筑波山へ

 2014-02-28
▲2014.2/25(火)晴 単独

 ヤッホ~~!・・・・・・・
久々に山のてっぺ~~ん・・・精気充電中~・・・
・女体山(筑波山)の山頂にて・・・ 877m
IMG_1555_convert_20140226204209.jpg
・女体山の岩場から男体山を望む・・・ 右は男体山の裾野
IMG_1570+(2)_convert_20140226210827.jpg IMG_1572_convert_20140226211015.jpg

筑波山
 昔から「西の富士、東の筑波」と愛称され、朝夕に山肌の色を変える事から「紫峰」とも呼ばれている。男体山と女体山の二つの峰を持ち、古くから信仰の山として栄えて来た。山中には珍しい1000種以上の植物が群生しており、植物研究の宝庫でもある。日本百名山の一つ。また縁起の良い四六のガマが筑波名物になっていて筑波山の観光・PRに一役買っている。

<自宅―新鎌ヶ谷6:52―柏―流山おおたかの森7:25(つくばエクスプレス)7:45つくば駅(シャトルバス)8:00~8:36筑波山神社…分岐(白雲橋コース)…白蛇弁天…弁慶七戻り~奇岩怪石巡り~女体山877m…御幸ケ原(紫峰杉・男女川源流)…男体山871mケーブルカー(山頂駅~宮脇駅)12:40~12:48福寿草園…筑波山神社(シャトルバス)13:10~13:50―つくば駅14:45~16:30自宅>

 1ヶ月ちょっと山の天辺には立っていない。気軽に登れて展望の良い山という事で、15年ぶりに筑波山に出かけた。自宅より電車を乗り継ぎ、つくば駅からシャトルバスで登山口となる筑波山神社へ。乗車の登山客は4組12人位、車窓からは筑波山が・・・。
観光案内所に寄ると四六のガマならぬ可愛いカエルたちがお出迎え
IMG_1446+(2)_convert_20140227172831.jpg IMG_1448_convert_20140227173111.jpg
筑波山神社の大鳥居をくぐり、神社へ向かう。
IMG_1449_convert_20140227175420.jpg IMG_1451_convert_20140227175524.jpg
・境内の大杉 樹齢約800年 幹回り9.8m 高さ32m 
IMG_1456_convert_20140227200643.jpg
神社境内より、脇道にそれて白雲橋コースへと歩を進める。
ちょっと迷っていると颯爽とした登山者(ご年配の男性)が現れ、親切に案内して頂き、分岐の所までご一緒する。
・右の石の鳥居が登山口となる。
IMG_1458_convert_20140228192427.jpg IMG_1459_convert_20140228192506.jpg
この方は3年前から筑波山に登り始め、来月3/2で1000回を迎えるのだと言う。コース以外も歩き筑波山を知り尽くしている凄いお人、お会いした瞬間からそう言えば意欲的なプラスオーラが出ていました。 
IMG_1461_convert_20140227211005.jpg
分岐までは丸太が組まれた階段状で傾斜も緩いが、分岐を過ぎると先日の大雪の後遺症の残雪も現れ出す。
酒迎場分岐を左に進む 白蛇弁天(白い蛇が住み、見たものは財を成すんだとか
IMG_1464_convert_20140227211259.jpg IMG_1466_convert_20140227211349.jpg
岩のゴロゴロ、ゴツゴツ、丸太の階段、木の根っこの張り出した登山道など、それぞれ残雪が結構あり、斜度のある所では神経を使いながら歩を進めて行く。スダジイや杉の巨木など点在し、中々気持ちの良い登山道だ。
丸太で作られたテーブルや椅子の置かれた弁慶茶屋跡から程なくして、弁慶七戻りに出る。ここから巨岩奇石が次から次と登場してくるコースとなる。
IMG_1473_convert_20140227211441.jpg IMG_1495_convert_20140227211631.jpg
弁慶七戻り(岩のトンネルの頭上には、今にも落ちてきそうな大きな石が・・・。あの弁慶さえも恐ろしくて、行こうか戻ろうかと7回も後ずさりしてしまったという故事に由来している。)をくぐり振り返る。
IMG_1505+(2)_convert_20140227212157.jpg
高天原(たかまがはら)
 神様の世界の事。天照大神が祀られている。
IMG_1506+(2)_convert_20140227213532.jpg
母の胎内巡り             ・陰陽石
IMG_1508_convert_20140227213657.jpg IMG_1511_convert_20140227213756.jpg
残雪が切れた登山道で、1輪のスミレが早くも咲いていた。やっぱ確かな春がそこまで来てるんですね。(泥で汚れてたので写真は取らず・・・)
国割り石(太古の昔、集まった神々がこの石の上に線を引き
(右下)、それぞれの行くべき地方を割り振ったと言われている)    
IMG_1515+(2)_convert_20140227213903.jpg IMG_1516_convert_20140227214008.jpg
出船入船 (撮った角度が悪く船に見えない     
・右:裏面大黒(大黒様が大きな袋を背負っている姿を後ろから見たように見える岩)
IMG_1519+(2)_convert_20140227214659.jpg IMG_1523+(2)_convert_20140227214742.jpg
色いろな巨岩奇石に感心しながら、小さな岩場を登ったり、緩く下ったりしながら歩を進めて行く。残雪の平らな登山道に出ると、
前方に女体山が顔を出した・・・
IMG_1530_convert_20140227215619.jpg
北斗岩(天空に輝く北斗星のように、決して動かない事を意味していると言われている)
IMG_1531+(2)_convert_20140227215529.jpg
大仏岩(大仏のように見える岩、高さ15m)を過ぎ、
岩の急な階段を登って行くと、
IMG_1542+(2)_convert_20140227215658.jpg IMG_1546+(2)_convert_20140227215953.jpg
社が在り、小さな橋を渡ると・・・
IMG_1550_convert_20140227222706.jpg
・筑波山:女体山山頂 877m 11:11着
 本殿にはイザナミノミコトが祀られている。
IMG_1566+(2)_convert_20140227220639.jpg
・ごっきげん、くろすけ!(山頂よりちょっと低くなった場所から)
 背景の写し方にこだわりがある方に遭遇、撮って頂く。
 ポーズはいつもワンパターンのくろすけなのであります・・・
IMG_1557_convert_20140227220827.jpg IMG_1573_convert_20140227223128.jpg
・女体山から出ているロープウェイが眼下に・・・
IMG_1561_convert_20140227220750.jpg
空気がキリリと冷え込み透き通った日には関東一円が一望でき富士山からスカイツリー、東京湾を走る船まで見えるとか・・・今日は、晴れてはいるのだがいつになく暖かく、ぼ~っと霞んでほとんど展望が効かない。実に残念だ~!夜景も素晴らしいとの事なので、機会を見つけて12月か1月頃に再度訪れてみたい…な。 
 筑波山ケーブルカー&ロープウェイのHPより
8a3bb1640101dc5d5edb6304d64435ce-500x333.jpg
展望が効けばもう少しゆっくりしたいところだが、人も多いので女体山を後にする。セキレイ石を通り過ぎ、御幸ケ原に向かう。
(御幸ケ原は女体山と男体山の鞍部)
IMG_1575_convert_20140227224035.jpg IMG_1577_convert_20140227224118.jpg
展望レストラン、茶屋や土産物売り場、ケーブルカー駅のある御幸ケ原、正面には男体山が・・・
IMG_1579+(2)_convert_20140227225537.jpg
御幸ケ原から徒歩1分の場所に、
筑波山の頂より流れる男女川の源流とその傍らに立つ紫峰杉
IMG_1580_convert_20140227224931.jpg IMG_1588_convert_20140227225018.jpg
・樹齢約800年 幹回り7m 高さ40m
IMG_1582+(2)_convert_20140227225102.jpg
・男体山への登山道
山頂まで約15分の登山道は、途中までは残雪があり、神経を使う。
IMG_1597_convert_20140227231836.jpg IMG_1599_convert_20140227231924.jpg
岩場をひと登りすると、
・筑波山:男体山山頂 871m 12:20着
本殿にはイザナギノミコトとが祀られている。
山頂は木々に囲まれ展望は今ひとつ。
IMG_1603+(2)_convert_20140227232942.jpg
御幸ケ原まで戻り、下山は御幸が原コースを歩くはずだったが、
夕方用事が入ってしまったので急遽ケーブルカーで・・・(片道570円)
IMG_1605_convert_20140228001606.jpg IMG_1606_convert_20140228001654.jpg
終点の宮脇駅の下には福寿草園があり、丁度満開で咲いていた。
・もうすぐだよ~~・・・
P2250257+(2)_convert_20140228010211.jpg
・この元気色が福を呼ぶ・・・
P2250241_convert_20140228005907.jpg
まぶしいばかり・・・スマイル、すまいる、SMILE!
P2250254+(2)_convert_20140228010132.jpg

筑波山神社のバス停まで戻り、バス待ちの間に梅の果肉入りソフトクリームをGET。今日は、温かい事も手伝って、山行中大汗をかいたので、ほんのり酸っぱい味が格別美味しく感じる~。
            ・筑波山  ・・・(バスの車窓から)
P2250258+(2)_convert_20140228210928.jpg P2250260_convert_20140228211127.jpg
 
13:10発のシャトルバスは、少し遅れてやって来た。観光客と一緒につくば駅まで戻る。前以て調べておいた駅前クレオスクエア1Fコートダジュールで人気の「はんじゅくちーず」をGET!
             (5個入り600円)
IMG_1614+(2)_convert_20140228014709.jpg IMG_1619+(2)_convert_20140228014759.jpg
     ふわふわのとろ~り・・・めちゃウマ!お薦めです。
       IMG_1624+(2)_convert_20140228014910.jpg

 久々に山頂を踏み、展望は今ひとつでしたが、慌ただしいなかにも満足な山行となりました。1999.2/6夫と登った時は、今回とは逆コースで御幸ケ原コース~白雲橋コースで下山後につくば梅林で咲き始めの梅の花鑑賞、山頂からその時は富士山も見えた事など思い出しながら歩いてきました。
筑波山は、標高こそ低いですが、色々と楽しめる山だという事を今回あらためて再認識しました。出会った方々、すべてに感謝! 


<おまけ>
 うっかり、ガマ石に気がつかず通り過ぎた・・・
岩の口の中に小石を投げて入ると出世するとか・・・
ガマの油売りの口上はこの岩の前で生まれたそうな・・・。
10ac4650137c55eb0f89d57bc45c0721-200x200.jpg 
(写真:筑波山ケーブルカー&ロープウェイHPより)
夫と行った時には、ガマの口の中に何回目かで小石を入れたような記憶が・・・ でも、出世もしてないので入らなかったのかも・・・不確か 
スポンサーサイト
タグ :
コメント
まっ黒くろすけ さん、

 こんにちは。

 久しぶりに山へ入られ、エンジョイされたご様子。
 くろすけさんが大好きな奇石もゴロゴロ。
 そして、しっかりと最後には梅ソフトとチーズケーキをゲット! 
 完璧です。

 雪が所々に残っていたようですが、すぐそこまで春が来ていますね。

六甲山探検隊
 
【2014/03/01 16:03】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
六甲山探検隊  様

こんにちは。

この日は本当に温か過ぎる位の日で、
平日でしたが、結構な人達で賑わっていました。
やっぱ、山はいい~~・・・と、
フル充電して帰って参りました。
。。。はい、美味しいものも忘れませんでした。・・・i-278


【2014/03/01 16:55】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
男体山と女体山,
う~ん,そネーミングを聞いただけで,
なんだか妖しげな・・・,
大仏岩とか,リアル~~~。
でも,なんだk微笑ましいですよね。
【2014/03/01 21:38】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
次席家老 様

何だか妖しげ・・・と言われて調べてみたら・・・
確かに~万葉集には、
筑波山での妖しげな夜が綴られているようです・・・i-229

大昔、筑波山は男女が集い、
相互に求愛の歌謡をかけあう習俗があったとか・・・

それぞれのピークには、
イザナギ(男)、イザナミ(女)を祀る本殿があり、
これに由来して名前がついたと言われています。
ちなみに、この山の間を流れる川は、男女川(みなのがわ)です。

さすが、次席家老様、鋭いですね。i-278
【2014/03/01 22:45】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
私達は茨城生まれなのに、私が小学校での
遠足で一度ありますが、夫は一度も行ったこ
とがありません。3年で1,000回も、
とは毎日登る良さがあると言うことですね。
「福」のおすそわけ、楽しみにしていま~す。
【2014/03/02 07:08】 | snow drop #- | [edit]
snow drop 様

灯台もと暗し・・・ですよね。
いつでも行けると思うと後回しになりますし、
snow drop 様は目指すところが違ってたので、
足が向かなかったのでしょうが・・・

とにかく何事も続けるという強靭な精神・根性の持主の方には、
敬意を払いますね。そして素直に脱帽です。i-278
【2014/03/02 08:42】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
筑波山でしたか。
いつも多くのハイカーで賑わい良い山です。
自分も小学生のころから登っていた山で思い出がいっぱい詰まってます。
【2014/03/02 11:43】 | yamasanpo #- | [edit]
弁慶七戻り、ホントに怖そー
私なら1回で即、引き返します(^o^;)
くろすけさんはきっと余裕でくぐったんでしょうね♪
弁慶もタジタジ???
それにしても巨岩、奇岩の数々
ちゃんとネーミングの通りに見えるから不思議

福寿草の花も咲き始め、ホント、もうすぐ春
くろすけさんも久しぶりの登山で
神々のパワーをもらい充電はばっちりですネ(^-^)b
【2014/03/02 14:10】 | 森のくまくん #- | [edit]
yamasanpo 様

yamasanpoさんの
筑波山雪の花を見て、降雪後にと思っていましたが、
今回は記録的な大雪という事で、
交通網のマヒも有り、行けませんでした。
今度は是非また寒い時期に夜景をと思っています。
【2014/03/02 17:58】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
森のくまくん 様

「弁慶七戻り」・・・説明にはそう書いてありましたが、
岩のミニトンネルで、誰でも恐怖など感じずくぐれます。i-229
茨城の方は、表現が大袈裟?豊かすぎ?・・・かな。

2/28に最高気温が20度を超え、今日3/2は8度と極端過ぎて・・・
山姥のくろすけも鼻水が・・・

春山分の充電は完了したので、
春よ来い、早く来い・・・で~す。i-278
【2014/03/02 18:14】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

筑波山には何回かお花の季節に登ったことがありますが、
冬の筑波山も気持ち良さげですね!
頂上付近では、まだ雪がたっぷり残っていて、
雪山の気分も少々味わえたのかしら・・?

梅のソフトクリーム美味しそう!
食いしん坊のカッパは、これに釣られて登りに行ってしまいそうですe-351
【2014/03/04 23:10】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ 様

筑波山の登山道の残雪はもう全く大したことはありません。
ただ、傾斜のある所が滑りやすくちょっと神経を使った位です。

今度行く時は、降雪直後か夜景を見に行きたいと思っています。

梅の果肉の入ったソフトクリーム、
これは当り!・・・美味しかったで~す。i-277
【2014/03/04 23:31】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/115-c9954d07

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫