八海山:紅葉と鎖場を楽しむ!②

 2014-10-15
▲2014.10/9(木)晴 単独

 5時起床。神奈川の方が調度出発された。この時期なので山の朝はもう少し冷え込むかなと思ったが、意外に温かな朝だった。簡単に朝食(ミルクティー・ぶどうパン・リンゴ)を済ませ、出発の準備をする。
・小屋前に出ると美しい朝焼けが始まっていた・・・巻雲が素晴らしい!                       5:37
IMG_5936_convert_20141014185146.jpg
・越後駒ヶ岳の右側から太陽が登った・・・ひとり舞台に神々しい光りが射す・・・                  5:55
IMG_5940_convert_20141014185218.jpg
ご来光で充電後、さぁ、八ツ峰へ出発だ!昨日下見してたので、再度の訪問となる。
まずは、地蔵岳へ(天地人の撮影で使われた場所)。木々に覆われた鎖場はちょっと岩場が湿っていた。
PA080004-1_convert_20141014202513.jpg IMG_5942_convert_20141014202443.jpg
IMG_5943-1_convert_20141014200821.jpg
・地蔵岳より千本桧小屋を望む・・・(10/8撮)
PA080010-1_convert_20141014221523.jpg
・地蔵岳より進行方向の不動岳を望む・・・
IMG_5944-1_convert_20141014205601.jpg
・地蔵岳より不動岳を望む・・・山頂に行者が・・・(10/8撮)
PA080017-2_convert_20141014203755.jpg
不動岳より白河岳方面を望む・・・
IMG_5946-1_convert_20141014210411.jpg
・不動岳より千本桧小屋~火打山~妙高山~北アルプスが薄らと見える・・・この写真では見えませんね
IMG_5947-1_convert_20141014210746.jpg
・不動岳を降り、五大岳(七曜岳?)へ向かう・・・
IMG_5950-3_convert_20141014223312.jpg
五大岳より不動岳を振り返る・・・
IMG_5952_convert_20141014223734.jpg
・落ちたら大変・・・                         ・トラバース
IMG_5953_convert_20141014224205.jpg PA080046_convert_20141014231814.jpg
10/8撮                                 10/8撮
PA080047-1_convert_20141014231833.jpg PA080048-1_convert_20141014233701.jpg
・南魚沼市街と屏風道の山並み・・・10/8撮
PA080050_convert_20141014233727.jpg
・地蔵岳方面を振り返る・・・10/8撮
PA080053-1_convert_20141014235504.jpg PA080069-1_convert_20141014235522.jpg
10/8撮                               
PA080061_convert_20141014233835.jpg 
白河岳より摩利支岳方面・・・・一番奥は入道岳のシルエット・・・おやっ、白川なの?
IMG_5958_convert_20141014224344.jpg
摩利支岳より降りてくる人・・・人がいると臨場感が出る。 10/8撮
PA080064-1_convert_20141015000639.jpg
・白河岳より降りる・・・次から次と、飽きさせません・・・
IMG_5957_convert_20141014225509.jpg

PA080073_convert_20141014231114.jpg
白河岳より降りた所に迂回路の分岐有り・・・
左側の雲の右寄りの白い部分辺りが巻機山かな?・・・
IMG_5962_convert_20141015173534.jpg
・白河岳と分岐を振り返る・・・10/8撮
PA080087-1_convert_20141015175012.jpg
・摩利支岳への登りの梯子・・・(上の★印写真で梯子の位置を確認して下さい。) ・梯子の次の鎖・・・10/8撮
IMG_5963-1_convert_20141015003455.jpg PA080092-1_convert_20141015003903.jpg
摩利支岳より剣ヶ峰・大日岳方向・・・
IMG_5965-1_convert_20141015003512.jpg
剣ヶ峰への登り①・・・メッチャ細~い鎖  
剣ヶ峰山頂の標柱を撮ったはずなのに、家に帰って見たら写って無~い!キツネにつままれたようだ。
PA080095-1_convert_20141015202155.jpg
・剣ヶ峰の登り②・・・ガスってしまってぼんやり映像だが、神奈川の方が登って行くところ・・・ 
 大日岳までいった帰りに、摩利支岳より・・・10/8撮
PA080129_convert_20141015221323.jpg
・剣ヶ峰より降りる・・・今更ですが、何れも急斜面です。
PA080097-1_convert_20141015204353.jpg
・へつり後、オッ、梯子があるぞ・・・
IMG_5970-2_convert_20141015013406.jpg
・何とも垂直な梯子!そしてその上に梯子の長さより長いと思われる垂直に近い鎖場・・・
梯子の反対側は笹などに覆われた断崖・・・八ツ峰の中で一番緊張した場所だ。
IMG_5971_convert_20141015010508.jpg
梯子は捕まって登れば足を踏み外す事もないが、その上の鎖場は岩の突起があまりないのでしっかりと足場を探し、極力滑らないように鎖に全体重を掛ける感じになり、自分の体重を呪いながら、 何とかクリアー。
こんな所を昨日と今日で2回登り、昨日1回下りた・・・十分でしょう。
こんな写真では、緊張のシーンが伝わりませんね。  ・登り詰めた岩のシルエット・・・小人のくろすけ 
PA080103-1_convert_20141015232052.jpg IMG_5974_convert_20141015232152.jpg
大日岳 1720m 7:05着                               ・バックは入道岳
IMG_5977_convert_20141015230609.jpg IMG_5976_convert_20141015230549.jpg
・越後駒ヶ岳<左>~中ノ岳(右)
IMG_5979_convert_20141015234411.jpg 
・山頂より一段低くなった所で撮る  ・降りるところ・・・写真では高度感が全くでない
PA090186-1_convert_20141016001434.jpg IMG_5984-1_convert_20141016001555.jpg IMG_5986-1_convert_20141016001815.jpg
・八ツ峰中、一番長い鎖を降りる・・・臨場感が出ない。降りてくる人を撮りたかったですね。
IMG_5991_convert_20141015235422.jpg
・大日岳の天辺をもう一度・・・
IMG_5993_convert_20141016002527.jpg
昨日今日と八つ峰を2度も楽しんだ。やっぱりお天気がいいのは最高だ!
さて、これから締めの入道岳へ・・・
・小さなピークを2つほど越えて行く・・・            ・振り返って見る八ツ峰・・・
IMG_6001_convert_20141016005407.jpg IMG_6003_convert_20141016005449.jpg
・こんな所をへつりながら・・・                  ・苔も紅葉するの?・・・
IMG_6012_convert_20141016005513.jpg IMG_6013_convert_20141016005535.jpg
入道岳(丸ケ岳)1778m 7:52着 ・・・ ご満悦!
PA090192-1_convert_20141016011705.jpg
・越後駒ヶ岳~中ノ岳、 今度も逆光でうまく撮れない。が、今度は薄ら小さくだが荒沢岳(2010.10登頂)の尖がりを確認できた。(写真中央雲の下) 五竜岳は、右手前に見えている。
IMG_6017_convert_20141016005618.jpg

誰一人いない早朝のデンジャラスでスリリングな大舞台を一人満喫。天と地(峰)からの溢れるほどのエネルギーを全身に浴びながら、神経を使いまくっていながらも不思議なほど心はリラックスしている。細胞の一つ一つが蘇生され、生きる喜びに満たされている。大自然の中で自分は生かされている・・・またあらためて感じるくろすけなのでありました。
さて、後は往路を戻り、大日岳の所から新開道へのコースで下山だ。時間はたっぷりあるので、のんびり楽しみながら降りて行く事にしよう・・・

IMG_6029_convert_20141016021510.jpg IMG_6032_convert_20141016021240.jpg

IMG_6038_convert_20141016021309.jpg IMG_6039_convert_20141016021324.jpg
・大日岳の基部まで戻る・・・8:32
IMG_6040_convert_20141016024208.jpg
迂回路の笹原の長い梯子を降りて行く。段差のある岩をへつったりもしながら分岐8:47。直進方向を見るとムムッ、深~くえぐれた岩の溝だ。 え~っ、ここを降りるの、どうやって~・・・一瞬どうしようかと思ったが、左の方を見たら鎖の付いたトラバース道が有り 。展望が開けたり、木々の中に入ったり、岩や木の根っこが出てきたり、鎖場が出てきたり、道はぬかるんでる所は有るはで、次から次へと難所が登場してきて少しも気が抜けない。が、展望が開ければ素晴らしい景色が待っており、カメラへのスイッチが入ってしまう。こりゃ、帰りも大分ゆっくりのペースになりそうだ。
IMG_6049-1_convert_20141016024827.jpg IMG_6052_convert_20141016024854.jpg IMG_6053-1_convert_20141016071011.jpg

IMG_6061_convert_20141016033411.jpg IMG_6069_convert_20141016064411.jpg

IMG_6059-1_convert_20141016071033.jpg IMG_6060-1_convert_20141016065416.jpg IMG_6063-1_convert_20141016030651.jpg 

IMG_6065_convert_20141016064957.jpg
9:07難所をやっと通り抜けたようだ。頭上は真っ青な空だが、巻機山方面は朝から掛かっている雲が相変わらず取れない。八海山お泊りで正解だったのかも・・・
IMG_6070_convert_20141016055753.jpg
素晴らしい紅葉・・・朝の光りに輝いて美しい! (カメラ不調写り悪し・・・)
IMG_6073_convert_20141016034539.jpg

IMG_6079-1_convert_20141016040701.jpg

IMG_6098_convert_20141016072542.jpg

IMG_6096_convert_20141016061528.jpg
・刻々と変化してゆく雲が素晴らしい演出をしている・・・このギザギザ決して忘れないでしょう!
IMG_6107_convert_20141016041817.jpg
ありがとう!大満足! (此処で30分も景色に見入ってしまった。)
PA090197-1_convert_20141016042236.jpg
・ひかりはマジシャン・・・
IMG_6121_convert_20141016041915.jpg
10:19 登りになる。雑木林の中に突入していくので、陽ざしが避けられて調度いい。登山道は時々えぐられてたり、滑りやすいようなところもあったが、野の花達も登場して和ませてくれた。
・7合目 10:30                          ・稲荷清水 10:58
IMG_6135_convert_20141016043921.jpg IMG_6140_convert_20141016044019.jpg
草払いのされた道を歩いて行くと小さな沢に出た。今日は陽ざしも強く結構汗をかいたので、沢で顔を洗う。チョ~気持ちいい~!
IMG_6143_convert_20141016044037.jpg IMG_6154-1_convert_20141016044253.jpg
・11:42 火の用心                       ・11:46立入禁止の看板を右折し、ロープ付急坂降りる。
IMG_6157_convert_20141016051803.jpg IMG_6163_convert_20141016044719.jpg 
・沢音が聞こえてきて、間もなくに神社傍の出発地の駐車場に戻った。11:55着
IMG_6166_convert_20141016044743.jpg IMG_6174-1_convert_20141016052315.jpg
駐車場からは八ツ峰が今度は映画のエンディングシーンのようにお見送りだ。ありがとう!いい山でした。そしてお疲れ様でした。出逢ったすべてに感謝です。昭文社の地図上では6時間50分の行程だが、のんびりゆっくりでも約6時間で下山できた。予定より早くってラッキーだ。これより、六日町駅前でおみやをGETし、日帰り温泉「湯らりあ」(感謝デーとかで340円)で汗を流す。昼食は、柄にもなくお慎みあそばされ? コンビニ弁当! 車の中で頂きまして、直ぐにも高速の人となりました。渋滞にもほとんどぶつかる事もなく、レンタカーを予定より2時間も早く返し、無事自宅にご帰還と相成ったのでありました。
今回も素晴らしい山旅できました。あらためて出逢ったすべて、家族に感謝!


※ご訪問して下さる皆様へ
レポやっとできました~・・・。どうしても済ませなきゃいけない家の用事で、パソコンに向かうのは深夜しかなくって、脳みそがうまく働かず、何だか写真の選択もうまくいかないし(これは毎度でした。)、文章は、何だか決まらないし・・・でのアップで~す。落ち着いたら見直します。ここヘン!がいっぱいかもですが、宜しくです。<m(_ _)m>
スポンサーサイト
タグ :
コメント
すご~い岩峰が続いて、手に汗握りそうです。

私達二人とも、八海山には行ったことが無いので、ルートが
良くわかる写真を有難うございます。これからの、参考に
させていただきます。
写真を拝見していると、岩質は妙義山のような感じで、濡れて
いるととても滑りそうですね。クサリやロープと言うのも
チョットチョットと言う感じがします。

写真の中に登場する登山靴を見て、相当年季が入っているなぁ、
と思っていたら、最後の説明で納得させられました。
【2014/10/16 15:44】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

八海山は、鎖場の連続するスリリングな岩峰ですが、
岩好きで慣れている方なら、足場がしっかりしているので、
特別難しくはありません。勿論油断大敵ではありますが・・・
snow dropさんのお二人なら、どうって事無いと思います。

日帰りで十分楽しめますが、初日昼からガスってきてしまい、
展望をが今一つだったので、翌日も天気がいいと分っていたので、
小屋泊にしました。

紅葉時の屏風道は素晴らしいので是非お薦めです。
【2014/10/16 22:17】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

「八海山」は美味しい日本酒の銘柄なので、以前からお山も気になっていて、
一度登ってみたいと思っていたのですが、
すごい鎖場と、梯子の連続にびっくりです~!
それにしても、この鎖場と梯子を写真を撮りながら登り下りとは、
さすがくろすけさんですね!!

今年はまだ紅葉らしい紅葉を見ていないので、
行ってみたいな~・・とは思うのですが、
カッパは、鎖にぶら下がるのは、肩の脱臼が恐くて・・ちょっと勇気がありません~
【2014/10/17 23:44】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

お早うございます。
「八海山」のお酒と言えば、
7年前に行ったM社の忘年山行で最後のビンゴゲームで当てた事がありました。
夫は飲めない人なので、煮物用で使っちゃいました。
その頃から行きたいと思っていた山なので、
今回思いが叶い、ゆっくりじっくり楽しめて良かったで~す。

【2014/10/18 06:14】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/158-7cc1298c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫