四国:御祝山~三本杭~千畳敷

 2014-05-31
▲2014.5/13(火)晴
 本日四国山旅最終日。
旅立ち前、時間がなく、御祝山~三本杭の地図用意できず、ネット上で簡単に登山記事に目を通しただけだった。
ただ、山をやり始めて間もない頃に、「三本杭はいいよ~…」と聞いていたのがずっと頭の片隅にあった事と、昨日、御祝山~三本杭の間のシャクナゲが10年に一度の花つきの良さで素晴らしい事になっているとの情報をキャッチし、今日最終日の登山は、想像も膨らみ期待大となっていた。
 最終日の山に関して、くろすけにしては珍くし山行記録を一切取らなかったため、写真中心で詳細が記載できず・・・くろすけ自身でもうっかりだったなぁ・・・と反省?・・・ でもこれからは、これでもいいかぁ・・・?・・・と性格的にはずぼらの几帳面のくろすけ 微妙に揺れております。
まっ、そんな前置きより、
どんな山だったか・・・デジカメレポ、始まり、始まり~・・・


 雨上がりの瑞々しい朝は、空気が透き通るようで気持ちが良い。
高月温泉より約1時間ほどバスに揺られ萬年橋たもとの登山口へ。準備体操し5:07出発!
・萬年橋(帰りに撮ったもの)      ・鬼ケ城山系登山道地図            ・御祝山~三本杭への標柱
IMG_3311+(2)_convert_20140530201757.jpg P5130484+(2)_convert_20140530202439.jpg P5130485+(2)_convert_20140530202540.jpg
・初めての出会い・・・オンツツジ(朱色の花・大きな三つ葉)  ・結構な急登・・・
P5130488_convert_20140530203803.jpg P5130492_convert_20140530203929.jpg
・雑木林にシャクナゲが混じるようになり・・・が、いつの間にか薮っぽい感じも・・・
P5130496_convert_20140530210322.jpg IMG_3181+(2)_convert_20140530224447.jpg
・いい感じのシャクナゲが登場した・・・
IMG_3177+(2)_convert_20140530224514.jpg
・この木、何の木・・・ひねられ感が面白い!      ・御祝山998m 6:42着(展望無し)
P5130500+(2)_convert_20140530211559.jpg P5130503+(2)_convert_20140530211617.jpg P5130505_convert_20140530211805.jpg
・気持ちの良い登山道だ・・・
P5130508_convert_20140530221128.jpg
・椿の大木・・・椿の花が地面にたくさん落ちていてまだ魅せています。
P5130511+(2)_convert_20140530221438.jpg
・かっこいい巨木です・・・
P5130514+(2)_convert_20140530221322.jpg
・シャクナゲの森
IMG_3240_convert_20140530233633.jpg

IMG_3208+(2)_convert_20140530225145.jpg
・咲いてるのも散ってるのも花数が凄い!
IMG_3213+(2)_convert_20140530225542.jpg IMG_3215+(2)_convert_20140530225608.jpg
・少しずつ色にも違いがある・・・
IMG_3212_convert_20140530225919.jpg IMG_3230+(2)_convert_20140530230423.jpg
この色が好みかな・・・
IMG_3239+(2)_convert_20140530230216.jpg
・ヒメシャラも新緑の中に素敵な演出・・・
IMG_3243+(2)_convert_20140530235331.jpg
そう言えば・・・昨夜は雨も風も強かった・・・花の雨が、森の大地を化粧する・・・
IMG_3245+(2)_convert_20140530231106.jpg
森の奥深く・・・幻のシャクナゲの湖・・・
IMG_3249_convert_20140530231315.jpg
・シャクナゲの妖精達のおしゃべりも聞こえてきそうな森・・・
IMG_3252_convert_20140530232950.jpg
・確かに、今年は当たり年のようです。
IMG_3255+(2)_convert_20140530233309.jpg
・後ろ髪引かれる思いでシャクナゲの森を後にする。今度は解放感のあるブナの森を進んで行く・・・
P5130526_convert_20140531000658.jpg
植生が変わり、まだ若いアセビに覆われた登山道を行く。艶々した赤と緑のアセビの若葉がモコモコ・みっしりと広がっている独特の風景だ。
P5130535+(2)_convert_20140531163317.jpg IMG_3257_convert_20140531162844.jpg
鹿の防御ネットを3か所ほど通り抜け、ひと登りすると三本杭山頂1225m 7:48着。
P5130538_convert_20140531002943.jpg P5130543+(2)_convert_20140531002654.jpg
・山頂より望む。山頂は鹿に食べられてしまった笹が少しずつ復活してるようだ。
P5130545+(2)_convert_20140531004225.jpg
・今通って来たアセビの森。ここはこのあとオンツツジの朱色に染まって新緑とのコラボが素晴らしいらしい。
IMG_3260_convert_20140531013843.jpg
下山8:00は一般ルートとは違う所を行く事となり、ハラハラドキドキもあったりの探検隊気分を味わった。
P5130549_convert_20140531013142.jpg P5130555_convert_20140531013336.jpg P5130562_convert_20140531013651.jpg
・またまたシャクナゲの森も通過して・・・
IMG_3261_convert_20140531014547.jpg

IMG_3262+(2)_convert_20140531021323.jpg

IMG_3263+(2)_convert_20140531021409.jpg
・ピンクの色もみんな微妙に違う・・・
IMG_3269+(3)_convert_20140531222713.jpg
・苔むした倒木や岩場を行く・・・
P5130559_convert_20140531015603.jpg
・出会ったピンクの中では一番フレッシュできれいだったのに、チョイボケ撮り・・・
IMG_3272+(2)_convert_20140531022733.jpg
・ほとんど白に近い薄~いピンク・・・
IMG_3274+(2)_convert_20140531022752.jpg
・オフホワイト系のシャクナゲ・・・チラ見で通り過ぎてしまったが、凄いボリュームで咲いていた・・・
IMG_3278+(2)_convert_20140531022832.jpg
・上を見上げるとシロヤシオ満開・・・この写真では全くわかりませんね・・・
IMG_3281_convert_20140531020616.jpg
・岩を抱くオンツツジ、まだつぼみ・・・
IMG_3284+(2)_convert_20140531020435.jpg
三本杭を探検隊のように想定外の楽しみ方で千畳敷まで下りて行く。10:05着
P5130566_convert_20140531170213.jpg P5130570_convert_20140531170246.jpg P5130571_convert_20140531170322.jpg
これより滑床渓谷(四万十川支流の目黒川最上流12㎞に及ぶ愛媛県下有数の渓谷)に沿って萬年橋まで戻る。
千畳敷は素晴らしい滑床だ・・・こんな所でのんびりしたいものだ。残念ながらこの写真では千畳敷の良さが伝わらない
IMG_3292_convert_20140531025710.jpg
雪輪の滝・・・幅20m落差80m、一枚の岩盤を雪の輪のような波紋を描きながら淡い水が滑り落ちる
IMG_3298+(2)_convert_20140531173009.jpg
・変化のある楽しい渓谷歩きだ。
P5130586_convert_20140531200345.jpg
・マイナスイオンと森林浴のダブル効果の遊歩道を行く・・・紅葉も素晴らしいに違いない。
IMG_3304_convert_20140531173036.jpg
・清らかな流れに心に響く水音、苔むした岩にはヤマツツジの花が散りばめられたように・・・OH!美し~い!
(此の場面ではしっかり写真を撮りたかったなぁ・・・。ほんとにハッとするほど美しかった。時間がなく足早に通り過ぎてしまったので残念で仕方ない。
この写真では暗すぎてツツジの花が見えな~い。)

IMG_3308+(2)_convert_20140531173054.jpg

さまざまなる木々の緑、清らかなる水の流れと調べ、浸食によってできた花崗岩の滑らかな河床、大小の岩々が創り出す迫力・・・心にしっかり焼き付けながら萬年橋まで戻る。(10:50)予定より少し遅れたようだが、無事故で全員怪我もなく下山となる。 駐車場の真っ赤なモミジが新緑の中に炎のように燃えていた。駐車場のブロックタイルとその間に生えた草が、何だかいい感じでパシャリ!(どうでもいいような事にも感心してしまうくろすけなのであります)  身支度を整えて、11:15頃駐車場を出発となる。これより延々車中の人となる・・・
IMG_3314_convert_20140531194657.jpg IMG_3320_convert_20140531194723.jpg IMG_3321+(3)_convert_20140531194933.jpg
バスは瀬戸大橋~東名高速~東京へと間に休憩(食事・お土産タイム・トイレ)を入れながら快適に飛ばす・・・
IMG_3325_convert_20140531195004.jpg IMG_3331_convert_20140531195031.jpg
・・・が、途中2か所ほど事故渋滞などに遭遇し、東京池袋に着いたのは夜中の12時を過ぎてしまった。くろすけは、何とか終電には間に合ったが、最寄りの駅からは大分遠い所までしかたどり着く事が出来ず、仕方なく夫に迎えに来てもらい自宅に着いたのは深夜の午前2:15となってしまった。いずれにしても無事自宅に辿りつきホッとした。
・・・そして、休む間もなく午後からは仕事と言うハードな日々をこなしていくのでありました。

 御祝山~三本杭~滑床渓谷、確かに良いコースでした。整備が入っていないのか、何度も道なき道を行く感じとなりましたが、それはそれなりに冒険的で楽しめました。シャクナゲの森や滑床渓谷は、機会があればもう一度訪ねたい場所、くろすけのお気に入りに登録で~す。 

                    IMG_3267+(2)_convert_20140531021931.jpg

 この度の四国山旅は、1日だけとても残念な日がありましたが、全体としては天気に恵まれ、アケボノツツジやシャクナゲの花の当たり年にもぶつかり、とてもラッキーな山旅となりました。また初めての花達との出会いもたくさん有ったり、素晴らしい渓谷歩きもできたり・・・etc・・・嬉しい・楽しいがいっぱい詰まった山旅でもありました。そして四国の山々はくろすけが想像してた以上に素晴らしく、新たな発見が出来た事が何よりもの喜びです。
 お世話になりましたSHのリーダー始め会員の皆様、お疲れ様でした。そして心より有難うございました。
また来年、剣山とともに今回果たせなかった西赤石~東赤石もやる…という事をお聞きしましたので参加できたら嬉しく思います。
 「充実の花の四国山旅」、出会ったすべてに感謝!家族に 

※何とか今日31日で最終日アップする事が出来ました。
気にして下さる貴重な皆様、四国の山に興味のある皆様、どうぞくろすけワールドで、「四国山旅」楽しんで頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
凄い凄い連日花盛りだくさんですね。
こんなに花ばかりみて飽きませんか 笑
四国の山は歩いたことはありませんが、花の四国なんですね。
ビックリです。
次の計画の予約? わかりますね。
楽しませて頂きました。
【2014/06/02 09:59】 | yamasanpo #- | [edit]
こんにちは^^

5時登山開始、山頂8時前って朝なんですよね!?
読み進めては何度も最初に確認してしまいました(笑)
しかも東京までバスとは・・・体力ありとはいえお疲れだったでしょう^^;
Mくろすけさんはピンク系のお花がお好きなんですね^^
四国は遠くない土地なのにほとんど行ったことがありません。
千畳敷、画像でもとても澄んだ空気と緑が伝わってきます。
雪輪の滝、行ってみたいなぁ。
清流の眺めは綺麗でずっと見てられますね。
いつも見てるうちに目を回してしまうのですが(ーー;
【2014/06/02 15:32】 | ふんわり #- | [edit]
yamasanpo さん

四国の山、思った以上に良かったですね。
花木ばかりではなく変化のある山を楽しめました。
一番楽しみにしていたコースが、中止になってしまったので、
やはりリベンジしたいですね。

【2014/06/02 16:27】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ふんわり さん

こんにちは。

山は早出が基本です。10時を過ぎると雲が湧き風も出てくることが多く、
天気の急変なんかもありますので、なるたけ早く出てのゆとりを持ったっ行動が大事なんですよ。
夏山のロングの縦走なんかは、早朝4時出発なんてのも当たり前です。

バスを使うのは経費節約の為ですね。
新幹線・飛行機を使えば短時間で済みますが、料金が結構な額になってしまいます。
山にできるだけたくさん行きたいと思うと、少しでも経費を安くできる方法はないかと考えるのであります。
おっしゃる通り、体力があるとはいえ、バスの長時間は山より疲れます・・・i-229

花の色は、紫・黄色・白系が好きなのですが、
アカヤシオは、最初に見たのが淡いピンクで、
感傷的な事も手伝ったのかことのほか美しく見えてしまいました。
その後、濃いピンク色も知る事となりましたが、
やはり心動かされるのは淡~いピンクの方ですね。

沢や滝はとっても大好きな場所です。
迫力や美しさばかりでなく、心がほんとに浄化されま~す。


【2014/06/02 17:34】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
今週末,
久住にミヤマキリシマを見に行こう
て予定してるんですが,
仕事がずれ込んで土日出勤の危機。
しかも今日から梅雨入り。
悩ましい季節の到来ですね。
【2014/06/02 21:09】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
次席家老 さん

ミヤマキリシマ・・・いいですね。
くろすけもそのうち絶対見に行きま~す。

ご家老様もお仕事お忙しそうですが、
表現のセンス・面白さピカ一で、お疲れが見えませんね。
羨ましい才能です。

雨も悲喜こもごもですが、
山では晴れて欲しいですね・・・i-278
【2014/06/02 21:30】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
先日のアカヤシオの花
初めて見る花だと思っていたら
アケボノツツジの仲間だったんですねぇ
こちらでも愛好家が多いのか
よく、どこそこの山で
アケボノツツジが見頃を迎えている…
というニュースを目にします。
今までは何気なく見ていたけど…
来年からは間違いなく
くろすけさんの山での雄姿が
目に浮かぶことになるでしょうね(o^^o)♪

滑床渓谷、日帰りのバスツアーが時々あって
1回行ってみたいなって思っている場所なんです。
登山は無理でもここなら
ちょっと頑張れば大丈夫かも~
なんて、身の程知らず!かな(^o^;)
【2014/06/02 22:13】 | 森のくまくん #- | [edit]
森のくまくん さん

「滑床渓谷」、素晴らしい所でした。
普通に問題なく歩けます。大丈夫です。i-87
是非新緑か紅葉の時期に訪れて見て下さい。

東京へ帰る日だったので、慌ただしく急ぎ足で通りぬけてきてしまいましたが、
時間があったらゆっくり散策したいところでした。

四国の山、いい山が揃ってますね。
アケボノツツジの白花もいつか見てみたいものです。
【2014/06/02 22:31】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
四国のお山縦走登山お疲れ様でした~
アケボノツツジは初めて聞くお花です・・アカヤシオかと思っていました・・
それにしても、全山ピンク色に染めて、すばらしい景色でしたね!!
御祝山のシャクナゲも、すごいことになっていましたね!!
色とりどりのシャクナゲが、重なるようにして咲く様子が
写真からよ~く伝わってきます。
ほんと、良い時期に行かれましたね!

そうそう、文中にある、白いスミレは、トウカイスミレでは
ないかと思いますが・・
【2014/06/03 00:09】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さん

こんばんは。

アカヤシオとアケボノツツジはほぼ同じツツジで、
その違いは、アカヤシオには花柄の腺毛と10本の雄しべの半分に白い毛があるが、
アケボノツツジにはないというだけのようです。

ツツジはシロヤシオも清楚で素敵ですし、普通のヤマツツジも好きですね。
アカヤシオは、最初の印象がくろすけの感傷的な時期に出会ってしまったので、
儚げで美しい・・・と思ってしまったのですが、その後追いかけて行くうちに、
明るくおおらかなで、人の気持ちをHAPPYにする花だと思うようになりました。
人間もお花達も第一印象ってありますよね。結構その後まで影響するような・・・i-278

白いスミレ・・・「トウカイスミレ」やっぱり・・・でしたか。
はっきりして嬉しいです。毎度ありがとうございます。

【2014/06/03 19:14】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
私たちも、山登りとお花が大好きですが、
こんなにハードな山旅は……やはり、歳の差かも。
昔は、いくつかの山を転戦して歩きましたが、
乙女だった頃ですねぇ~。

先日NHKのニュースでも、アケボノツツジが
満開だと紹介されていましたよ。

同じ位に素敵な、リベンジが出来ると良いですね。
【2014/06/03 22:56】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さん

今回この山行に参加された方々は、
くろすけより年齢が上の方がほとんどでした。
バスで同席となった方は70歳のもと看護婦さん。
動作も機敏で矍鑠とされ、何より会話がとてもお若い方でしたよ。

コースは石鎚山の鎖場を除けば、大変な所もなく、
距離が長いので縦走に時間が掛かりハードとはなりましたが、
みなさんホントにお元気な方々ばかりで、圧倒されました。

来年、お花が同じような状態なら嬉しいですが、
リベンジ今から楽しみにしています。
【2014/06/04 04:56】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/133-42aa4073

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫