爺ヶ岳~針ノ木岳~蓮華岳~七倉岳縦走①

 2012-09-04
 イカ~ン、あっという間に9月。惰眠を貪り過ぎた~

 谷川岳では初挫折を体験し、その後どうなる事かと自分でも心配しましたが、くろすけ単純に復活・よみがえり・・・、今年の計画通りの山行を実施していま~す。

 今夏の北アルプスは後立山の針ノ木岳~蓮華岳と決めていましたが、その際唐松~五竜~鹿島槍ヶ岳縦走(2009.7M社ツアー)時に、踏めなかった爺が岳(悪天候でコース変更)と食事が美味しいと評判の船窪小屋をプラスして縦走しようと計画をたてました。日本三大雪渓のひとつである針ノ木雪渓にもそそられるものがありましたが、几帳面?のくろすけはやり残し(爺ヶ岳)のクリアーと美味しい誘惑に負け、今回の縦走コースとなりました。(単独)

▲2012.7/30(月)晴れ後曇り 単独
 <竹橋22:30―4:53扇沢(朝食)―爺ヶ岳登山口(柏原新道)5:22―8:44種池山荘9:00―9:41爺が岳南峰―9:58爺ヶ岳中峰10:17―10:58種池山荘(昼食)11:36―13:03岩小屋沢岳13:15―13:55新越山荘(泊)※休憩含>

 前夜、竹橋駅前から毎日アルペン号(夜行バス)22:30に乗り、扇沢(爺ヶ岳登山口側)に予定より少し遅れ到着。中年男性一人とくろすけの二人が下車。天気はすっきりと晴れ、睡眠不足だが気持ちがよい。朝食を簡単に済ませ、扇沢にかかる橋を渡り左折すると爺ヶ岳登山口手前に登山届けの受付人がいた。届け出を提出し写真を撮ってもらい、いよいよ出発だ5:22。モミジ坂と呼ばれる急坂の樹林帯をつづら折りに登って行く。八ツ見ベンチ~ケルン~駅見岬~岩ゴロゴロの石畳~水平道~水平岬~包優岬~石ベンチ~ガラ場~ミニ雪渓~富士見坂~鉄砲坂と種池山荘に到着するまで次々に表示が現れて、その都度どれどれ?と確認しちゃったりする。途中ですれ違った年配の男性から、昨晩は雷雨が凄かったとの話を聞く。スタート時からしばらくは、真っ青な空の下に針の木~蓮華岳方面やら種池山荘まではっきりと見えいい感じだったのに、種池山荘に着く頃にはガスがあがってきてしまい遠望はきかなくなってしまった。山荘で小休止していると、少し遅れて今朝バスを一緒に降りた人がやってきた。くろすけより先に出発したのだが、途中でくろすけが追い越してしまったのだ。少しおしゃべりをすると白馬鑓温泉まで縦走予定との事。みんな色んなコースを考えるもんだと思った。

 爺ヶ岳登山口  ・木の根っこと巨樹の面白空間  ゴゼンタチバナ
IMG_0186_convert_20120904143706.jpg IMG_0205_convert_20120904143933.jpg IMG_0220_convert_20120904144122.jpg
 種池山荘にザックをデポし、必要な物だけ持って爺が岳に向かう。ハイマツの間を抜け砂礫を踏んでしばらく行くと爺ヶ岳の南峰に到着。ほとんど展望がきかないので、早々に中峰に向かう。鞍部にコマクサのミニ群落があったが花の盛りは過ぎていた。ひと頑張りで中峰9:58着。時々青空が出て、ガスがきれたりするが、相変わらず遠望はきかず、残念だが登頂の写真を撮って山荘まで戻る。爺ヶ岳での出会った花は少なかったがイワギキョウ・ミヤマダイコンソウ・タカネスミレなどが咲いていた。
爺ヶ岳中峰山頂2669.8mより南峰を望む
IMG_0259_convert_20120904145543.jpg IMG_0252_convert_20120904145819.jpg
 当初の予定では、無理をせず種池山荘泊まりだったのだが、雲が多いが天候が崩れそうにない事、体力的に余力がある事、時間的にゆとりがある・・・ってな事で計画変更し、この先の新越山荘まで行くことにした。昼食をとり、種池という小さな池のある山荘を後にした。11:36
 ここからは、花の登山道で次から次へと色んな花達が登場してくる。キヌガサソウの群落にサンカヨウ、特に黄色の花の群落が多く、ミヤマキンポウゲ、ミヤマキンバイ、シナノキンバイと登山道の両サイドをにぎやかに彩っている。岩小屋沢岳まではきつい登りや崖っぷちもあったりしたが、ほとんど曇りで時々日が差す程度だったので、カンカン照りの中歩くよりはずっと楽だった。展望こそなかったが、たくさんの花達(クルマユリ、ハクサンフウロ、ウサギギク、クワガタソウ、イワツメクサ、ハクサンチドリ、イブキジャコウソウ等)を楽しみながら新越山荘にはほぼ予定していた時間で到着できた。13:55着

 キヌガサソウ     花の登山道    イブキジャコウソウ
IMG_0272_convert_20120904150038.jpg IMG_0290_convert_20120904150220.jpg IMG_0318_convert_20120904150339.jpg

△岩小屋沢岳山頂2630.3m ・後ろに見える山のまだ先に新越山荘がある
IMG_0324_convert_20120904151708.jpg  IMG_0333_convert_20120904152006.jpg

 新越山荘は距離的に半端な所にあるのと小屋の収容人数(80人)が少ないので、空いていると思っていたのに、なんとこの日は満室との事。案内された部屋にはすでに先客があり、結果的に両隣りは男の人達となった。まっ、山小屋なのでしょうがないと思っていたが、小屋の人が気にしていてくれたらしく、夕食後、キャンセルが出たとの事で女の人達ばかりのゆったりの部屋に変更してくれた。気遣いが嬉しかった。夕方ひょっとしたら展望が・・・と期待し何度か外に出たが、ガスは益々濃くなるばっかりでダメだった。さぁ~、明日のご来光はどうなることやら・・・。天気予報ではしばらくは晴れマークなのだが・・・。部屋の人達(単独2人、山友3人組)と一時おしゃべりし、8時就寝。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/19-9364d21c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫