男鹿川:アテラ沢~三依山~塩沢山 ②

 2015-11-27
2015.11/22(日)曇
<アテラ沢後半~三依山~塩沢山>
  ※写真はクリックすれば全て拡大可

 5:30起床。くろすけはホカホカで寒さ知らずで目が覚めた。昨夜は22時頃にはテントに入り休んだが、初めてのたき火で勢いのあった火元が気になり、途中で起きて様子を見に行ったりしてしまった。が、案ずることもなく火は静かに石枠の中で燃えていた。早朝にYさんが消え入りそうになった熾火に薪をくべ、再燃させてくれていた。
朝ご飯はカレー・・・こんな所で食べるとやけに美味しく感じるものらしく、袋もんのカレーも極上ホテルカレーになっていた・・・  
全て撤収し、たき火も沢の水を汲んできて消火しその後跡形もなく処理。(くろすけ:初めてのたき火、火起こしから消火までを学習)
7:51 予定よりチョッピリ早く出発! (何事もなかったようなテン場)       ・水チョロのゴーロを進む
PB224094 (1)-2-3-4 PB220145-1_convert_20151127134453.jpg
・巨岩が重なり合って・・・        ・まだ水流はある・・・・         ・おやっ!・・・
PB220152-1_convert_20151127144958.jpg PB220157_convert_20151127145036.jpg PB220163-1_convert_20151127145108.jpg 
                       ・(右)崩落地も岩に苔が生えシダ類に覆われて時の流れを感じる・・・
PB220167_convert_20151127150815.jpg PB224098-1.jpg PB220173_convert_20151127151015.jpg
・半円形の石垣が至る所に・・・   ・澄んだ水、くろすけの本日の心意気     ・地図で確認
PB220179-1_convert_20151127152907.jpg PB220184-1_convert_20151127152952.jpg PB220187-1_convert_20151127153020.jpg
・おっ!    ・・・導かれるように・・・           ・Oh、何て素晴らしい風格!
PB220188_convert_20151127154412.jpg PB220193-_convert_20151127154452.jpg
・アテラ沢の長老だったに違いない・・・貴方に逢えて光栄です・・・
PB220196_convert_20151127154532.jpg
・直ぐにまた・・・巨木・怪樹マニアのくろすけ、ちょっと興奮気味で~す。
 蔓性の植物が雰囲気を盛り上げている・・・
PB220200_convert_20151127160225.jpg
・この辺りから鹿の角があちこちに・・・  ・最後の水場            ・ひょうきん族 和みます。
PB220201_convert_20151127161016.jpg PB220202_convert_20151127161038.jpg PB220206-1_convert_20151127161329.jpg
・オ~、力強い生命力が伝わってくる樹だ・・・
PB220210-1_convert_20151127162937.jpg
・根っこがエイリアン的で面白!    アップすると・・・
PB220211_convert_20151127163002.jpg
・切り出された大木が転がっている・・・            ・Kボス、 シイタケ発見!
PB220213_convert_20151127164505.jpg PB220214-1_convert_20151127164547.jpg
・抱き合ってたと思われる樹は上部が無くなり下部も枯れている・・・
 でも離さないよ、君とはず~っと一緒だ・・・  

PB220216_convert_20151127165712.jpg 
・何だか『もののけ姫』の舞台のようだ・・・
PB220219_convert_20151127165744.jpg
・沢筋も狭くなり源頭を詰めて行く  ・よく見ると登山道?らしきものも・・・ ・お~!魅惑的な巨木だ!
PB220225-1_convert_20151127173029.jpg PB220227_convert_20151127173122.jpg PB220231-1_convert_20151127173154.jpg
・スタイリッシュに決めて・・・
 貴方がアテラ沢の後継者:平成の語り部でしょうか・・・
  (ここで小休止)
PB220232-1_convert_20151127174117.jpg
・落ち葉の絨毯を踏みしめて・・・
PB220235_convert_20151127175322.jpg
・シシ神も登場して来そう・・・
PB220237-1_convert_20151127175350.jpg
・詰め上げた先には笹原が・・・     ・笹薮突入・・・10:03          こんな所にスミレが・・・
PB220239-1_convert_20151127180836.jpg PB220240_convert_20151127180906.jpg PB220241-1_convert_20151127181704.jpg
・稜線に出て踏み跡薄い笹原の登山道を登り詰めて行く・・・ ・三依山山頂1305m 10:23着 
PB220245_convert_20151128171711.jpg PB220254-1_convert_20151128171747.jpg
昨日から誰にも会ってなかったが、初めて登山者(夫婦?)と山頂にて遭遇する。塩沢山から縦走してきたらしい。
写真を互いに撮りっこし少し山の情報も頂いてお別れする。途中まで往路を戻り今度は塩沢山を目指すが踏み跡は時々不明瞭になる。
1264m地点で、うっかり地図を見誤り1217m峰まで行ってしまった。往路を戻るが往復で30~40分位のロスタイムになってしまったが、地図読みのいい勉強になった。その後気を取り直し笹原にブナの混じる気持ちの良い稜線のアップダウンを行く・・・
PB220256_convert_20151127185708.jpg PB220261_convert_20151127185828.jpg PB220273_convert_20151127185909.jpg PB220281_convert_20151127185944.jpg
・見っ~け! こんな怪樹が大好き!Yカメラマンの要望に応えてブリッコくろすけ・・・当然歳忘れてま~す。
PB220286_convert_20151127190028.jpg PB220288-1_convert_20151127190110.jpg
・先に見えるあの看板は・・・      ・塩沢山山頂1264m  13:27着    ・ 休憩  
PB220300_convert_20151127191017.jpg PB220302_convert_20151127191045.jpg PB220304_convert_20151127191116-2.jpg
・13:48下山開始、(予定ではアテラ沢の右俣を下降するはずだったが、塩沢山の登山道がある事がわかり、急遽変更となる。)まずは登山道で・・・橅見坂を下る・・・右尾根に入りこれよりバリルート、激下り鞍部へ・・・藪突入・・・緩いアップダウン・・・991m地点の二股を右へ(枯れた篠笹の激藪・・・体に顔に鞭のようにビシバシ・・・
PB224143-1.jpg PB220311_convert_20151127202352.jpg PB224145-1.jpg PB224146-1.jpg
・746m地点二股を右へ下る(伐採地)・・・雑木林から眼下にアテラ沢が見える・・・激斜面を篠笹に捕まりながら下り渡渉する。ボスたちの地図読みはさすが!バッチリと目標地点に下りてこれました・・・
PB220317_convert_20151127203109.jpg PB224148-1.jpg PB220322_convert_20151127203140.jpg PB220323_convert_20151127203208.jpg
岸に上がり、昨日歩いてきた路を戻り、駐車地に15:43着。お疲れ様でした!m(__)m 
一番近い湯西川温泉「道の駅:湯の郷」に立ち寄りひと風呂浴びる。(入浴料510円) 
PB220327_convert_20151127203254.jpg PB224150-1.jpg PB220333_convert_20151127203326.jpg PB224152-1.jpg
楽しみにしていた蕎麦屋まるみは お休みでガックシ!・・・なら、開いてる所でと結構 走り、お二人の知っているラーメン屋さんで夕食を取る。帰路は久喜駅まで送って頂き、電車を乗り継ぎ無事我が家へとご帰還となる。

PB220336-1_convert_20151128172634.jpg

地図を用意して行ったが、予定のコースの入ってる部分しか持っていかず、下山コースが変更になった時にそのルートが入っていなくて、お二人に任せる形になってしまった。色んな事を想定してこれからは、部分と少し範囲を広げたものと2枚用意しなけりゃいけないな・・・と反省した。

「今の時期、物好きと熊だけしか登らない・・・」と言う振れ込みのあった山域だったけれど、どうしてどうして、巨樹や怪樹が次々登場してきてワクワク!・・・くろすけワールドをしっかり楽しめました。今の時期はすっかり葉の落ちた裸木の森ですぐに巨樹・怪樹が目に入ったけど、森が新緑に覆われた頃や霧の中で出会ったなら、もっとドラマチックに感じたに違いない・・・と、妄想族のくろすけは思うのであります・・・ たき火デビューと共に忘れられない巨樹・怪樹との出会いでした。
出会った全て、そしてKボス、Yさん楽しい沢・山旅をありがとう。感謝です!


今日もくろすけの沢やか人生に乾杯!
スポンサーサイト
タグ :

男鹿川:アテラ沢~三依山~塩沢山 ①

 2015-11-26
夜の帳が降り
メラメラと燃え盛る炎
遠い祖先が畏れと共に知った深い安らぎの炎
静かにそして激しく今目の前に燃え上っている

                                                   2015.11/21(土)
PB210139-1_convert_20151126161114.jpg

山の端から上がった月には薄雲がかかっている・・・沢音だけが闇の調べ。
森の精霊たちに見守られながら・・・久し振りのお酒と仲間との心地よいおしゃべり。

DNAにしっかりと刻まれていた記憶・・・『たき火』
メラメラと燃え盛る炎が放つフェロモンが、くろすけを少しばかり饒舌にした。

今宵、『たき火デビュー』・・・
深い安らぎの炎が心を満たした・・・


PB220142_convert_20160113220833.jpg

1泊2日で、くろすけ沢での初お泊りをすることになった・・・
行く前にネットで検索・・・数少ない現地情報を覗けば・・・
この時期この辺りの山へ登るのはよっぽどの物好きか熊だけ…との事。。。
「えっ~~~そっ、そうなの? Kボス!」 


2011.11/21(土)晴

<1日目男鹿川:アテラ沢> メンバー同好会S: Kボス Yさん くろすけ

 明け方は少し冷え込んだが、待ち合わせの東川口駅に着くころにはぽっかぽかの好天気、沢日よりだ・・・
南口にて7:30集合し今日はYさんの車で現地へGO! 東北自動車道は朝から渋滞との事だったが、さほど大きな影響もなく高速を飛ばし西那須野塩原IC~R400~塩原もみじラインと走る。以外にまだしっかり残っていた紅葉も楽しめて快適ドライブだった。アテラ沢入口を迷う事無く見つけたYさん・・・少し先の車道の広くなってる所に車を止めるが、山側に猿の群れを発見!・・・物好きか熊だけ ・・・かと思いきや猿のお出迎え!・・・去る(猿)ものは追わず?・・・
11:33 沢装備を整えていざ出発!大きな重たいザックを背負うのは、今夏の北アルプス以来だ・・・どんな調子になるやら・・・
※写真はすべてクリックすれば拡大可
・地図に載ってない道を行く・・・    ・んっ、道が・・・瓦礫の山       ・野岩鉄道のアテラ沢トンネル(右)
PB210002_convert_20151125215312.jpg PB210004_convert_20151125215351.jpg PB210007_convert_20151125215425.jpg
・水はきれいだ・・・            ・木枠の堰堤              ・崩壊地を越えるとまともな路も・・・
PB210012_convert_20151125221515.jpg PB210015_convert_20151125221549.jpg PB210018_convert_20151125221626.jpg
・路がえぐられ・・・            ・絵になる樹だ・・・             
PB210019_convert_20151125222745.jpg PB210021_convert_20151125222820.jpg PB210024_convert_20151125222912.jpg
・逞し~い樹!              ・12:12 入渓
PB210025_convert_20151125223006.jpg PB210026_convert_20151125225707.jpg PB210029_convert_20151125224656.jpg
へへっ、 赤ヘルくろすけも登場させちゃお・・・
PB214035-1.jpg
・水は澄んでそれほど深くない・・・               ・ゴルジュ風を進む・・・
PB210035_convert_20151125224751.jpg PB210038-1_convert_20151126170331.jpg PB210039-1_convert_20151126170357.jpg
・イワナはいるかなぁ・・・                     ・小滝
PB210042_convert_20151126172944.jpg PB210043_convert_20151126173015.jpg
小滝より5分ほど進んでいくと・・・・
ジャ~ン、アテラ沢唯一の滝が現れた・・・7m滝、釜は深い 
           
 本日は控えめなお姿です・・・                               12:33着
PB210052-1_convert_20151126174625.jpg
・滝を見ながらランチタイム・・・             ・何を思う・・・
PB210054_convert_20151126174000.jpg PB210055_convert_20151126174038.jpg
・滝は右山側を巻く・・・         ・滝が左下に見える・・・         ・落ち口の上部は落ち葉帯
PB210056_convert_20151126204453.jpg PB210057_convert_20151126204535.jpg PB214050 (1)-1
・小さな流れは低い段々状ナメもどき・・・                     ・磨かれた岩肌をへつる・・・
PB214054-1.jpg PB210080_convert_20151126210220.jpg PB210083-1_convert_20151126210413.jpg
                       ・つくばいにどうぞ・・・        ・やっとキノコ…でしたが・・・
PB210085_convert_20151126213615.jpg PB210091_convert_20151126213651.jpg PB210093_convert_20151126213732.jpg
                                              ・絶好調で~す。
PB210095_convert_20151126214954.jpg PB210099_convert_20151126215029.jpg PB214056-1.jpg
・左にセクシーラインの樹・・・   ・ありゃ~水深があるぞ~そろ~りそろ~りへつる・・・くろすけも
PB210107_convert_20151126220222.jpg PB210115-1_convert_20151126220257.jpg PB214062-1.jpg
・飽きないように要所で楽しませてくれます・・・
PB210119_convert_20151126223437.jpg PB214063-1.jpg PB210126_convert_20151126223532.jpg
・ルンルン!・・・                                  ・スラ~ッとした巨木が沢のアクセント
PB214065-1.jpg PB210131-1_convert_20151126224935.jpg PB210134_convert_20151126225025.jpg
14:35 850m地点で最適なテン場を見つける。この沢沿いは、随所に石垣が組まれ、錆びついたワイヤーやドラム缶、ビンなども転がっていて過去に山で仕事がされていた形跡が有り、ここもそんな場所の一つだったようだ。
テント・タープを張り、ねぐらを完成後、薪を集める。朽ちた倒木や流木には事欠かない環境であっという間に充分な薪が集まった。大中小と適宜に折った薪を重ね、Yさんが丸めた新聞紙を入れ火をつける。煙を出しながらあっという間に小さな炎が勢いを増した。「たき火」の完成だ。 
PB214070-1.jpg PB210137_convert_20151126233052.jpg PB214076 (2)-1
それぞれが持参した材料でおつまみも作り、準備万端!・・・さぁ宴の始まり、始まり・・・   
夕方少し風が出て来てさすがに肌寒くなっていたが、夜の帳が降りる頃には風も止み、明日から天気が悪くなる予兆なのか寒さも感じなくなってしまった。う~ん、これは適宜なアルコールとたき火の威力もあるのかな・・・ 
料理上手なKボスが腕を振るったイタリアンな食事もYさんのボリューミィーなベーコンポテトグラタンもとても美味しかった・・・ 
ふと闇空を見上げれば山の端からは薄雲の掛かった月が顔を出し、わずかに星も見えた・・・ムーディーな夜だ・・・森の精霊たちに静かに見守られる中で久し振りのお酒と仲間との楽しいおしゃべり・・・くろすけの沢でのお泊り「たき火デビュー」は、こうして和みの中にHAPPYに更けて行くのでありました・・・

PB224091-1.jpg PB214077-1.jpg PB214086-1.jpg


※2日目に続く
タグ :

丹沢水無川/源次郎沢

 2015-11-19
2015.11/17(火)晴のち曇り

 久し振り~の沢・・・(*^^*)
早起きも苦にならない・・・8:15 渋沢駅でミドリさんと合流しuconさんの車で戸沢キャンプ場駐車場へ。
車が数台止まっていたが登山者だろうか・・・真っ黄色に染まった銀杏の大木が青空に映えて美しい・・・
今日は先日のロープワーク講習の実践として、丹沢の源次郎沢へ。
風も無くポカポカ陽気で、メチャ沢日和・・・
<メンバー:SLuconさん CLミドリさん くろすけ>
※写真はクリックすればほとんど拡大可

・戸沢キャンプ場駐車場 9:15  ・小さな橋を渡ると尊仏山荘の有名ボッカさんとすれ違う   ・石段を登る
PB170002_convert_20151118205616.jpg PB170005_convert_20151118205707.jpg PB170006_convert_20151118205746.jpg
書策新道(昨年9月サガミジョウロウホトトギスを見に行くのに利用した)を少し歩いてから入渓する。
PB170007_convert_20151118214158.jpg PB170008_convert_20151118214409.jpg
F1:4mの滝はどれ?(表示が無くなっていたのか見落としたのか・・・
PB170011_convert_20151118215115.jpg PB170017_convert_20151118215154.jpg PB174056_convert_20151118223026.jpg
・紅葉がいい感じ・・・                                  ・見~つけた!
PB170019_convert_20151118224750.jpg PB170021-1_convert_20151118225427.jpg
F2:多段8m                ・上部は右端登る            ・上から見ると・・・
PB174058_convert_20151118230847.jpg PB170022-1_convert_20151118230022.jpg PB170023_convert_20151118230332.jpg 
・優しいタッチですね・・・                                ・見~っけ!
PB170026_convert_20151118232005.jpg PB170027_convert_20151118232320.jpg
F3:4mトイ状                                     ・表示無しの滝
PB170028-1_convert_20151118233624.jpg PB174068_convert_20151118233949.jpg PB170031-1_convert_20151118233723.jpg
・おやっ、逆さま!          ・F4:10m              ・中間部は突っ張りで・・・デカ尻くろすけ
PB170034-1_convert_20151118235026.jpg PB170033-1_convert_20151118235252.jpg PB174077_convert_20151118235639.jpg
・さらに上部・・・             ・振り返って見る・・・   
PB170037-1_convert_20151119001448.jpg PB170038_convert_20151119001321.jpg
・二俣右へ                 ・F5:3段12m  ロープを出していよいよ実践(左壁残置支点有り)
PB174079_convert_20151119002744.jpg PB170045-1_convert_20151119002927.jpg
CLミドリさんが、トップで登り手際よくリードしていきます・・・上部は一部ハングしており慎重に・・・
PB170046_convert_20151119175047.jpg PB170050_convert_20151119175124.jpg PB170055_convert_20151119175316.jpg
・次の二俣は左へ・・・              
PB170059_convert_20151119180611.jpg PB170066_convert_20151119181017.jpg PB170149-1_convert_20151119221530.jpg  
F6へ・・・ここでも実践(左壁登る)   ・ここでは滝の落ち口上部で支点を取る・・・
PB170065-1_convert_20151119181042.jpg PB170070-1_convert_20151119182747.jpg PB170068_convert_20151119182715.jpg
・ガレ場が続いて行くが、紅葉が気分を和ませてくれる・・・二俣左へ
PB170078_convert_20151119194250.jpg
・F7・・・滝?                ・後ろを振り返る            ・F8・・・もうただのガレ場です
PB170091-1_convert_20151119195209.jpg PB170092_convert_20151119195407.jpg PB170093_convert_20151119195325.jpg
・F9:チムニー状5m(CSと倒木有り)倒木の横を登れば簡単だが敢えて中央を登るミドリさん・・・
PB170098-1_convert_20151119201417.jpg PB170101-1_convert_20151119201450.jpg PB170104_convert_20151119201627.jpg
・更にもう一つ4mが登場・・・簡単に登れる
PB170110-1_convert_20151119201729.jpg PB170111_convert_20151119203412.jpg
・そして本日の核心 F10:8mCS(古い資料だとF9)
右壁をランニングビレイを取りながら登る
PB170113-1_convert_20151202233929.jpg
・最後を登るuconさん        ・ラストの壁は倒木で支点を取りバッチリ決めたミドリさん・・・
PB170116_convert_20151119210011.jpg PB170117_convert_20151119210108.jpg
岩場・ガレ場・倒木地帯など登って行くと笹原に・・・ちょっと遅くなったけどランチタイム 
PB170119-1_convert_20151119221028.jpg PB170124_convert_20151119221105.jpg PB170128_convert_20151119221143.jpg
笹原の急斜面を左斜めに進んで行くと、花立山荘直下の大倉尾根の登山道に出た。朝は気持ちの良い青空だったのに、今はすっかり曇ってしまい展望は今一だが、整備された階段状の登山道を一気に下りて行く・・・右手には頭が雲に隠れてしまった富士山も見えた・・・分岐で天神尾根に入り戸沢を目指す・・・
PB170131_convert_20151119221225.jpg PB170135_convert_20151119221259.jpg PB170141_convert_20151119221327.jpg
日が射していればもっと素敵なはずの紅葉を楽しみながら、木の根っこなどで歩きにくい階段状を下りて行く・・・。
PB170143_convert_20151119221420.jpg PB170146-1_convert_20151119221450.jpg 
戸沢に戻ってきた。15:03 駐車場の銀杏の木が今朝と違って何だか哀愁を帯びて見えるのは気のせいだろうか・・・今日も中身の濃い充実した一日となった。フリーでならさっさと登れる岩場も、ロープワークを駆使しながらだと操作に手間取って中々思うように進めなかった。片手でスムーズにできるようにこれも練習、場数をこなさないとダメなようだ。今日はミドリさんがトップでリードしてくれ、くろすけは下で確保し、その後登るだけだったけど、ミドリさんのようになるにはまだ時間がかかりそうだ・・・若い時と違って?情けないほどの覚えの悪さ・・・ハハ でも、頑張るのだぁ・・・だって大好きな沢、恋人に選んでしまった宿命?(ちょと大袈裟か…)ですもの・・・沢装備を解きながら、ロープワークの出来の悪さに情けなくもなりながら、まだまだくろすけの沢修行は続くのだと思ったら、大変さより微妙な嬉しさ?がこみ上げて来た …ニンマリと一人ほくそ笑みながら、uconさんの車に乗った。
PB170162-1_convert_20151119221608.jpg PB170164_convert_20151119221639.jpg

1カ月以上も沢に行けず・・・なぁんとなく空虚で、生活にも今一つ張りが出ないでいましたが、やっとストレス解消できました。
uconさん、ミドリさん、楽しい充実の日を有難うございました。

今日もくろすけの沢やか人生に乾杯!


タグ :

ロープワークNO.3

 2015-11-06
2015.11/5(木)晴

 前回に続き、今回も湯河原の幕山にてロープワーク講習。
真鶴駅9時、ミドリさんと合流し、uconさんの車で現地入り。
先に到着していたPOPOさんと今日は3人で特訓を受ける・・・
午前中は、東屋にて前回の復習確認

PB050002_convert_20151106191549.jpg 幕山 (7)

毎日忘れないように、ちょっとだけでもロープに触れておきたいと思いながらも現実の生活では・・・ 
昔と性格はちっとも変わらなくって、追い込まれてやるタイプ・・・
家庭内引っ越し(移動)で少し腰を痛め、パソコンの前にじっと座っているのも辛いものがあったが、前の晩慌ててユーチューブで確認しながら練習するも、できなくなってしまったものも有り・・・落ち込む・・・

                                                            

カンニング黙認と言う事で(uconさん今日は(今日も?)寛大!)
・・・で、何とか午前中に復習完了。。。 
昼食後は、岩場に移動しての実践。
今回は、前回の桃源郷を通り過ぎ、結構急斜面を登り、悟空スラブと言う何とも冒険チックなネーミングの場所。

PB050012-1_convert_20151110195715.jpg PB050017_convert_20151110195746.jpg

悟空スラブからの展望は素晴らしく、眼下には真鶴半島、初島。。。その先に大島・・・
そして岩場には真っ赤に紅葉したハゼが午後の光りを浴び美しく彩りを添えている・・・
今日はポカポカ陽気で汗ばむほど・・・。
                                                      ※島の確認拡大可
PB050024_convert_20151106202550.jpg PB050027_convert_20151106202611.jpg

・他に誰も居なく貸し切り・・・                                                  
PB050015_convert_20151106200829.jpg PB050021_convert_20151106201634.jpg

・今日はマイロープ30mもそれぞれ持参・・・
PB050031-1_convert_20151106202100.jpg PB050033_convert_20151106202142.jpg

岩場ではランニングビレーの取り方や確保、懸垂下降の実践・・・
いきなり、やってと言われて面食らったが、初めてのヌンチャクとやらを使用しながら・・・頭の中は???
途中で経験者のミドリさんからアドバイスを頂きながら何とかクリア?・・・

あっという間に時間は経ち、ロープを回収し下山・・・駐車場にてお茶してから、また真鶴駅まで送って頂き解散となる。

やっぱ実践が一番・・・錆びついた脳みそを覚醒しながら・・・当分ボケ防止にはなりそうだ・・・
いつかは悟空のように変幻自在に何でも操れるようになりたいな・・・
カテゴリ :登山:その他の山 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫