岩手山~八幡平へ②

 2014-07-16
▲2014.7/9(水)曇時々雨 単独

朝で~す。おっ、いい感じに焼けてきてるではないか・・・4:00
IMG_4316+(2)_convert_20140715140203.jpg
誰もいません。独り占め八幡平山頂直下で~す。・・・4:20
IMG_4317+(2)_convert_20140715140830.jpg 
4:25 雨が降って来ないうちに、八幡平ハイキング出発!整備された登山道を行く。
まず最初に不思議な窪地。火口跡か陥没してできたものかわからないらしいが、雪解け後にキヌガサソウの群落が見られるとか。まだ残雪多く見られず残念!次に鏡沼、ご来光ぽくなったが、ガスってるのでこんな感じ。残雪が雲海ぽく見える。
IMG_4320+(2)_convert_20140715200511.jpg IMG_4322+(2)_convert_20140715200555.jpg
・鏡沼・・・残雪多し、沼の色が青緑色できれいだ。・・・沼に映る景色が素晴らしいらしい。
IMG_4325+(2)_convert_20140715201439.jpg
・めがね沼・・・残雪多し(二つの火口に水が溜まってできたものをめがねに例えた。)
IMG_4329_convert_20140715200930.jpg
・いい感じに朝が明けて行っているが・・・
IMG_4330_convert_20140715202324.jpg
・八幡平山頂 1614m 4:46着 樹林で展望得られず。展望台は撤去されていた。(資材があるので立替?)
IMG_4332_convert_20140716080804.jpg P7090007+(2)_convert_20140715202730.jpg 
少し進むと ヒナザクラの大群生!
・密集度が凄~い!焼石岳でも結構咲いてるなと思ったのに、ここはその比ではない。
IMG_4337_convert_20140716080518.jpg
・お目覚めですか・・・・可愛い彼女たちのおしゃべりが聞こえてきそうだ・・・
IMG_4340+(2)_convert_20140716081623.jpg IMG_4339+(2)_convert_20140716081354.jpg
・ガマ沼・・・水が透き通っていてきれいだ・・・う~ん、もう少し見えればなぁ…
IMG_4344_convert_20140716082346.jpg IMG_4346_convert_20140716082406.jpg
避難小屋:稜雲荘が見えてきた。右下は八幡沼だがガスって見えない。
整備された登山道の両サイドはヒナザクラロード。
IMG_4350_convert_20140716083138.jpg IMG_4353+(2)_convert_20140715205421.jpg IMG_4355+(2)_convert_20140715210018.jpg
・八幡沼・・・ちょっとだけ見えたのを逃さず
IMG_4358_convert_20140715205504.jpg
昨日に続きこちらもハクサンチドリはよく登場してくる。湿原となり木道を進んで行く。
IMG_4361+(2)_convert_20140715211119.jpg IMG_4363_convert_20140715211149.jpg

IMG_4368_convert_20140716093548.jpg IMG_4369_convert_20140716093737.jpg
・ちょうどワタスゲも見頃で暫く続く。
IMG_4372_convert_20140715211247.jpg
・チングルマも満開・・・至る所に・・・
IMG_4377+(2)_convert_20140715212142.jpg
・八幡沼の畔・・・水が透き通りきれいだ・・・
IMG_4379_convert_20140716093847.jpg IMG_4381+(2)_convert_20140716093918.jpg
・チングルマ・イワカガミ・ヒナザクラと混じってきれ~い!
IMG_4384+(2)_convert_20140715212205.jpg
・池糖がいくつも・・・幻想的と言うしかないでしょう・・・
IMG_4388_convert_20140716093955.jpg
・ミズバショウも少し残ってました。             ・木道の間からもワタスゲ・・・
IMG_4390_convert_20140716094027.jpg IMG_4393_convert_20140716094053.jpg
・池糖の周りにもワタスゲ・・・
IMG_4396_convert_20140716094157.jpg IMG_4402_convert_20140716100735.jpg
・ワタスゲの群生の素敵な木道がずっと続いていますが・・・青空が欲し~い!
IMG_4401_convert_20140716100812.jpg
・八幡沼の畔・・・
IMG_4404+(2)_convert_20140716101022.jpg
              ・青空もっと出てこいやぁ~~! 
IMG_4407+(2)_convert_20140716101118.jpg IMG_4413+(2)_convert_20140716102706.jpg
・どこもかしこもチングルマ・ヒナザクラが盛り、元気を頂いて・・・
IMG_4411_convert_20140716103253.jpg
これより源太森へ 1595m 山頂は風が強く、ガスが掛かっていて展望はわずかしかなかったが・・・
IMG_4423+(2)_convert_20140716105020.jpg
ガスが切れた瞬間を狙って・・・ ①・・・源太森の表札の左側の山並み
IMG_4435+(2)_convert_20140716105251.jpg
ガスが切れた瞬間を狙って・・・ ②・・・①の更に左側の山並み
IMG_4429+(2)_convert_20140716105331.jpg
ガスが切れた瞬間を狙って・・・ ③・・・八幡沼
IMG_4427+(2)_convert_20140716130929.jpg
風が強いし、展望もそれなりに得られたので、予定通り黒谷地湿原へ向かう。登山道は木道からゴロゴロ石の下りとなり、やたら歩きにくかった。途中で展望が開け、源太森山頂で見た山々が見えてきた。このままガスらないでくれたらいいのに・・・と願いながら40分位は下っただろうか。黒谷地湿原に出た。6:50こちらの湿原はチングルマはすでに果穂となっていたが、ワタスゲがいい感じに群生していた。
IMG_4438_convert_20140716130102.jpg
展望デッキがあるので、休憩するには良い場所だ。
IMG_4440_convert_20140716130201.jpg
これより、茶臼岳に行く予定であったが、この天気の様子だと恐らく展望が得られないと思い、急遽取りやめ、予定では往路を戻るはずにしていたが、源太森への登りが嫌だったので、アスピーテラインの車道に出て戻る事にした。
・熊の泉水場               ・ヒメシャクナゲ            ・モウセンゴケ
IMG_4443+(2)_convert_20140716133919.jpg IMG_4446+(2)_convert_20140716133947.jpg IMG_4453+(2)_convert_20140716134009.jpg 
・咲いたばかりのニッコウキスゲ               ・黒谷地湿原・・・これでお別れです。
IMG_4457_convert_20140716134055.jpg IMG_4459_convert_20140716134119.jpg
黒谷地湿原は規模は小さかったが、上記の他にヒナザクラ、イワカガミ、オオバキスミレ、ムシトリスミレ、ハクサンチドリなどチョッピリだけど咲いていた。
アスピーテラインを駐車場まで戻る事になるが、7:19
車道の両側はミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリなどに延々縁どられて・・・
IMG_4467+(3)_convert_20140716144514.jpg IMG_4471+(2)_convert_20140716144559.jpg P7090011+(2)_convert_20140716144631.jpg
・ヤマオダマキ
IMG_4481_convert_20140716142252.jpg P7090009+(2)_convert_20140716142740.jpg
ちょっと山側を覗くと、マイズルソウ、オオバキスミレのミニ群落などが・・・
IMG_4478_convert_20140716142226.jpg  P7090013_convert_20140716142924.jpg
・ハクサンチドリ・・・美人揃い・・・
IMG_4466+(2)_convert_20140716150819.jpg IMG_4274+(2)_convert_20140716150633.jpg IMG_4483+(2)_convert_20140716150656.jpg
延々と続く花達のエールにちっとも坂道が苦にならない。それにガスが辺り一面にかかるようになってしまい、途中からは雨もポツンポツンと降り出してきた。こちらを選択して良かったような気がする・・・
駐車場に着く頃8:27には、車がどこに停めてあるかわからないほどの濃霧となり、車に乗って間もなくに本降りの雨となった。これはラッキーとしか言いようがない。 ヤレヤレ・・・。

天気が悪くなるのがわかっていたので、予定通り温泉巡りへ・・・
まずは、ここを少し下り標高1400m東北最高地の秘湯:藤七温泉「彩雲荘」へ。
P7090016_convert_20140716153656.jpg
日帰り入浴は8:00~18:00で600円。男女別内風呂有り:源泉掛け流し
P7090061_convert_20140716153718.jpg P7090059_convert_20140716153751.jpg
・露天風呂が6つ。源泉掛け流し・・・右は一番高い所にある浴槽(適温)
 単純硫黄泉のにごり湯はいかにも温泉と言った感じで、湯床の泥を取って泥パックする人もいるらしい。
P7090022_convert_20140716153920.jpg P7090031_convert_20140716155605.jpg
・女性専用露天風呂(適温)にて・・・湯床からプクプク温泉が湧いてきている
 雨が降っているが、気にならない・・・雨に濡れ、温泉に浸かってびじょ美女で~す。。
P7090042_convert_20140716155048.jpg P7090029_convert_20140716155236.jpg
・源泉のままなので浴槽によって温度が違う。雨も小雨になり岩手山も顔を出した。
肌ツルツルの優しい温泉にたっぷり浸かり、疲れも取れ満足満足!さて、この辺で出る事にしよう。
車なので風呂上がりにビールが飲めないのが残念と言えば残念だ。
P7090038_convert_20140716160135.jpg P7090054+(2)_convert_20140716155634.jpg
先月の夏油温泉とはまた違った感じで開放的で、野趣に溢れた温泉だった。何だか秘湯巡りにはまりそうだ。
「べにこ」ならぬ「くろこが行く秘湯巡り」・・・いいかも・・・いや、やっぱり×・・・素晴らしすぎるBODYですから・・・公にはできませぬ・・・大変失礼いたしました。<m(_ _)m>
露天風呂は女性専用が1つあるだけですが、この日は平日で朝、天気も悪いという事で、最初の30分位はくろすけ一人の貸し切り状態、後からぽろぽろと5人の人達(2組は夫婦)がやって来ただけでした。これまたあまりひと目も気にせず入れたのもラッキーでした。(8:45~10:30)
10:35 時間があり過ぎるので、これからもう一つ温泉に行ってみる事に・・・。
雨も止み、途中で藤七温泉を振り返る。
P7090065_convert_20140716170624.jpg
山頂直下まで戻る間に見つけたジャンボなヨツバシオガマたち、そしてここでもミヤマキンポウゲの大群落・・・
なんて花の多い地域なのでしょう・・・
P7090067+(2)_convert_20140716165854.jpg P7090072+(2)_convert_20140716165915.jpg
昨日夜走ったアスピーテラインを快適ドライブ・・・源太岩なる巨岩が・・・
P7090075_convert_20140716165943.jpg P7090078_convert_20140716170034.jpg
岩手山には雲が掛かったままで残念だが、朝の天気が嘘のように下界は夏日和だ。
ニガナっぽい花の大群落を見つける。雑草でもこんだけ咲いていると、ハッとする勢いと美しさを感じる。
P7090081_convert_20140716173447.jpg P7090083_convert_20140716173516.jpg
ナビは便利だ。迷う事無く目的地まで連れて行ってくれる。午後1時近くになりお腹もぺこぺこ状態なので、温泉手前の小岩井牧場でランチをする事にした。入場料500円を支払うので、食事だけだと高くつくかも・・・です。ジンギスカン定食とやらを頂く。(1350円) お土産などGETし、2時過ぎ2つ目の温泉地へと向かう。
(お腹が空きすぎていたせいか、写真を一枚も撮らず・・・でした。)

小岩井牧場より、また雨が降り出した。今度は本降りだ。一本道を一走りで網張温泉14:32到着。雨は運よく小雨になり、受付で入浴料を支払、まずは楽しみにしていた露天風呂「仙女の湯」に行こうとしたら、先程で終了したとの事。うそ~っ、今回の一番の楽しみにしていたのに~。 「悪天候の為本日終了」・・・大ショック!仕方なく、時間はたっぷりあるので館内の「白泉の湯」露天ぶろ付きに入る事にした。網張温泉は、国民宿舎なので、平日と言えどもたくさんのお客で溢れていた。幸いお風呂はそれほど混んでいなかったので良かったが、人が居るので写真は撮れなかった。泉質は、単純泉/単純硫黄泉ということで、なかなか良かった。
P7090086_convert_20140716175951.jpg P7090085+(2)_convert_20140716180016.jpg P7090088_convert_20140716180044.jpg
網張温泉「仙女の湯」は本館より山道を10分程行った所にある、沢沿いのバックに滝がある野趣あふれた温泉なのですが、次回の楽しみにとなってしまいました。・・・となると、何が何でも岩手山、秋には登りたくなったなぁ・・・。でも今年は無理かなぁ・・・でも、近いうちに必ず来よう~っと・・・。

往路を盛岡駅まで戻るが、行きに寄りそびれた小岩井牧場の1本桜を見に行くことにした。カレンダーなどで有名なあの1本桜です。時期外れですし、夕方なのでもちろん誰もいません。バックの岩手山は相変わらず雲の中ですが、なかなかの貫録ある桜の巨木のようです。
P7090091_convert_20140716214436.jpg
やはり、桜の花が満開の頃に来て見てみたいですね。・・・ありがとう、逢えてよかった。
P7090098_convert_20140716214524.jpg

そして、見っ~け!
またまた大群生です。それもあざみ、タムラソウ?でしょうか。
こんな群生今まで見たことありません。岩手山のコマクサより感動してしまいました。女王様ごめんなさい!
P7090107+(2)_convert_20140716223148.jpg

P7090108+(2)_convert_20140716223112.jpg
素敵すぎます・・・。
P7090111_convert_20140716223509.jpg

岩手山山頂からも、森のサファイア(御苗代湖)を見つけ、またまた下界でもこんな素敵を発見できて、今回はルンルンです。 
街が近づくに連れて、あ~ぁ、もう1泊位したいなぁ・・・なんて思ってしまうくろすけでしたが、いけませんね、家族が待ってますから・・・レンタカーを返し、今日の夕食は「じゃじゃ麺」(わんこそば・冷麺と並ぶ盛岡三大麺の一つ)なるものを頂く。
・HOT JaJa 「じゃじゃ麺」(550円)
うどんのような麺に、特製の肉味噌ときゅうり、ねぎをかけ、好みに応じてラー油やおろしショウガやにんにくをかけて食べる。少し残した後、同じ器に卵を割り、肉味噌を加え、ゆで汁を注いでかきまぜたスープ(チータンタン)を頂く。
P7090120_convert_20140716221840.jpg P7090124_convert_20140716221904.jpg
好みもあるでしょうが、くろすけは、昨日の冷麺の方がお口に合ってました。

盛岡23:05発の夜行高速バスに乗車し、ほぼ予定通り新宿6:30頃到着。電車を乗り継ぎ、自宅に無事ご帰還。
収穫の多い山旅でした。出会ったすべて、家族に感謝!

 今回の岩手の山旅は、天の神、山の神に加護されたようなとてもラッキーな2日間となりました。
梅雨の不安定な時期でありながら、大事な所では降られずに、それなりの景色も見させて頂きほんとについてました。また、山以外でも花の多い事には驚きでした。それに温泉、秘湯大好きのくろすけには魅力に溢れた岩手となりました。岩手・・・いいところですね!またくろすけお邪魔致しま~す。 

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。

前回の焼石岳に引き続き、今回も、東北の山シリーズですね。
この時期の東北の山は、ほんとにお花がすばらしいですね!
わたしたちも、数年前に、早池峰山、岩手山、秋田駒ヶ岳と登ったのですが、
その時もお花たちが、生き生きと満開で、すばらしかったです。

お花もすばらしいのですが、温泉も素晴らしい温泉がいっぱいですね!
藤七温泉は行ったことがないのですが、露天風呂はお湯もロケーションも
最高のようで・・ぜひ一度行ってみたいな~・・なんて、思ってしまいました!

ところで・・露天風呂の入浴シーンはどうやって、撮影されたのかな~?
【2014/07/17 00:31】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ
こんばんは。

山をやる前は、東北の山と言えば「紅葉」位しか思い浮かばなかったのですが、
山に目覚めてからは、お花達がこんなに多く咲いてる事をあらためて知り元気も頂いてきました。

秘湯好きのくろすけ、証拠写真をアップするのはどうかなぁ・・・と言う思いもあったのですが、
自分の日記だからと、控えめに?i-282載せてしまってます。

自分撮りはほとんど、人に頼むことなく、愛用の防水デジカメで、セルフタイマー撮りで~す。
前回も今回も幸いくろすけ一人しかいない時間がありましたから・・・。
人が居る温泉場では、ちょっと無理でしょうね・・・。i-229
【2014/07/17 08:26】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
岩手山の沢山のお花に驚いていたら、そのまま
八幡平の駐車場で車中泊。これにも驚き!
ほんとうにバイタリティ溢れた、行動力ですね。

藤七温泉は、毎年5月の連休に、五生掛温泉の
湯治場に出かけた時に、周りの山々をスキーで
滑っていましたが、入浴したことはありません
でした。

東北の露天風呂らしく、ワイルド感一杯ですね。
【2014/07/17 10:28】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

岩手山は山以外でも何気に花が多く驚きでした。

車中泊は致し方なく・・・で、
岩手山の下山口近くにレンタカー会社は一つもなく、盛岡駅まで戻る事に。
翌日天気は悪くなる事がわかっていたので、早朝行動開始を考えると、
山頂直下にいる事がベターだなと思っての車中泊でした。
それにレンタカーを借りておけば、雨の中でも自由に行動できますから・・・。
ご夫婦でとかお仲間での行動ができると、色んな意味で心強いのですが・・・
最近はすっかり一匹オオカミならぬ、一匹やまんばです。i-229

ゴージャスなお風呂より、ワイルド感たっぷりの秘湯が大好きですね、くろすけは・・・。i-278
【2014/07/17 20:15】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ヒナザクラ
ホントにカワイイ花ですね。初めて知りました
ヒナという名前から
小さな花だろうとは思いましたが
チングルマと一緒に写っている写真を見てビックリ
まさかあそこまで小さいとはねぇ~(o^^o)♪

これでお別れです。。。と、黒谷地湿原の写真
とても名残惜しいくろすけさんの気持ちが
しっかりと写っていたような気が・・・

青空には恵まれなかったようですが
なんとか雨に降られる前に、無事、戻ってこられてヨカッタです

それに、なんとも幻想的な写真の数々
すっかり魅了されました♡♡♡
【2014/07/18 23:17】 | 森のくまくん #- | [edit]
森のくまくん さんへ

こんばんは。
高山植物は図鑑などで見ていると、頭の中ではどうしても大きくイメージしてしまいますが、
小さなお花が多いですね。
ヒナザクラは、小さいばかりでなく白い色の花なので地味ですが、
今回のような大群生には初めて遭遇し、花の勢いに圧倒されました。

ほんと今回は、本降りの雨をうまい具合に避けられながら行動できラッキーでした。
ガスってしまって残念な風景もたくさんありましたが、
幻想的ということで、得意の?想像力がより働きi-229、これはこれで楽しめました。
が、やっぱり山では晴れて欲しいものです。
【2014/07/19 00:14】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
1400Mの温泉。さぞかしいイイ湯でしょうね。
じゃじゃ麺,おみやげにいただいたことあるんですが,
私もやっぱり冷麺の方がいいですね~。
結局,じゃじゃ麺で食べたのは1袋。
残りは鍋に入れちゃいました。
【2014/07/19 16:34】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
次席家老 さんへ

やっぱりにごり湯ですと温泉って感がじが強くなりますね。
自然に返って、細胞から蘇生されていくようです。
秘湯にハマりながらつくづく今回も野生に返って行ってるな…って思ってしまいます。
進化と言うより、退化して山姥から猿へ・・・残念ながら「べにこ」さんにはなれそうもないです。i-229

過去に食べた冷麺は、ゴムのように硬い麺の印象しか残ってないんですが、
麺・スープと共に今回頂いたものは、好みの食感と味覚でした。
【2014/07/19 18:59】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/139-93c4ddf5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫