清八山~本社ケ丸

 2013-12-29
▲2013.12/28(土)晴 単独
 今年最後のお休み、天気はバッチリ晴れ、
やっぱくろすけは・・・「山でしょう!」。行く先は、山梨県大月市の秀麗富嶽十二景に選ばれている清八山~本社ケ丸と決めた。
何を隠そう!本社ケ丸(ほんじゃがまる)はくろすけの山なのだ。
標高の1631mは語呂合わせで①⑥③とくろすけの本名が・・・

本社ケ丸は、今日で2回目で~す。
(1回目は2011.12/12本社ケ丸~鶴ケ鳥屋山単独縦走)

 
 まだ夜が明けきらぬ空には三日月が煌々、走り慣れた急坂を自転車でジェットコースターのように下りて行く。
最寄り駅よりJR中央線中野~高尾へと乗り継ぎ、笹子駅(無人)に8:28着。下りた人はくろすけを入れて登山者ばかり9人位だったかな。駅より左に曲がり、甲州街道を行く。笹子川の橋を渡りしばらく行くと左に曲がる標識が、その後もう一度左に曲がり緩い坂を登って行くと追分トンネルだ。
IMG_0907+(2)_convert_20131228221932.jpg IMG_0908_convert_20131228221953.jpg IMG_0910_convert_20131228222059.jpg
トンネルを抜けると道路は先日降った雪が融けてアイスバーン~進むほどにすっかり雪道となる。だいぶ先に単独行の男性と思われる人を確認する。やはり、雪道で慎重に歩いてるようだ。変電所9:38からは、フェンス越しに滝子山などが見える。
IMG_0911_convert_20131228222134.jpg IMG_0915_convert_20131228222252.jpg IMG_0917_convert_20131228222313.jpg
護岸整備された川の橋を渡ると1台の車が止まっていた。先客がいるということで、ちょっとホッとする。薄暗い檜林を進んで行くと、間もなく視界は開け、登山口10:05となる植林地へと出る。
ここまでずっと緩い登りだったが、ここからはずっと雪の斜面の急登が続く。
IMG_0921_convert_20131228221601.jpg IMG_0922_convert_20131228221643.jpg IMG_1115_convert_20131228221720.jpg
先客がいるお陰で、雪面にトレースがつけられているので、道は迷う事はない。話し声が遠くから聞こえると思ったら、だいぶ下の方に数人の人達が登って来るのが見えた。
・途中で振り返って見る風景(鉄塔は変電所の辺り)
IMG_0928_convert_20131228223439.jpg
植林地が終わり、いよいよ山の中へと入って行く。先日の降雪の上にどうやら昨晩の雪が降り積もったようで(天気予報で夜乾雪と出ていた)、締まった雪の上にはさらさらのパウダースノーが・・・。高度を稼ぐほどに積雪の量も多くなる。ベンチ通過10:52。尾根筋では滑り落ちたら大変と神経を使いながら、ヒーコラ、雪の急斜面を登って行く。途中で本日初めて下山してくる単独行の男性とすれ違う。早くも清八山~本社ケ丸に行ってきたとの事で、その間、雪が膝上の所もあるし、岩場の所では気をつけるように、更にその先の角研山の方は止めておいた方がいいかも・・など情報とアドバイスを頂く。
IMG_0930_convert_20131228224031.jpg IMG_0932+(2)_convert_20131228223203.jpg
まだかいなまだかいなと、いい加減うんざりしながら歩を進めている途中で、くろすけのだいぶ前を歩いていた単独行の男性を追い抜くかたちとなった。大汗をかきながらヒーコラ頑張ってやっと清八峠に11:42到着。ここから右へ、夏道なら5分程で清八山山頂なのだが、今日は思いの外積雪も有り(膝下位)おまけに冷たい風がゴーゴーと唸りながら襲ってくる。風の音は一人だと何やら恐ろしく感じる事がある。
IMG_0934_convert_20131228224157.jpg
10分程かかってやっと清八山山頂1593m11:52到着。
IMG_0942_convert_20131228224341.jpg
す、素晴らしい富士の展望が待っていた・・・
IMG_0936_convert_20131228231018.jpg

IMG_0947_convert_20131228230630.jpg

IMG_0951_convert_20131230001719.jpg
ちぎり雲が次から次へと・・・
IMG_0938+(2)_convert_20131228225338.jpg
姿を変え・・・
IMG_0952+(2)_convert_20131228230723.jpg
富士の表情を変える・・・
IMG_0959+(2)_convert_20131228231836.jpg
残念ながら今日は、南アルプスや鳳凰三山、八ヶ岳などは上部に雲がかかってしまってはっきり見えない。くろすけの登頂後、単独行の男性、4人のグループ(男3人・女1人)が、次々とやって来た。ひとしきり展望を楽しみ、峠まで戻りくろすけの山、本社ケ丸へと向かう。幾つかのアップダウウンは、確かに雪が膝上までもの所も何か所かあり、それが結構な急斜面なので、トレースがついてなかったら、くろすけの場合引き返したに違いない。トレースを追いながらでも、途中で何度か引き返そうかなどと思う事もあったが、時々目にする富士山に励まされる。
・三つ峠の右に見える富士山
IMG_0962_convert_20131228233618.jpg IMG_0968_convert_20131228233645.jpg
・見晴らしの良い岩場より(雪に覆われて岩場は出てない)
 くろすけは、本社ケ丸山頂より、ここからの眺めが好き
IMG_0976+(2)_convert_20131228233705.jpg
・岩場を縫うように・・・(こちらは山頂直下の岩場ではありません)
IMG_0979_convert_20131229001349.jpg
山頂直下の岩場は、滑りやすい所が何か所かあって超慎重に登って行く。
IMG_0983+(2)_convert_20131229001852.jpg IMG_0992_convert_20131228234148.jpg
ふぅ~、ヤレヤレ、やっと本社ケ丸山頂1631mだ。13:03
こちらの山頂からも素晴らしい360度の展望だが、相変わらず遠くに見える山々の雲がとれず、ちょと残念だ。
角研山方面から登って来たという単独行の若い男性が昼食を取っていた。途中トレースも消えてる所もあり、積雪も多く大変だったとの事。
IMG_1019_convert_20131228235007.jpg
・三つ峠の右に富士山
IMG_1016+(2)_convert_20131228235056.jpg
・雪煙が・・・
IMG_1043+(2)_convert_20131228235742.jpg
・遠景に見える山々
IMG_1022_convert_20131228235030.jpg
展望を楽しみながら、簡単な昼食を済ませ、往路を戻る事にした。13:25
山頂直下の岩場が、帰りの方がより危険度が高く慎重に下った。
雪の側溝ではサクサクと、急斜面では滑り落ちるよう歩を進める。
雪面に木々の影が遊んでいる。
IMG_1055_convert_20131228235831.jpg IMG_1082_convert_20131228235853.jpg
中央の山が清八山、その後ろに御坂黒岳、右の尖がった山が釈迦ケ岳
IMG_1064_convert_20131230001811.jpg
清八峠に14:05戻る。ここから先帰りは楽だった。ただひたすら黙々と雪道をキュッキュッと踏みしめ一人下って行く。植林地上部14:38、登山口14:46、変電所15:00と通過し、トンネルを抜けてから少し小走りに走り笹子駅に15:54着。ふぅ~、何とか15:57発の電車に間に合った。 今日は土曜日という事もあって、乗り継ぎの電車でも全部座れ、大月~高尾~三鷹~中野~自宅(19:10着)と無事ご帰還と相なりました。
(本日の山で出会った人7人)

思ってた以上の新雪を踏みしめ、心もキラキラ・・・
 願わくば体重減!
IMG_1103_convert_20131228235956.jpg



今年最後の山は、くろすけの山で締めました。
行きたい山は、山ほどあり、登るほどに数が増え、山はエンドレスです。いつまでも若々しく山に登れるよう、来年も健康第一で頑張るぞ~・・・。

<2013年:訪問して下さったすべての方々へ>
 お転婆おばさんの備忘録としての拙い文と写真にお付き合い下さいまして、誠に有難うございます。
これからもボケ防止を兼ねて、くろすけらしく綴っていきたいと思います。
また来年のお越しをお待ち致しております。
それでは、皆様良いお年を・・・<m(_ _)m>
スポンサーサイト
タグ :
コメント
私も雪の久住山に登りたいんですけど登山口まで車で行くのが・・・,
積雪や凍結が恐くて・・・。
チェーン持ってないし,雪道なんて
運転したことないですからね。

ところで,アイゼンなんですが,
最近,軽いチェーンアイゼンてのが
人気のようなんですけど,
如何なもんなんでしょう?
【2013/12/30 10:51】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
163から語呂合わせできる名前、
ついつい想像してしまいましたぁ~(o^^o)♪

新雪の向こうに見える富士山がすごくきれい
1年の締め括りにいいものを見せていただき
ありがとうございました~(^-^)b
いつもくろすけさんのブログで
労せずきれいな景色を眺めての空想旅行…
ホントに1年楽しませていただきました。
来年も楽しみにしています。。。(^-^)b

お疲れ様でした、良いお年をお迎えくださいませ-☆
【2013/12/30 20:54】 | 森のくまくん #- | [edit]
初めて聞く山ですが、展望が良いですね~。
雪もたっぷりと良い感じです。
終わり良ければ全て良しですね。
この一年、多くの情報を頂きました。
来年はこのうち佐渡島、尾瀬笠ヶ岳などを実現できたらと思ってます。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。
【2013/12/30 21:05】 | yamasanpo #sSHoJftA | [edit]
こんばんは。
くろすけは、本格的な冬山の経験はありません。
今回の山は凍ってなかったのでアイゼンは不使用でした。
ご質問の件は、くろすけが答えるより、
ネットで「軽アイゼンとチェーンの比較」で検索すると
専門家の方が詳しく答えてるのがありましたので、
そちらを参考にして頂いた方が間違いなくて宜しいかと思います。
冬山の白銀の世界には、魂を奪われる程の魅力と魔力があります。
くろすけももっと若かったら、ガンガン行ってたと思います・・・i-278




【2013/12/30 22:41】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
いつもご丁寧にコメント有難うございま~す。
ジャンル違いですが、お近づきになれて、
くろすけはとても良かったと思っています。
抜群の笑いのセンスと創意工夫の達人、
聡明な森くまちゃんからは、学ぶことがいっぱいで~す。
これからもだいぶ年上のお転婆おばさんだけど
よろしくで~す。

ご主人共々よいお年をお迎え下さい・・・v-22
【2013/12/30 23:00】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
今年1/31の雲竜渓谷でのyamasanpoさんご夫妻との出会いは、
くろすけの人生にとってとても貴重なものとなりました。
これからもブログ参考にさせて頂きながら、
良い山旅を続けて行きたいと思います。
機会があれば、yamasanpoさんご夫妻とお仲間での山行企画に
ご一緒できる日が来ると嬉しいかなぁ・・・なぁん~て・・・i-278
こちらこそ来年も宜しくお願い致します。
奥様共々、良いお年をお迎え下さいませ・・・e-53


【2013/12/30 23:31】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
いつも楽しく、記事を拝見させていただいております。
エネルギッシュな、山行・行動に驚いています。
とくに、「佐渡」から「飯豊」に転進された記事には
驚かされました。
若いときなら兎も角、今の私には、とても信じられない
ことです。昔の私も、そんなだったと、懐かしく読んで
います。
【2013/12/31 19:24】 | snow dropezm #- | [edit]
まっ黒くろすけさん、

 こんばんは。

 すっかりと雪ですね。
 それよりもやはり富士山です。
 この姿を見ると、多分ずっとその場を
 離れないでしょう。羨ましい限りです。

 さて、今年もあと数時間で終わりで 
 す。来年もまっ黒くろすけさんにとって
 楽しい山が待っていますように。

六甲山探検隊
【2013/12/31 20:46】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
snow dropezm 様

コメントありがとうございます。
いい年をしての様々な無鉄砲さには、
自分でも振り返るとゾッとする事があり猛省することもしきりですが、
おばさんになってから山に縁しましたので、
何回も行ったりできないと思うと、
つい欲張ってあっちもこっちも無駄なくなんて思ってしまいます。

くろすけも時々snow dropezm 様のブログにお邪魔させて頂いています。
くろすけのやりたいことを全部やってらっしゃるご夫妻なんで
羨ましく記事を拝見させて頂いておりました。
魅力に溢れた沢や岩、若い時から縁があれば、
絶対燃えて野猿の如く、駆け巡っていたことでしょう・・・i-229

おばさんになってから、山とは縁し、ツアー会社利用からスタートし、
山岳会などにも属してないので、無知で突っ走ってるところも多々ありますので、
無謀な行動にうつることもたくさんあると思います。

山はほんとに永遠の恋人です。
人生こんない熱くなるものに出会ったのも初めてです。
ワクワクどきどきを求めて、これからもベテランさんの記事を参考に、
そして楽しみに拝見させて頂きます。
本日は、本当にありがとうございました。

【2013/12/31 21:10】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
何年振りかで、今紅白なんか見ています。
今年もあとわずかで終了ですが、
来年も皆様の記事に触発されながら、
素敵な山旅続けて行きたいと思います。
本日はありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいませ。
【2013/12/31 21:21】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
もうすぐ今年も終わりです。
山好き、アクティブなくろすけさんのブログに出会えてとても良かったです。
来年もあちこちの山を制覇していかれることでしょう。
いろんな風景と旅物語を楽しみにしています。
これからもよろしくお願いしますm(__)m
【2013/12/31 23:25】 | ふんわり #- | [edit]
こんばんは。
ブログを通し、いろんな方達と知り合い交流し、
とても楽しい時間をつくることができ、
ブログを始めてよかったなぁ~としみじみ思います。
エスプリの効いたふんわりさんの記事と、
ゲンキくんに会えるのがこれからも楽しみで~す。
こちらこそこれからも宜しくお願い致しま~す・・・i-278i-178
【2013/12/31 23:58】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/102-b5b4ad0f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫