桐生・鳴神山

 2014-04-30
▲2014.4/28(月)うす曇 単独

何とか間に合った~鳴神山のアカヤシオ
・倒れても咲かせます・・・倒木のアカヤシオ
P4280085_convert_20140429214935.jpg

 前回に引き続き、アカヤシオ山行。
ネット情報で先週半ば頃が一番ベストな花の状態だったとの事で、今日はどれだけ良い状態が残っていてくれるか、
アカヤシオ追っかけ隊としては心配でしたが、思ってた以上に良い状態で余は大満足!の素晴らしい日となりました。

<自宅―松戸―北千住―足利市…足利―桐生8:30(タクシー)9:00駒形登山口…10:38肩の広場…10:49桐生嶽…仁田嶽…12:53裏の肩(椚田峠)…赤柴…14:20駒形登山口…14:40吹上14:55(おりひめバス均一料金200円)―桐生15:56―栃木―18:55自宅>
 ※時間は写真タイムが多いので参考になりません。

 桐生駅より、少しでも山でいる時間を長くするために奮発してタクシー(3610円)で駒形登山口へ。(9:00出発)
登山口手前は工事中で、鳴神山を愛する会の人がカッコソウ(絶滅危惧種)のチラシを配っていた。沢沿いに林道を進み、登山口へ。小さな橋(白滝橋)を渡り、杉林~谷~沢を渡り岩を登る。この間、新緑の間にミツバツツジ、足もとにはニリンソウやハルトラノオ、ヒトリシズカ、トウゴクサバノオ、ツルネコノメソウそしてナルカミスミレ?やマルバスミレなど飽きない程度に登場して来る。
P4280001_convert_20140429230355.jpg P4280006+(2)_convert_20140429230412.jpg P4280010_convert_20140429230432.jpg
・新緑が美しい             ・ロープ有り岩場             ・杉の倒木        
P4280015_convert_20140429233215.jpg P4280017+(2)_convert_20140429231358.jpg P4280020_convert_20140429231414.jpg 
 ・藤蔓アート・・・こんなん好きです。
P4280023+(2)_convert_20140430082232.jpg
・ニリンソウもあっちこっちに・・・
IMG_2726+(2)_convert_20140430143006.jpg
ゴツゴツ岩から自然林となり、段々急勾配になってくる。林の先の方にアカヤシオが確認できるようになり、山の斜面にはカタクリの咲き残りがポツンポツンと・・・。右手の岩場にもアカヤシオ発見。優しいピンク色でくろすけをwelcomeしている。嬉しい!まだほとんど散ってないぞ、期待できるかも・・・ アカヤシオが目立つようになり、ひと頑張りすると尾根の肩の広場に出た。
P4280025_convert_20140429232226.jpg P4280031_convert_20140429232300.jpg P4280037_convert_20140429232434.jpg
ひょうきんな狛犬(狼)が待っていた。桐生嶽の表示のある右の鳥居をくぐり、岩まじりの急登を行く。
アカヤシオのピンクの濃淡が林を彩るようになり、くろすけの胸も高鳴り始める。
P4280039+(2)_convert_20140430000452.jpg P4280040+(2)_convert_20140430000122.jpg P4280043_convert_20140430000614.jpg
鳴神山山頂(桐生嶽)979.7m 11:00到着。山頂には男女5~6人の人達が休憩していた。天気予報では曇りだったが、思いのほか展望も良い。天気が良ければ富士山やスカイツリーまで見えるらしい。
(右)目の前にはアカヤシオのグラデーションで覆われた仁田嶽(鳴神山は双耳峰)
IMG_2770_convert_20140430003836.jpg IMG_2768_convert_20140430003855.jpg IMG_2766_convert_20140430004004.jpg
・日光白根山~太郎山・男体山・女峰山などが見える。浅間山や妙義山などは雲に隠れ見えず・・・。
 (山頂のアカヤシオは、傷みはじめている。)
IMG_2763_convert_20140430005929.jpg
・この勢いとボリューム!確かに当たり年なのだろう・・・
IMG_2774+(2)_convert_20140430010849.jpg
暫し展望を楽しみ、ロープの張られた急な岩場を下り、ピンクのグラデーションに覆われた仁田嶽へ向かう。
IMG_2776+(2)_convert_20140430012357.jpg P4280070_convert_20140430012742.jpg
・仁田嶽の小広場より望む・・・
IMG_2802_convert_20140430014340.jpg
・濃いピンク色、淡いピンク色・・・色々有りで~す。
P4280063+(2)_convert_20140430034636.jpg P4280082+(2)_convert_20140430034832.jpg
場所によって、元気なところ、すでに散り始めている所・・・色々有りです。
IMG_2799+(2)_convert_20140430014827.jpg IMG_2789_convert_20140430014851.jpg
うっすらと日も差し、青空もほんのちょっとだけ・・・まさにアカヤシオ天国!
IMG_2788_convert_20140430014251.jpg
仁田嶽より、第一展望台~第二展望台~裏の肩(椚田峠)へと下りて行く・・・
・第一展望台より、赤城山を望む
P4280074_convert_20140430013748.jpg
・素晴らしいアカヤシオ、花のプロムナードが続く
P4280075+(2)_convert_20140430024535.jpg P4280081+(2)_convert_20140430023226.jpg
・空に透かして・・・ファンタスティック!
P4280080+(2)_convert_20140430022249.jpg
・アカヤシオのトンネルを振り返る・・・
IMG_2828.jpg

IMG_2834_convert_20140430032006.jpg IMG_2835_convert_20140430032025.jpg
・ぼんやりと男体山
IMG_2838+(2)_convert_20140430033342.jpg IMG_2845+(2)_convert_20140430033400.jpg
・くろすけはどちらかというと淡いピンクの方が好きです・・・
IMG_2849+(2)_convert_20140430033926.jpg IMG_2850+(2)_convert_20140430033941.jpg
・見~つけた!・・・最後の力を振り絞って、美しい生命の燃焼
 先日の大雪、それとも雷でしょうか、幹が裂けて倒れていました。
P4280086+(2)_convert_20140430023719.jpg
尾根伝いに下って行くが、アカヤシオの群生にすっかり心奪われ、歩が中々進まなく、大分時間を費やして第二展望台まで下りて来た。これより、椚田峠(裏の肩)まで数は少なくなるがアカヤシオの林は続く。
P4280093_convert_20140430093436.jpg P4280100_convert_20140430093711.jpg P4280103_convert_20140430093729.jpg
椚田峠より、カッコソウ群落地まで3分と書いてあったので、ちょっと気にはなったがまだ咲いてないので止め、これより赤芝登山口へ向かって明るい雑木林~薄暗い杉林と歩を進めて行く。登山道沿いにはたくさんの種類のスミレたちが登場しくろすけ最後までルンルンでした。
P4280104_convert_20140430093948.jpg P4280127_convert_20140430094006.jpg P4280170_convert_20140430094038.jpg
赤芝登山口より、林道を沢沿いに下り、今朝出発した駒形登山口まで戻る。(14:20着)
・まだ山桜が咲き残り小沢の新緑が眩しいほどだ・・・
P4280187+(2)_convert_20140430102650.jpg P4280192+(2)_convert_20140430102619.jpg P4280206+(2)_convert_20140430102707.jpg
吹上のバス停まで歩いて約20分。バス停前の小川で顔を洗いさっぱりし、14:55発のバスに乗り(乗客はくろすけを入れて4人)、終点の桐生駅まで向かう。バスでご一緒したご夫婦?は朝7時に出発し、ヤマツツジのきれいな吾妻山から縦走してきたとの事。くろすけも車の手配がつけば、鳴神山~吾妻山へと縦走としたかったのですが、今回は電車だったので時間的に無理で断念したのであります。が、今日はアカヤシオを思う存分堪能できた上にたくさんのスミレ達にも出逢え、大満足!の山行となりました。全ての出会いに感謝です!


<出会ったスミレ達>
・マルバスミレ
P4280197+(2)_convert_20140430112558.jpg P4280189+(2)_convert_20140430113832.jpg

P4280176+(2)_convert_20140430112539.jpg IMG_2720+(2)_convert_20140430105449.jpg 
・ヒトツバエゾスミレ・・・いろいろ
IMG_2736+(2)_convert_20140430105524.jpg IMG_2761+(2)_convert_20140430110242.jpg

P4280128+(2)_convert_20140430112014.jpg IMG_2741+(3)_convert_20140430105920.jpg
・ナルカミスミレ?・・・白花で、一ッ葉ですが・・・
P4280105+(2)_convert_20140430125317.jpg P4280164+(2)_convert_20140430125343.jpg
                                  ・ニョイスミレ
IMG_2737+(2)_convert_20140430105652.jpg P4280175+(2)_convert_20140430115421.jpg
・フイリフモトスミレ
P4280106+(2)_convert_20140430110858.jpg P4280112+(2)_convert_20140430110923.jpg
・フモトスミレ
P4280169_convert_20140430113109.jpg
・アケボノスミレ
P4280108+(2)_convert_20140430110943.jpg P4280151+(2)_convert_20140430111019.jpg
・アカネスミレ
P4280143+(2)_convert_20140430112057.jpg P4280138+(2)_convert_20140430115550.jpg

P4280148+(2)_convert_20140430112128.jpg P4280116+(2)_convert_20140430115100.jpg

・淡い藤色                            ・こちらは白色
 P4280162+(2)_convert_20140430112250.jpg P4280168+(2)_convert_20140430115530.jpg
あ~ぁ、スミレの同定は難し~い!  
ほんとにくろすけはスミレ識別音痴、・・・暇が出来たら調べま~す。 暇はいつ?・・・


IMG_2781+(2)_convert_20140430014214.jpg

 くろすけの今月の山行計画では、今日は西上州の「大岩・碧岩」としていましたが、三段の滝までに結構な残雪があるとの情報を得、天気が今ひとつな予報とも重なり、またまた今回も揺れに揺れての変更としました。前回行きはぐった「三ツ岩岳」も捨てがたかったのですが、決め手は鳴神山のスミレでした。・・・結果的には、大正解!
前からアカヤシオの海で溺れてみたいと思っていたくろすけ、充分溺れ、酔いしれました。お陰でまっ黒くろすけの顔も優しいピンク色に染まり少しは色っぽく・・・なりません・・・地黒はますます黒光りで~す。ハートだけは優しいピンクに染まり、しばらくの間夫にも優しくなれそう・・・かな。 

<オマケ>
・可愛い!・・・大小並んで・・・
IMG_2747+(2)_convert_20140430141048.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント
鳴神山、行った事はありませんが、こんなに見事にアカヤシオが
咲くんですね。
中でも倒木の淡いピンクのアカヤシオ、繊細で優しくて心奪われてしまいそう~
ちぎり絵で作ってみたくなりました。
これだけのアカヤシオに包まれ、まさに溺れてしまいましたね!!羨ましい~。

お花の山行もいいですねぇ。

その上、沢山のスミレちゃんとの遭遇。色々な種類がありすぎて
私にはなかなか名前を覚えられそうにありません…。

「アカヤシオ」、充分堪能させて頂きました~!ありがとうございます!
【2014/04/30 18:05】 | snow drop #- | [edit]
凄い花ですね~。
素晴らしい。アカヤシオ当てましたね。
今日は雨ですから良いタイミングでしたね。
楽しませて貰いました。
【2014/04/30 19:01】 | yamasanpo #- | [edit]
snow drop 様

鳴神山は2008.5/1に、初めて行きましたが、すでに花が散った後でした。
今回も、先週行った方々の記事を読み、もう遅いんじゃないかと心配でしたが、
ギリギリセーフで間に合いました。
アカヤシオ・・・ほんとに人を惹き付けます。
スミレは、難しくってくろすけの場合、見分ける能力に欠けてるようです。
【2014/04/30 19:48】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
yamasanpo 様

ほんとに久しぶりにアカヤシオに浸かって来ました。
仕事をしているので、お休みは1か月前に入れるので、
花の時期にピッタシ合うかどうかは、運と言おうか、賭けですね。
今回はラッキーでした。
【2014/04/30 20:03】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
アカヤシオという花を
はじめて知りました
優雅で清楚で、それでいて
とても豪華な花ですね。。。
薄いピンクのアカヤシオは
特に気品が感じられます(^-^)b
遠くに見える山並みの淡いブルーに
アカヤシオの淡いピンク
見事に映えてますねぇ~~~

前回の物語山からの
無事のご帰還…何よりでした~
戦国時代の財宝伝説に加え
くろすけさんの武勇伝の物語が
書き足されましたね(o^^o)♪
【2014/05/01 13:42】 | 森のくまくん #- | [edit]
こんにちは〜^^
登ってますね(笑)
梅雨でもなく暑くなる前の今の季節が最適な散策日和なんですね^^
アカヤシオのピンクの中では浮き世の雑事を忘れてリセット
できそう。。。
それがまっ黒くろすけさんの日常の原動になっているんだろうなぁ*^^*
スミレってそんなに多種類なんだ・・・
私にはスミレは大きく括ってスミレでいっぱいいっぱい(^^;
【2014/05/01 13:48】 | ふんわり #- | [edit]
こんばんは。
今年はアカヤシオは当たり年のようですね!
わたしたちも、数年前の同時期に登ったのですが、
こんなにたくさんは咲いてなかったです・・
ほんとに良い時に行かれましたね!

スミレにもいっぱい会われたようですね。
アカネスミレから下の写真のスミレは、タチツボスミレだと思います。
白花は、距がピンクあるいは紫色掛っているものは、オトメスミレ、
距が白いものをシロバナタチツボスミレと区別しているよですが・・

ナルカミスミレは距も真っ白なものをいうようで、
どうやら今では幻?・・とかで、ほとんどお目にかかれないようです。

それにしても、ほんとにスミレの同定は難しいですね!!
【2014/05/02 00:00】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
アカヤシオ?
ツツジの一種なんでしょうね。
三つ葉はこちらにも自生してますが,
アカヤシオ,見たことも聞いたこともありませんでした。
綺麗な花ですよね。目の保養をさせてもらいました。
【2014/05/02 10:25】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
森のくまくん 様

こんばんは。
四国の石鎚山系では、アケボノツツジと言われているものがあり、
アカヤシオとほぼ同じツツジで、
アカヤシオとの違いは、
アカヤシオには花柄の腺毛と10本の雄しべの半分に白い毛があるが、
アケボノツツジにはないという・・・事のようです。

このアケボノツツジに逢いに、
5/9~から4泊5日で四国の山を巡ります。
白い幻のアケボノツツジと逢えるといいのですが・・・
会員になってるハイキングクラブのツアーで行きます。
数日間、森くまちゃんと同じ四国の空の下で~す。
今からすっごく、楽しみにしているのでありま~す。i-278

【2014/05/02 20:12】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ふんわり 様

こんばんは。
はい、おっしゃる通りで~す。
山へ行って大自然に抱かれ、心身共に浄化され、
蘇生して帰って来ます・・・くろすけのリセット術です。
大自然からは元気のパワーを頂き、明日への活力が生まれます。

これからの季節は、毎週でも山に入って行きた~い。
早く自由人になりたいなぁ・・・by時々山姥のくろすけ i-229

P.S スミレ、はまると迷宮入りになります。i-229
【2014/05/02 20:33】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ピテカン&カッパ 様

こんばんは。
写真のスミレ達、教えて頂いて有難うございます。
今回の鳴神山は、アカヤシオ、スミレといい感じに逢えてラッキーでした。
スミレは花が小さいので、やはりきちんと同定するには、
マクロレンズが欲しくなりました。

ほんとうにスミレ達、みな個性的で可憐すぎます。
ますます愛おしくなり、迷宮の入口に足を踏み入れてしまいました。
【2014/05/02 21:22】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
次席家老 様

九州には(熊本県の市房山という所には、天然記念物になっている)ツクシアケボノツツジというのがあるそうです。
アカヤシオとほぼ同じツツジだそうです。
アカヤシオ、追っかけ隊としては、近縁のものも是非見てみたいなぁ・・・。
ご家老様も是非、来年は調べてツクシアケボノツツジの咲く山へお忍びで・・・
きっと惚れちゃいますよ・・・i-278
【2014/05/02 21:40】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/125-e047e9c4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫