摩耶山・粟ヶ岳②

 2012-06-22
▲粟ヶ岳(新潟三条市)
6/17(日)雨時々曇り
 朝4時起床。夜中雨音で何回か目を覚ます。昨日コンビニでGETしたものでそれぞれ朝食を済ます。
5時バスに乗り出発。出発時曇っていた空が登山口に着く前から泣きだした。結構強い降りだ。約1時間で登山口の第1貯水池Pに着く。雨足は一向に衰えず、中止の話も一時出たが、結果的には決行・・・行かない人はバスで帰路に寄る日帰り温泉で待つことに。6時出発。ダムのある中央登山口まで林道を行く。登山道に入ると急登や岩場の所もあり、ロープ・梯子・鎖等利用して登って行く。8時を過ぎた頃から登山道脇の斜面にヒメサユリがポツポツと登場してきた。この山はヒメサユリが目的なので、花を確認できると途端に元気が出てきて、雨も苦にならない。粟が岳ヒュッテ8:30着。ヒュッテ脇にもヒメサユリが1輪とオダマキが咲いていた。
・第2貯水池            ・3段のアルミ梯子
P6170005_convert_20120622224627.jpg P6170020_convert_20120622225012.jpg
・急な岩場をロープや鎖でトラバース  ・粟ヶ岳ヒュッテ
P6170024_convert_20120622225236.jpg P6170042_convert_20120626104915.jpg
ヒュッテからところどころ残雪の残る斜面も垣間見ながら、20分程行くとヒメサユリの数が増してきた。
♥いよいよヒメサユリロードだ。
P6170044_convert_20120622231213.jpg
♥雨にぬれ、少々色っぽい!
P6170048_convert_20120622230943.jpg
P6170059_convert_20120622231415.jpg
♥濃い色のもありますが、くろすけは淡いピンクが好き
P6170072_convert_20120622231757.jpg
P6170089_convert_20120622232343.jpg
♥風があり揺れて、ベストショットを撮るのも大変
P6170081_convert_20120626111011.jpg
♥大輪で~す
P6170093_convert_20120622232542.jpg
9:37山頂着。ガスッてて展望なし。まだ山の斜面には大きな雪渓が残っている。
体が冷えてしまうので休憩もそこそこに下山。
P6170100_convert_20120622225649.jpg
下山コースの方は、ヒメサユリは極端に少ない。岩場のヤセ尾根やブナ林を通り、粟薬師が奥に奉られている避難小屋に11:22着。雨も時々止んでくれるようになり、下界の視界も得られるようになったが、下山路は木の根や滑りやすい泥土で結構難儀した。くろすけも1回尻もちをついた。大きなブナの木の所で休憩し、分岐を少し行くと川に沿って進む。
P6170139_convert_20120626113609.jpg P6170143_convert_20120626113851.jpg
北五百川(キタイモカワ)登山口から、昨日も利用した八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」まで歩く。約40分位歩いただろうか。結構この舗装された道路歩きは、山で神経使いまくって下りてきただけに長く感じ疲れた。13:05到着。フゥ~、ヤレヤレ・・・

・八木ヶ鼻の大絶壁        ・マンホールの蓋もヒメサユリのデザイン       
P6170150_convert_20120626114135.jpg P6170148_convert_20120626114723.jpg
汗を流せたのでさっぱりし(入浴料1H500円タオル付)、
14:00出発~途中休憩を取りながら大宮に19:20頃到着。

粟ヶ岳は、この時期何とヤマヒルが多いらしいのだが、くろすけは幸いやられなくて済んだ。一緒に登った方で2人ほど犠牲にあわれた方がありお気の毒だった。
 雨で展望も得られず残念でしたが、ほぼ満開の咲きたてヒメサユリロードを歩くことができ充分満足満足!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/15-c1ee9629

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫