裏磐梯氷瀑巡り①ブルーフォール(小野川不動滝)

 2014-02-01
 毎年見てみた~い 氷柱・氷瀑の雲竜渓谷とスッカン沢。
(ここはホントに凄~い所、必見の価値あり!
昨年2013スッカン沢雲竜渓谷のブログ是非見て下さ~い。
今年も昨年と同時期に予定していたが、雲竜渓谷が1/25から林道工事が始まり車両通行止めになるとの事、アプローチが長くなるだけで行けない訳ではないのだが・・・
お~っ、そうだ、
今年は裏磐梯のイエローフォールに行こう。
・・・これは絶妙なチャンス!迷う事無く・・・決定!

▲2014.1/30(木)晴のち曇 単独&ガイド
 自宅より電車で八柱~大宮(新幹線やまびこ127号)~郡山~福島の猪苗代へと(10:26着)
・郡山より磐越西線に乗り換えると、車窓からは磐梯山が・・・
 (磐梯山には2009.6/28ツアーで登頂)
P1300006_convert_20140201110431.jpg P1300017_convert_20140201110501.jpg
本日宿泊の休暇村裏磐梯の送迎バス10:40発に乗り30分程で休暇村に到着。
・右:休暇村裏磐梯正面口斜め前のかまくら
P1300018_convert_20140201105631.jpg P1300021_convert_20140201105724.jpg P1300020+(2)_convert_20140201135035.jpg
 初日にイエローフォールを見たかったのだが、本日木曜日は9:00~のツアーしかなく時間的に無理だったので、今回利用のもくもく自然塾の人気のスノーシューツアーより、
「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」なるものを選んで予約しておいた。そして午後3時位から段々天気は悪くなるとの予報だったので、「もし、申込がくろすけ一人だったら時間を早めて実施して頂けるなら有難いのだが・・・」とダメもとで、前日に連絡を入れておいた。・・・ってな事で、ロビーで写真を撮ったりしながら時間をつぶしていると、ガイドの男性がひょっこり・・・。
 今日は申込がくろすけ一人、時間も繰り上げて実施との事。
ヤッタ~!何でも言っておくもんだ。超ラッキー!
★休暇村のロビーより
IMG_1377_convert_20140201143223.jpg
★のアップ:裏磐梯の荒々しい火口側が見える
IMG_1375_convert_20140201143628.jpg
 ガイドのWさんと一緒に休暇村のレストランで昼食山塩ラーメン:裏磐梯大塩温泉を煮詰めてできた山塩をスープにしたラーメン、これが予想外にウマ!750円)を取り、ツアーは予定より1時間位早めて実施と相成る。
 ガイドWさんの車で、林道の取付地点まで行く(約15分)。車が2台ほど止まっていて先客がいるようだ。
スノーシューを着けていざ出発!(13:00頃)
緩い登りの林道歩きからはわずかで雪に埋もれた小さな鳥居に着く。そこから山に取付くのだが、しっかりトレースが付いているので、ガイドさんは時々踏み跡の無い雪の上を歩かせてくれる。鹿やうさぎ、りすなどの踏み跡も登場してきて個性的で面白い。本日の唯一の急斜面(確か雪の下は石段?)と言う所もわずか5分ほど。そこから昔、木材搬出のトロッコ軌道敷跡だったと言う所を進んで行く。勿論それも雪の下だが・・・。そんなにまだ歩いていないのに、今日は此処東北福島だと言うのに気温が高いようで妙に暖かく、気持ちのいい汗をかかせてもらっている。やっぱ雨になるのだろうか。
・・・暑いので1枚脱いだ。
・不動滝入口の小さな鳥居は頭だけ出ている。
P1300029_convert_20140201140611.jpg P1300032_convert_20140201140910.jpg
不動尊が祀られてる社の屋根にはこんもりと積もった雪・・・と、同時に右に橋が見えて来た。最近掛け直した新しい橋との事。
端(橋)を通らずに真ん中を歩いて下さいとの古典的なギャグが、ガイドWさんから・・・
・右:赤いザックの方がガイドのWさん
P1300037_convert_20140201141145.jpg P1300038_convert_20140201141219.jpg
橋のたもとまで来ると、おぉ~、不動滝だ。
雨が降ったり、温かいせいもあって今年は今のところ凍り方が今ひとつのようだ。
・ブルーフォール(小野川不動滝) 落差40m
滝の両サイドと滝つぼの下の方が少しだけブルーに見えている。
青空で太陽の光が射しこんでいたら、もっと透き通ったブルーに輝くのかも・・・
IMG_1382+(2)_convert_20140201232733.jpg

IMG_1380+(2)_convert_20140201151232.jpg
橋を渡った所で、ティータイム。ガイドWさんからローズヒップティーを頂く。美肌効果のあるお茶と滝のマイナスイオンミストの相乗効果でくろすけの弛んだしわが一瞬伸びるか~・・・
・滝の傍まで行くと水しぶきがすご~い、潤い効果バッチリ! 
IMG_1387+(2)_convert_20140201153413.jpg
 おやっ、美しきものが・・・
IMG_1407+(2)_convert_20140201154028.jpg
 繊細なドレスは、氷の精のオートクチュール・・・
IMG_1407+(3)_convert_20140201153009.jpg
 氷のネジバナ見つけ~た!
IMG_1395+(3)_convert_20140201161813.jpg
 煌めく神秘のブルーの不思議な世界に誘われて・・・
   (注:写ってるのはくろすけ又はガイドさんではありません) 
IMG_1402+(2)_convert_20140201165331.jpg
 アリスになってその口からそ~っと忍び込んでみた~い!
IMG_1412+(2)_convert_20140201154105.jpg
・雪の斜面を登って高い所から眺めたり、木の間から覗いたり・・・
IMG_1397+(2)_convert_20140201164344.jpg
・滝の下の河原
IMG_1414_convert_20140201163036.jpg
自然の創り出したアート鑑賞とたっぷりのマイナスイオンシャワーを浴び不動滝を後にする。帰路は途中から行きとは違うコースを取り起点に戻る。
ミズナラやシナノキ、杉林など植生も変わる中、行きと同じように時々登山道から離れ、動物さんの足跡を見つけながら誰も歩いてない雪の上を歩いたり、斜面ではシリセードをしたり・・・とっても楽しいスノーシューハイキングでした。
車に戻る頃に雨ではなく、小雪が散らついてきて、ほんとにベストなタイミングで終了となりました。
ガイドのWさん、山の神様に感謝です!
・右:お世話になったガイドWさん
IMG_1417+(2)_convert_20140201170910.jpg P1300064_convert_20140201171156.jpg
・発見!・・・雪のモグラさんのあくび
P1300073+(2)_convert_20140201204209.jpg  IMG_1386+(2)_convert_20140201203724.jpg
 帰りの車の中ではガイドWさんと「余興の演出で如何に盛上げるか」で、話が盛り上がり、休暇村に送り届けて頂く間もとっても和ませて頂きました。今日の昼食後にくろすけは、超間抜けな事をしでかし、ガイドWさんにはこの人頭おかしいんじゃないの・・・とたぶん思わせてしまったと思うのだが、この帰路のトークで挽回できただろうか?・・・
 休暇村には15:10頃戻る。フロントに預けた荷物を引き取り、3階(302号)の部屋へ。夕食の前に入浴。内風呂も広く、こがねの湯(鉄分を多く含み茶色い)という源泉かけ流しの露天風呂もある。
P1300079_convert_20140202000717.jpg
夕食は40種類の会津腹くっち~バイキング(お腹いっぱいの意味)
郷土料理からボイルズワイガニ、デザートまでたっぷりあってみな美味しく、腹くっち~で大満足のくろすけでした。
 さぁ、明日は本命のイエローフォール、天気が一番心配だ。
珍しく地ビールなんか飲んだりしたので、
今夜はグッスリ眠れるかなぁ・・・  

<おまけ>
 面白!雪のお花?・・・
今日のシリセードの時に、雪がころころと転がってこんな形に・・・
きれいな薔薇の花のような形にできることもあるとか・・・
(ガイドさんにせっかく名前を教わったのにメモ失くしました
P1300067+(2)_convert_20140201171255.jpg

   ※裏磐梯氷瀑巡り②イエローフォールに続く
     
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ブルーフォールと言うのですか。
素晴らしいですね。
小野川不動滝は5年ほど前の夏時期に訪れたことがありますが、凍結時は様相が一変しますね。
参考になりました。
イエローフォールも楽しみです。
【2014/02/02 19:00】 | yamasanpo #- | [edit]
沢や滝が大好きなくろすけですが、
厳冬期は、まさに一変しますね。
美しい・不思議・面白い・そして神秘、
様々な出会いにいつも感動しています。i-282
ほんと自然は偉大な芸術家です。
【2014/02/02 20:18】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
本当に透き通るようにきれいな
アイスブルー色の世界ですね~
あれで凍り方が今ひとつ…なのですかぁ~

ならば、気さくなガイドさんに
古典的なギャグをもうちょっと
頑張ってもらうと、もしかしたら…(^^ゞ

そして、ああ、去年の今頃だったんだなぁ~と
スッカン沢と雲竜渓谷の記事をつい…
見に行ってしまい…
今、暖房の効いた部屋にいるのに
なぜか、急に寒さを感じフルエテおりますぅ~{{(+_+)}}
【2014/02/02 20:33】 | 森のくまくん #- | [edit]
こんばんは。
今年のブルーフォールは、
ガイドさんの話だと今ひとつのようでした。
滝の両サイドがもっと凍り付いている時もあるようです。

古典的なギャグ・・・
あの日は真冬だというのに、
妙に暖かい日だったからなぁ・・・i-229

アイスブルーは、神秘的な美しさがありますね。
ガリガリ君色でもありますが・・・i-278

雲竜渓谷やスッカン沢と比べれば、
スケールは小さいですが、
それとは違う趣があり、楽しめました。
【2014/02/03 02:58】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/109-a1fd3a54

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫