夏油温泉~花の焼石岳へ①

 2014-06-20
やって来ました~・・・秘湯「夏油温泉」
 岩手県北上市和賀町岩崎新田                                予報通り晴れてま~す。
P6170005_convert_20140619195404.jpg

 予定していた焼石岳~東焼石岳~金明水避難小屋(泊)~経塚山~夏油温泉への縦走(単独)、
夏油温泉側のトラス歩道橋が今年の雪で崩落し、現在通行不可となっていることを6月初めに知る。
・・・ 縦走できない・・・ガックリ!
急遽コース変更、それぞれ単発で行く事にした。天気予報とギリギリまで睨めっこで検討。
結果、出発1日前の予報が17日(火)晴のち雨⇒なので温泉、18日(水)晴⇒なら、迷わず山でしょう!
…っな訳で、下山後に温泉の予定は、今回いきなり温泉で~す・・・まっ、いいか 

2014.6/17(火)晴時々曇のち時々雨強く降ったり止んだり 単独
 前夜、東京鍛冶橋駐車場より、22:45出発の夜行バスに乗る。ほぼ満席、登山客はくろすけ一人のようだ。
早朝5時過ぎ水沢駅に着く。今日は、温泉での~んびりゆ~ったりの日・・・忙しすぎるくろすけの身体には丁度良いかも・・・ごほうび、御褒美!
夏油温泉の最寄り駅は北上駅、帰りの夜行バスも北上駅で乗車なので、始発の電車6:13に乗り、3つ目の北上駅へ移動。6:28着。今回、交通手段を如何にしたら合理的で便利・安上がりか検討したところ、タクシーとレンタカーでは、料金に大差がない事がわかり、自由の効くレンタカー利用とした。レンタカー会社はどこも8時からしか営業してなくて、待ち時間がもったいなかったが、朝食などを取りながら時間をつぶす。
 予定時間より少し早く北上駅を出発。市内を抜け、徐々に山間に入って行くが行き交う車がほとんど無し。夏油大橋を渡り、緑のシャワーを浴びながら狭い曲がりくねった道路を行く。開放した窓からは、春蝉の合唱が聞こえたりしてきた。
・北上駅構内に伝統芸能の鬼剣舞        ・夏油大橋からの風景(帰りに撮影)
P6170001+(2)_convert_20140619195550.jpg P6170098_convert_20140619195650.jpg
快適ドライブ約45分程で「夏油温泉:元湯夏油」に到着。(7つの温泉がある)
       P6170004_convert_20140620193629.jpg
夏油温泉を検索している時に、「夏油三山」の存在を知り、一番時間的に短い駒ケ岳に登ってみたいと思ったが、日帰り入浴の時間が15時までだったのであきらめ、温泉周りをちょっとだけ散歩することに・・・。(駒ヶ岳の記事を読むとこの時期花も多く、山を優先して他の温泉にするか結構揺れたが、夏油温泉はやっぱくろすけの中でははずせなかった・・・
温泉の横を流れる夏油川の橋を渡り、山荘横を通り抜け案内通りに進んで行くと5分程で蛇の湯の滝。小さい滝だが勢いよく流れ落ちる様はなかなかの見応え。滝の左側の小さな橋を渡ると日本に稀なラジウム放射能を有する洞窟蒸風呂があり、今は入浴禁止となってるが、奥までちょっと探検で入って見た。確かに熱気ムンムンでサウナのようだった。(ブレた写真ですが参考までに
P6170006_convert_20140619194120.jpg P6170008_convert_20140619194135.jpg
左:温泉館のすぐ横にある山の神の祭られた神社にある双子の桂の巨木(樹齢約500年)
右:温泉を見守り続けて来た薬師神社の御神木見印の杉(樹齢約650年)と霊泉の石碑(李王朝末期の高位高官が日本亡命中に揮毫したものだそうな)
P6170011+(2)_convert_20140619202737.jpg P6170012+(2)_convert_20140619202759.jpg
・・・と、3か所ほど見所を周るが、皆すぐ近くなのであっという間。
受付で日帰り入浴料金600円を支払、男女入れ替えの時間をしっかり聞き、
いよいよ7つの温泉巡りスタート・・・ワクワク!
まずは内湯で、さっぱりと汗を流す・・・
1.白猿の湯…効能:痛風・高血圧・神経痛
写真は女湯の方ですが、男湯の方とは湯船の形が違うようです。湯船は小さめですが、くろすけ一人なので十分。肌に優しくトロッとした感じで適温、湯船から外の景色などは見えず・・・。7つも温泉を巡るので湯当りしないように、早々に出る。調度10時を少し過ぎた所なので、これから館外に出て、露天風呂巡りへ。本館と各館との間を通り抜け、突き当りを左に川に向かって階段を降りて行く。途中に「滝の湯」があるが、室内なので後から入る事にする。
P6170017_convert_20140619210559.jpg P6170018_convert_20140619213547.jpg
階段を下りきった所にある大湯、そして左側の少し先におっ、先客が居るぞ、疝気の湯に、・・・んっ、女性?・・・随分ガタイのいい女の人だ・・・もしかして今どきのニュウハーフ?・・・ショートカットぽいヘアースタイルで上半身の後姿しか見えないが、突然すくっと立った・・・ありやぁ、男性じゃないの・・・肝心なものが確認できないので、声を掛けるには勇気が要ったが・・・「今、10時からは女の人の時間ですけど~・・・」大きな声で叫んだ・・・振り返るが特別驚いた様子でもなく、照れ臭そうにして頭を下げた。覗いて見たら誰も入ってないんで入っちゃったの感じのようだった。そんなやり取りをしてる所に大湯から女の人が出て来た。どうも奥さんらしい。男女別時間の入れ替えがあるのは、説明を受けてたと思うのだが、あまりよく聞いていなかったのかもしれない。二人が去り  ヤレヤレ・・・。

2.大湯…効能:神経痛・リウマチ・皮膚病 (男女別時間制)
片足を入れる、おっ、熱いぞ! この感覚、去年の蓮華温泉「薬師の湯」を思い出すぞ。
こういうお湯は静かに入らなくっちゃ・・・ 忍、忍!身体を少し動かしただけでも飛び上るほどアツ~イ!
湯船に浸かり子供のように数を20まで数え、さぁ出ようと片足を外に出す・・・ あ~ちっ~!
・・・慌ててもう片足出したら、あ~ちっちっ、あち~っ・・・!絶叫!悶絶!
「熱いので、掛け湯だけにしておいた方がいいですよ」・・・説明で聞いていた通りです。が、意地でも入らなくっちゃ・・・と、つまんないところで頑張るくろすけなのでありました。
P6170019_convert_20140619215029.jpg P6170024_convert_20140619215056.jpg
・目の前には夏油川、右奥は渓谷になっている・・・
P6170021+(2)_convert_20140619215845.jpg
3.疝気の湯…効能:婦人病・痔 (男女別時間制)
・野趣満点!・・・最高で~す!  
左:奥に写ってる小屋は川上の大湯。
右:滝の湯から下の疝気の湯を覗いたところ(写り悪し今回防水カメラ不調、ヤバイ!寿命かも・・・)
P6170047+(2)_convert_20140620001943.jpg P6170043+(2)_convert_20140620002009.jpg
今回一番楽しみにしていた疝気の湯。熱湯地獄の大湯と比べれば温度は丁度良く天国のよう。でもこちらを最初に入れば温めに感じるかも・・・。遠くに見える小屋は川下の女(目)の湯。             思い出ですから…
P6170037_convert_20140620003722.jpg P6170035_convert_20140620003939.jpg
お気に入りの湯でのんびり、まったりしていると、また男の人が様子を見に来た。また大きな声で「女性の時間ですよ~」・・みんな話を聞いてないのかなぁ・・・ あっ、いけな~い、上の滝の湯、入るの忘れてるぞ。

4.滝の湯…効能:皮膚病・外傷 (女性専用)
階段の途中にある室内風呂。左側は熱め、右側が温湯と二つの浴槽が並んでいる。
取りあえず、熱湯は一瞬、温湯は気持ち程度に入り、11時からの次の露天風呂へ移動。
P6170045+(2)_convert_20140620011638.jpg P6170040_convert_20140620011702.jpg
参考:いちいち着替えなくてもいいように、移動で外を歩くのでムウムウ風のワンピース(実は寝間着)持参
階段を上り、来た道を少し戻り、右への案内に従って階段を下りて行く。シシウドの花が迎えてくれた。
階段を下りきった所が真湯。
P6170059_convert_20140620013928.jpg

5.真湯… 効能:胃腸病・ぜんそく・虚弱児童 (男女別時間制)
ちょっと熱めだが、忍、忍・・・と言う程ではない。出た後でスッキリ感があった。湯船の左側が寝湯のように斜めになっていた。此処でもまたまた男の人が様子を見に来た・・・全くもう・・・ 時間の無い人が、あわよくば入れないかと見に来るのかしら・・・困ったもんだ。 しか~し、こんな自然環境に身を置いていると、気持ちがおおらかになり怒りモードも自然とセーブできる。不思議だ。
P6170063_convert_20140620015457.jpg P6170076_convert_20140620015554.jpg
最初に来た時から気になっていた川に掛かる小さな板橋を渡り、女(目)湯へ。

6.女(目)の湯…効能:眼疾患 (男女別時間制)
簾で目隠しされ、女性には安心かも・・・少しだけ閉ざされた空間が何やらミステリアスで、イマジネーションが膨らむ・・・ 温度は疝気の湯と同じ位でやや温め、、ここでまた湯ったりする。
P6170067_convert_20140620021646.jpg P6170070_convert_20140620021708.jpg P6170071+(2)_convert_20140620021739.jpg
 ※参考 露天風呂は全て脱衣所のみ洗い場無し、水着禁止
段々喉が渇いてきて、うっかり飲み物を車においてきてしまっていたので12時10分前露天風呂を引き上げる。
・シシウドの花、もうお別れです・・・
P6170081_convert_20140620044134.jpg
受付に戻り、水分をと思ったのに急にソフトクリームが食べたくなり、ブルーベリーヨーグルト味を頂く。受付の方と少し山の話をする。夏油三山のそれぞれがいい山だそうで、特に5月末の駒形山・牛形山は、色んな花の群生が凄いらしい。そんな話を聞いたら、温泉がなんてたって素晴らしい事も有り、時期を変えてまた来たくなっちゃうなぁ・・・。
温泉巡りの最後は内湯で締める事に・・・。
本館から隣りの館へ渡り、奥の方へ行くと男女別の内湯があった。

7.小天狗の湯…効能:リウマチ・高血圧
引き戸を開くと大きく開けた窓からは自然のままの山の斜面が視界に飛び込んで来た。お湯は上は熱いが、下は温めといった感じで、温度の違いが層のように感じられた。入った瞬間は熱くてこりゃダメかな・・・と思ったが、慣れるとそれほどでもなくなった。
P6170084+(2)_convert_20140620025635.jpg P6170082_convert_20140620025800.jpg

<夏油温泉の案内より>
温泉は全て100%源泉掛け流しとなっております。全ての露天風呂は温泉が発見されて以来、湯船そのものが源泉であり、湯船の底、もしくは脇からこんこんと湧き出ています。そのため一切お湯に手を加えておりませんので、季節によっては熱かったりぬるかったりしますが、湧きたての新鮮な温泉をお楽しみください。また、内風呂も直接源泉を引いておりますので、異なる7つの温泉をごゆっくりご堪能下さい

※泉質はそれぞれ微妙に違うそうで、ナトリウム・カルシウム塩化物泉・ナトリウム硫酸塩などが主な成分。

 夏油温泉:環境・泉質共に最高! 大湯は激熱で、お湯の感触を楽しむゆとりなどなかったが、それ以外の湯はみな肌がスベスベになるやさしさ感やトロッとした感があった。毎日入ってれば、素肌美人になるかもね・・・。くろすけは疝気の湯がやっぱり一番のお気に入りかな・・・。 そう言えば、7つの温泉巡り、くろすけ一人の全部貸切状態だった・・・なんという贅沢。ラッキーでした。 

※追記
日帰り入浴は15時までとなっていますが、山に行く場合、出かける前に受付で入浴料金を支払っていけば、時間を過ぎてからでも入れるそうです。


予定通りに7つの温泉巡りを終え、時間も早かったので、ここから20分ほどで行けると言う「天狗の岩」に行くことにした。また汗をかくのは嫌だったのでゆっくり山道を登って行く。案内板より階段を下り川沿い進んで行くと・・・
・日本一の石灰華ドーム:天狗の岩(特定天然記念物) 高さ7.6m、下底部の直径25m
P6170087+(2)_convert_20140620203319.jpg
川沿いには咲き残りのニリンソウなどわずかに残っていた。往路を戻り、どこか景色のよい所で昼食をと思ったが、お腹が空きすぎていてつい車の中で食べてしまった。
 さて、これから明日の山への登山口のある奥州市へと向かう・・・山間に牧場や畑などあるだけで何もない田舎道を約1時間ほどドライブ。途中から道路が濡れていて、どうやら雨が降ってたようだ。
P6170101_convert_20140621051208.jpg P6170104_convert_20140621051242.jpg 
・日本最大級の円筒分水工                  ・胆沢ダム(ロックフィルダム)
P6170109_convert_20140621051309.jpg P6170116_convert_20140621051458.jpg
ダムからは焼石岳連峰のゼブラ模様(真ん中より右にうっすらと)も少しだけ見え、何だかドキドキした・・・楽しみ~!
P6170118_convert_20140621051532.jpg
時々雨に降られながら、やっと見つけた食料品店で、少しだけ山の食料を買い足し、17時胆沢ダムから焼石岳中沼登山口へと向かう。
国道397号線を走り焼石東トンネル~尿前渓谷橋を渡り、直ぐに右折、、尿前林道を7キロ程走り中沼登山口の駐車場へ。17:22着 悪路だと聞いていたが思った程ではなかった。駐車場には車が3台停まっていた。ブヨや蚊が多いと聞いていたがその通りで、しばらくするとどこからともなく寄ってきて車からはトイレ以外出ないで過ごした。P6170106_convert_20140621054004.jpg P6180268_convert_20140621054030.jpg
18時前に3人の登山者が下山して来た。この雨で避難小屋利用し、帰りが遅くなったのかも知れない。残車は2台となったが、1台には男性が一人居ることがわかり、もう1台はどうも小屋泊まりの車のようだ。
今晩は車中泊。夕食をとり、することもないのでラジオを聴こうとしたら調子が悪くて雑音ばかり・・・。寝ようとしてもなかなか寝付けないが、時々襲ってくる雨に不安になったり、月や星空も見えたりすれば、ヨッシャー!・・・なぁんて一喜一憂しながら過ごしていたが、最終的には曇ってしまった。明日は晴れると予報では言っていたが、大丈夫なんだろうな・・・・・・お天気の良い事を願いながら、ご就寝・・・  ・・・花もまだ残ってますように・・・

   ※夏油温泉~花の焼石岳②へ続く

スポンサーサイト
タグ :
コメント
いいですね~。温泉三昧ですか!
我が県も「おんせん県」を自称してますが,
ほんとにいい温泉て,少ないんですよね。
今度久住に行ったら,帰りに温泉に寄ってきます。
【2014/06/21 14:50】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
次席家老 様

夏油温泉・・・
今まで行った温泉の中では環境・質共に最高かな・・・
どちらかというと野趣満点の鄙びたような秘湯が好きなので・・・。

ご家老様が久住で、いい温泉見つけたら是非アップして下さいね。
くろすけも数年後ミヤマキリシマの咲く時期に必ず行きますから~・・・。
【2014/06/21 16:56】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
夏油温泉!いいとこぉ~~(^O^)
空想旅行族のワタクシに
またひとつ新しいページが出来ました
ありがとうございます(^-^)b
おしゃべりしてて温泉の話などになった時
「夏油温泉、いいよぉ~」
なんて・・・絶対かっこいいですよネ。
「行ったことあるの?」って聞かれたら
返事に困っちゃうけど(^o^;)

山か温泉か…
究極の選択の結果
温泉を選んだだけのことはありましたネ(o^^o)♪
【2014/06/21 22:06】 | 森のくまくん #- | [edit]
温泉、良い感じですね~。
今度、その辺を歩いた際には寄ってみよう。
良い情報です。
【2014/06/22 08:48】 | yamasanpo #- | [edit]
の~んびり、ゆ~ったりの温泉巡りのはずが、
まっ黒くろすけさん流になると、こんなに
パワフルになってしまうものなのか、と驚か
されてしまいます。

湯あたりしそうで、とても真似ができませ~ん!

焼石岳で、たくさんのお花に出会えると良いですね。


【2014/06/22 09:55】 | snow drop #- | [edit]
森のくまくん さんへ

山に目覚める前から、秘境とか秘湯には興味津々でした。

今回、タクシー利用だったら早い時間に温泉に着け希望の山にも登れたのですが、
なんせ経費節約も重要なポイントなもんですから・・・i-229

本当は泊まれれば、もっとのんびりゆったりなんですがねぇ~・・・
【2014/06/22 16:24】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
yamasanpo さんへ

秘湯好きにはたまらない温泉でした。
環境・泉質共に最高でした。i-278
夏油三山の登山口にもなっています。

機会があったら是非お立ち寄りください。
(参考:営業期間5月中旬位~11月中旬位までのようです。)
【2014/06/22 16:34】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
snow drop さんへ

「の~んびり、ゆ~ったり・・・」
確かにおっしゃる通り、くろすけの今回のような温泉の入り方では、
この表現は適切ではありませんでしたね。
言われてみるまで気がつきませんでした。
この程度でのんびり、ゆったり・・・だなんて、
如何に普段慌ただしく生活してるか、あらためて感じてしまいました。

本当の意味での「の~んびり、ゆ~ったり」、
まだ当分味わえそうもありません・・・。i-229

7つの温泉を移動時間もいれて、男女別時間制なので約3時間位で巡りました。
川風に吹かれながら、半身浴等交えながら入ってたので、湯当りはしませんでした。

焼石岳の花達、近日中アップしま~す。お楽しみいただければ幸いです。
【2014/06/22 16:51】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
初日から温泉三昧!・・カッパには羨ましい限りです~
でも、一日で7湯も巡るのも、ある意味ハードだったのでは?

焼石岳は、登ったことはないのですが、
反対側から小出川の源流部に、テント泊で渓流釣りに
入ったことがあります。
イワナはあまり釣れなかったのですが、
太い根曲がりダケがたくさん採れたのを、記憶してます。

焼石岳はお花で有名なお山ですよね!
お花の記事のアップ楽しみにしてま~す!
【2014/06/23 23:57】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

こんにちは。
今回、1日目がお天気が良くて、2日目が悪かったら、
温泉は無しで山だけで帰って来ようと思ってました。
幸い天気が何とか持ってくれたので中々いけない場所なので、
秘湯大好き山姥としてはついでに楽しんできちゃいました。
7つの温泉約3時間で巡りましたが、男女別の時間制になっている事と移動もあるので、
正味温泉に浸かってる時間はそんなに多くはありません。なので、全然ハードではありません。i-229

焼石岳、時期を変えて今回で2回目でしたが、ほんとに花の山で素晴らしかったで~す。
【2014/06/24 16:09】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/136-d123a562

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫