袈裟丸山(塔ノ沢コース~小丸山)

 2014-05-22
夜は死んでま~す・・・
 お訪ね下さる皆様へ。
更新がままならずすみません。<m(_ _)m>
車中1泊4泊5日のハードな四国山旅を終え、5/14の午前2時15分何とか無事自宅に戻り、その日の午後から連続ず~っと仕事、それも5日間は新人さんに仕事を教える日が組まれ、気持ちは元気なのですが、身体が・・・ やっぱ年なんですね・・・毎日仕事、家事を終えると取りあえずパソコンに向かうのですが、気がつくと爆睡状態・・・記憶のしっかりしてる内にレポ何とかまとめようと思ってま~す。が、今月中には・・・・・・できるかな?・・・いややらねば・・・自分の為にも頑張りま~す。
 なっ事で、20日予定していた袈裟丸山のアカヤシオは、ネット情報で時期的に遅い事がわかっていたので、休息日に充てよう・・・だったのですが、ウゥ~ン・・・アカヤシオ追っかけ隊としては、遅いなりに自分の目で確認しておきたくなって・・・やっぱ行って来ちゃいました。
袈裟丸山は
2008.5/15 折場登山口~弓の手コース~前袈裟丸山
(数日前の霜か雪でアカヤシオの花が茶色に変色傷んでおり、余り良い状態のものがなかった)
2011.6/5 郡界尾根コース~後袈裟丸山~八反張(素晴らしいシロヤシオ・シャクナゲの大群落・ユキワリソウ満開)
※2011年は、アカヤシオのメチャ当たり年だったのですが、どうしてもその時期に都合で行けず、悔しい思いをした。

 本来なら、順番で四国山旅をアップしてから袈裟丸山にしなくてはいけないのですが・・・
今やるべきことを後回しにする、悪い性格が邪魔をして・・・ (例:昔から試験の前になると他の事がやりたくなるタイプ)
スミマセ~ン! 袈裟丸山で~す。

▲2014.5/20(火)雲時々晴 単独
 早朝4:10自宅を出発。夫の車が使えないので今回はレンタカー利用。まずは群馬県みどり市の草木ダム方面へとビュンビュン飛ばす。沢入駅手前の寝釈迦の案内に従って左折し林道小中西山線を走る。塔ノ沢登山口への分岐を右に入ると間もなく登山口駐車場7:35到着。すでに2台車が止まっていたが、準備をしてる間にもう1台やって来た。
今日は、前から歩きたいと思っていた塔ノ沢コースを選択。今日の夕方位から天気が崩れると言うので、アカヤシオの最後のチャンスとばかりにやって来た。さぁ、7:47出発だ!10分ほど歩くと林道終点となり、沢に張り出したヤマツツジのオレンジ色が新緑の中に一際美しい。
IMG_3336+(2)_convert_20140521195308.jpg IMG_3335_convert_20140521195059.jpg IMG_3339+(2)_convert_20140521195328.jpg
傷んだ木橋を渡ると、すぐに巨岩の右壁が圧するが擦り抜ける。大小のゴツゴツ岩に杉や桧の入り混じる林を沢音をBGMにゆっくり登って行く。
IMG_3341_convert_20140521205602.jpg IMG_3342_convert_20140521205626.jpg IMG_3349_convert_20140521205647.jpg
2番目3番目の木橋を渡り、ミツバチグリやニリンソウの咲く明るい林を行く。高い所の木にくくりつけられた手書きの寝釈迦の表示が現れ、丸太の階段を登って行くと寝釈迦と相輪塔の案内板が出て来た。
IMG_3351+(2)_convert_20140521212313.jpg IMG_3362_convert_20140521212336.jpg IMG_3363_convert_20140521212356.jpg
まずは、石段を数段上がって、寝釈迦を見る事に・・・ 足の指が何とも可愛い。
<巨大なみかげ石の岩場に浮き彫りにされた寝釈迦像は、北を枕に西方を向き、右脇を下にして横たわっている。
この釈迦像がいつ、誰によって作られたかは不明で、弘法大師説・勝道上人説などがあり、また徳川時代に足尾銅山に送り込まれ病死した多くの囚人の菩提を弔うために刻まれたとも言われ、この地で静かに時の流れを見つめている。>

IMG_3371_convert_20140521213956.jpg
振り返って見る寝釈迦のある巨岩。
IMG_3558_convert_20140521220159.jpg IMG_3374_convert_20140521215533.jpg
相輪等は帰りに見る事にし、先を急ぐ。ミツバツツジとシロヤシオもいい感じにコラボしている。
IMG_3536_convert_20140521220027.jpg
4番目の木橋を渡り、渡渉も数回繰り返し、スミレやコバイケソウのミニ群落など見ながら、明るい林を登って行く。
また丸太の階段が現れ、笹とカラマツの林に変わって来ると、左手先の方に避難小屋が見えてきた。
IMG_3380_convert_20140521222945.jpg IMG_3389_convert_20140521223017.jpg IMG_3397_convert_20140521223056.jpg
カラマツ林の中にいよいよアカヤシオが混じって来た。何とか持ってくれてるようだ。濃いの薄いの色いろだ。
IMG_3401_convert_20140521223634.jpg IMG_3498+(2)_convert_20140521224020.jpg
曇空だが、逆光できれいに写らない・・・
IMG_3404+(2)_convert_20140521224827.jpg
小屋よりひと登りで賽の河原に10:01到着。カラマツと笹原の樹林帯を抜け、露岩~雨量計の所までやってくると何とか見られるアカヤシオが登場してきた。
IMG_3405_convert_20140521225519.jpg IMG_3406_convert_20140521225547.jpg IMG_3411_convert_20140521225614.jpg

IMG_3417_convert_20140522044712.jpg
前袈裟丸山~の連峰も見えて来た。
IMG_3419_convert_20140522044806.jpg IMG_3421_convert_20140522044904.jpg
遠目に見ればそれなりにきれいですが、全体としては傷んでるものが多くだいぶ花も落ちてしまっている。
IMG_3466_convert_20140522171109.jpg
この辺りから、すでに下山して来る人達とすれ違うようになる。
IMG_3430+(2)_convert_20140522050012.jpg IMG_3432+(2)_convert_20140522050037.jpg
きれいなものを探しながら、ゆっくりゆっくり登って行くが、植生を守るためのロープが張られてる所が数カ所出て来た。前はこんなのなかったのだが、最近の袈裟丸山へのアカヤシオ熱は相当のようで、仕方ないのかもしれない。
IMG_3434_convert_20140522050344.jpg
残雪がちょっとだけ残る斜面をひと登りすると小丸山山頂1676m 11:02着。
数組の人達が休憩していた。
IMG_3439_convert_20140522050426.jpg IMG_3452_convert_20140522050458.jpg
曇っているので展望は今ひとつ残念!皇海山~鋸山~庚申山、そして日光の白根山がぼんやり見える程度だ。
IMG_3442_convert_20140522052606.jpg
前袈裟丸山~の山並みを入れて撮るが、青空でないのでアカヤシオも冴えない・・・。
IMG_3444_convert_20140522052510.jpg
小丸山山頂でおやつタイム。そして今日はここまで、往路を戻る事にする。
平日だが、それなりに人は来ていて結構な人達とすれ違う。
IMG_3445+(2)_convert_20140522053359.jpg IMG_3447+(2)_convert_20140522053616.jpg
アカヤシオの良さげなのを再度探しながら・・・
IMG_3450+(2)_convert_20140522171919.jpg
・青空が欲し~い!
IMG_3468+(2)_convert_20140522172009.jpg IMG_3472+(2)_convert_20140522172030.jpg
    
IMG_3478+(2)_convert_20140522172106.jpg IMG_3491+(2)_convert_20140522172135.jpg
    
IMG_3479+(2)_convert_20140522172437.jpg
またい~っぱい咲かせてねぇ・・・~~~
IMG_3492+(2)_convert_20140522172458.jpg

 賽の河原より避難小屋を経て気持ちの良い沢沿いを色いろ道草しながら下りて行く。
・清らかな水の流れに緑の苔が美しい・・・左の方にネコノメソウも・・・      
IMG_3508+(2)_convert_20140522194506.jpg
・ハナネコノメソウも岩の隙間に・・・
IMG_3512+(2)_convert_20140522193416.jpg
・上の写真のアップのハナネコノメソウと右:ネコノメソウ
IMG_3513+(2)_convert_20140522193913.jpg IMG_3506+(2)_convert_20140522193941.jpg
・ミツバチグリも帰りにはいっぱい開いた「こんにちは」・・・
IMG_3515+(2)_convert_20140522194634.jpg

IMG_3562+(2)_convert_20140522201041.jpg IMG_3563_convert_20140522202843.jpg
ワチガイソウ・・・可愛い!
IMG_3555+(2)_convert_20140522201109.jpg
花の中の小さな虫さんも可愛い!
IMG_3517+(2)_convert_20140522190518.jpg
巨樹のへこみに、苔に守られて・・・
IMG_3539+(2)_convert_20140522190556.jpg
・ニリンソウ
IMG_3535+(2)_convert_20140522200914.jpg IMG_3524+(2)_convert_20140522204433.jpg
・一番多く見かけたタチツボスミレ(これは小さな葉っぱだが葉脈の紅紫色が目立つもの。)
IMG_3522+(2)_convert_20140522204711.jpg
寝釈迦の手前で小沢を渡り、相輪塔を見に行く。・・・ミツバツツジが彩りを添えている。この写真では分かり難いですね。
<相輪塔は、高さ18m・幅3mの自然石で上部が大きく下にいくにつれて細くなる不思議な形をしている。
昔、この相輪塔は沢入にあって女人の信仰を集めていたが、彼女たちが塔に上がるのを嫌った天狗が一夜のうちに現在地に持ってきた。その時、上の石から積み上げたためこのような形として残っているのだと言われている。>

IMG_3544+(2)_convert_20140522180615.jpg IMG_3553+(2)_convert_20140522174621.jpg 
森呼吸・・・ハウチワカエデ、葉っぱの万華鏡だ!
IMG_3559_convert_20140522210904.jpg

 何とか天気も持ちこたえ、袈裟丸山終盤のアカヤシオと気持ちの良い沢沿いを楽しみ、最後の木橋を渡り、駐車場に14:15戻る。すでに今朝の車はなく、別の1台が止まっていた。
遅い昼食を車の中で取り、あとはひたすら高速を飛ばし、我が家を目指す。レンタカーを返し、自宅には17:55着。
出歩いてばかりいるので、夕食の手抜きもできず 頑張って太い腕を振るう。  

 出会ったすべてに感謝!そして家族に感謝!

 今年のアカヤシオ追っかけ隊としては、物語山・鳴神山・四国の山(アケボノツツジ)そして袈裟丸山・・・と思い残すことなし・・・良い年でした! また素晴らしい時期に巡り会うよう願って・・・


※皆様へ
コメントは、四国の山旅レポがアップできましたら、頂く事に致します。
忙し過ぎて訪ねて下さる皆様へのご訪問もなかなかできませんが、落ち着きましたらお邪魔致しますのでよろしくお願い致します。<m(_ _)m>
スポンサーサイト
カテゴリ :登山:群馬の山 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/128-e2b90635

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫