聖岳~光岳縦走(南アルプス)3日目

 2014-08-11
2014.7/31(木)晴~夕方一時強雨・雷~曇 単独
聖平小屋3:25…4:37小聖岳4:46…5:46前聖岳6:08…6:28奥聖岳6:50…7:15前聖岳7:30…8:30小聖岳8:37…9:21薊畑…9:45聖平小屋10:30…12:16南岳…13:04分岐13:08…13:18上河内岳13:22…14:59茶臼小屋(泊)

 3時起床。炊事場でキウイと今日は野菜スープでエネルギー補給。今日の行程は地図上で9時間25分と今回の行程で一番ロングの縦走日だ。午後から天気が不安定との事もあり、靴擦れが痛く時間が掛かる事を思うと予定より30分早めて出発する事にした。必要な物だけサブザックに詰めて、3:25出発。星明りとヘッドランプの灯りを頼りに歩を進める。靴擦れは靴を履く時と歩き始めが「うぅ~っ 」と辛かったが、荷物も軽いので何とか痛いながらも順調に歩けてる。薊畑を3:48通過、暗い中を歩くのは、怖くないと言ったら嘘になるが、怖さと好奇心のドキドキと共に、何か強力な磁力のような熱いエネルギーに導かれいつも歩いて行ってしまってる。・・・ ヘッドランプの灯りが必要無くなった頃、進行方向右側(東)の視界に突如富士山が出現した・・・。
お~ぉ、素晴らしい! 4:36 ご来光前の富士山
IMG_4597_convert_20140808230024.jpg
♦小聖岳2662m (4:37到着)より聖岳を仰ぐ(10分程富士山堪能小休止)
IMG_4601_convert_20140808230611.jpg
♦4:46 刻々と変わって行くシーンがたまらない・・・
IMG_4598_convert_20140808225023.jpg
♦4:58 夜明けのセレモニーと共に、ガレ場をゆっくり踵に負担が掛からないように登って行く。
IMG_4609_convert_20140808225544.jpg
♦前聖岳山頂3013m 5:46到着
誰も居ません。素晴らしい360度の大展望!暫しくろすけ一人占めの舞台鑑賞。
IMG_4616_convert_20140803113449.jpg
♦ 充電完了!  山名表示の右に薄く見える▲が仙丈ケ岳、小さなもっこりが塩見岳
IMG_4617_convert_20140808233728.jpg
うっかり聖岳からの展望を動画におさめただけで、それぞれの名峰を個別に撮っておくのを忘れてしまった。 北アルプス方面は、雲が掛かって見えるような見えないような微妙な眺望でした。一人早朝の三千メーター峰に立ち、大感動に浸っていると、若者3人が登頂してきた。挨拶を交わし互いに写真を撮ってあげたりした後、6:08ゴツゴツの岩場を下り、奥聖岳へと向かう。なだらかな登山道の両サイドはキバナシャクナゲやミネズオウ・チングルマなど咲いていた。花は少ないが花達を見ると気分は更にルンルンになる。残雪の手前にクロユリが2輪咲いていると小屋の人から教わったが、見つからなかった。残念! 20分程で・奥聖岳山頂2978.3m(6:28着)
・左は赤石岳、右は奥聖岳                   ・奥聖岳山頂からの赤石岳が、より迫って見える。
P7310171_convert_20140808234924.jpg IMG_4633_convert_20140808235659.jpg
♦奥聖岳からの富士山・・・まるで日本画のようだ!
IMG_4634_convert_20140808235913.jpg
・中央アルプスと左側に薄~く御嶽山              ・西側に恵那山
IMG_4640_convert_20140811095007.jpg IMG_4650+(2)_convert_20140811095031.jpg
・上河内岳~茶臼岳、そのバックに南アルプスの深南部の峰々
IMG_4636_convert_20140809194641.jpg
こちらにも誰もまだ登頂してきていません。20分程展望を楽しみお花の写真など撮りながら6:50往路を戻る。
・イワカガミとチングルマ                     ・ミネズオウ
P7310173+(2)_convert_20140810185600.jpg P7310186_convert_20140810185539.jpg
・チングルマとミネズオウ                     ・アオノツガザクラ
P7310192_convert_20140810185951.jpg P7310190+(2)_convert_20140810190019.jpg
・奥聖岳方向から見る聖岳・・・
P7310183_convert_20140810190634.jpg
・7:15聖岳に戻って来た。これから縦走する上河内岳~光岳までの稜線をあらためて目で追う・・・
IMG_4651+(2)_convert_20140810193125.jpg
・小聖岳への稜線と上河内岳~光岳まで
P7310198_convert_20140811094513.jpg
またまた展望を15分も楽しんでしまった。後ろ髪を引かれるが、まだ先が長いので決断し聖岳を後にする。
行きに暗くて見えなかった風景や花達を楽しみながらガレ場を慎重に下って行く。
・彩雲もどき・・・                          ・富士山に雲がたなびくようになった・・・
IMG_4653_convert_20140810193412.jpg IMG_4654+(2)_convert_20140810193437.jpg
・大好きなイワツメクサ                                  ・タカネツメクサ
IMG_4655_convert_20140810200627.jpg IMG_4647+(2)_convert_20140810200646.jpg
ガラガラ、ザレザレを下っていると、 何やらピンクの花・・・どれ、撮っておくかぁ~・・・んっ!  
これってもしかして・・・          ニョホウチドリ             
ラン科  ハクサンチドリ属  準絶滅危惧(NT)
IMG_4672+(2)_convert_20140810202626.jpg
崖地の際です。ほとんど気がつかれずに通り過ぎて行ってしまうようなところです。
ちょっとお転婆をして・・・ カシャ!・・・初めての出逢い 
光岳の方に咲いていると言う情報しかなかったので、こんなに早く想定外の所で出逢えるなんて超ラッキー!
せっかく逢えたのに、カメラの調子悪くて、うまく撮れない・・・悔しい
P7310202+(2)_convert_20140810213951.jpg
・ミヤマムラサキ
IMG_4673+(2)_convert_20140810234751.jpg
・シコタンハコベ
IMG_4681+(2)_convert_20140810234540.jpg IMG_4696+(2)_convert_20140810235115.jpg
                 ・イワベンケイ                       ・ヨツバシオガマ
IMG_4676+(2)_convert_20140810235317.jpg IMG_4678+(2)_convert_20140810235542.jpg IMG_4692+(2)_convert_20140810235402.jpg IMG_4705+(2)_convert_20140810235419.jpg
・ミネウスユキソウ                        ・チシマギキョウ
IMG_4694+(2)_convert_20140810235939.jpg IMG_4695+(2)_convert_20140810235808.jpg
花達は北岳ほど多くないがそれなりに咲いている。
・岩壁にミヤマムラサキ                     ・ハクサンシャクナゲ(聖岳を振り返る)
IMG_4687+(2)_convert_20140810233842.jpg IMG_4689+(2)_convert_20140810233825.jpg
・富士山にこんなに雲が掛かってしまった。         ・小聖岳にて聖岳をバックに・・・
IMG_4700+(2)_convert_20140811000336.jpg P7310211_convert_20140811000453.jpg
ザレ地を過ぎるとダテカンバの林やマルバダケブキの大群生地となるがまだ咲き始めだ。
P7310215_convert_20140811101219.jpg P7310222+(2)_convert_20140811101243.jpg
マルバダケブキは鹿が食べないのであっという間に大群生になってしまったらしい。ひょこひょこ歩いていると、
オッ、またしてもニョホウチドリ発見!1本だけ健気に咲いていたが、少し花びらは傷んでいた。
IMG_4706+(2)_convert_20140811102638.jpg IMG_4724+(3)_convert_20140811103439.jpg IMG_4718+(2)_convert_20140811103504.jpg
空の雲は目まぐるしく変わって行き、様々な表情を見せている。大好きなマツムシソウが咲き出していた。
IMG_4734+(2)_convert_20140811100928.jpg IMG_4733+(2)_convert_20140811100948.jpg
・振り返って見る聖岳・・・
IMG_4714_convert_20140811104810.jpg
薊畑は鹿の食害を防ぐためネットで囲われていた。    ・下の方に分岐が見えてきた。
P7310228_convert_20140811102050.jpg P7310230_convert_20140811102109.jpg
分岐に戻ると丁度小屋の方が居て、写真を撮ってもらった。(奥の山が聖岳)
IMG_4738+(2)_convert_20140811100858.jpg
9:45小屋に戻り、遅い朝食をとる。先程の小屋の方が親切にWELCOME用のフルーツポンチをサービスしてくれた。嬉しい!靴擦れの跡をチェックしたら、悲惨な事に水ぶくれは敗れ、皮がずれ赤い肉が見えていた。触れると超痛~い! バンドエイドを貼り直し、ケアーをし、10:30さぁ、あらためて出発だ。此処から地図上では4時間で茶臼小屋だ。天候が急変する前には到着したい・・・。
 分岐より右に樹林帯を進む。こちらにもオサバグサの残り花やコバノイチヤクソウなどが咲いている。蒸し暑いし 、登りではやはり踵が痛く辛いのでゆっくり登って行く。展望が開け前方に岩場が見えるが岩頭だろうか・・・見晴らしの良い岩場に到着すると聖岳はすでに黒い雲に覆われていた。今日は早朝から雲の動きが激しくやはり天候の急変が心配だ。急ぎたくてもこの足では急げないが、写真撮りのみ休憩にしてとにかく頑張って歩こう。ダテカンバやナナカマドの木々を見ながらいつの間にか南岳に12:16到着。
P7310233_convert_20140811121810.jpg P7310236_convert_20140811121902.jpg P7310239+(2)_convert_20140811121925.jpg
ガレ場を下り東側のお花畑をトラバースして行く。マルバダケブキの群生はこちらにも多くみられる。
P7310240_convert_20140811132357.jpg IMG_4752_convert_20140811124730.jpg
・イワオウギ                     ・まるで庭の様なレイアウト(岩とキバナシャクナゲ)
P7310244_convert_20140811133205.jpg P7310254+(2)_convert_20140811132432.jpg
・ハクサンフウロ       ・キバナシャクナゲ      ・タカネナデシコ      ・ハクサンチドリ
IMG_4743+(3)_convert_20140811130013.jpg P7310252+(3)_convert_20140811133500.jpg P7310245+(3)_convert_20140811130524.jpg P7310249+(2)_convert_20140811131126.jpg
・タカネコウリンカ             ・トリカブト               ・ミヤママンネングサ
IMG_4748+(2)_convert_20140811123757.jpg IMG_4755+(2)_convert_20140811123739.jpg IMG_4756+(3)_convert_20140811123826.jpg
色んな花達にエールを頂きながら今度はこんな赤石ゴツゴツの所を登って行く。
P7310256_convert_20140811141805.jpg
・ミツバオーレンの群生        ・コバイケソウとキバナノコマノツメ   ・イワカガミ
P7310258+(2)_convert_20140811132742.jpg P7310260+(2)_convert_20140811132809.jpg P7310263+(3)_convert_20140811134243.jpg
・点々と白く見えるのはキバナシャクナゲ            ・ミヤマダイコンソウ
P7310262_convert_20140811143517.jpg IMG_4761+(2)_convert_20140811144423.jpg
13:04上河内岳への分岐に出た。足は痛いがもう2度と来れないと思うと往復20分との事なのでザックを置いて登っておく事にした。(13:08~13:18着)上河内岳2803m ガレ場の山だ。展望は雲多く今ひとつ。
P7310264+(2)_convert_20140811143154.jpg P7310265_convert_20140811143238.jpg P7310267_convert_20140811143212.jpg
13:30分岐に戻り、ヤセ尾根のガレ場を下って行く。先の方はガスって来てしまってよく見えない。
P7310266_convert_20140811150648.jpg P7310271_convert_20140811150708.jpg
13:50 奇岩竹内門とはこれだろうか・・・。森林限界を超え歩きやすい登山道を行く。
P7310275_convert_20140811150737.jpg P7310278_convert_20140811150758.jpg 
ウサギギクがポツンと一輪・・・、ザレ場をトラバースしていると先の方に亀甲状土の草原が見えてきた。
P7310283+(2)_convert_20140811150855.jpg P7310284_convert_20140811150919.jpg
亀甲状土…直径1mから3mの礫質多角形土(大小の礫が規則的に並んでつくられる地表の多角形の模様)が形成されている
P7310285_convert_20140811152739.jpg P7310289_convert_20140811152754.jpg
14:30目の前に瓦礫の山が出現。物凄い急斜面だ。もうそろそろ着く頃と思っていたのに、最後まで楽させてくれません・・・ 最後の力を振り絞って一歩一歩足をカバーしながら登って行く。どれだけあるのやらと思っていたら6分ほどで通過した。ヤレヤレ! 歩きやすい裸地の登山道となるが、にわかにガスが覆ってきて、分岐に着く頃14:48には視界がほとんどなくなってしまった。分岐より岩ゴロゴロの急坂を下り、本日の宿泊地茶臼小屋に14:59やっと到着。 良く頑張りました。お疲れ様でした。  
P7310291_convert_20140811155025.jpg P7310292_convert_20140811155044.jpg P7310293_convert_20140811155101.jpg P7310294_convert_20140811155118.jpg
受付で手続きを済ませ、2階の部屋に入り暫くすると物凄い屋根を叩く音がした。 雨だそれも物凄い強い雨だ。
雷も鳴りだした。ベストなタイミングで小屋に到着したものだ。山の神・天の神に感謝である!
雨は1時間半位で止んでくれホッとする。テン場の水場に足を洗いに行く。火照った足には快感だったが、両踵は、皮はめくれあがり、真っ赤な肉は冷水が当たるたびに悲鳴を上げた。 小屋でもらったバンドエイドでケアー。
17:00 の夕食後、小屋より富士山が見えた。(左:笊ケ岳~中央に富士山)
P7310300+(2)_convert_20140811163626.jpg
・富士山・・・見えると嬉しいもんです。何べん見ても飽きません。
P7310297+(2)_convert_20140811164116.jpg
部屋は奥の一番端で隣りに人が居なのでゆったりのスペースだった。
8時消灯。身体は疲れているのに、またまた眠れない。 今宵も満天の星空だ。天の川もはっきり見え、銀河の大宇宙に思いを馳せる・・・    


   -4日目へ続く。-

※訪問して下さる有難く貴重な皆様へ
 パソコンを買ってまだ1年位なのに不調となり、5日ほど使用できない状態でいた。昨日娘に「リフレッシュする」とかいう操作をしてもらいやっと使用できるようになった。OA器機にめっぽう弱いくろすけ情けないです。すっかり記事のアップが遅くなってしまいましたので、コメントは最終日5日目の記事アップが終了してからまとめて頂きます。よろしくお願い致します。
<m(_ _)m>


スポンサーサイト
カテゴリ :登山:南アルプス トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/145-a5dac96b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫