ブログプロフィール写真

 2017-03-31
2017.3/31(金) 晴てましたが曇ってきました・・・やっぱり崩れるのかも

 2日前、ブログプロフィール写真を入れてみた。
2014.4/5 神成山九連峰に行った時に寄り道した宮崎公園手前の坂道の小さな公園で見つけたトトロ。
あまりにも良くできていて超可愛く、連れて帰りたいと思ったほどのトトロだ。
付近の喫茶店の方が持ち主のだったような・・・

P4050043_convert_20170331082505.jpg



P4050038_(2)_convert_20170331082729.jpg



-1P4050032_(2)_convert_20170331082845.jpg


写真の中に写真を入れる(まっ黒くろすけを入れたかった)と言う技法ができないので、言葉を入れてみた。
仕上がってみると、この呼びかけの方が面白いかも。。。と思って自己満足!



<ご訪問下さる皆様へ>

 ブログを始めてからもうじきまる5年(6年目に突入)になろうとしています。
書きたい時だけ書くと言うスタイルが長続きできていることに繋がるのかなぁと思っていますが、それよりも何よりも、いつもいつも陰で拍手応援して下さる方や「楽しみにしています。」などと言って下さる方が一人でもいると、それが励みであったり、いい意味でのプレッシャーになって何とか頑張れているのだと思います。これからもマイペースで、山・沢での思い出、日々の事など風のように雲のように(くろすけ流)に綴っていきたいと思います。
相変わらず拙い文と写真ですが、懲りずに飽きずにどうぞこれからもよろしくお願い致します。m(__)m


珍しく、朝パソコンに向かっている。
午後からは遅番のお仕事・・・さぁ、今日も頑張るぞ~・・・
スポンサーサイト
タグ :

干支の山へ(北アルプス:白鳥山)本編

 2017-03-24
<白鳥山>
 白鳥山は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の最北端にある標高1287mの山。
新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。山姥山・上計呂山・寺山などの別称がある。
朝日岳と日本海沿岸の親不知とを結ぶ栂海新道上に位置する。
Wikipediaより

2017.3/18(土)晴のち曇

 前夜、遅番の仕事を終えそのまま電車に飛び乗り、新座駅に着いたのは23:35。
さわねNリーダーの車にピックアップして頂き、下仁田の道の駅にて仮眠を取り、翌朝新潟と富山の県境へと高速を飛ばす・・・

・美し~い!妙高山・・・走行中、つい      フロントガラスに付いた虫がオマケです
P3180003_convert_20170322181938.jpg

今のところお天気は素晴らしい!このまま山頂に着くまでもってほしいものだ。(天気予報は三社三様で悪く出てるものも有り)日本海の穏やかな海を眺めながら、風が強くない事にホッとしながら、富山県の朝日町に入る。境川沿いに走り、上路集落を目指す、道路上に雪は全く無し・・・。集落は、廃屋が多いのかお留守なのか、人の存在が皆無に等しかったが、Nリーダーが付近の民家でやっと見つけたおばあちゃんにお声掛けして、駐車場お借りした旨お伝えする。m(__)m 10:30出発!

・上路の集会所?の駐車場お借りする    ・神社の境内から入山・・・立派な杉が立ち並ぶ
P3180004_(2)_convert_20170322185641.jpg P3180005_convert_20170322185710.jpg P3180007_convert_20170322185739.jpg
神社の裏側から林道にぶつかり終点まで辿り、小脇谷右岸尾根に取付く。
スタート時は、雪少なく山の地肌がまる見えの藪漕ぎだったが徐々に腐った雪となり、50分ほどはツボ足で進む。
P3180012_convert_20170322190909.jpg P3180015_convert_20170322190939.jpg
スノーシュー装着後、緩急のアップダウンを繰り返し標高を稼いで行く。今回も1泊装備なのでザックがズシリと重たいし、相変わらずくろすけの御身も重たい。。。
ふと横(東方向)を向くとひょっこりと特徴ある山が見えてきた。後で調べてみると頸城の黒姫山のようだ。数分後に振り返れば今度は海も見えて来た・・・この山と海がずっとくろすけを励ましてくれた…
P3180026_convert_20170322203139.jpg P3180024_(2)_convert_20170322203556.jpg
出発時は青空だったのに、進むほどにオブラートに包まれたような空に・・・。
それでも風は微風程度なので助かる・・・
P3180039_convert_20170323173251.jpg P3180048_convert_20170323173311.jpg


P3180062_convert_20170323173339.jpg

・急斜面だぁ~                  ・ヒ~フ~、エンヤコラ!・・・
P3180067_convert_20170323174158.jpg IMGP4724.jpg
たぶん800m地点・・・日本海をバックに
本日は残念ながらボーっと霞んだ海色だ。
でも日本海だと思えば、太平洋側に住んでるものにとっては、格別の思い、嬉しい!。。。
IMGP4725.jpg

・太陽にもフィルターが掛かって… ・891mピーク地点から山頂避難小屋を望む… まだはるか先だぁ~…
P3180078_convert_20170323180926.jpg P3180081-1_convert_20170323182509.jpg
雪庇のせり出しも多分大分減ってるに違いないが、雪の感触が違ってきた・・・
ザクッザクッからサクッサクッと
P3180091_convert_20170323183640.jpg

頑張れ!・・・休憩もこまめに取りながらガンバ!
P3180109_convert_20170323193545.jpg

あとピークは2つ・・・ 頑張れ!
P3180112_convert_20170323195803.jpg

・最後のピークをガンバ!            ・1230m地点で振り返る・・・海色がぼ~っと
P3180119_convert_20170323193922.jpg P3180120_convert_20170323194102.jpg

そして目の前に初雪山
P3180124_convert_20170323202815.jpg
初雪山アップ・・・
肉眼ではしっかり確認できるのですがすっかりガスってきてしまいカメラ的には良く撮れませんでした。
お天気が良ければ初雪山の肩に剣岳まで見えるのだそうな・・・残念!
P3180126_(2)_convert_20170323203242.jpg

さぁ、此処までくればあとひと踏ん張り・・・ガンバ!赤○が山頂避難小屋
P3180131_convert_20170323205838.jpg

黒姫山と山頂避難小屋
P3180133_convert_20170323212325.jpg

・雪庇を回り込んで赤○を目指す・・・     ・初雪山を感慨深げに眺めるNリーダー
P3180137_convert_20170323212856.jpg P3180139_convert_20170323213040.jpg

・もう少しだ。ガンバ!  ・遂にヤッター!白鳥山山頂避難小屋1287m 16:05 着
P3180146_convert_20170324184741.jpg P3180148_convert_20170323214709.jpg
すっかりガスってしまい、山頂からは近景の黒姫山が見える程度・・・
晴れていれば、焼山・火打山・雨飾山~剣岳・初雪山・白山などの名峰、そして日本海西北には能登半島までも見えるらしい。日本海の水平線も是非ともこの目で見たかったなぁ~実に残念の一語に尽きる・・・
P3180152_convert_20170323215415.jpg
小屋の1階の出入り口はほぼ雪で埋まっていて入れないので、情報通り、鉄梯子を登ってアクロバティックに2階の小窓から部屋に入り込んだ。小さなテーブルに銀マット・ハンガー、それに布団?(布団カバーに入ったものが2つ。)まであった。深夜から早朝はきっと大分冷え込むに違いないと思っていたが、予想に反し全くの寒さ知らずで快適に過ごせた。小窓からは夜景もきれいに見え、山頂での展望の無さをカバーしてくれた。ささやかな宴後、21時には就寝したが、夜中目が覚めると強風と雨音、それに稲妻まで走り、一瞬明日はちゃんと帰れるのか不安になったりもしたが、アルコールが効いていたのか山の神に祈りながらいつの間にか眠ってしまっていた・・・ 
P3180151_convert_20170323215223.jpg P3180153_convert_20170323214501.jpg


2017.3/19(日)曇

 目が覚めると一番に風の唸る音を耳にした。小窓を開けると外は真っ白で何も見えない。。。
きゃぁ、今日は一体どうなってしまうのだろう?
簡単に朝食を済ませ、部屋の片づけも終わるころ、風音もほとんどなくなってきたので、予定通り下山する事に。
・8:35 出発!小屋を出て間もなくに、視界は徐々に広がり でした。
P3190157_convert_20170324203225.jpg P3190170_convert_20170324205118.jpg

振り返れば、白い太陽が顔を出し、見送ってくれている。
P3190168_convert_20170324212639.jpg


P3190173_convert_20170324210332.jpg


P3190180_convert_20170324210411.jpg
もう一度振り返り、小屋にさよなら!
大変だったけど機会があればまた来たいなぁ~・・・・。 
P3190183_convert_20170324211841.jpg

帰りはあっという間で~す・・・
P3190192_convert_20170324210438.jpg

下って行く程に疲れも出てきてるらしく、軽くなったはずのザックも休憩後に背負う時はメチャ重く感じるし、急斜面では踏ん張る力も今一つでこけまくり!・・・と体力の落ちた事に年を感じました。  
                            ・マンサクが咲き始めていた・・・
P3190194_convert_20170324214155.jpg P3190199_convert_20170324214236.jpg

                            ・コブシの花の蕾も・・・
P3190203_convert_20170324214533.jpg P3190204_convert_20170324214824.jpg

・一部はっきりした青空も・・・           ・藪に突入する前にスノーシュー脱着
P3190208_convert_20170324215214.jpg P3190209_convert_20170324215322.jpg

・藪漕ぎは沢登りで鍛えられて苦にはならなかったが…  ・林道を戻る・・・
P3190217_convert_20170324220642.jpg P3190220_convert_20170325151839.jpg

神社に寄り参拝し、駐車場に無時戻る。11:27着。お疲れ様でしたぁ~!
杉の巨木達が霊験あらたかな雰囲気を醸し出していた・・・。
P3190221_convert_20170324220732.jpg

帰路、上路集落の街道沿いのフクジュソウが点々と何べんも目に入ったが、車から下りて採るパワーがなくて・・・眺めただけ!
道の駅「越後市振の関」にて昼食。海鮮丼みたいなものを食べたかったが、生憎なくて店長お薦めの「たら汁定食」なるものを頂く。たらのぶつ切りが入ったたっぷりの汁でお味はなかなかでしたが、付け合わせの冷ややっこの方に妙に感動した。 (モンベル会員100円引き) ・たら汁定食の写真は拝借m(__)m
P3190226_convert_20170325151521.jpg mig_convert_20170325154446.jpg

往路を戻り高速に乗るが、途中で少し雨に降られ、白鳥山ではどうだったのかと気になった。(白鳥山で出会った人:行きは4人、帰りは10人位 小屋泊まりはくろすけ達だけの貸し切り)
行きに素晴らしい展望を見せてくれた山々の展望も帰りは春霞状態でほとんど得られず、高速をひたすら走るが、渋滞に少し遭遇しただけでそれほど遅れる事もなく無事新座駅に到着。さわねNリーダー、長距離運転お疲れ様でした。伊豆山稜線歩道に続いて白鳥山、何だか海と夜景の見えるシリーズになってしまいましたね。それぞれに大変でも楽しかったです。ありがとうございました。m(__)m


干支の山「北アルプス:白鳥山」は、もう一度登ってみたいと思わせるいい山でした。
やはり雪山は、地球の青さを感じるほどのまっ青な空のもとで、辛さも楽しさも味わいたいなとつくづく思います。


出会った全て、家族に感謝!

※P.S
白鳥山の良さを表現できるような写真今回は撮れませんでした。残念!
タグ :

干支の山へ(北アルプス:白鳥山)

 2017-03-20
さぁ、張り切って行くぞ~ (^^♪
P3180026_convert_20170320235046.jpg


が。。。登っても         登っても。。。(~_~;)
P3180067_convert_20170320234606.jpg P3180077_convert_20170320234631.jpg

山頂はまだまだず~~~っと先!(◎_◎;)
が山頂避難小屋  右下がソロスキーヤー     ※写真はクリックで拡大可
P3180081-1_convert_20170320233805.jpg


この山(頸城の黒姫山?)と・・・
P3180034_convert_20170321003917.jpg


この海(日本海)に励まされ。。。頑張った!(ぼ~っとした青ですが海です。
P3180072_convert_20170321004240.jpg


今年の干支は酉、それなら山名に酉(鳥)のつく山にも登ってみたいと。。。
3/18(土)~19(日)北アルプス白鳥山(栂海新道の一番端の山)へ。。。
近日中詳細アップ予定!


◎訪問下さる皆様へ
いつもありがとうございます。
昨日夜山から帰って来ましたが、大分疲れていたらしく午前中はしっかり寝てしまいました。
午後からは、頭だけは何とかスッキリしたようなので、沢始め!「湯河原:新崎川左俣の詳細アップできました。(^^;
タグ :

2017沢始め!

 2017-03-16
待ちに待っていた沢へ。。。  
P3160038_(2)_convert_20170316215559.jpg


さぁ、何が待っているのだろう。。。(^^♪
P3160039_convert_20170316220732.jpg


くろすけの2017春の始まり。。。(*^^)v
P3160043_convert_20170316220906.jpg


ワクワクとドキドキが止まらない!・・・




2017.3/16(木)晴のち曇

●湯河原:新崎川左俣

<湯河原駅…幕山公園~白銀橋~中尾沢出合~中尾沢右俣F2(柱状節理の滝)~中尾沢出合~終了点~幕山公園>

 真冬でも沢に行きたいと思っているくろすけ、今年は行きそびれていて何となく満たされない日々が続いていた。。。と、さわねで沢始めの声が上がり、待ってましたとばかり参加して来た。

湯河原駅前8時Kさんとくろすけ、Yさんの車にピックアップして頂き幕山公園へ。。。
P3160001_convert_20170320131919.jpg
8:34 出発!ポカポカの沢日和です。。。
梅の宴は終わったようですが、まだきれいに見える部分もあり。。。
P3160004_convert_20170320133426.jpg
※写真は全てクリックで拡大可
・8:46 山の神にご挨拶              ・9:00 大石平~白銀林道へ・・・    
P3160008_convert_20170320144920.jpg P3160009_convert_20170320144944.jpg P3160010_convert_20170320145016.jpg

・柵の右側の林道に入る  ・小沢を渡り進んで行く  ・白銀橋を渡ると左に沢に下りる踏み跡有り
P3160011_convert_20170320145055.jpg P3160014_convert_20170320145122.jpg P3160019_convert_20170320152533.jpg

・橋の下を少し進んだ所で装備し入渓           ・大きな岩がゴロンゴロンだ・・・
P3160023_convert_20170320155348.jpg P3160030_convert_20170320155422.jpg

10:17 間もなくにゴルジュが見えて来た        ・1つ目のの小滝
P3160036_convert_20170320155706.jpg P3160040_convert_20170320160124.jpg

2つ目の小滝・・・ミニゴルジュだったが、冒険チックなゴルジュ大好きくろすけはもうワクワク!
P3160049_convert_20170320160757.jpg P3160053_convert_20170320161143.jpg

ゴーロ帯を進んで行くと幅広ナメ滝(右)、
Kさんとくろすけは蔓を補助に左から、Yさんは右(残置ロープ有ったとの事)から
P3160061_convert_20170320163915.jpg P3160074_convert_20170320164202.jpg

ぐんぐん進んで行くと、倒木が目立つようになる・・・  ・10:59 中尾沢出合…右に
P3160086_convert_20170320165949.jpg P3160091_convert_20170320170743.jpg

ゴーロ帯を進んで行くと登山道が横切っていた。さらにゴーロを進み踏み跡を辿って行くと二俣に・・・
P3160101_convert_20170320173251.jpg P3160102_convert_20170320173617.jpg

・右俣のFI滝が最初に目に入る              ・左俣奥のF1滝
P3160104_convert_20170320174838.jpg P3160108_convert_20170320175707.jpg

左俣と右俣の中間尾根を登って行く。ロープ有り。  ・緩やかになりロープを辿る
P3160109_(3)_convert_20170320181109.jpg P3160113_convert_20170320180524.jpg

尾根を登って行く途中で密やかに咲くヤマルリソウを発見!確かな春の証・・・
P3160112_convert_20170320181600.jpg

視界が開けると・・・
お~柱状節理の滝・・・六方の滝
P3160132_convert_20170320185153.jpg

地球の創り出す造形美にはいつも感動だ・・・
時を経ても熱い思いが伝わってくる・・・

P3160124_convert_20170320184040.jpg


P3160128_convert_20170320184848.jpg

柱状節理の滝を鑑賞しながら昼食後往路を戻り、途中からは先程の横切っていた登山道を行く。
P3160133_convert_20170320194749.jpg P3160143_convert_20170320192152.jpg P3160148_convert_20170320192228.jpg

朽ちた橋を渡り沢に近づいた所で本流に戻った。
P3160150_convert_20170320192300.jpg P3160151_convert_20170320192332.jpg P3160153_convert_20170320193451.jpg
少し前から白いものが気になっていたが、何とそれは雪だった。数日前の寒波で降ったものがまだ残っていたのだ。
                               ・700m二俣で右へ・・
P3160156_convert_20170320194258.jpg P3160161_convert_20170320194325.jpg

間もなくに岩壁から水が湧きだしてる場所に・・・  ・太い藤蔓の巻き巻きの演出が素晴らしい!
P3160170_convert_20170320200215.jpg P3160182_(2)_convert_20170320201201.jpg

小さな滝を楽しみながら・・・
P3160185_convert_20170320202716.jpg P3160204_convert_20170320202831.jpg

苔もなかなか良い雰囲気を・・・
P3160209_convert_20170320202912.jpg P3160219_convert_20170320204125.jpg

                            ・ポンプ小屋が現れた・・・
P3160222_convert_20170320204221.jpg P3160230_convert_20170320204304.jpg


P3160235_convert_20170320212527.jpg P3160256_convert_20170320212601.jpg
どんどん詰めて行くと沢幅も狭くなり、ゴーロ帯は笹に覆われるように・・・
最後の10m滝が現れた・・・
P3160241_convert_20170320205938.jpg

左から巻いたが、笹薮の急登だった… ・沢に戻り堰堤などの人工物を越えて行くと登山道に出た。
P3160247_convert_20170320211557.jpg P3160255_convert_20170320211628.jpg P3160258_(2)_convert_20170320211915.jpg

土肥の大杉跡登山道を下る。登山道を倒木が塞いでいて少し迷う個所有り・・・。
P3160262_convert_20170320213652.jpg P3160266_convert_20170320213727.jpg P3160268_convert_20170320215705.jpg
 
鬱蒼とした針葉樹林帯から小沢を渡り~白銀林道~幕山梅林公園へと戻る。15:25 お疲れ様でした!
P3160280_convert_20170320213806.jpg P3160282_convert_20170320213852.jpg P3160295_convert_20170320213937.jpg

帰りは、温泉にも入りたかったのですが、翌日仕事後、夜からまたお出かけ予定で何も準備してなかったのであきらめ、Yさんに湯河原駅まで送って頂き真っ直ぐご帰宅に・・・。


 2017の沢始め、紅白の梅に送迎され、大好きなゴルジュもチョッピリ味わえ、残雪のおまけ付きと楽しみに溢れた遡行となりました。Kさん、Yさん、ありがとうございました。m(__)m 


やっぱ沢!
くろすけの沢やか人生に今日も乾杯!

P3160117_convert_20170320221427.jpg






タグ :

近隣散歩 (*^^*)

 2017-03-10
2017.3/10(金)晴

今日はお花見散歩!
八千代市の道の駅傍の新川千本桜(河津さくら)の並木道へ

八千代橋の袂からスタート!
結構な人達が散策してました・・・
P3100103_convert_20170311002737.jpg


冷たい川風を受けてたくさんの小さな風車が回っていました・・・
P3100002_convert_20170311003058.jpg

チョットちょっと見て下さ~い。この実に桜らしい樹皮・・・
この桜並木は全部この紋様を纏っています。。。       ・とっても桜らし~い!
P3100011_convert_20170311004057.jpg P3100012_convert_20170311003834.jpg


雲の流れに太陽が出たり隠れたり・・・
P3100017_convert_20170311010730.jpg


ボートがいい雰囲気を演出してますが・・・
P3100030_convert_20170311012208.jpg

八千代橋から阿宗橋までの4.6キロの桜並木だそうです。
まだ木が若い感じですが、もっと年数が経ちボリュームが出てきたら見応えがあり素敵でしょうね。
P3100029_convert_20170311012402.jpg

逆水橋と言う橋の少し先まで行って今日は戻って来ました。
夫と息子は、ちょっとだけしか歩かなくて道の駅で待っているので・・・。
P3100047_convert_20170311013440.jpg


川鵜に出会いました・・・
P3100057_(2)_convert_20170311013713.jpg P3100067_convert_20170311013740.jpg


これは何の鳥でしょう?・・・
P3100096_convert_20170311013238.jpg


今日は最も桜らしい樹皮に感動した日となりました・・・
P3100013_(2)_convert_20170311005529.jpg


 3/2(木)は雨で、手賀沼温泉でのんびりだらりんと疲れを癒し、今日は、少し遅かった(葉っぱが出始めていた)けどお花見散歩・・・と、甲斐甲斐しく家族サービスに気を使っているくろすけで~す。
普段好き放題させてもらってますので・・・m(__)m m(__)m m(__)m
お蔭様で、まだ2/25~26の飯士山・威守松山アップできてませ~ん。。。いつになるやら・・・

 3日前位から、鼻水とくしゃみが出始め、目もべとつく感じになり、いよいよこれは花粉症になった?のか、それともただの風邪なのか区別がつかないくろすけです。。。でも、身体は元気で~~す。
タグ :

信州:三峰山

 2017-03-08
本日も晴天なり!
北アルプスの大展望・・・(*^^*)

20170305_100537_convert_20170308170921.jpg

信州の三峰山にやって来た・・・
P3050134_convert_20170308171143.jpg


2017.3/5(土)快晴~晴          ※写真はクリックで全て拡大可

 SHCのスノーシュー登山に参加。Kリーダー他10名。(男性6人女性5人)
前夜バスで新宿駅西口を21:30出発。途中で仮眠をとり、下諏訪~和田峠~取付き地点まで。
6:31出発! 
中山道の表示の先に雪のブロックで作ったイグルーがあった。斜面を上がりビーナスラインを越え・・・
P3050011_convert_20170309113340.jpg P3050012_convert_20170309113405.jpg P3050017_convert_20170309120259.jpg
沢を越え、二度目のビーナスラインにぶつかった所から、スノーシュー・ワカンを付けていよいよ山に取付く
P3050019_convert_20170309120700.jpg P3050023_convert_20170309120924.jpg P3050024_convert_20170309121122.jpg
今日も素晴らしいお天気だ。雪はもうザクザクだが、振り返れば蓼科山や雲海の上に浅間山が姿を現した
逆光なのでくろすけのカメラではうまく撮ら得られず、アップできませんが・・・ 
登山道にぶつかり、三峰方面へ、まずは、目の前に見えるピークへ。
P3050033_convert_20170310103000.jpg P3050038_convert_20170310103033.jpg P3050039_convert_20170310103103.jpg
楽なアップダウウンで、快適に進んで行く。高度を上げるにつれて、展望も益々よくなり、北峰までもう少しのようだ。
P3050040_convert_20170310104230.jpg P3050048_convert_20170310104309.jpg
踏み跡の無いスロープを登って行く・・・
真っ白な雪面と真っ青な空のコントラストが言うまでもなく・・・美しい!
P3050049_convert_20170310105217.jpg P3050055_convert_20170310105252.jpg
ルンルンで斜面を上り切ると・・・
お~~目の前に三峰山・・・
P3050059_convert_20170310112527.jpg

そして北アルプスの遠望が・・・素晴らしい!
P3050062_convert_20170310111708.jpg

三峰山をしっかりとらえながら、前進!・・・
P3050071_convert_20170310113724.jpg P3050073_convert_20170310113752.jpg P3050079_convert_20170310114829.jpg

奥穂高~大キレット~常念岳~槍ヶ岳~大天井岳など段々クリアーになってきた・・・
P3050080_convert_20170310121054.jpg


P3050092_convert_20170310122307.jpg

雪が大分減ってしまっているようですね。笹や地肌がが見える所が多い・・・
P3050098_convert_20170310122405.jpg
振り返る・・・
右端の木の存在が絵になります・・・
P3050100_convert_20170310154341.jpg

大岩がポイントの個所通過・・・
P3050105_convert_20170310154407.jpg

振り返って見る蓼科山(左)と八ヶ岳連峰、残念ながら本日は富士山は見えず・・・
P3050111_convert_20170310113145.jpg

ぐんぐん山頂が近づいてくる・・・
P3050114_convert_20170310155309.jpg P3050115_convert_20170310160037.jpg

緩やかな登りです・・・ルンルン!
P3050117_convert_20170310155627.jpg

オ~~~山頂が見えて来たぞ。
P3050122_convert_20170310154831.jpg
ヤッター!三峰山山頂 1887m 9:57 ・茶臼岳の左に美ヶ原のアンテナが微かに・・・
P3050132_convert_20170310172827.jpg P3050123_convert_20170310174058.jpg

北アルプスは奥穂岳~白馬連峰まで見えると事ですが、この写真では五竜岳まで・・・ 
※是非クリックして拡大して見てね。
じっと眺めていると縦走した北アルプスのそれぞれの峰が走馬灯のように脳裏を駆け巡る・・・
20170305_100537_convert_20170310173709.jpg

家に帰ってから北アルプスの一部を拡大してみると爺ケ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳のようです。
P3050130_(2)_convert_20170310182208.jpg

御嶽山(左)や乗鞍岳も見えます・・・肉眼では、はっきりですがくろすけのカメラでは・・・
P3050139_convert_20170310161504.jpg

南アルプス(左)、中央アルプスなども春霞状態ではありますが確認できます。画質悪すぎ、気持ちだけ
P3050144_convert_20170310164229.jpg P3050086_(2)_convert_20170310181643.jpg
山頂は風もありますが、気温が高いせいか震えるほどではありません・・・。
しっかり展望を楽しんだ後、下山で~す・・・前方に蓼科山と八ヶ岳連峰
P3050150_convert_20170310185026.jpg

下に見えるのはビーナスラインと展望台?
P3050160_convert_20170310185114.jpg


P3050172_convert_20170310190222.jpg

雪面の表情のいろいろの表情に感心しながら。。。
P3050171_convert_20170310190537.jpg P3050184_convert_20170310191015.jpg 

ワカンを付けた人が上から下りて来る・・・ウサギさん?の足跡との対比が面白い!
P3050193_convert_20170310211126.jpg

  三峰山
P3050215_convert_20170310191707.jpg
あっという間にここまで下りて来た。今朝、山の斜面から登山道に出た所。
P3050222_convert_20170310192047.jpg P3050226_convert_20170310192144.jpg
帰路は和田峠へ向かう・・・             ・先に見えている頂きが1557峰
P3050228_convert_20170310192906.jpg P3050230_convert_20170310192928.jpg
下りてくると鞍部は「歴史の道:中山道」の古峠だった。ちょっぴり、古に思いを馳せ・・・
P3050236_convert_20170310194839.jpg P3050234_convert_20170310193213.jpg
登り返して1557mピークにて12:16 昼食。振り返れば三峰山がまだ見えていた。
浅間山の噴煙の上に雲が乗り、キノコ雲のようになって面白!・・・
P3050242_convert_20170310194703.jpg P3050244_convert_20170310200224.jpg
スキー場跡を和田トンネル方面に下りて行く・・・ ・道路に沿って疎林を行き、ビーナスラインに出る。
P3050253_convert_20170310200930.jpg P3050259_convert_20170310200957.jpg P3050261_convert_20170310201100.jpg
ビーナスラインを進み、今朝のガードレールの個所をまた跨ぎ斜面を下り往路を戻る。13:20着。
P3050266_convert_20170310201708.jpg P3050268_convert_20170310201735.jpg P3050272_convert_20170310201835.jpg

SHCの皆様、お疲れ様でしたぁ~。お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m
出逢った全てに感謝!


日本に三峰山と言う名の山は一体いくつあるのでしょうか?
今回はその一つ信州の三峰山に登って来ました。。。残念ながら?雪が少なかったので楽に登れました。
素晴らしい展望の山『三峰山』
今度はもう少し雪のある時に来てみたいですね。

P3050206_convert_20170309110642.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫