五月の空の下で・・・②

 2014-05-06
2014.5/2(金)晴
 小鳥の囀りで目を覚ます。明け方はちょっと冷え込んだが、温泉効果もあってか快適な朝を迎えた。
簡単に朝食を済ませ、昨日くろすけが気になっていた、神川町の温泉近くの小山の天辺の神社まで探検ドライブ。
標高が結構あるので素晴らしい展望が広がっているのではと秘かに期待して登って行ったのだが、チャン!・・・神社ではなくゴルフ場の施設があり、木々の間からちらりと街並みが見えるだけでした。多分ゴルフ場からはもっと良い展望になるのだと思いますが・・・
期待はずれでしたが、気になっていたものが確認できてスッキリ!さぁ、気分を変えて今日の目的地へGO!
茨城に入る少し手前辺りから、景色が全く見えないほどの朝もやゾーンとなり空模様を心配したが、現地に着く頃には徐々に回復し青空が見えるように・・・
 今日は花巡りで適当な場所が見つからなかったので、
いつ行っても大感動する茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園を選んだ。
                               {入園料410円(シニア210円):駐車料金510円}
今の時期は、何といってもみはらしの丘ネモフィラだ。(みはらしの丘3.5㌶ 450万本のネモフィラ)
IMG_2928_convert_20140506053853.jpg
みはらし丘の天辺(緑の部分)まで、物凄い人の行列が続いている。菜の花はもう終盤だ。
IMG_2931_convert_20140506053950.jpg
もう少し雲が少ない方が絵的にはいいのだが、今日は夏日 お日様が時々雲に隠れてくれて助かる。
IMG_2936_convert_20140506054013.jpg

IMG_2943+(2)_convert_20140506061859.jpg IMG_2960+(2)_convert_20140506061940.jpg
松の木の又から覗く・・・くろすけの好きなアングル
IMG_2965+(2)_convert_20140506055021.jpg
青い地球・・・
IMG_2984_convert_20140506062549.jpg

IMG_2988_convert_20140506062956.jpg
遠景のブルーは海です。
IMG_3003_convert_20140506063056.jpg

IMG_3005_convert_20140506063148.jpg
空とネモフィラの丘が溶け合う・・・
IMG_4763_convert_20140506230743.jpg

ネモフィラ
 ハゼリンソウ科ネモフィラ属の一年草。秋に種をまき、春に花を咲かせる。
 和名を「瑠璃唐草(ルリカラクサ)」、英名は「ベイビーブルーアイズ」。
 ネモフィラはギリシャ語のネモス(小森)とフィレオ(愛する)が組み合わさった言葉。
 森林の周辺に生育していることからきている。

IMG_2955_convert_20140506063416.jpg IMG_3013+(2)_convert_20140506211219.jpg
ネモフィラは、オオイヌノフグリをジャンボにしたような花です。
ネモフィラのこんなん見つけました!
IMG_3016+(4)_convert_20140506210346.jpg  IMG_4756+(2)_convert_20140506205453.jpg  IMG_3011+(2)_convert_20140506210048.jpg
奥には遊園地があります。ゆっくりゆっくり登って来ましたが、ここは天辺ではありません。
IMG_3008_convert_20140506063218.jpg


青い時が流れて・・・
インシグニスブルー(ネモフィラ)の大洪水が身体を心を襲ってきます・・・
P5020334_convert_20140506052956.jpg
ネモフィラの歓喜は夏を呼ぶ?・・・               不鮮明です
P5020356_convert_20140506053325.jpg
インシグニスブルーの海
P5020329_convert_20140506053039.jpg
限りなく青~蒼~碧の世界
P5020351_convert_20140506222115.jpg P5020354_convert_20140506222141.jpg
ネモフィラをイメージして作ったソフトクリーム・・・・
 ラムネ菓子の粒が入っていてはじける感じが超GOOD!美味しい!
P5020364+(2)_convert_20140506222232.jpg P5020357+(2)_convert_20140506222215.jpg 

<国営ひたち海浜公園>
公園の面積は350㌶。東京ディズニーランドの5倍程の面積に当たるが、実際に公園として利用されているのは南側だけで全体の55%にとどまっている。茨城県内の花の名所の一つでもあり、4月頃のスイセン・チューリップ、5月頃のネモフィラ、10月頃のコキア(ホウキグサ)などの時期にはキャンペーンイベントが行われる。

<みはらしの丘の周りで出会った珍しい花>
・淡いピンクの藤                        ・ツマジロヒナギク
IMG_3020_convert_20140507084944.jpg P5020386+(2)_convert_20140507085223.jpg P5020387+(2)_convert_20140507085238.jpg

 今日はすっかり夏日となり、みはらしの丘での潮風(海がすぐそば)が心地良かった。
夫は、園内を走るシーサイドトレインに乗ってここまでやって来たのだが、みはらしの丘の散策は脚の不調で行かないとの事・・・なので園内の他のものもいっさい見ず、売店で小腹を満たし、しばし休憩後帰る事にした。早い時間なので渋滞にも合わずスムーズに自宅には戻れた。
 お天気に恵まれての花巡り、ゴールデンウイークの間の平日を狙って行って大正解。そして思い思いに咲き誇った花達に出合い癒され生きるという生命の根源のパワーを頂いた。さぁ明日からまた仕事に頑張ろう。出会ったすべてに感謝!そして夫にありがとう!


 五月の空の下で
 さまざまな緑たちが萌える・・・
 五月の空の下で
 さまざまな花達が燃える・・・
 五月の空の下で
 さまざまな「美しい」が燃える・・・
 


※5/8夜より少し遠出します。準備も含め少しの間お休み致します。
コメント頂いた方へのお返事遅くなりますが、宜しくお願い致します。<m(_ _)m>
スポンサーサイト
タグ :
コメント
まっ黒くろすけ さん、

 こんばんは。

 ネモフィラ、青い色がまるで海原の様で幻想的です。
 (人の数も半端ではない!)

 とてもいいものを見させていただきました。
 ありがとうございます。

六甲山探検隊
【2014/05/07 21:52】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
ひたち海浜公園に来られたのですか。
私達も行こうかと話してましたが娘が帰省していたこともあり何かと忙しくて機会を失ってしまいました。
自宅からは一般道で30キロ弱、行こうと思えば簡単ですが腰が重いですね。
GW中は大勢の入園者があり激混みとのニュースでしたが・・。
見晴らしが丘のコキアの紅葉も良いものですが、秋は忙しいですからね。
【2014/05/08 11:12】 | yamasanpo #- | [edit]
こんにちは^^

一言、素晴らしい場所ですね!
沈んだ心を浄化してくれるような景色です。
こんな景色がいつまでも保てる平和な世の中で
あってほしい、って切実に思っちゃいます^^

【2014/05/12 10:16】 | ふんわり #- | [edit]
六甲山探検隊 様

お早うございます。
コメント遅くなり大変申し訳ありません。
四国の山旅終え、深夜2時過ぎ戻って来たところです。

ひたち海浜公園は、ネモフィラとコキアの時期がとても素敵です。
茨城に行く機会がありましたら、是非奥様共々お尋ねください。
感動間違いなしのお薦めの場所です。
コメント有難うございました。
【2014/05/14 07:43】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
yamasanpo 様

お早うございます。
コメント大変遅くなり申し訳ありません。
夕べと言おうか、深夜2時過ぎ四国の山旅終え帰ってきた所です。

ひたち海浜公園は、ネモフィラ、コキアの時期と数回行っていますが、毎回感動します。
この時期は大混雑は仕方ないですね。今年は朝は7:30~開放でした。
朝一が狙い目ですよね。Yamasanpoさんの距離だといつでも行けていいですね。

ありがとうございました。
【2014/05/14 07:50】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ふんわり 様

お早うございます。
コメントの返信大変遅くなり申し訳ありません。
深夜2時過ぎ、四国の山旅終え帰ってきた所です。
午後からは仕事です。相変わらずハードです。i-229
帰りのバスの中から、太陽の塔が見えました。
思わずふんわりさんの事を思い出しました。

茨城のひたち海浜公園、行く機会を是非作ってお出掛け下さい。
ネモフィラの時期、感動間違いなし…素晴らしいです。
平和で安全な暮らし・・・何よりの願いです。
ありがとうございました。
【2014/05/14 07:59】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/127-c1a7acf7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫