青い世界

 2012-06-03
 30代の頃、青い色にはまったことがある。
青い色はクールで静のイメージがある。子育てで慌ただしかったあの頃、無意識にそういうものを求めていたのだろうか?
 青い世界・・・空や海の色から宇宙の神秘まで・・・
青の魅力をまとった花や蝶、様々な生物たちは儚くも強かに生きていく。

 青のシーンとしてくろすけの山行より思いつくままに写真をピックアップしてみました。
どうぞ青い世界へ・・・ちょっとBGMが欲しいところですね。

真っ青な空の解放感(谷川岳にて)
IMG_1458_convert_20120603204345.jpg
まるで地中海?行った事ありませんが・・・
 時が止まっているかのような風景
(山梨・中ノ倉山より本栖湖岸を望む)
IMG_6349_convert_20120603203356.jpg
ネモフィラと空の青が溶け合って 
大好きな場所です(ひたち海浜公園)
IMG_4729_convert_20120603235721.jpg
巨大氷柱の神秘の青
言葉を失うほどの絶景が待っていました(栃木・雲竜渓谷)
P2160218_convert_20120603201319.jpg
森の女神が現れそうな・・・
 磐梯山の帰りに散策した五色沼のひとつ
IMG_6318_convert_20120603211303_20120603212719.jpg
やまあじさい         ♥イイデリンドウ
IMG_1494_convert_20120603205359.jpg IMG_7479_convert_20120603213621.jpg
飯豊連峰縦走の時出逢ったチョウ ♥そして青い卵(真ん中は白い卵)
P7130235_convert_20120603222829.jpg IMG_9173_convert_20120603223722.jpg

・・・最後にまたしても卵ちゃんで~す。今度は紅孔雀の「青玉」バージョンです。またまた勤務先のグルメなSさんから頂いちゃいました。ちょっと色が薄くてわかりにくいので、白い卵と並べてみました。この青い卵は「アロウカナ」というチリ原産のもので、抗生物質など一切使っていない漢方・ビタミン・ミネラル・カルシウム・東北地方で発掘された数億年前の貝化石などをたっぷりと含んだ飼料を食べ、太陽の光をいっぱい浴びて育った鶏が産んだ卵なのだそうだ。こんなんすっごい卵ですもの、精力UP間違いなしですよね。お陰様で元気いっぱいくろすけも家族も仕事に精をだせそうです。今回も卵かけごはんで頂きました。うまかった~!Sさん、ご馳走様でした。そして青い卵の威力でしょうか・・・青の魅力、青い世界へと誘なわれ、至福のひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。

 青色の表情、陽と陰、そして神秘・・・
癒しの青色も時には孤独に映ったり、あるいはメランコリックだったり・・・
冷静沈着にも思える青色も時には解放感にあふれ、爽快に思えたり・・・


 ♥青い地球が、これ以上破壊されませんように

 ♥生涯・・・くろすけの願望です

・・・うわぁ~、とりとめもなくいっぱい並べてしまいました。
            くろすけ赤面、いや、青面で~す!

●追記
 青は自然界には存在しない色で、私たちが見ている自然の青は光の拡散によるもの。実態があるようでない不思議な色なのだそうな・・・。








スポンサーサイト
タグ :
コメント
青い世界、素敵な写真ばかりで堪能しました。こうして見ると、青って綺麗な色だなって再認識しますね。
素晴らしい写真を、これからもたくさん撮ってください。
【2012/06/27 01:17】 | 一人静 #- | [edit]
> 一人静様、いつも有難うございます。
カメラのいいのが欲しくなりますが、能力に合わせコンデジで精いっぱい撮りまくってます。
先日の山で「二人静」を久し振りに見ました。UPしましたのでお暇な時にお立ち寄り下さい。
【2012/06/27 18:21】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/11-120b886f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫