菜中心で化学調味料を一切使わない、身体にやさいいお料理)
手のこんだお料理ばかり、どれも大変美味しゅうございました。
(この記事を書いたのがだいぶ経ってからなので、それぞれの料理名忘れちゃいました。)
PB180491_convert_20140221005224.jpg
・右:山を背にしてバス停を左に曲がり少し進むと河口湖
PB180497_convert_20140221005856.jpg PB180505_convert_20140221010056.jpg
・炎のプードル・・・
PB180498+(2)_convert_20140221005931.jpg

PB180507_convert_20140221010020.jpg
・河口湖と富士山・・・逆光です。
PB180517+(2)_convert_20140221010538.jpg

PB180523_convert_20140221010612.jpg
・河口湖を渡る風が強い・・・
PB180524_convert_20140221011246.jpg

 平日でも河口湖周辺は、紅葉目当ての観光客の車と道路工事とがぶつかり大渋滞。何とか抜けたが、今度は都内での渋滞を避けるため、早々に河口湖を後にする。
 あちこち寄らずに今回ものんびりまったりの家族旅行。
夫には感謝です!

 この家族旅行記は、昨年アップしそびれたものですが、この度の記録的大雪災害のニュースを見て、早川町での癒された時間、豊かな大自然をやっぱ記録しておこうとあらためて思い書いた(写真中心ですが)ものです。家族旅行は基本詳細な記録は取らないので、アバウトな流れで写真もカメラが壊れたり、電池切れだったりして実にお粗末ですが・・・<m(_ _)m>
                      2014.2/20記
 

■追記:昨年11月家族旅行で訪ねた早川町も大変な事に・・・
<ニュース:山梨県早川町大雪災害での経過>
 2014.2/14から降り始めた記録的な大雪は、あっという間に胸の高さまで降り積もり、道路が雪崩などで寸断されて町全域の668世帯1183人が孤立状態に陥った。停電も発生し、食料不足なども危惧され、陸上自衛隊などが集落につながる道路の除雪作業やら支援物資の輸送に当たっている。
 記録的な大雪から2/21で1週間となるが、自衛隊員が一列になってスコップを使って手作業で雪を取り除き、やっと午後人が通れるようになり、孤立した状態が解消された。
 
・・・ひとまずほっとしました。by まっ黒くろすけ 2014.2/21記
タグ :

妙蓮の滝~伊那ケ湖~早川渓谷(山梨)①

 2013-11-20
2013.11/17(日)晴
<のんびりまったり家族旅行①>
 前回(8/15)の妙蓮の滝(詳しくはこちらで)があまりにも素晴らしかったので、娘にも見せてやりたいと前半は同じコースをとる。
ほったらかし温泉で入浴、露天風呂からは今回は富士山もしっかり逆光だが見えている。テラスのよしずにからまったツタが深まりゆく秋を物語っている。駐車場からは、棚山1117mが見える。
IMG_6135_convert_20140220135701.jpg IMG_6143_convert_20140220135804.jpg
・赤石温泉へ向かう峠より       ・赤石温泉駐車場
IMG_6145_convert_20140220135842.jpg IMG_6147_convert_20140220135945.jpg
・妙蓮の滝へ・・・素晴らしいパワースポット!
夫と息子は歩きたがらないので娘と二人、滝に向かう。
滝へ到達するまでの冒険心をあおる光景に娘も 
前回(夏)は、水量が少なく滝壺近くまで行けたのに、今回は水量多く梯子を登りつめた所までしか行けない。
IMG_6153+(2)_convert_20140220140934.jpg PB170236+(2)_convert_20140220141152.jpg PB170255+(2)_convert_20140220141800.jpg
・赤石温泉付近・・・それなりの紅葉が・・・
PB170257_convert_20140220142522.jpg PB170264+(2)_convert_20140220142624.jpg IMG_6159+(2)_convert_20140220141021.jpg
・赤石温泉から櫛形町へ
PB170274_convert_20140220143936.jpg PB170288_convert_20140220143555.jpg
・南伊那ケ湖(南アルプス市上市之瀬)
櫛形山中腹の県民の森:標高890m付近にある人造湖
IMG_6166_convert_20140220154524.jpg PB170294_convert_20140220154809.jpg
・湖畔に映る紅葉の名所
PB170297_convert_20140220154857.jpg PB170308_convert_20140220154939.jpg

PB170322+(2)_convert_20140220155752.jpg
 神秘の虹色・・・美しい!
PB170326_convert_20140220160142.jpg

PB170339_convert_20140220160256.jpg

PB170353_convert_20140220160444.jpg

PB170364+(2)_convert_20140220160702.jpg PB170368+(2)_convert_20140220161023.jpg
 日本画のワンシーンのように優雅に泳ぐ鯉
PB170380+(2)_convert_20140220162048.jpg PB170381+(2)_convert_20140220162128.jpg
 こっちに来~い、鯉・・・いいカメラが欲しいです。
PB170384+(2)_convert_20140220162422.jpg
・す~っと現れた白鳥・・・
PB170394_convert_20140220163949.jpg
・カメラの電池がきれそうだ、ヤバイ。白鳥達がいい感じなのに
PB170405_convert_20140220163532.jpg
・もう1枚。紅葉に白鳥達がより美しく見える
・・・ピー~、電池切れ
PB170409+(2)_convert_20140220163603.jpg
もう一つのカメラは、ほったらかし温泉で撮った時から、画像がボケてしまってどうも壊れたようなのだが、仕方ない大ボケのカメラでカシャ・・・こんないいシャッターチャンス時なのに・・・
(画像は不鮮明なので大きくできません。)
IMG_6173_convert_20140220165757.jpg IMG_6198_convert_20140220165946.jpg
・右:白鳥と少年の像
IMG_6190+(2)_convert_20140220172733.jpg IMG_6206+(2)_convert_20140220172853.jpg
・不鮮明で調度良かった・・・
IMG_6207_convert_20140220171927.jpg IMG_6209_convert_20140220172042.jpg
小さな湖でしたが、次から次にとワクワクどきどきのシーンが待っていて、中々歩が進みませんでした。
湖の周りを取り囲む紅葉のグラデーション、裏側に回れば、午後の優しいひかりとコラボして水際には美しく神秘的な別世界が広がっている・・・鯉や白鳥の登場の仕方も何やらドラマチック・・・家族からしびれの声がかかって、やっと車に戻りました。
・早川町へと向かう。早川渓谷沿いを走り、景色を楽しむ。
早川町内で一番の落差を誇る滝。二段目の滝つぼに金があるといわれ、何人もの若者が試みたが全て失敗したと言う伝説の滝。
IMG_6227_convert_20140220185359.jpg IMG_6222+(2)_convert_20140220185443.jpg
紅葉は今ひとつだが、進むほどに重なる山々に奥深さを感じる。川は山からの土砂崩れでほとんどが埋まっている。
IMG_6232_convert_20140220190213.jpg IMG_6236_convert_20140220190450.jpg
カメラが大ボケですべて不鮮明であります・・・
IMG_6238_convert_20140220190259.jpg IMG_6239_convert_20140220190359.jpg
早川町の雨畑地区は、硯石(雨畑真石)の産地。雨畑川の渓谷で永い眠りから覚めた雨畑石の原石を彫り、ほど良い黒の輝きを放つ、自然が造形した硯は逸品である。
imgres.jpg ダウンロード
今宵の宿:雨畑温泉「ヴィラ雨畑」
旧硯島小・中学校(廃校)を再利用した雨畑湖ダム畔にある宿泊施設。
夕食はこの日、豆腐懐石(右)が食べられず普通の夕食となり残念。
0000146874.jpg images.jpg
お風呂:すずりの湯(単純硫黄泉)は、一旦外に出る。
IMG_6263_convert_20140220194925.jpg IMG_6241_convert_20140220195005.jpg
茅葺屋根をくぐると和風モダンな佇まいが待っている。レトロ感覚の内湯も深くて心地良い。露天風呂(女湯のみ)の傍には桜の巨樹があり、桜咲く頃はさぞかし艶っぽくて素敵に違いない。
IMG_6264_convert_20140220194353.jpg IMG_6268_convert_20140220194506.jpg
夕食後のデザートで、お目当ての柿アイスがなかったので、他のご当地アイス2種頂く。雨畑茶とポポ(北米原産のトロピカルなフルーツ。バナナとマンゴーをミックスしたような味)のアイスクリーム。
残念ながら家族全員一致でポポは不評でした。
IMG_6253+(2)_convert_20140220194742.jpg

 夕食も美味しく、お風呂も気持ちよく頂けて、家族満足!
ではまた明日・・・おやすみなさ~い・・・

    ※家族旅行:早川渓谷~河口湖畔②へ続く


 この家族旅行の記事は、アップする機会を失い、時間が経ってしまったので、写真中心で詳細なし。 2014.2/20記 
タグ :

今日は・・・

 2013-11-11
♦2013.11/11(月)曇夕方通り雨

 今日11/11は、
グリコのポッキー&プリッツの日だそうな。
勤務先の若い人に去年教わりました。
知るの遅っ!・・・娘に言われ・・・
ネタ切れなので、こんなんで更新・・・m(_ _)m
IMG_6132+(2)_convert_20131111184402.jpg
高校生の頃のおやつでよく食べたかなぁ~・・・
今では、年に2回位しか購入しませんが、基本くろすけはチョコレート系大好きで~す。

 調べてみると今日は、他にも麺の日・ピーナッツの日・きりたんぽの日・靴下の日、ペアーズデイ・折り紙の日・下駄の日・鏡の日・鮭の日・もやしの日・煙突の日・箸の日・立ち呑みの日・豚まんの日・etc・・・と、どっさりと○○記念日が・・・いろいろこじつけて記念日・・・まっ、何かを意識する日ってあった方が生活にアクセントがあって新鮮になるかもねぇ~・・・商魂逞しい証だったりもしますが・・・コミュニケーションの演出にも○○の日はいい仕事をしてますよね・・・

                                

 昨日夕方、我が家のニオイバンマツリの木の葉っぱに、
季節はずれですが、蝉の抜け殻を見つけた。
IMG_6123+(2)_convert_20131111184459.jpg
何だか、今のくろすけのようだ・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと気持ちが疲れてるかなぁ・・・
人生色々、みんな色々それなりにありますよねぇ~・・・。

抜け殻・・・脱皮・・・変身・・・
・・・ポジティブingにしなくっちゃぁね!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫