四国:赤石山系縦走???

 2014-05-29
▲2014.5/12(月)曇後雨/山は強風
4日目:ホテル―東平…柳谷コース…銅山峰ヒュッテ…銅山越(撤退)…往路を戻る―ホテル―宇和島城―高月温泉(泊)>
 
 3:30起床、ホテル4:00出発。今日は天気が悪いとわかっているので、参加する人は約半分。まだ雨は降ってきていない。昨日の東平の登山口まで約1時間程バスに揺られる。駐車場より昨日歩いた道を分岐まで行く。そして今日は柳谷コースを選択し銅山越へ。昨日の馬の背のコースと違ってこちらの方が全然歩きやすい。それにびっくりするほどヒカゲツツジが多く、花達にエールを送られながら渓谷に掛かった幾つもの橋を渡り銅山越を目指す。
途中で昨日ちち山分れで会ったグループの人達が戻って来るのに遭遇。東山方面へ向かうも物凄い風で吹き飛ばされそうになったとの事。取りあえずくろすけ達は進む。銅山峰ヒュッテ6:08通過(ヒュッテ裏にはヒカゲツツジ大株が・・・)、銅山越には6:33着。怪しげな雲が形を変えながら低い位置を流れている。銅山峰の碑の近くまで登って見ると確かに物凄い風だ。昨日下山して来る時よりはるかに強い風だ。天気予報で下界でも風速20m位の強風が吹くような場所もあるような事を言ってたので、標高が高かったら、 大雨と強風もはんぱないだろう・・・。 リーダーの判断で撤退する事に6:40・・・。せめて西赤石まででも行ければ・・・な~んて甘い考えもあって出て来たくろすけでありましたが、この状況ではやばすぎるので致仕方ありません。一番の楽しみにしていた縦走部分だったのですが実に残念でした。
 赤石山系縦走中止!<参考:東平…西赤石山…東赤石山…権現山…河又―宇和島市>
P5120421+(2)_convert_20140529210756.jpg P5120422_convert_20140529210832.jpg P5120425_convert_20140529210907.jpg P5120426_convert_20140529210946.jpg
往路を再びヒカゲツツジなど横目でチラ見しながら急ぎ足でバスの待つ駐車場まで戻る。
P5120428_convert_20140529215417.jpg P5120430+(2)_convert_20140529215503.jpg P5120438+(2)_convert_20140529215620.jpg
・新緑と美しい渓谷           ・満開のアセビ             ・バスの待つ駐車場
P5120440_convert_20140529215711.jpg P5120443_convert_20140529220015.jpg P5120447+(2)_convert_20140529220129.jpg
途中からポツンと雨が降ってきたが、本降りにはならずホテルまで戻る。ホテルの朝食が8:30までは宿泊者無料との事で、運転手さんがギリギリセーフでバスを到着させてくれ、間に合ったのでガッツリと頂いた。
出発まで各々ホテルの部屋でくつろぐ。
・ホテル前から捉えた空の雲・・・山のように見えるのは雲、すっぽりとまるで滝雲のように山を襲っている。
P5120454+(2)_convert_20140529221302.jpg
・ 移動するバスから・・・巨大な雲は魔界の生き物のようだ。今日この怪物雲の下に行かなくて正解だ!
P5120460+(2)_convert_20140529221332.jpg
10時、明日の山の出発地となる宇和島市へとバスで移動。途中から予報通り雨となる。
・宇和島城(重要文化財:慶長元年~6年藤堂高虎創建)に寄り道
苔むした石段や石垣は雨に濡れいい感じ。初めての出会い:ムサシアブミ(巨大な三つ葉の葉っぱと仏炎苞)
P5120465_convert_20140529231021.jpg P5120466+(2)_convert_20140529233421.jpg P5120479+(2)_convert_20140529233534.jpg
・華麗さと格式を持つ天守(現存12天守のひとつに数えられる天守は国重要文化財)
晴てれば、海に山そして街並みがきれいに見えるのだろう・・・
P5120471+(2)_convert_20140529231209.jpg P5120475_convert_20140529231316.jpg P5120473+(2)_convert_20140529231244.jpg
城山には約300種の草木が生い茂るんだそうな・・・
P5120470+(2)_convert_20140529232050.jpg P5120478_convert_20140529232113.jpg

 道の駅(昼食)などに寄り道しながら今日の宿泊地:高月温泉までバスでドライブ。
高月温泉は成川渓谷に面する自然豊かな温泉。宿泊は別棟。温泉も食事も中々良かった。キジのカルパッチョ・カモの小鍋・アマゴの塩焼き・釜飯など何れも美味しかった。(うっかり高月温泉では写真を1枚も撮らず・・・
部屋は2人で一部屋でゆったり。(くろすけは山で熊と戦ったことがあると言う勇ましい女性と同室になった。) 明日も早朝4時出発なので、早々にご就寝・・・明日は良い天気に復活するという事なので安心して休む。
昼間、城見学中、明日行く山に昨日行ったと言う人に遭遇した人がおり、今年はシャクナゲが当たり年で今凄い綺麗に咲いている・・・と言う情報をGETしたとの事、 超楽しみだ!
 最終日、素晴らしい思い出で飾れますように・・・ 


※最終回 四国:御祝山~三本杭へ続く

スポンサーサイト
カテゴリ :登山:中国・四国 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/132-a2e98e48

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫