姫と行く雲竜渓谷・・・

 2015-02-02
 我が家の娘を栃木:日光の雲竜渓谷に案内することにした。
あの素晴らしい氷の神殿を、大自然のアートを是非とも見せてやりたかった。
情報によると今年の出来栄えは、今一つらしいのだが・・・


2015.1/31(土)晴のち曇時々小雪

 娘と北千○駅で待ち合わせ、6:23発の東武スカイツリーラインで終点の東武日光駅まで・・・。
車窓からは、前日降った雪景色の中にご来光など眺めながら・・・。
列車は、土曜日なのでやはり登山者と思われる人達が多かった。
8:40予約しておいたタクシーで、資材小屋まで。
(この時期この時間では一般車の駐車が多く、車のターンが出来ないとの事で、ゲート前までは行ってもらえず)
舗装された林道は圧縮された雪道になっていたので、くろすけはノーアイゼン、娘には安全を配慮し、チェーンスパイクを装着。娘にはチェーンスパイク装着を家で1回だけ練習させたのですが現地では上手くいかず、くろすけが娘の登山靴に装着。娘は立ったままで左、右と足を上げるのみ・・・まるで姫と召使の関係のよう・・
9:05スタート~ゲート9:18着。ツアーと思われる人達が準備している横を通り抜け、雪道をどんどん進んで行く。
P1310001_convert_20150201204528.jpg P1310002_convert_20150201204540.jpg
ウォーキングが大好きな姫、いやぁ~、早い早い・・・
姫は普通に歩いてるらしいのですがくろすけは大変です・・・
稲荷川展望台9:57からは、女峰山は山頂が雲に隠れ、赤薙山だけが見えた。
くろすけは、ここで6本爪のアイゼン装着。
P1310003_convert_20150201210615.jpg image+(2)_convert_20150201211800.jpeg
洞門岩10:28。2011年にくろすけが初めて訪れた時は、ここを覗いただけでも興奮したのに・・・。今年は、氷柱は数が全然少ないし、覗きに行く人も全く無いようで雪面には足跡すらなかった。これより、沢コースを行く。山への取付き地点で、姫様には12本刃のアイゼンにチェンジさせる、否、姫様の御御足に御装着させて頂きました・・・。 エ~ッ、あそこの斜面を登るの?・・・と言いながらも、(姫様、雪山デビュー)登り始めると「やっぱ、刃のグリップ力が全然違うね・・・」なんていっぱしな事を言いながら、くろすけのアドバイスに従いながら、ゆっくりゆっくり登って行く。
P1310009_convert_20150201214740.jpg P1310011_convert_20150201220147.jpg
ロープ付の急斜面もへっぴり腰で慎重に下り、沢の渡渉も、おっかなびっくり!・・・ もう一つのピークを登ってる途中で、登山靴の中で踵が上がってしまい痛いという事で、急遽アイゼン、スパッツをはずし確認すると登山靴のひもが外れてしまってる事がわかる。「もうやだ~・・・」なんて、半べその姫・・・召使のくろすけ、全くの未経験者を連れて来たという責任もあるので必死で時折吹雪く中、全部やり直し(姫様、ここでも御御足左、右と上げるのみ)・・・ 今年も昨年に引き続き降雪量は少ないらしく(タクシーの運転手情報)、山の斜面は笹が出ていたり、土混じりの所も出てきたりしながらも、姫には頑張ってもらい、何とか雲竜渓谷入口まで11:16やって来た。
手すりのついた急斜面をまたまたへっぴり腰で下りながら、渡渉も数回・・・。
P1310012_convert_20150201220941.jpg P1310013_convert_20150201223737.jpg
そして・・・とうとうやって来ました!
<雲竜渓谷>友知らず                       
P1310022_convert_20150202195703.jpg
「きっれ~~い 姫様の感嘆符!!!を頂戴致しました。
P1310020_convert_20150201232533.jpg                                       
P1310023_convert_20150202195955.jpg
美しい氷壁にときめきながら少しずつ氷の世界へ誘われて行く                            
P1310030_convert_20150202200210.jpg

P1310032_convert_20150202001635.jpg
核心部巾100mの氷柱群・・・ 確かに今年は規模が小さすぎ    
P1310037_convert_20150202200406.jpg
くろすけ初めての訪問 2011.1/ 29 
 こちらの方がスケールでかっ!・・・            
P1290076_convert_20150202201031.jpg
 3回目の訪問 2013.1/31
 2011年とほぼ同等のスケール
P1310264_convert_20150202202800.jpg
対比すると今年との違いがはっきりしますが、姫は初めてなので・・・ それなりに感動してるようです。

現実に戻って、今年を楽しみます・・・  アイスクライミング、ここの氷柱では避けて欲しかったなぁ・・・   
P1310041_convert_20150203002629.jpg
王子様はどこですか~~、姫が参りましたぁ・・・
P1310043_convert_20150203165318.jpg
ぐるっと回り込んで、巨大氷柱の裏側へ・・・
P1310065-1_convert_20150202010046.jpg P1310147-1_convert_20150202232623.jpg
神秘な色ですが、今日は姫と一緒のせいかガリガリ君のソーダ色に見えます・・・
P1310056-1_convert_20150203010148.jpg
たまんなぁ~い、いただき!
  氷大好きで家で真冬でもかじってます・・・  
P1310129-1_convert_20150202194829.jpg
氷の短剣発見!                         お~ロミオ、私はここよ・・・
P1310137-2_convert_20150204034151.jpg P1310150-1_convert_20150202212024.jpg
 氷の神殿には、本日王子様は不在のようです・・・
P1310124_convert_20150202192427.jpg

12時ジャスト、ランチタイム。(くろすけは卵スープとコロッケパンといたって簡単

さっ、次は氷瀑の滝へ・・・
姫は急斜面を登って行く人達を見ながら、あまり気が進まないようでしたが、せっかく来たのだからと・・・
頑張る事に・・・ 
ここの急斜面も雪が少なく、土や瓦礫がむき出しの所、やっと足が置けるだけの狭い崩壊地の所が出てきたりと随分と姫には歩きにくいようです。姫には下を見る余裕などありませんが、
眼下には先程まで居た氷柱神殿が・・・
P1310118_convert_20150202215523.jpg
「恐いよ~」と言いながらも頑張り・・・急斜面から解放されると、目の前に・・・
氷瀑の雲竜滝が・・・
P1310080_convert_20150202221912.jpg
滝壺まで下りて見上げ、さらに小ピークに登って滝壺を見下ろす・・・
でけぇ~~・・・!  アイスクライミングの人達が二人果敢に登っています。
P1310102-1_convert_20150202225639.jpg
なめんなよ! やればできるのさ・・・
P1310115-1_convert_20150202222649.jpg
滝のドアップ
  巨大クラゲ?・・・エイリアン?・・・
P1310111_convert_20150202231216.jpg
「姫様、アクションもっとアクティブに!・・・」
P1310088_convert_20150203001510.jpg

今日は途中から時々小雪が散らつくようになり、じっとしてると寒くなって来るので予定より早めに切り上げる事にした。往路を慎重に戻り、巨大氷柱にお別れし・・・
P1310075_convert_20150203011747.jpg
友知らずをご機嫌で戻る姫・・・
P1310160_convert_20150202234059.jpg

雲竜渓谷入口13:30着。姫は大分コツをつかんだようで、渡渉も躊躇することなく足を出せるようになったし、雪山でも大分上手に歩けるようになった・・・と思っていたのですが、二つ目のピーク(帰りも沢コース選択)の下り(雪の斜面)でうっかり足を滑らせ1m位下に落ちてしまう・・・と言うアクシデント発生。馴れない環境体験で緊張と疲れがあったのでしょう。幸い危険な場所ではなかったので、足を踏ん張って復活しましたが・・・。いやぁ、ビックリ!姫は勿論くろすけも油断大敵をしっかり肝に命じたのでありました。
P1310177_convert_20150203030222.jpg P1310179_convert_20150203030249.jpg

林道歩きの途中でアイゼンをはずし、タクシー予約場所の資材置き場まで15:10戻る。予定よりずっと早く戻ってしまったので、途中でタクシー会社には電話を入れておいた。いやぁ、林道の雪道歩きでは「平らなとこは得意!」と言って、早い事早い事・・・ 毎度のことながら年を感じる瞬間です。
日光駅前のステーションホテルクラシック(温泉)で汗を流し、近くのレストランで「ゆば定食」なるものを頂いて車中の人となる。娘とは昨年の夏以来のお出掛け、今回は前回の山とは違い娘にとっては初体験の事ばっかり・・・・。
きっとくろすけが思ってた以上に大変だったと思いますが、まぁまぁのお天気の中無事帰って来れ何よりでした

P1310183_convert_20150203024935.jpg P1310192-1_convert_20150203024957.jpg

自宅に帰って間もなくに、娘からメールが入りました。下記ほぼ全文です。
「お家着いて落ち着いたよ~。今日は至れり尽くせりどうもありがとう~(^^)v 文句ばっかり言っちゃったけど、感覚つかめてからは楽しかったよ[☆]今年は量が少なかったって言ってたけど綺麗だったし、氷の柱は凄かったよ~自然のアートはいいね、やっぱり V・・・・・・・お疲れさまでした。」
 ちょっと無謀なくろすけ(母)でしたが、   そして 
また一緒にどこか行こうね! 
P1310197_convert_20150203022909.jpg P1310133-1_convert_20150202211628.jpg

<参考>
興味のある方は、2013の雲竜渓谷スッカン沢も是非覗いて見て下さい・・・。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
くろすけさんにお会いして早2年、時のたつのは早いものですね。
カミさんもそのことを強く覚えていて時々話題になります。
その頃と比べ氷柱群は小ぶりですが存在感は充分です。
母思いの良き娘さんですね。うちの娘もこんな優しい言葉をかけてくれたらなあ。
心温まるレポです。
【2015/02/03 20:34】 | yamasanpo #- | [edit]
やっぱり今年は、氷柱が細いですね。
来年、再び行こうと思います!

雲竜渓谷より
凄いところがあれば教えて下さい。
【2015/02/03 21:29】 | #- | [edit]
yamasanpo さんへ

そうでしたね。yamasanpo さんご夫婦に初めてお会いしたのがここでしたね。
とても嬉しかった事を昨日のように思い出します。

初めてづくしの娘には、やっぱり大変な部分もありましたが、
過去何度か一緒に山へ行ってましたので、
娘なら案内できると判断し、連れて行きました。
結果的には喜んでくれてほっとしました。

今年はスケールは小さくなってましたが、
大自然のアートを充分堪能できました。
【2015/02/04 04:20】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
お名前なし さんへ

コメント有難うございます。
大自然のアートなので、
その年年によって氷壁・氷柱群のできかたが違います。
幸いくろすけは、凄い出来栄えの時に見る事ができていましたのでラッキーでした。
が、スケールが小さくなっても十分楽しめますし、見る価値はあります。

雲竜渓谷より凄い所と言うのは知りませんが、
同じ栃木にスッカン沢というところがあり、
雲竜渓谷とは違った趣ですが、迫力ある氷柱群が楽しめます。
くろすけのブログ2013.2/1付けよろしかったら参考にして下さい。
http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
【2015/02/04 04:21】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

雲竜渓谷の氷壁や氷柱、凄いですね~! 見ごたえありますね!!
わたしたちは、行ったことがないのですが、
くろすけさんの記事を見ていると、絶対一度行ってみたい!
と思ってしまいました~

土日はやっぱりたくさんの人が訪れるのでしょうか・・?
この時期限定のお楽しみですものね~・・
【2015/02/04 23:00】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

おはようございます。

ここは氷河期・・・と思わせるような
誰しもが感動する絶景が待ってます。
是非とも訪ねてみて下さい。
2011年に山と渓谷で取り上げられてから火がつき、
特に土日は凄い混みようのようです。
早朝(6時位までに)に行けばゲート前に車は駐車できると思います。
【2015/02/05 06:10】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
母子での雲竜渓谷、羨ましいで~す。
毎年、どなたかのブログには登場する
雲竜渓谷。氷が細いとは言っても、さすがの
迫力ですね。我家では、マラソンでの雪辱を
果たしたい夫と、温泉でノンビリしたい私で、
なかなか雪山に出かけられません。
【2015/02/05 08:33】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

ほんとは夫にも見せてやりたい風景なんですが・・・残念です。
今年は今ひとつの景観でしたが、初めての娘は感動してくれたようでほっとしました。
これからも自然に触れる機会をたくさん作って上げられればと思っています。
いつもご夫婦お二人での行動できるのは、お預けが長くなっても、
くろすけからすれば羨ましい限りです。

【2015/02/05 11:26】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
まっ黒くろすけ さん、

 こんばんは。

 雲竜渓谷、素晴らしいです。
 氷瀑がすごいスケールで、これ日本?と思いました。

 娘さんと楽しい時間を過ごせましたね。

六甲山探検隊
【2015/02/09 21:46】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
六甲山探検隊 さんへ

こんばんは。

2011年に初めて訪れた時は、
まるで氷河期の様な度肝を抜かれるような迫力、
そして神秘的な美しさに衝撃を受けました。
これを夫にも娘にも見せてやりたいとずっと思っていましたが、
娘の方だけ実現できました。
今年の氷柱群・氷瀑の出来具合は、今一つでしたが、
娘は初めてだったので喜んでくれてよかったです。

ありがとうございました。

【2015/02/10 01:34】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/188-79410291

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫