五月の空の下で・・・①

 2014-05-04
2014.5/1(木)雨~曇~晴~雨~晴
 昨日からの雨は、今朝7時過ぎまで降っていた。
雨上がりの朝は空気が浄化され気持ちがいい。今日は今から花巡りでドライブ。混雑は極力避けたいので、ゴールデンウイークの合間の平日を狙ってのお出掛け。毎度行く先はくろすけ任せの夫、相変わらず多忙のくろすけは、天気予報とにらめっこで夕べ遅くに何とか決めた。毎回ギリギリだ・・・(ホントは山に行きたいくろすけ・・・内緒!
急ぐ旅ではないので、ゆ~っくりの8:45出発
 
 天気の良い所でそんなに遠くなく、今が旬の花達が見られる所・・・と言う事で、
まずは埼玉県春日部市牛島の「藤花園」にやって来た。(入園料1000円)
P5010207+(2)_convert_20140504201737.jpg P5010215+(2)_convert_20140504201934.jpg
ジャ~ン!
特別記念物「牛島の藤」 樹齢1200余年
朽ちたような幹はまるで数匹の大蛇がたむろを巻くようだ。
P5010218_convert_20140504192927.jpg
古の風流るる藤の花園、甘い香りにクラクラする程だ。
華麗ならぬ加齢なる人物登場でスミマセン!  このアングルが一番良かったもんで・・・
P5010209 (2)
・樹齢600年の藤
P5010219_convert_20140504204441.jpg
見事な連なり・・・
P5010229_convert_20140504204625.jpg
・樹齢800年の藤
P5010290_convert_20140504210541.jpg
雅やかな今昔物語が・・・
P5010283+(2)_convert_20140503214904.jpg
時を越え・・・タイムトンネル
P5010302_convert_20140504215337.jpg
この花房に歴史の重さを感じる・・・
P5010299_convert_20140504215405.jpg
薫るシャンデリア・・・
P5010250_convert_20140504222739.jpg
古人が通り過ぎる・・・
P5010225_convert_20140504222717.jpg
風に吹かれ、時折花の雨が降る・・・
P5010226+(2)_convert_20140504222821.jpg

<牛島の藤>
「九尺藤」という品種で、全国の九尺藤の原木。
主幹の根回りが4m、根元の総周囲となると10m近い大きさ。根張りは東南34m、西北17m、藤棚の面積が700㎡に及ぶと言う国内最大の藤。明治の頃は花房が3mにまで垂れ下がったそうだ。昭和3年に国の天然記念物、昭和38年に特別天然記念物、平成元年には「新日本名木百選」にも指定されている。


<庭園>
・白藤                               ・アヤメの似合う庭
P5010258+(2)_convert_20140504232041.jpg P5010253+(2)_convert_20140504232022.jpg
・赤松(樹齢500年)と満開の西洋シャクナゲ         ・楠(樹齢600年)
P5010255+(2)_convert_20140504232856.jpg P5010304_convert_20140504232102.jpg
 
 平日なので人も多くなくゆったり優雅に鑑賞できよかった~。 受付の人は7分咲きと言っていたが、どう見たって満開でしょ!(風が吹けば花の落下もあるし)・・・と思った。
入口の樹齢600年の楠の新緑が眩しいほどに輝いていた。・・・こちらも美しい!

次に向かったのは、東松山市大谷にある「東松山ぼたん園」(入園料500円)

華やか~美の競演・・・
IMG_2883_convert_20140505011856.jpg

IMG_2885_convert_20140505011917.jpg

IMG_2891_convert_20140505011943.jpg

IMG_2905+(2)_convert_20140505015010.jpg

IMG_2884_convert_20140505011114.jpg

IMG_2913_convert_20140505013624.jpg

IMG_2887+(2)_convert_20140505014120.jpg

IMG_2908_convert_20140505013544.jpg

IMG_2899+(2)_convert_20140505012007.jpg

IMG_2876_convert_20140505013659.jpg

IMG_2878_convert_20140505015245.jpg IMG_2880_convert_20140505015302.jpg
園内をくまなく一周した辺りで、にわかに空が黒雲に覆われ、ポツンポツン・・・と、雨が・・・
IMG_2888_convert_20140505015357.jpg IMG_2927_convert_20140505015425.jpg

え~っ、雨降るって言ってたっけ~、曇だったよね~・・・。慌てて車に戻る。一通り見たので、まっいいか・・・
ジャストタイミングな雨に妙に感心・感謝! 牡丹は、すでに終わったもの、まだつぼみのもの、丁度見頃のものと色いろ(350種9100株のボタン)だったが、1週間前位が全体では良かったように思えた。良さげなものだけアップしました。

 雨は夕立のようにすぐに止み、車窓からは薄かったが虹の発見も。今井の桜を見に行った時にも虹に出合い、今年はこれで2回目。なんか嬉しいな・・・。
 赤城・榛名の山々の展望なども少しだけ楽しみながら1時間半程ドライブし、
次の目的地:児玉郡神川町の「白寿の湯」へ。関東一の赤湯だそうな。(入浴料750円)
P5010314_convert_20140505024954.jpg P5010326_convert_20140505025054.jpg
埼玉県の神流川の流れを汲むこの源泉はナトリウム-塩化物強塩温泉で、地下750mの古生層から湧出する本格天然温泉。茶褐色に濁った濃い泉質は、露天風呂の中にまるで千枚田のような状態で堆積している。

 さて、今宵の宿泊地は、神流川の水辺公園の近く・・・
公園では鯉のぼりが泳ぎ、藤棚には濃い紫色の丁度見頃の藤の花が・・・
P5010310_convert_20140505033320.jpg P5010309_convert_20140505033337.jpg
アウトドアライフ満喫で トイレ付きの素晴らしい環境でテント泊・・・夜中目を覚まして、テントから出ようと空を見上げると北斗七星が目の前に・・・星空ってロマンを誘いますよね。明日もいい日でありますように・・・ 

     ※翌日はひたち海浜公園へ・・・続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント
鮮やか、花香もプンプンですね。
藤もゴージャスですね。
素晴らしいものを見せて頂きました。
【2014/05/05 20:12】 | yamasanpo #- | [edit]
樹齢1200余年も生きて、こんなに見事な花を咲かせるなんて凄いですね。
書いてある通り、まさにシャンデリア。藤のトンネルを歩いた気分です。
牡丹園もまだまだ花が咲きそろい見応えがあったでしょうね。

温泉を楽しみ、テント泊。どこかの家と似ているような~。
そうです!車中泊とテント泊を駆使する我が家です。
自然の中が一番で~す。

翌日はひたちなか海浜公園だったんですね。
私もお友達と、散歩によく出かけるんですよ。


【2014/05/05 20:13】 | snow drop #- | [edit]
yamasanpo 様

外出していたため、お返事遅くなりすみません。
藤の花も、笠間稲荷の八重の藤、足利フラワーパークの藤など見てきていますが、
今回の藤も含めて地元保存会の方々、関係者の方々の陰の努力と愛情があってこそ今があると思います。
藤の花の生命力にも驚かされました・・・見事でした。
【2014/05/07 00:37】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
snow drop 様

お返事遅くなりすみません。
所用で外出しておりました。

今回、夫は旅館のような所に泊まりたかったようですが、なんせ多忙のくろすけ任せですから、
ギリギリでは、適当な所が見つからずテント泊となりました。
夫はボーイスカウトに長くかかわっていたので、野外活動はお手の物なので安心ではあるのですが・・・・

ひたち海浜公園・・・近くに素晴らしい所があっていいですね。
くろすけも近くだったら、お花の季節はしょっちゅう行きそうです。
【2014/05/07 00:48】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
まっ黒くろすけ さん、

 こんばんは。

 躍動的なGWでしたね。
 色々な花満載で、楽しませていただきました。
 命の息吹を感じます。
 
 中でも藤の花は見事です。
 藤の花は少し離れてみるのがいいですね。

六甲山探検隊
【2014/05/07 21:46】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
六甲山探検隊 様

お早うございます。
コメント大変遅くなり申し訳ありません。
四国の山旅終え、昨夜というよりか深夜2時過ぎ無事自宅に帰って参りました。
休む間もなく午後からは仕事です。

見事な藤の花で、根元や幹を見ると逞しさに圧倒されました。
ありがとうございました。
【2014/05/14 07:36】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/126-64917bc4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫