おもしろ!・・・?

 2014-03-26
2014.3/26(水)曇り

んっ、これは・・・
IMG_1860+(2)_convert_20140326201315.jpg

IMG_1871+(2)_convert_20140326201400.jpg

IMG_1835+(2)_convert_20140326201914.jpg

IMG_1861+(2)_convert_20140326201833.jpg

IMG_1844+(2)_convert_20140326202117.jpg

IMG_1866+(2)_convert_20140326211411.jpg
青みかんの酢グミ、勤務先のグルメなSさんから頂きました。
(極早生よりも更に早い時期に間引きされた青みかんの有効利用で生まれた滋養商品。青みかんのビタミンCやクエン酸、特に柑橘由来のポリフェノールの一種であるヘスペリジンはあらゆる方面から大注目されている。1粒にみかん約1個分のビタミンCを含有)

<おまけ>
よよ~~ん・・・分身の術なっし~・・・
IMG_1831+(2)_convert_20140326204028.jpg     IMG_1830+(2)_convert_20140326204206.jpg





3月いっぱいでお別れだなっし~・・・
ふなっしーのパン(メロンパンの生地に中に洋ナシのクリーム)
IMG_1828+(2)_convert_20140326202933.jpg
可愛いなっし~・・・感謝、感激、梨汁ブシャー!(梨の妖精)

 今やCMなどでもお馴染みになった、ご当地キャラ総選挙2013で優勝した船橋市完全非公認キャラの「ふなっしー」。
全国展開するパン屋さんDONQ・ららぽーとTOKYO-BAY店で、1日50個限定、一人2個までという事で売られていた「ふなっしーパン」が、今月いっぱいで終了するという情報が・・・。
ゆるキャラなど全く興味のないくろすけだったが、ミーハーセンサーが感知して無くなる前にちょいとGETしてみるかぁ・・・と、久し振りにららぽーとへ。
オープン30分前に並び整理券をもらうが、10時前には50個分の整理券配布もうわさ通り終了。
1個273円ふなっしーのパン、なぜ274円(語呂合わせ)にならなかったのか多くの人の疑問?だったとか・・・。
確かに完成度の高いパンでした。ごち!
 

しく風邪をひいたようだ。喉がチリチリして、鼻水が止まらない。
やばい!山が控えてるのに・・・・。仕事は休めないし・・・さっさと寝よう・・・
スポンサーサイト
タグ :

岩山(鹿沼)~セツブンソウ

 2014-03-22
 キ、キ、筋肉痛が・・・
ソ、それもプニョプニョの二の腕が
    イ、痛いのでありま~す。
 

 4日前、栃木県鹿沼市にある「岩山」328.3mと言う所へ行ってきました。お転婆をして楽しんできましたが、今筋肉痛に襲われて
・・・ ~   
その名の通り、岩だらけの山です。登山口のある日吉神社からA峰B峰C峰(クライミング峰)~三番岩~二番岩~一番岩~猿岩と凝灰岩の岩山が様々に待ち構えており、まるで岩山のアスレチックのようです。ハイキングコースと書いてありますが、猿岩と呼ばれている場所などは70mの鎖場のある急下降の一枚岩で、ハイキング気分ではとても行けない場所です。好展望の山、そして低山といえども決して侮れないワクワクとドキドキがいっぱい詰まった山。それが岩山なのであります。

▲2014.3/18(火)晴のち曇 単独
 7日、13日、17日と3回も夫々の理由で山へ行く機会を逃し、やっと今日出掛ける事が出来た。今日は山以外にも寄り道したい所があって、繋ぎの交通の便が悪かったので車を利用する事にした。我が家の車は夫が使用の為、仕方なく久々にレンタカーを借りた。
自宅を4:30出発。高速を走行中、突如真っ赤な太陽が山のシルエットの上に出現した。薄いベールに包まれた太陽は輝きを失い天空に浮かぶ真っ赤な球体となり実に幻想的な光景だった。思わずカメラに手を伸ばしたが、(イカン、これは危険な行為でした。)あっという間に通り過ぎてしまった。 ナビに案内されるままにビュンビュン走り、都賀ICを下りる。日吉町に入り、岩山入口の小さな表示の所を右折し、住宅地を抜け林道の細い道を走って行くと間もなく目的地の日吉神社に着いた。6:45着 
・見落としがちな案内
ミラーの横に付いている表示のアップが右➡ こんな・・・です
 (中央の車の所を入って行く。これは帰りに撮ったもの。)
P3180180.jpg P3180178+(2)_convert_20140319203917.jpg
日吉神社の社務所前にも車を停められるが、山側の駐車スペースに止める。他に駐車してる車無し。
神社の境内には、淡いピンクの梅が満開だ。
P3180001_convert_20140319203156.jpg P3180002_convert_20140319203227.jpg
7:00準備し出発。神社の左側が登山口となる。子供たちの描いた看板の絵が可愛い。桧林の緩い登山道を行く。途中から植生も変わり笹などの混じる林となる。登山道がえぐれ粘土質の滑りやすい部分もあった。
P3180004_convert_20140319212128.jpg P3180005_convert_20140319212308.jpg
10分ほどで露岩が現れ右手には巨大な岩場が・・・。お~ぉ、ここがいよいよのスタート地点か・・・。気を引き締めて一歩を踏み出す。すぐにA峰と思われる岩峰が目の前に立ちはだかるが、取り付こうにもホールドがほとんど見当たらない。A峰B峰C峰(高さ20m~30m)は、クライミングのゲレンデとされているとの事なので素直に諦める。
P3180007+(2)_convert_20140319213306.jpg P3180008+(2)_convert_20140319213412.jpg
少し進んでA峰を見上げる・・・そそられるなぁ・・・
P3180009_convert_20140319224448.jpg
まずはA峰とC峰の間を登って行く。ステップの切ってある所も有り、見た目より登り易い。
P3180011+(2)_convert_20140320001816.jpg
登りつめると、右側にB峰と思われるギザギザの岩峰が出現した。岩峰を見上げるとA峰と違いゴツゴツして突起も有り、ホールドがしっかりとある。う~ん、これはできるんじゃないかな・・・
迷う事無くチャレンジしてみる事に・・・
わくわくとドキドキが交差する。
・B峰   手元足元の一歩一歩を確実に決めて行く。
(単独だし、誰もいないしでくろすけを写せません。残念!
P3180013+(2)_convert_20140320001847.jpg
・フゥ~、登り切ったぞ。7:20 
B峰頂上から鹿沼市街の眺め。目の前にはA峰が・・・
今日は朝から気温も高く春霞状態なので、遠望はきかない。残念!
P3180015+(2)_convert_20140320001309.jpg
さて下降ですが、B峰の反対側は、登って来た部分と比べると、ゴツゴツや突起などがわずかしかなく、一瞬どうしようか迷った。が、わずかの突起をよ~く確認し、下降して行く順番を目見当で決めてから、無事基部着地に至りました。
岩に表示された赤い矢印を追って直ぐにC峰へ。7:30 C峰の頂にはベンチが置かれている。ベンチのほんの少し先は断崖
スリリングなベンチでモーニングコーヒー、10分程小休止。
・C峰を見上げる          ・C峰からの眺め
P3180019_convert_20140321180936.jpg P3180026_convert_20140321181143.jpg
・左は今登り下りしてきたB峰、右はA峰
P3180021+(2)_convert_20140321181923.jpg
・ぼんやり奥に見えるのは二股山
P3180024_convert_20140321183345.jpg
7:40 さ~てこれから舞台は二幕目、三番岩~二番岩~一番岩に向けてスタートだ。
やっと人が通れる程の岩の間をすり抜ける・岩の小さな穴で見つけた安全祈願。小さな板切れにお地蔵様の絵が描いてあった
P3180027_convert_20140321201445.jpg P3180033_convert_20140321202157.jpg
・今回のコースで出会った唯一の花:椿の花
P3180030+(2)_convert_20140321203935.jpg
三番岩275m 7:45着。 
登ってみたが樹木が邪魔しあまり展望は得られない。
三番岩を下り振り返って見たところ
P3180037_convert_20140321201828.jpg
ステップの切ってある岩を緩く下り、岩の隙間が斜めになった所を抜けると最初の短い梯子が出て来たが、必要と思われない梯子だった。横溝のある段々岩を登る。
P3180040+(2)_convert_20140321214517.jpg P3180044+(2)_convert_20140321225814.jpg
2番目の梯子を登ると進行方向の赤丸印の先は、ロープが張られ通行止め?かと思いきやこの岩を左に巻いて行けという事でした。
P3180049+(2)_convert_20140321231151.jpg P3180050+(2)_convert_20140321231223.jpg
一見、段々になってるような岩壁を登り、
P3180054_convert_20140321225859.jpg
今度は少し長い梯子の掛かった岩壁を登る。
P3180056_convert_20140321215122.jpg
ベンチの二つある場所の先が二のタルミ。奇怪な岩の横を通る。
P3180059+(2)_convert_20140321232110.jpg P3180061_convert_20140321232144.jpg
この岩の間は、足が短いので鎖に捕まってヨッコイショと重い身体を持ち上げる。ふぅ~っ。
P3180062_convert_20140321232212.jpg P3180069_convert_20140321232237.jpg
芽吹き前の雑木林や巨岩を登ったり下りたり巻いたりしながら、
P3180074+(2)_convert_20140321232315.jpg P3180076+(2)_convert_20140321232408.jpg
二番岩に8:29到着。
P3180078_convert_20140321232503.jpg
二番岩に登ると左:日光方面の山(左側は男体山でしょうか。)や右:古賀志山のゴジラの背中も・・・春霞でぼんやり。
P3180083+(2)_convert_20140321234347.jpg P3180084+(2)_convert_20140321234414.jpg
「こちらへどうぞ」の案内に釣られて展望台のような岩山に登る
P3180089+(2)_convert_20140322001131.jpg P3180091+(2)_convert_20140322001338.jpg
ゴルフ場が先程より、より広々と見える。
古賀志山もぼんやりとその真上に・・・
P3180097_convert_20140322005103.jpg P3180090_convert_20140322005131.jpg
・自分撮りも一苦労・・・
P3180101_convert_20140322000622.jpg P3180105_convert_20140322000555.jpg
もう一度「こちらどうぞへ」の案内が・・・今度は何かなぁ・・・大きな岩を右に巻いてから左へ進む。雑木林の登山道をを下って行くと前方に一番岩らしき山が見えて来た。9:13
ルンルンで登って行く。
P3180110_convert_20140322003135.jpg P3180111_convert_20140322003156.jpg
一番岩(岩山)山頂328.3m 9:21着。
P3180122+(2)_convert_20140322003537.jpg P3180124+(2)_convert_20140322005613.jpg
春霞状態解消されず・・・二股山もぼんやりのまま
P3180119_convert_20140322005641.jpg P3180120_convert_20140322005700.jpg
10分ほど小休止して、往路を一部戻り猿岩へ向かう。赤いテープが2本巻かれた木に導かれ進むと、鋭い岩峰の先が本日の核心部:猿岩だった。古賀志山は前方に、ゴルフ場は眼下に、人の動きまではっきり見える。
P3180125_convert_20140322011530.jpg P3180128_convert_20140322011550.jpg P3180129_convert_20140322011611.jpg
猿岩:70m7本の鎖場(一枚岩)
あんまり急で下まで見えない。
絶対無事故で怪我無くを肝に命じ、自身をチェック。
さぁ、本日の舞台の核心部だ。
重い鎖をしっかりにぎり、一歩を踏み出す。 
P3180139+(2)_convert_20140322015708.jpg
急な壁だが、滑らないので助かった。
1本目を下り、上を見上げたところ・・・
P3180140+(2)_convert_20140322014717.jpg
左:2本目、1本目の続きを別鎖にチェンジ。
右:3本目の鎖は2連になっている。ここも問題なく下りる。
P3180146+(2)_convert_20140322015230.jpg P3180149+(2)_convert_20140322015256.jpg
問題はここからだった。如何にも滑りそうな壁面だ。これは下りてから上を見上げた写真ですが、ほとんど直角とも思える壁はえぐられ、荒い岩肌がそぎ落とされ白い粘土質のようなツルツル滑る壁面と化している。身体をできるだけ鎖から離し、登山靴を壁にフラットに思い切り押し付けるようにして、慎重に降りて行った。とにかく全体重を鎖に捕まった腕で支える感じなので、鎖を握る手にも必死の力が入る。こんな所で転落でもしたらただの無謀なおばさんになってしまう。「何としても無事故で決めるのだ。」と念じながら何とか4本目をクリアー! 
P3180154+(2)_convert_20140322015544.jpg
5本目。↑上のデンジャラスな壁面の続きです。
足場の安定した所では、しっかりと腕を休め態勢を整え直す。
P3180155+(2)_convert_20140322020934.jpg
6本目は、面白い具合に壁面に穴が開いており、これに足を突っ込んで問題なし。最後7本目は、また白いツルツル状態でおいおいと思いましたが、油断するなよ~と言い聞かせ、慎重に足を運ぶ。
・6本目、下から見上げる     ・7本目、基部から見上げる
P3180157+(2)_convert_20140322020955.jpg P3180159+(2)_convert_20140322021040.jpg
・7本目の途中、左下の茶色い部分が基部(地面)、無事着地!
P3180158_convert_20140322171811.jpg
まっ黒くろすけ、本日の第一目的、
      猿岩頑張ってクリアー!
 

 猿岩の基部から少し下ると、分岐に出た。10:13 右の方が神社に早く着く(20分位)記事を読んだので右を選んだが、結果的には短縮ならず左に行った方と同じような時間になってしまった。
分岐右~山裾~ゴルフ場脇~分岐右(西鹿沼方面)~水槽~山道~田んぼ~舗装道路<あまり時間が掛かるので不安になって作業をする人に尋ねた所、親切に神社の階段下まで車で送ってくれた。猿岩で神経を使いまくったので、今日は遠慮なくお言葉に甘えてしまった。車に乗せてくれたおじさん(北海道から娘さんが近日中引っ越してくると言う)その節は有難うございました。>神社階段下~日吉神社10:45着。

・田んぼ側から岩山を望む・・・右側の角ばった部分が猿岩
結局岩山では誰一人会わず、貸切りの舞台となった。
P3180174+(2)_convert_20140322173458.jpg

 ほぼ予定通りに戻り、本日の第2目的の佐野市柿平へと移動する。
約1時間で柿平の山野草地に到着。車は1台止まっていたが、誰もいない。
セツブンソウ
 Spring ephemera・・・春を告げにやって来た!
 ピチピチの元気な子・・・花びらに丸みのあるもの
IMG_1760+(2)_convert_20140322194313.jpg
美しい気品・・・おや、こちら(左)の乙女は花びらが6枚ですわ。
IMG_1757+(3)_convert_20140322192823.jpg
 スプリング・エフェメラル・・・儚くも美しい生命の燃焼
IMG_1733_convert_20140322193007.jpg
 花びらが6枚、4枚、5枚、6枚と並んでる・・・
IMG_1762+(2)_convert_20140322193036.jpg
 こちらも花びら5枚、4枚、5枚、6枚、5枚と色いろ・・・
IMG_1767+(2)_convert_20140322193100.jpg
 春の妖精たちのおしゃべりが聞こえてきそうだ・・・
IMG_1753+(3)_convert_20140322193234.jpg
 セツブンソウ・・・今年も会えて幸せで~す。 
IMG_1750+(2)_convert_20140322232407.jpg
 去年は、3月初めに両神地域堂上で咲き始めのをほんのちょっとだけしか見る事ができなかったが、今年は花の時期が例の大雪のせいで遅れた事もあり、今日この柿平では満開の状態で見られとてもラッキー!でした。
・柿平地区の山野草地(彼岸桜が5部咲きで迎えてくれた。)
P3180185_convert_20140322205744.jpg

 可憐に咲く春の妖精たちを存分に楽しみ、昼食をとるため田沼に20分程で移動。今日の昼食は佐野ラーメン・・・のはずで、
人気の北むら食堂まで来たのですが、
何だか急に心変わり、塩担々麺なるものに・・・
P3180210_convert_20140322205124.jpg
トッピングの肉味噌がメチャ美味しかったのですが、ちょっと量が少なめでしたね。この3倍位は欲しかったなぁ・・・。
全体的にはサッパリめで普通に美味しかったです。 ごち!

 お腹も満腹になり、まだ帰るには早いような気もするが、交通渋滞を考慮し早目に出発する事にした。14:20出発。途中やはり交通渋滞に遭遇し、予定より1時間半も遅れて帰宅となる。18:00着。そしてラジオで今日春一番が吹いた事、余りの強風で海ボタルなど一部の道路が閉鎖になっている事など知る。そう言えば高速を走っている時、ドキっとするような横殴りの強風を何度か感じたっけ・・・。山やセツブンソウ地で、春一番が吹き荒れなくてほんとにこれまたラッキーでした。


 久し振りに山でお転婆をしてきた。いや、野猿になったと言うのが正解かもしれない。いい年をして単独で無謀極まりないと捉えられても仕方がない。自分でもなんでこんな危ないおばさんなんだろうと思う。いつも過信してはいけない、たまたま運が良かっただけと言い聞かせている。・・・こんなデンジャラスな冒険も近い内にはできなくなる。あとちょっとだけ野猿を楽しみ、そのあとは、風のように雲のように、そして野に咲く花のように自然を満喫しながら暮らして行きたい。
タグ :

スミレ大好き!

 2014-03-03
2014.3/3(月)曇 

 もうすぐ春・・・。
大好きなスミレ達の季節がやって来る・・・
可憐なスミレ達にはいつも胸キュンHAPPY!・・・


今日は、
我が家のカップボードのスミレ達を紹介しま~す。
くろすけが17年~20年位前に集めたものです。

ブランド品ではありません・・・
 雑貨屋さんで見つけたもの
IMG_1635_convert_20140303200044.jpg IMG_1638_convert_20140303200132.jpg
IMG_1688_convert_20140303200402.jpg IMG_1639_convert_20140303200157.jpg

IMG_1650_convert_20140303200644.jpg IMG_1640_convert_20140303200718.jpg
      IMG_1653+(2)_convert_20140303201116.jpg

 唯一奮発して手に入れた大倉陶園バイオレット 
IMG_1657_convert_20140303201321.jpg IMG_1661_convert_20140303201413.jpg
      IMG_1662+(2)_convert_20140303202311.jpg

 ヴィオラ(パンジー)だけどつい衝動買いした・・・
IMG_1672_convert_20140303201749.jpg IMG_1674_convert_20140303201826.jpg
      IMG_1680+(2)_convert_20140303202024.jpg

 大倉陶園のスミレシリーズが欲しいと思ってた時期がありましたが、今は野や山に密やかに咲くスミレを見つける楽しみに変わりました。細長い葉っぱで、ビロードのような濃い紫色の花の「すみれ」が特に大好きかな・・・ 

<スミレの花言葉>
「小さな愛」「誠実」「小さな幸せ」
「つつしみ深さ」
など
        IMG_8540+(2)_convert_20140303230050.jpg
            (2012.5/4南信州阿智村にて)

※追記
今日3/3午前中、屋久島より「たんかん」が届いた。
たんかんの香りにつつまれて、屋久島が恋しくなった。
 (興味のある方はこちらのブログへどうぞ!)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫