沢旅始動!

 2015-06-18
いつものように眠れず
沢音に抱かれながら
一夜が明ける・・・

遠雷はまるでくろすけの心模様
初舞台を踏むヒロインのように
不安と期待が入り混じる・・・

くろすけの恋の成就旅・・・「沢旅」
ついに念願叶い本日スタート!
心強くも頼もしい仲間達と一緒の旅立です・・・\(^o^)/



<安達太良:杉田川>
 前日の13日(土)、福島の郡山18:00集合。くろすけは、経費節約で高速バスで現地へ。参加者6名全員集合後、Yさんの車で食料など買い足し、入渓地点近くの駐車場へ。テント設営し、早速晩餐会となる・・・ いや宴かな・・・ 快活で頼もしきアマゾネス達と黒一点のボス、賑やかに盛り上がる・・・翌日4:30起床との事で、22時にはご就寝・・・ 蒸し暑くシュラフから抜け出すが、いつものように中々寝付けない。沢音が闇に響き夜空には微かに星・・・明日は良き日になりますように・・・ 

2015.6/14(日)曇時々晴
 生憎の曇り空、遠くではあるが時々雷鳴も・・・Oh!なんとドラマチックな展開ではないか・・・
くろすけの沢旅・・・遂に舞台の幕は切って落とされた・・・

・広い駐車場トイレ付 5:50出発  ・橋を渡る      ・遠藤ケ滝不動堂     ・ヒューマンな不動明王像
P6140001-1_convert_20150618165226.jpg P6140003_convert_20150616185442.jpg P6140006_convert_20150616185515.jpg P6140007-1_convert_20150616185533.jpg
なんかいい感じの雰囲気が漂ってきた・・・
・1つ目の木橋・・・                        ・三日月の滝・・・面白い形状だ  ※クリックで拡大可
P6140009_convert_20150616205819.jpg P6140015-1_convert_20150616191642.jpg
石室横の鉄梯子(写真中央)を登る             ・遠藤ケ滝
P6140016_convert_20150618014340.jpg P6140019_convert_20150618014429.jpg
遠藤ケ滝より5分程の最上部の木橋を渡り、いよいよ入渓・・・
お~ぉ、癒しの舞台・・・もういきなりで幸せモード!
生命がキラキラしてくる・・・
・人生初の滑床を行く・・・         
P6140027-1_convert_20150618015807.jpg
・冒険の始まりだ~・・・ワクワク~ルンル~ン・・・
P6140036_convert_20150618035519.jpg P6140041-1_convert_20150618022728.jpg P6140048-1_convert_20150618022544.jpg 
右岸に上がり、岩やシダ地帯を行く…奥の方には枝沢の滝も見えた…まだ真新しい倒木も目立つ・・・
P6140052_convert_20150618035949.jpg P6140054_convert_20150618040029.jpg P6140062_convert_20150618022642.jpg 
5m滝 超楽し~い!          ※クリックで拡大可
P6140074-1_convert_20150619005317.jpg
・登り切った所は鎖場になっていた・・・                       ・大量の落ち葉を踏みしめる個所も・・・
P6140076_convert_20150618194416.jpg P6140080-1_convert_20150618194452.jpg
7m滝 結構深い釡です・・・慎重にへつった後、ロープを出してもらい登る(安心)・・・  ※クリックで拡大可
P6140084-1_convert_20150619005404.jpg
・次の7m滝は流れに迫力もあるが、なにやら難しそう・・・
頭上にベニサラサドウダンと岩下にヤグルマソウがいい感じに咲いている・・・    ※クリックで拡大可
P6140089-1_convert_20150618185946.jpg
ボスが下見に行くが、安全第一で巻くことに・・・ベテランさんがお手本を示してくれたがスラブなので手がかり足がかりがほとんどなく難しく、くろすけも他の人と同様左側の岩に這い上がって登る・・・登り詰めた岩にカラスの死骸が・・・何だか映画のシーンみたい・・・
P6140096_convert_20150618190715.jpg P6140097_convert_20150618025036.jpg P6140098-1_convert_20150618025111.jpg
・渓谷の木々はすらっと背の高いものが多く、美林だ・・・巨樹や怪樹マニアのくろすけ、探してみたかったなぁ・・・         
P6140102_convert_20150618033259.jpg P6140104_convert_20150618195155.jpg
8mの滝は右岸上部に鉄梯子が着いているが不安定なので、足を一段だけかけて跨いだ・・・ ※拡大可
P6140110-1_convert_20150618200104.jpg
・次から次と変化に富んでいて飽きません・・・                ※苔も美しい!…クリックで拡大可
P6140117_convert_20150618044409.jpg P6140120_convert_20150618044451.jpg P6140122-1_convert_20150618044523.jpg 
8m二条の滝・・・気分はもう最高潮!   ※クリックで拡大可
P6140130-1_convert_20150618044550.jpg
この杉田川の沢床は透き通った水に赤茶色の岩、そして緑の苔と実にきれい・・・
                                 ・おにぎり岩(中央:くろすけが名付け)の所で休憩
※クリックで拡大可                                     ※クリックで拡大可 
P6140133-1_convert_20150618051004.jpg P6140135-1_convert_20150618050842.jpg P6140136-1_convert_20150618050906.jpg
・次から次と小滝が・・・
P6140138_convert_20150618173207.jpg P6140141_convert_20150618173244.jpg P6140147_convert_20150618173309.jpg
この釜の端の浅い所を進んでいるときに、ツルッと・・・こけてもうたぁ~・・・カメラもろとも水没・・・ザックが浮くことを初体感一瞬の出来事で、くろすけの後ろの人しか気が付かず・・・ってな訳で、その後のカメラは、防水カメラではあるのですが、紗がかかったように・・・(蓮華温泉でこけた時を思い出した・・・
P6140151_convert_20150618173348.jpg P6140153_convert_20150618201051.jpg P6140155_convert_20150618201130.jpg
                       ・この滝は左岸の山を巻いて・・・・・・・・激降りる
P6140157_convert_20150618201308.jpg P6140159_convert_20150618201359.jpg P6140163_convert_20150618201437.jpg 
この滝は左岸を進み、次の滝はまたまた左岸の山の斜面に取付き、懸垂下降で降りる。
高い所からロープで降りるのは割と慣れてるのですが、エイト環を使うのは沢デビュー依頼でお仲間の方に手順を教わる事に・・・ご面倒お掛け致しました。m(__)m 次の時までに練習しなくっちゃ!
P6140164_convert_20150618201516.jpg P6140169_convert_20150618201559.jpg P6140179-1_convert_20150618201638.jpg
・最後の人が降りてくるのをボスが見守る・・・        ・二股の所で20分ほど休憩・・・  ※拡大可
P6140182-1_convert_20150618210410.jpg P6140180-1_convert_20150618210050.jpg
二股の右股へ進む。沢は細くなりやや荒れた感じに・・・15分程で先の方に滝が見えて来た・・・
P6140191_convert_20150618213653.jpg P6140196_convert_20150618213735.jpg
2段8m滝・・・最後の滝だ・・・倒木も良き演出だ・・・    ※クリックで拡大可
P6140198-1_convert_20150618214032.jpg
段々源頭に近づいていく・・・
遡行もあとわずかだと思うと何だか・・・帰りたくないな・・・
P6140201_convert_20150618215538.jpg
遡行終了地点1180m(木にテープやらロープが巻いてある) これより、目印のテープを追いながら藪漕ぎ・・・。
タニウツギやサラサドウダンの花が時々登場してホッとさせてくれる・・・。
P6140208_convert_20150618215908.jpg P6140210_convert_20150618215933.jpg P6140211_convert_20150618220002.jpg
遡行終了地点より藪漕ぎをしながら35分位で木々の茂みからひょっこり仙女平に飛び出す。12:13着 まぁこんな所から・・・ 休憩後、ひたすら安達太良山の表登山道をハルゼモの合唱をBGMに下る。途中で予定通りネマガリダケもGET! くろすけ、これも初の体験!主婦の素にもどり・・・
P6140216_convert_20150618220155.jpg P6140221_convert_20150618220228.jpg P6140222_convert_20150618220255.jpg 
865m地点で登山道から逸れ山側へ。藪と言うほどでもなく、斜面も緩やかで、途中でキイチゴを見つけてチョット頂く ・・・地図読み・GPSで確認しながら・・・ピッタシ!駐車場へ。14:02着。 お疲れ様でした。m(__)m
P6140225_convert_20150618220410.jpg P6140230_convert_20150618220434.jpg P6140234_convert_20150618220734.jpg

帰路は、「アットホームおおたま」で一汗流し(お肌ツルツル効果の泉質:大人400円)、近くの本宮駅までYさんに送って頂く。本宮からは郡山に出て、ちょっと奮発して新幹線利用で、無事我が家へご帰還と相成りました。
Yさん、行きも帰りもお世話になりました。有難うございました。m(__)m

安達太良:杉田川は、「日本百名谷」に選ばれた沢谷との事。
沢旅のスタートをきるに相応しい素晴らしい沢でした。
これからも頼もしき仲間たちに支えられながら、くろすけの沢への恋の成就旅、続けて参ります。
ボスと仲間たち、家族、出会ったすべてに感謝です!


 沢には青春がある
 生命の奥底から燃え上がる 
 
 その懐に飛び込んで、抱かれて
 全身全霊で感じたい
 沢と言うあなたを・・・
 
 恋人は沢 
 再びの青春    
 


※予定より大分早くブログに復活できたのですが、負の連鎖反応なのか、パソコンまでが不調になってしまい(画面がピンク色になってしまった)、今月末に修理に出す予定。何とか月末までこれ以上壊れないように願ってるのですが・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント
「日本百名谷」とは、とっても懐かしい響きです。

聞いたことがあるなと思い、本棚を探したら出てき
ました「日本百名谷」という本。30年以上も前に
白山書房で出版したものですが、ネーミングが、
生き残っていたのですね。杉田川は夫の友人が案内
していたものなので、余計に懐かしくなりました。

ちなみに、若い頃の夫が文章、私は登攀者で数本を
ご案内していますが、タイムスリップした感じで
読み返してしまいました。
【2015/06/23 09:53】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

まぁ、そうだったんですか。
何ともご縁のある沢で沢旅スタートできて嬉しく思います。

とにかく何もかも新鮮で楽しくって面白くって・・・(^^♪
行きたい沢はあるの?とよく聞かれますが、
今はただくろすけのレベルで行ける所だったらどこでも・・・です。

6月はヒメサユリやミチノクコザクラを追いかけようと思ってたのに、
沢熱に侵され、うっかり時期を逃してしまいました・・・(^^;

お休みがい~~~っぱいほしいくろすけで~す。
【2015/06/23 19:32】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

今年の沢登り、いよいよ始動ですね!
杉田川、変化に富んだ、なかなか面白そうな沢ですね。
くろすけさん、生き生きとほんとに楽しそう!!

わたしたちも、昔はこういう渓を楽しんだのですが、
今では、穏やかな流れの渓をのんびりと・・お花を探しならが歩くことが
多くなりました・・もう年なのかな~・・なんて・・



【2015/06/25 00:29】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
ピテカン&カッパ さんへ

こんにちは。
渓谷から見上げる森の木々は背が高く、
そのせいか天井高く感じ、開放感と大らかさに溢れた素晴らしい沢でした。

沢にすっかり魂を奪われてしまったくろすけ、
再びの青春で、歳の事はすっかり忘れ、エンジョイするのみです。


【2015/06/25 16:15】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
くろすけ さん、

 こんばんは。

 お久しぶりです。
 暫くお休みされていたので、どうされているのかな?と
 ブログを覗かせていただきました。

 沢登りで元気、元気。
 くろすけさんの待望の季節となりましたね。
 安心しました。

六甲山探検隊 
【2015/07/02 18:01】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
くろすけさん、こんばんは。
先日の休業宣言を見て、どうされたのかと心配していましたが、元気に復活されたようで良かったです。
沢に嵌ってしまったようですね。私も昔は沢登りしていましたが、この杉田川の存在は知りませんでした。ナメが多くて素敵な沢ですね。沢はザイルパートナーが必要な場合が多く、単独では行けないので、くろすけさんは良い仲間を見つけられて良かったと思います。
私はあの鞍掛山以降はしばらくくすぶっていましたが、6月中旬にやっと北東北の花の山に1週間出かけて来ました。くろすけさん推奨の焼石岳はハクサンイチゲの最盛期を過ぎていたので行きませんでしたが、他の山でチングルマやヒナザクラなど満喫して来ました。
くろすけさんも、楽しい山旅を続けて下さい。
【2015/07/03 00:36】 | hina1048 #- | [edit]
六甲山探検隊 さんへ

こんばんは。

ご無沙汰していてすみません。
くろすけの実家の様々な事でお休みしていましたが、
くろすけは沢風に吹かれ、元気いっぱいで~す。

パソコン不調なので、直ったらまたお邪魔させて頂きます。
ピンク画面で、いつ消えてしまうかと心配しながらコメント打ち込みました。

ありがとうございました。
【2015/07/03 18:41】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
hina1048 さんへ

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
実家の諸々の件も片付き、くろすけは元気なのですが、
パソコン不調となり、ピンク画面でビクビクしながら、
今お返事書いています。
花の山旅、素敵ですね。
パソコン直ったら是非お邪魔致しますね。
それでは、また・・・
【2015/07/03 18:46】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/224-61f46a57

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫