スノーシュー登山③・・・大力山

 2015-03-07
2015.3/3(火)曇
 
 SHC今回は、Tリーダーのスノーシュー登山:大力山新潟県魚沼市)に参加してきました。
参加者は35名(男14・女21リーダー含)。前回一緒だった方も数人いらっしゃいました。

<さいたま新都心6:45-駒寄P-小出IC-宝泉寺…大力山504m…黒禿山分岐…湯谷城址手前で撤退…城山トンネル-西福寺(石川雲蝶の天井彫刻鑑賞)-入浴(四季の郷薬師)-さいたま新都心>

 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった・・・川端康成「雪国」のまんまの世界が・・・
予報では魚沼の下界は晴れの予報だったが、残念ながら現地は生憎の雲空。
でも全然寒くない、スタート前より上着は脱いで行く。
・宝泉寺に向かう                         ・宝泉寺手前でスノーシュー装着
P3030001_convert_20150306195800.jpg P3030003_convert_20150306195851.jpg
・10:02スタート!杉林を抜けて行く、前日の雨のせいなのか?雪はザクザクのザラメ状態・・・
P3030006_convert_20150306195909.jpg P3030008_convert_20150306195926.jpg
・展望が開け、左側に鳴倉山が見え、振り返れば魚沼市街も一望できるようになる・・・
P3030012_convert_20150306203555.jpg
・秋葉様とやらの社を超えると進行方向に大力山が姿を現した・・・
P3030010_convert_20150311155519.jpg P3030013-1_convert_20150311155548.jpg
地元の方の話しだと今年は積雪量が多かったとの事ですが、山はもうすでにあちこちクラックが入り、地肌が見えていたり、雪崩跡があったりと、すっかり春山の様相です・・・
P3030016-1_convert_20150306211144.jpg P3030021_convert_20150306211220.jpg
大力山取付き付近になると斜度もきつくなり、息を整えながらヒーコラ 大力山山頂504m・・・。11:04着
すごっ!山頂の東屋はすっかり雪に埋もれてる・・・。唇の様な穴から東屋の中がほんの少し覗けた・・・
P3030026_convert_20150306211350.jpg P3030033_convert_20150306211610.jpg
山頂からは低山ながらも素晴らしい越後の山々の360度の大展望・・・
曇り空でもこれだけの展望が得られればラッキーだ!
・左:刈羽黒姫山と右:米山
P3030035-1_convert_20150306211630.jpg
昨秋登った八海山もしっかり見えている。嬉しいな!その左側には越後駒ヶ岳~中ノ岳も・・・・。
山頂のみ少し風が吹き付けていた・・・展望を楽しんだ後、城山方面へ向けて出発。
・左側山の後ろに薄らと見える尖がり二つが、越後駒ヶ岳と中ノ岳、右側が八海山
P3030055-1_convert_20150306221042.jpg
・この山は、妙高?
P3030060_convert_20150306221120.jpg
・緩く下って行くが、気持ちの良い稜線歩きだ・・・
P3030062_convert_20150306223324.jpg 

P3030067_convert_20150306223705.jpg
先に見える山の名前がわかりませんが、手前のピークを右に曲がって行く(分岐?)唯着いて行くだけで確認もせず・・・
P3030070_convert_20150306223734.jpg P3030071_convert_20150306223805.jpg
とにかく展望良く気持ちがさわやかになる素晴らしい稜線歩きだ。晴れてたら、ルンルン度倍増間違いなし!
いつも一番後ろを歩いているので、時々口笛(思わず出てきたのがEXILEの道)なんか吹きながら歩いてしまった・・・
P3030087_convert_20150306232713.jpg P3030092_convert_20150306232953.jpg
刈羽黒姫山・米山など視界に入れながら・・・くろすけはなるべく人の踏んでないない雪面を選んで降りて行く・・・
P3030101_convert_20150307000242.jpg
・下り切った所に第1難関のスノーブリッジ・・・・・・・・・・右の写真がアップした所。
P3030107_convert_20150306233128.jpg P3030113_convert_20150306233200.jpg
・丸みを帯びた女性的なピークが連なっている・・・
P3030117_convert_20150306233422.jpg P3030123_convert_20150307001945.jpg
・登りきった所で小休止
P3030131_convert_20150307002049.jpg 
・さらにアップダウンして・・・                   ・冬の八海山も興味がありますね・・・
P3030148_convert_20150307071024.jpg P3030150_convert_20150307071121.jpg
さて、ここまでは順調に来ました・・・
P3030157-1_convert_20150307072150.jpg
が、深く寸断された場所が登場!(上の赤線で囲った場所)  
P3030161-1_convert_20150307075125.jpg
Tリーダー(女性)が、果敢に雪壁を登り道を作りはじめる。男性陣も協力。   
P3030162-1_convert_20150307075218.jpg P3030164-1_convert_20150307075306.jpg 
ザイルを渡して皆が登れるようにしようとしたのですが・・・       
P3030166-1_convert_20150307075957.jpg
一部の方から「戻りましょう」コールが掛かり・・・結果、安全第一を優先に撤退する事に・・・残念!
Tリーダー、めちゃカッコイイ!女性ですが、その男っぷりに益々惚れちゃいます。

                              

<コース変更!>途中までは往路を戻り、城山トンネル方面に下山する事に・・・
・アップダウンを繰り返し途中で小休止。           ・大力山をバックに・・・
P3030178_convert_20150307084214.jpg P3030188_convert_20150307084407.jpg
・雪質は湿った重い雪ですが、ザクザクとくろすけは人の踏んでない所を選んで・・・
(写真を撮るために一番後ろを歩いているので、踏み固められて無い所の方が歩きやすい)
P3030194_convert_20150307084531.jpg P3030199_convert_20150307084649.jpg
・結構な急斜面です・・・
P3030210_convert_20150307084917.jpg
・眼下に見える左側の道路に下りて行く・・・先に下りてった地元のパーティーが蟻のように小さく見える
P3030201_convert_20150307090741.jpg
・下りて来た所を振り返る                   ・左側斜面はクラックが段々でまるでピラミッドみたい・・・
P3030216_convert_20150307092525.jpg P3030220_convert_20150307092613.jpg
・雪のピラミッド 
P3030224_convert_20150307092738.jpg
・全員無事下山                          ・バスの待つ城山トンネルに向かう・・・13:37
P3030236_convert_20150307092821.jpg P3030245_convert_20150307092849.jpg

帰路は西福寺に寄り、石川雲蝶の天井彫刻鑑賞
P3030251_convert_20150307095312.jpg P3030270_convert_20150307095408.jpg
・天井彫刻は撮影禁止でした。
P3030269-1_convert_20150307095630.jpg P3030254_convert_20150307095520.jpg

※開山堂天井の大彫刻「道元禅師猛虎調伏の図」
開山堂の三間四方の吊り天井に、透かし彫りで施された大彫刻は、雲蝶終生の大作ともいえる作品。迫力ある彫刻が岩絵の具で色鮮やかに塗り上げられ、安政年間の華やかさをそのまま伝えている。(パンフレットより)・・・見事でした。

その後、四季の郷薬師(入浴)16:00出発。途中コンビニ・トイレ休憩などしながら、さいたま新都心まで戻る。

 お天気が今一つにもかかわらず、それなりの展望も得られ、縦走とはならず残念な部分も少しはありましたが、とにかく壮快な稜線歩きができた事が何よりも気持ち良かった。春先は山菜やお花も多い里山らしい。
「大力山」くろすけお気に入りの山となりました。リーダー始め会員の皆様お世話になりました。ありがとうございました。出会ったすべてに感謝! 
P3030138-1_convert_20150307104746.jpg

このところ、仕事以外に1日おきに予定が入り、生活のリズムが取りにくい。今日はお休みでやっと記事アップできました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
大力山とは凄い名です。初めて知りました。
それにしても雪が半端ないですね。
爽快さが伝わってきます。
【2015/03/09 08:53】 | yamasanpo #- | [edit]
35名とは、すごい団体になってしまいましたね!
「大力山」里山のスノーハイクコースとして、人気があるようですね。
途中撤退とは残念だったでしょうが、団体では力量にばらつきがある
のでしょうから、リーダーさんの的確な判断だったのでしょう。
写真を見ると、稜線が細いところを通過できるのは、今が限界のよう
に見えます。今年は、例年より雪解けが、早いのでしょうか?
【2015/03/09 14:12】 | snow drop #- | [edit]
yamasanpo さんへ

新潟には魅力的な里山がいっぱいあるようです。
山頂の東屋がすっぽり埋まっていたのにはビックリでした。
イマイチの天気でも素晴らしかったのですから、
晴れてたら大感動間違いなし!
お薦めの山です。
【2015/03/09 19:05】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
snow drop さんへ

おっしゃるとおり、これだけの人数ですと、
リーダーも何かと気遣いが大変だと思います。

今年は確かに雪解けが早いようです。
低山ですが、素晴らしい展望の稜線歩きが楽しめました。
【2015/03/09 19:11】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
まっ黒くろすけ さん、

 こんばんは。

 スノーシューを楽しまれましたね。

 そこはまだ冬の様相。

 蟻の行列(失礼)が面白いです。

六甲山探検隊
【2015/03/10 22:56】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
六甲山探検隊 さんへ

こんにちは。

いつも写真を撮るために、前後の方にご迷惑をかけないように
最後尾を歩いています。
人数が多かったので、ほんと蟻さんの行列ですね。
くろすけもしっかりと兵隊蟻して、素晴らしい稜線歩き堪能してきました。

【2015/03/11 11:09】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

35人とは!・・すごい団体ですね!
わたしたちも、北八ヶ岳で、39人の団体に巻き込まれましたが・・
まとまって歩くのは大変そうでした・・

さすがに新潟は雪が多いようですね・・標高500メートルそこそこでも
こんなに雪が残っているのですね!

引き返した所から先は、びびりのカッパは、絶対に行かないかな~・・
即引き返すと思います・・
【2015/03/12 00:18】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

こんにちは。
SHCは、入会以来名ばかりの会員に近いのですが、
スノーシュー登山の企画がそれぞれのリーダーのもとに組まれていたので、
個人ではなかなか行きにくいところなので参加して来ました。

雪質も地域・時期・天候によっての違いを感じますが、
非日常の世界十分堪能してきました。

【2015/03/12 10:57】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/198-3897e144

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫