スノーシュー登山④・・・四阿山

 2015-03-12
ヒャッホ~・・・
 四阿山:山頂2354mにて・・・ 
 なぁ~~んにも見えませ~ん!  ・・・只々 白い幻想の世界・・・
想像しましょう・・・浅間山・草津白根山・北アルプス・・・ (埋もれてしまってる祠の後ろは雪庇になっている)
P3080129-1_convert_20150312112151.jpg

くろすけの2015スノーシュー納め、選んだ山は、『四阿山』
 四阿山(あずまやさん)と読む。長野県と群馬県の県境に跨る山。日本百名山の一つ。

(※2005.6 根子岳~四阿山縦走M社ツアー:雨に降られてのスタートだったが、四阿山の山頂で雨が上がり素晴らしい展望が開けてきたなか下山してきた。レンゲツツジや牧草地にはヒオウギアヤメ?がきれいに咲いていた記憶がある。)

2015.3/8(日)霧雪?時々曇
 
 SHC:Kリーダーのスノーシュー登山『四阿山』へ参加して来た。参加者16名(男8・女8 リーダー含)
<新宿-上信越道上田菅平IC-あずまや高原ホテル…牧草地P1612付近…根子岳分岐…P2300…四阿山…あずまや高原ホテル-新宿>

 前夜新宿21:30出発~湯の丸のパーキングにて仮眠。5時起床、6時出発。細かい針のような雪が目が覚めた時から降っている、まっ雨にならなければいいかな・・・
・あずまや高原ホテルパーキング6:51出発         ・登山口6:57
P3080005_convert_20150312115349.jpg P3080006_convert_20150312115403.jpg
・登山道は昨日からの降雪でサラサラの雪道、霧氷に覆われた林を縫って行く・・・   ・7:33牧草地へと突入
P3080009_convert_20150312115426.jpg P3080010_convert_20150312115445.jpg P3080013_convert_20150312115504.jpg
広~い牧草地は、真~っ白な世界・・・わずかの木々がかすかに見えるだけ・・・牧柵に沿って進んで行く・・・
P3080014_convert_20150312123123.jpg P3080024_convert_20150312123140.jpg
・右側のダテカンバは、詩人を彷彿とさせる・・・   ・広いので横になってそれぞれ思い思いに歩いて行く・・・
P3080029_convert_20150312123228.jpg P3080031_convert_20150312123244.jpg
くろすけ、相変わらずただ着いて行くだけ・・・なにやら薮に突入して行く事になった・・・
P3080036_convert_20150312123310.jpg P3080041_convert_20150312123335.jpg
直に登山道と合流し、若いダテカンバの混じる林を進んで行く。石碑?など確認しながら・・・。
傾斜も少し増してきたころに、隣りの尾根が少しだけ見えて来た・・・
P3080048_convert_20150312125416.jpg P3080056_convert_20150312125453.jpg
・テン泊が居た・・・途中で下山して来る持ち主の若者二人に出逢う・・・頼もしい!
P3080059_convert_20150312125523.jpg P3080066_convert_20150312125728.jpg
・緩いアップダウンを繰り返して進んで行く・・・
P3080071_convert_20150312125749.jpg
・大小の露岩のホワイトチョコ掛けが・・・   ・石の祠が・・・       ・ちょっと早いがランチタイム10:18
P3080075_convert_20150312131333.jpg P3080079_convert_20150312131351.jpg P3080080_convert_20150312131521.jpg
・傾斜が段々増してくる・・・                   ・樹氷ぽくなってきた・・・
P3080091_convert_20150312131556.jpg P3080099_convert_20150312131654.jpg
・この辺の樹氷を期待して来たのだが・・・今年はやっぱり暖かくなるのが早いのか?・・・
P3080105_convert_20150312141301.jpg
・ちょっとだけ、樹氷ぽく・・・
P3080108-1_convert_20150312141337.jpg
立ち上がったオオカミ君(左側)、モンスターに変身できず・・・
P3080109-1_convert_20150312141355.jpg
・緩やかな稜線を進んで行く・・・
P3080112-1_convert_20150312141420.jpg
・傾斜がきつくなり、両サイドの切れた稜線を登りつめると・・・
P3080120-1_convert_20150312141445.jpg
・四阿山の山頂2354m 11:20着    ・標柱の天辺だけが30㎝位出てた・・・
P3080138-1_convert_20150312143504.jpg P3080122_convert_20150312143524.jpg
・祠の先の雪庇からの展望が見たかった・・・超残念!
強風が吹きまくり、吹雪いたりしていたらこの山頂は踏めなかったと思うので、今日は全くというほど風がないので山の神様に感謝だ。山頂に立てただけでもラッキー!としましょう・・・
P3080132-1_convert_20150312145340.jpg
・往路を戻り下山・・・11:30
P3080143_convert_20150312150512.jpg P3080153-1_convert_20150312150538.jpg
・こちらの雪庇の形状の方が巨大なモンスターぽい・・・
P3080156-1_convert_20150312150605.jpg
・雪変化(仮装)の舞台を楽しんで・・・
P3080163-1_convert_20150312150639.jpg
・若いダテカンバの林がなにやらロマンチックで素敵!(カメラが曇ってボケてますが・・・
P3080179_convert_20150312150715.jpg
三分の二ほど下りてくると、かすかに太陽の温もりを感じるようになり、時折青空も覗いた・・・
太陽君にもっと早くの出番でお願いしたかったなぁ・・・
霧氷に覆われていた林は帰りにはすっかり落ちてしまっていた・・・
P3080182_convert_20150312151002.jpg P3080189_convert_20150312150818.jpg

今日は日曜日なので、スキーヤーや団体の登山客など結構下山中にすれ違った。颯爽と滑って行くスキーヤー達を羨望の眼差しで見ているくろすけがいました。 牧草地は、今朝と同じに真っ白な世界、霞んで見える木々たちのドラマチックな演出に見送られ、登山口14:05帰着。
帰路は高速の渋滞を考慮し、入浴は無し・・・。お陰様でそれほど遅くにもならず家路に着く事ができました。

 今回がくろすけのスノーシュー登山納めとなりました。それぞれ個性の違う山で、天候もそれぞれでしたが、非日常の別世界、十二分に楽しめました。雪山にこんなに行ったのも初めての様な気がします。真っ白な雪うさぎにはなれず、まっ黒ウサギになってしまいました。また来年も素晴らしい雪の山々が待っていますように・・・。
SHCのリーダー始め会員の皆様大変お世話になりました。ありがとうございました。出会ったすべてにも感謝です! 


< おまけ>
久々に駄作を2句・・・

 非情なる白き魔性の山眠る

 冬萌や沈思の山の息遣い
P3080045-1_convert_20150312155650.jpg

                  にわか俳人 否  迷ハイカー by まっ黒くろすけ

※俳句は毎度即興の駄作ではありますが、無断での引用お断りいたします・・・と言う程のレベルでもないのにすみません。m(__)m
スポンサーサイト
タグ :
コメント
視界が利かないといっても、楽しそうですね!
私達は、今年の雪山は遠いのですが、写真を見ている
だけで、ワクワクしてきます。スノーシューを終えたら、
アイゼン、ツボ足の春山が待っていますね。レポを
楽しみにしています。
【2015/03/13 06:37】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

山は何てったって天候ですね。
天気さえ良ければ、何倍も楽しめますものね。
白銀の世界は、真っ青な地球を感じるような空の下で是非とも堪能したいものです。
早く自由に天気の良い時に「ソレ~ッ」って行ける身分になりたいものです。
これからの季節は、いろんな木々の芽が動き始めまた楽しみが増えてきますね。
大自然の息遣いを感じながら、これからもくろすけ流にエンジョイしていきたいと思います。
【2015/03/13 18:30】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/199-98462568

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫