(西丹沢)檜洞丸

 2014-12-29
2014.12/26(金)晴 単独

ヤッホー!
見慣れた美しい富士山ですが、
やっぱより近くから見れば迫力満点だし、威風堂々の貫録ですね。
今日はくろすけの忘年山行として檜洞丸1601mにやって来ました。
こちらは山頂からの1枚です。                         12:52
PC260165_convert_20141227202017.jpg

                                          

 12/25夜、時々お邪魔してるブログ先(大分の方)の方のページをクリックしたら、OH~なんと素晴らしい、九重山の霧氷の世界・・・美し~い!・・・目が釘づけ・・・
きゃぁ、くろすけもこんなん見てみた~い!
・・・・が、急な思い付きでは近辺で霧氷の見られる山も見つけられる訳もなく・・・
まっ、とにかく明日のお休みは天気も良さげだしどこか行ってみよう・・・ 中々行く先定まらず・・・ しゃぁ~ない、今年後半は丹沢な日になってしまっていたので、いっその事丹沢で締めるとするか~・・・結果、滝(下棚・本棚)を見ながら畦ケ丸の山頂を踏んでくるか、檜洞丸の富士の展望コースを歩くかの2択となり、チト迷ったが、今年最後の山には展望は欠かせないでしょう・・・と檜洞丸に決定!(相変わらず深夜の決定なのであります。

                                          

 朝一(新松田駅7:15発)の西丹沢自然教室行きのバスに乗るには、どうしても他の路線からでないと無理なので、まだ真っ暗な早朝の4時、チャリで約30分程のJR総武線のT駅に向かう。 昨夜は2時間位しか寝る事が出来なかったが、手がかじかむほどの冷気が一気に眠気を吹き飛ばす 。。。快適チャリのお陰でゆとりで始発の電車に乗れたが、あろうことかおっちょこちょいを連発して、電車の乗り換え駅を誤り・・・・早起きは三文の徳にならず・・・ 結局2番目(8:25発)のバスに乗るはめとなり、西丹沢自然教室に着いたのは9:38となってしまった。チョイ長めの行程だし日も短いというのに、富士の絶景に見惚れ予定外にのんびりしてしまい、後半はまたまた山トレのようになってしまったのでありました。・・・ 

<西丹沢自然教室…登山口…ゴーラ沢出合…檜洞丸…熊笹ノ峰…大笄…小笄…犬越路…用木沢出合…西丹沢自然教室>
・西丹沢自然教室 登山届提出し9:45スタート ・登山口(つつじ新道)      ・流れチョロチョロの沢を登って行く
PC260021_convert_20141228195941.jpg PC260023_convert_20141228195955.jpg PC260024-2_convert_20141228200927.jpg
・整備された登山道を行く                          ・落ち葉を踏みながら気持ちい~い!       
PC260028_convert_20141228202839.jpg PC260035_convert_20141228202940.jpg PC260036_convert_20141228212547.jpg
・ゴーラ沢に出たようだ         ・水量が少なくって良かった      ・2回ほど渡渉 
PC260039_convert_20141228203000.jpg PC260040_convert_20141228203029.jpg PC260041_convert_20141228203053.jpg
・階段を登って行く        ・木の根が絡んだりゴツゴツ石の登山道  ・枯れた笹にアセビの登山道
PC260043_convert_20141228203728.jpg PC260045_convert_20141228205412.jpg PC260053_convert_20141228205011.jpg
・展望台からの富士          ・崩落あり、転倒・滑落注意の箇所  ・ゴツゴツ石も無くなり階段状に 
PC260061_convert_20141228205336.jpg PC260064_convert_20141228210510.jpg PC260073_convert_20141228210609.jpg
鉄梯子や丸太の梯子を登って行くとまたまた展望地に・・・富士山の横には真っ白な南アルプスも見え出した・・・。
足元は点々と落ちていた霰から数日前に降ったと思われる残雪へと変わり、滑らないように注意しながら歩を進めて行く。
PC260075-1_convert_20141228210739.jpg PC260079_convert_20141228214530.jpg PC260089-1_convert_20141228220900.jpg
・シロヤシオの古木の根元の土が削られ痛々しい・・・   ・北斜面の雪
PC260092_convert_20141229163816.jpg PC260094_convert_20141229163840.jpg
OH~、さっきより南アルプスがはっきりしてきたぞ~・・・手前のどっしりとした山は大室山でしょうか?
PC260097-1_convert_20141229164227.jpg
                                 
左から聖岳~赤石岳~悪沢岳・・・
PC260099-1_convert_20141229163205.jpg
そして左から塩見岳~白峰三山(農鳥岳・間ノ岳・北岳)・・・ここには写っていませんが北岳の右には甲斐駒ケ岳もハッキリ
PC260096-1_convert_20141229163228.jpg
そしてもうちょい登って行くと、富士山の右側に南アルプス全容が・・・素晴らし~い!
肉眼だとハッキリクッキリなのですが、・・・写真クリックすると多少大きく見えます・・・
PC260105-3_convert_20150102205457.jpg
・葉の落ちた裸木も魅力的!                  ・青空に黒サンゴ!・・・なっ感じ
PC260110_convert_20141228231837.jpg PC260114_convert_20141228231855.jpg
更に木の階段を登って行くと、ティーブレイクにピッタシの場所が・・・
倒木に腰かけてつい展望に見惚れ、時間もないのにのんびりしてしまった・・・ (12:05~12:40)
富士山はいつ見ても何度見ても飽きないもんですねぇ・・・富士山の下に見えるのは山中湖でしょうか?
あまりにも爽快で、「ヤッホー・・・ヤッホー 」と思わず叫んでしまった・・・聞こえた人がいたでしょうか・・・
PC260116_convert_20141228225621.jpg
イカン、イカン、日は短いのだし・・・さぁ、山頂目指して・・・木道を行く・・・
PC260150_convert_20141228233214.jpg PC260153_convert_20141228233235.jpg PC260154_convert_20141228233304.jpg
刻々と変わる雲の演出に魅せられ脱線ばかりしながら  やっと山頂:檜洞丸1601mへ到着。12:52
PC260164-1_convert_20141228234438.jpg PC260167-1_convert_20141228234458.jpg
山頂付近で単独の男性二人にすれ違う。この時間犬越路方面に向かうのは結果的にくろすけ一人だった。
・山頂の倒木                            ・犬越路は危険箇所多しの注意喚起促す看板
PC260172_convert_20141229170314.jpg PC260174-1_convert_20141229170336.jpg
丹沢山塊の奥深き素晴らしい展望が広がっている。先に見えるのは熊笹の峰~大笄だろうか・・・
結構急な木の階段を下って行く・・・
PC260179_convert_20141229171952.jpg
そして、犬越路までずっと一緒の富士山・・・何度も何度も立ち止まっては見つめてしまいます。
PC260183-1_convert_20141229174551.jpg
北側の階段・斜面はツルッツルッに凍っているので、下り始めて間もなくにアイゼンをつけた。鎖付の岩場・ヤセ尾根・笹原の泥濘道と次々に変化に富んでiいる。
PC260199_convert_20141229174914.jpg PC260204_convert_20141229174933.jpg PC260206_convert_20141229180437.jpg
スタート時間が遅かった事と思いの外ゆっくり展望を楽しんでしまったため、日が短かい時期な事も有り、慎重にそして急いでを繰り返して行く・・・。
PC260213_convert_20141229175017.jpg PC260221_convert_20141229180757.jpg PC260233_convert_20141229180823.jpg
今日はホントに雲の演出が素晴らしく、大空の雲のアーティスト達に感服だ!  
真ん中辺に相模湾でしょうか、薄いオレンジ色に輝いて見えます。
PC260226_convert_20141229181611.jpg
・結構なヤセ尾根が続く        ・鎖場も数カ所登場           ・枯れ笹帯を行く
PC260234_convert_20141229182418.jpg PC260235_convert_20141229182439.jpg PC260240_convert_20141229182512.jpg
・崩壊地より大室山を望む       ・避難小屋が見えて来た       ・犬越路到着14:48
PC260247_convert_20141229183115.jpg PC260250_convert_20141229183139.jpg PC260252_convert_20141229183158.jpg
さぁ、ここまでくればあと地図上で1時間25分、何とか日没前に間に合いそうです・・・
PC260253_convert_20141229184427.jpg
東海道自然歩道になっているゴツゴツ石の谷筋を下って行く。倒木や落ち葉の堆積した登山道、崩壊地・杉林などを抜け、用木沢出合目指して・・・慎重に足早に・・・
PC260256_convert_20141229185853.jpg PC260257_convert_20141229185910.jpg PC260262_convert_20141229190024.jpg
時間を気にしながら沢沿いを小走りで・・・
PC260269_convert_20141229190220.jpg PC260271_convert_20141229191126.jpg PC260276_convert_20141229190245.jpg
幾つもの丸太の橋、鉄橋を渡り・・・
PC260278_convert_20141229190314.jpg PC260284_convert_20141229190346.jpg PC260286_convert_20141229190405.jpg
・やっと用木沢出合に15:33、ここからは小腹が空いていたのでおやつをほうばりながら車道を行く。そして西丹沢自然教室15:50到着。 暗くなる前に無事戻って来れました。
PC260288_convert_20141229190421.jpg PC260289_convert_20141229191526.jpg
最終1本前の16:25発のバスは、登山客のくろすけ一人を乗せて出発。途中で5人ほど拾い、新松田駅に向かう。
朝の電車の乗り間違いで予定の時間より大分帰りが遅くなってしまいましたが、お天気に恵まれ一日中富士の大展望を仰ぎながらの絶景山行となりました。下山半ばまではほとんど風もなく、富士の周辺に雲が発生するのみで、頭上は一日中雲一つない快晴の素晴らしい天気でした。くろすけの忘年山行、後半は山トレぽくなってしまいましたが、無事故で終了できました。すべてに感謝です!


<2014年:訪問して下さったすべての皆様へ>
 相変わらずの拙い文と写真の当ブログ、覗いて頂き誠に有難うございました。
今年後半は想定外の展開に、まっ黒くろすけの中で眠っていたものが心身共に目覚め出したような年になってしまいまいした。来年も飽くなきチャレンジャーでありたいと思いますし、大自然の美しい・神秘・不思議を更に追いかけ綴っていきたいと思っています。
また是非来年のお越しをお待ち致しております。
それでは、皆様良いお年を・・・
<m(_ _)m>
PC260144-1_convert_20141227200807.jpg
 まっ黒くろすけ    2014.12/29(月) まっくろくろすけ まっくろくろすけまっくろくろすけ


スポンサーサイト
タグ :
コメント
忘年山行、お疲れ様でした!
深夜に行き先を決めて、いくらも寝ないで
山に出掛けられる行動力に驚きです。

来年も、沢山のレポを期待しています。
【2014/12/30 10:41】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

この日は家の事を少しはしなくっちゃと思っていたのですが、
前夜に訪ねた先のブログの霧氷に刺激され、
「やっぱ山に行きたい」と・・・相変わらず強行軍で決行してしまいました。
フルタイムで働いているので、限られたお休みしかありません。
お天気がいいとどうしても山の事ばかり考えてしまいますね。
来年もsnow drop さん達の記事にも刺激を頂きながら、
くろすけらしく山旅続けて行きたいと思います。
ありがとうございました。
【2014/12/30 12:42】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
やっぱり富士山て,神々しいですね~。
久住山のひよっことしては,
南アルプスの風景,想像もできないです。

来年も素晴らしい山行日記を
楽しみにしています。
よいお年をお迎えください。
【2014/12/30 13:44】 | 酒席家老 #aYn/cR1c | [edit]
酒席家老 さんへ

ご家老様の所で素晴らしい霧氷の絶景を見なければ、
この忘年山行はなかったと思います。
お陰様で山の締めできました。

ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいませ。

【2014/12/30 18:56】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

何時も素晴らしい写真と行動を拝見させていただき有難うございます。

来年も宜しくお願いします。

良いお年をお迎えください。
【2014/12/30 21:53】 | 安曇野 #Yn0KHi06 | [edit]
安曇野さんへ

こんばんは。
ご訪問有難うございます。
素晴らしい写真・・・なんて言って頂けると大変恐縮してしまいます。
いいカメラを時々欲しくなりますが、
山の縦走にはコンデジが重宝なので、思い出や記録として撮っています。

こちらこそ来年もよろしくお願い致します。
良いお年をお迎え下さいませ。

【2014/12/30 23:12】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
素晴らしい景観ですね~。
締めの山行に相応しいものです。
今年も多くの情報を参考とさせて頂きました。
来年も更なる素晴らしい情報を発信されるものと期待しています。
良い年をお迎え下さい。
【2014/12/31 07:18】 | yamasanpo #- | [edit]
yamasanpo さんへ

本日まで仕事で只今家に帰って来ました。
忘年山行で今年を締めくくる事ができまして、
取りあえずホット致しました。
来年も皆様型のタイムリーな情報を参考に、
山旅ingで行きたいと思います。
有難うございました。
良いお年をお迎え下さい。
【2014/12/31 16:04】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/176-5b47eeac

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫