碧岩・大岩

 2014-10-29
西上州のツインマッターホルン
碧岩・大岩に行ってきた。                   南牧中学校付近にて
PA280035-1_convert_20141028193923.jpg
ハートを鷲掴みにされるお姿! 大岩(左)・碧岩(右)

2014.10/28(火)晴 単独

 今年㋃残雪多しで行きそびれた碧岩・大岩に行ってきた。
昨年の上越のマッターホルン大源太山に続いて「 なんちゃってマッターホルン」の一つだ。それもツイン! 
尖がりやギザギザ好きのくろすけ、先日の沢ですっかりイカレテしまった頭を何とか少し冷やせるだろうか?…
 下仁田駅からのバスの本数少なく、連絡が悪いので、今回も致し方なくレンタカーのお世話になる。車は日産マーチで色が緑がかった黄色でなんか可愛い車だ。・・・欲~しい!
前夜、関越から上信越と高速を飛ばし、下仁田ICで下りる。自宅を22時過ぎ出て、南牧村の三段の滝駐車場(登山口)には24:45到着。他に車なぞ停まってる訳もなく、満天の星空を車の窓から眺めながら車中泊。最近こんなスタイルが多くなってしまった。

今日は行程時間が短いのでゆっくりじっくりのペースで・・・。6:30起床。7:00出発。
駐車場にはトイレ有り、車は5台位停められそうだ。三段の滝と碧岩・大岩の登山口となっている。
PA280001_convert_20141028202544.jpg PA280002_convert_20141028202554.jpg PA280003_convert_20141028202606.jpg
案内に従って、薄暗い沢に沿って進んで行く。
PA280004_convert_20141028221752.jpg PA280007_convert_20141028221817.jpg
幾つもの木橋を渡るが、湿っていて滑りやすく、朽ちてる箇所、折れてる箇所等有。沢も何度か石伝いに渡る。
PA280016-1_convert_20141028222245.jpg PA280022-1_convert_20141028222308.jpg
山道のアップダウンも交え、30~40分位で三段の滝へ到着。
IMG_5479_convert_20141028223459.jpg IMG_5482_convert_20141028223524.jpg
三段の滝 碧岩を源流とし約50mの高さ(南牧三名瀑の一つ)
IMG_5488-1_convert_20141028225530.jpg
濡れた岩場をへつって、も少し高い所から覗く・・・
IMG_5495_convert_20141028231458.jpg IMG_5492-1_convert_20141030035129.jpg

IMG_5496-1_convert_20141030035211.jpg IMG_5497-1_convert_20141028225751.jpg 
巨岩が立ちはだかる山側を登り、またロープ付の岩場(2カ所目)をへつって行く・・・
IMG_5503_convert_20141028231732.jpg
滝の落ち口へちょっと下りてみる・・・ 高度感が出てませんが、ヒヤヒヤの場所です。
IMG_5506_convert_20141028230517.jpg
目印のテープを探しながら小沢を渡ったり、大小の岩を越えて進んで行く・・・
IMG_5513_convert_20141028232355.jpg IMG_5518-1_convert_20141028232406.jpg
・分岐・・・碧岩大岩方面の急登を行く。右のチョロチョの沢は二子岩方面
IMG_5521_convert_20141028232926.jpg IMG_5522_convert_20141028233210.jpg
・登り詰めるとまた道標あり、碧岩大岩方面へ左のガレ場を登って行く。
IMG_5523_convert_20141028232940.jpg IMG_5524_convert_20141028233234.jpg
山の急斜面に取付、落ち葉を踏みしめながら登って行くと、左遠方に朝の光りに輝く紅葉や岩峰がちらりと姿を現す。
IMG_5526-1_convert_20141028235030.jpg IMG_5529-1_convert_20141028234956.jpg
さらに滑りやすい急斜面にはロープ3か所(中・短・長)有り、を登って行くとケルンの置かれた稜線に出た。
頭上では恐ろしいほどに風が唸っている。何やら招かざる客扱いなのかとちょっと不安に・・・。
IMG_5531_convert_20141029201101.jpg
稜線上は、朝の光りが射し紅葉がそれなりに美しく・・・
IMG_5533_convert_20141029202811.jpg IMG_5536_convert_20141029203205.jpg

IMG_5535-1_convert_20141029204358.jpg

IMG_5538_convert_20141029201850.jpg
ケルンより10分足らずで碧岩と大岩の分岐に・・・
IMG_5540_convert_20141029204859.jpg 
碧岩方面へ紅葉を楽しみながら下って行く・・・
IMG_5541_convert_20141029212551.jpg
と、大きな岩が立ちはだかるが、上らず右に巻く。さらに2つほど岩峰を右に巻き、目印のテープに沿って進む。
IMG_5542_convert_20141029205207.jpg IMG_5547_convert_20141029205259.jpg
倒木と岩峰に挟まれた所を今度は左に巻き通過すると、直ぐに、第一関門の岩場に到着。ロープが張られてるが、岩場に慣れてれば不要。くろすけも普通によじ登る。
IMG_5551-1_convert_20141029214944.jpg IMG_5552-1_convert_20141029214421.jpg
岩場を登って行くと右側に大岩とその並びに四ツ又山や鹿岳が遠望・・・下は断崖です。
IMG_5555_convert_20141029212932.jpg
・大岩のアップ・・・
IMG_5594_convert_20141029232412.jpg
又直ぐに第2関門のかなり急斜面な岩場が登場。分かり難いが左から右に回り込むような感じでホールドを探しながら登って行く。右の写真は更にその上の部分。木の根っこなど利用しながら登る。岩場に慣れない人にはデンジャラスなドッキドキの所(要注意です)・・・。くろすけも単独なのでゆっくり慎重に!・・・
IMG_5560-1_convert_20141029220438.jpg IMG_5563-1_convert_20141029220339.jpg
ドウダンに覆われた斜面を登って行くと・・・
IMG_5564_convert_20141029221447.jpg
碧岩山頂 1125m 9:31到着 360度の大展望(上州の峰々と浅間山も遠望・・・)
IMG_5566_convert_20141029221642.jpg
左の尖がりが荒船山の船首:経塚山、白っぽく見えるのは西上州のドロミテ:立岩  ・鹿岳と四ツ又山
IMG_5573_convert_20141029223002.jpg IMG_5567_convert_20141029223025.jpg
山頂は冷たい風が時折吹き抜けるが、陽だまりはぽかぽかなので30分程ティーブレイクしてのんびりする。
IMG_5585_convert_20141029223103.jpg IMG_5582_convert_20141029223126.jpg
誰も来ませ~ん…またまたくろすけ一人の貸し切りの舞台。
周囲はすっぱり切れ落ち断崖・・・ちょっと違うけどセカチュウな感じ・・・
右側のコブ二つは二子岩だろうか・・・
IMG_5586_convert_20141029223152.jpg
山頂付近はドウダンが多く、光りを浴び一層鮮やかに燃えていた。
往路を戻るが、第2関門の岩場の下りは、落ちたら助からないような所なので、より慎重に油断大敵で下りる。
IMG_5587_convert_20141029231804.jpg

IMG_5601_convert_20141029233445.jpg
・分岐に戻りこれより大岩方面へ
光りとのコラボが素晴らしい紅葉地帯へ・・・
IMG_5617_convert_20141029233632.jpg

IMG_5620-1_convert_20141029235907.jpg IMG_5623-1_convert_20141030000657.jpg

IMG_5628-1_convert_20141030000038.jpg

IMG_5640_convert_20141030000103.jpg IMG_5641_convert_20141030000130.jpg

IMG_5634_convert_20141030000254.jpg
先程まで居た碧岩・・・迫力ある眺め・・・カッコイイ!
IMG_5642_convert_20141030001047.jpg
紅葉の美しさに気分もすっかり高揚しルンルンで進んで行く。 目の前に大岩の頭が見えて来た。
IMG_5643_convert_20141030004307.jpg IMG_5647_convert_20141030004332.jpg
小さなピーク(岩峰)を二つ越え、 三つ目のゴジラの背中の様なスリリングな岩稜(巻道もあるようでしたが、くろすけはお転婆おばさんなので、この岩稜にワクワクで取付く)を登って行くと・・・
大岩山頂1133mだった。11:20到着 こちらも素晴らしい大展望!
IMG_5650_convert_20141030013747.jpg
碧岩をアップで・・・右側のスッパリ切れ落ちた断崖絶壁・・・   スゴ過ぎ!恐ろ~しい!
IMG_5654_convert_20141030014119.jpg
大岩の山頂は思ったより広いので端まで行ってみる・・・鹿岳・四ツ又山方面がよりはっきり見えた。
こちらの山頂もドウダンロードが美しい!
IMG_5655-1_convert_20141030014619.jpg
15分ほど小休止し展望を楽しみ往路を戻る。風は相変わらず冷たいが、寒くて震える程ではない。登って来る時に聞いた風の唸りは強風を思わせたが、予想外に穏やかでホッとした。
人を写せないので高度感が今一つだが、こんな所(ゴジラの背)は、強風では立っていられない所だ。
IMG_5659-1_convert_20141030020029.jpg

IMG_5648_convert_20141030022050.jpg

IMG_5665_convert_20141030022600.jpg

IMG_5670_convert_20141030022759.jpg

IMG_5672-1_convert_20141030024412.jpg

IMG_5673-1_convert_20141030022832.jpg

IMG_5675_convert_20141030023000.jpg

IMG_5678-1_convert_20141030023644.jpg

IMG_5680_convert_20141030023712.jpg

IMG_5681_convert_20141030023018.jpg

IMG_5682_convert_20141030023354.jpg

うっかりで、これにてカメラの充電切れ・・・もう少し撮りたいところがあったのに残念!
紅葉は山頂付近はなかなかいい感じ、滝周辺はまだこれからのようでした。
西上州のツィンマッターホルン「碧岩・大岩」・・・美しい滝とスリリングな岩峰、そして抜群の展望、申し分なくいい山でした。くろすけのお気に入りに登録。
今度はアカヤシオの咲く時期に是非再訪してみたいものだ。

帰路も三段の滝の所で小休止し駐車場には12:50戻る。親子ずれの車と思われるものがくろすけの車の横に1台止まっていた。時間もたっぷり残っているのでいつものくろすけならせっかくここまできたんだからと滝巡り(近辺には滝の名所が多い)でもするところなのだが、何だかすっかり満足してしまって直ぐに高速の人となり、予定よりずっと早く家に戻る事と相成りました。いつも自由にさせてくれている(勝手に自由にしている)家族には感謝!様々な自然の出逢いに感謝!

 同じ道でも行きと帰りでは、感じが全く違う・・・。
何人もの人達が道迷いした記事を読んだので、参考になる記事をしっかりプリントアウトして確認しながら進んだ。
道標や目印のテープはあるが少なく、踏み跡は大量の落ち葉で隠れてしまっていて、確かに慎重に進まないと遭難にもなりかねない部分もあったが、お陰様で迷う事無く無事下山でき何よりでした。
三段の滝を過ぎてから、親子ずれ1組と会う。滝だけ見に来たようだ。
こんないい日にたった一人で貸し切りの山だったなんて、なんて贅沢なことでしょう・・・。
秋真っ只中、西上州の風に吹かれながら、沢熱でイカレタ頭を十分冷やした・・・冷やせた・かな?
・・・ まだ微熱がある・・・こりゃ、重症だ! 
スポンサーサイト
タグ :
コメント
あたり一面の鮮やかな紅葉に
しばし見とれてしまいました
実際に見た景色はホントに壮観だったことでしょうねぇ

最初のほうの写真の
歩きやすそうな遊歩道っぽい場所までが
精いっぱいの私には
1枚目の写真のあの頂上まで登って行くなんて
しかもたった一人で・・・
とてもとても信じられない。。。
ホントにくろすけさんはすごい人です

それに沢登りまで始めちゃったんですねぇ
これからの記事がまたまた楽しみですぅ~(o^^o)♪
【2014/10/30 10:20】 | 森のくまくん #- | [edit]
森のくまくん さんへ

三段の滝は観光地になってる所なので普通に誰でも足元に気をつけながらで行けます。

最初の写真ですが、
初めてあの異様な形の山をこの目で見た時は、ツアーの帰りでしたが衝撃的で心を鷲掴みされました。
そして、登ってみたい・・・と。
調べてみると大好きなアカヤシオもこの山にも咲くようなので、いつかはと狙っていました。
今回は、紅葉時期でしたが、空気も澄み展望も素晴らしく、いい山巡りができました。
お転婆はいつまでできるかわかりませんが、今しかできない事は今・・・と思ってま~す。

【2014/10/30 19:07】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
紅葉も展望も素晴らしい。
良い時季に歩かれましたね。
西上州の山は気をそそられるます。
最近は歩いていないので新鮮な情報です。
【2014/10/30 19:39】 | yamasanpo #- | [edit]
yamasanpo さんへ

西上州の山域は、くろすけ好みの山が乱立していて楽しいところですね。
11月初めに行く予定でしたが、現地情報を得て、やはり今年は紅葉が早そうだったので、
八海山同様前倒しで行って来ました。

お天気が良かったので、素晴らしい日となりました。
【2014/10/30 20:07】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

西上州には、毎年下仁田葱を買うのが、目的で、ついでに山登りも~・・
と、目ぼしいお山はだいたい登ったのですが、
碧岩、大岩にはまだ登ったことはありません。
いかにもくろすけさん好みのお山ですね~!

紅葉もすばらしく、一番良い時期のようですね!
わたしたちも、もう少し寒くなったら、
下仁田葱買いと、ついでの登山を計画しなくては・・なんて、思ってしまいました!
【2014/10/31 00:33】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
西上州のマッターホルンも凄い岩峰ですが、
紅葉も見事なものですね。
色合いが、奥久慈の山によく似ています。

それにしても、すごい行動力。一人で、こんな
厳しい山を歩くなんて、信じられません。
【2014/10/31 11:18】 | snow drop #- | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

そう言えば、下仁田ネギの美味しい食べ方
カッパ亭でいろいろ教わりましたねぇ~・・・。

碧岩・大岩は、アカヤシオの時期に登りたかったのですが、
今年は残雪が多く諦めていました。(道迷いが多いなら尚更と・・・)
その後紅葉の頃もいいらしいと知って、今回の山行となりました。
晩秋の頃もきっといいと思います。お薦めの山です。
【2014/10/31 17:27】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
snow drop さんへ

碧岩・大岩は、
北アルプスのスンゴイところばかり歩いてきてるお二人には、
難なく歩けてしまう山で、全く厳しい山なんかではありません。

写真で見るとたいそうな山のシルエットですが、
1か所ほどちょっと注意を要する岩場があるだけですので、
くろすけレベルでも細心の注意をはらいながらで登って来れます。

2010.9月に西穂~ジャン~奥穂を単独で縦走した時、
奥穂の山頂で出会った人から次は北鎌尾根ですか?と言われ、
それ何?・・・って家に帰って来てから調べまくってたら、
段々熱くなってくる自分がいましたが、未だに・・・実行できてません。i-278
これを書く前に急に思い出して、snow dropさんの2012.9の記事思わず読んでしまいました。
くろすけの憧れてる事ばかりやってこられ、超羨ましい限りです。

【2014/10/31 17:53】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/160-c446566e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫