丹沢:玄倉川 小川谷廊下

 2015-06-30
スキルアップ目指し
新たなる門戸を叩く
体験で案内されたのは
かの有名な
丹沢:小川谷廊下

冒険心あおる緑滴るゴルジュ
P6280086-1_convert_20150630201655.jpg

幾つもの変化ある滝、清らかで美しい水
P6280112-1_convert_20150630205628.jpg

沢での楽しみが凝縮された舞台
P6282772_convert_20150630002504.jpg

超・メチャ・激・楽し~~~い!  
雄叫びワールドどっぷりの1日でした・・・



                                                                    

2015.6/28(日)晴
 
 天気予報が間際になって好転した。
真っ青な空、からっとした空気感・・・さわやか~最高の沢日和です。
今日は、沢のご縁の連鎖で巡り会わせて頂いたuconさんのお導きで改めての沢体験日です。
渋沢駅で拾っていただいて、西丹沢県民の森付近の駐車場へ。杉林を抜け、ロープ有りの激下り。
P6280001_convert_20150701163417.jpg P6281998_convert_20150701163632.jpg P6280003_convert_20150701164037.jpg
・河原を歩いてワクワクの入渓・・・
 今日の先頭を行くのはSLのヤビツさん。                              
P6282663_convert_20150701175339.jpg
・F1 最初の2m滝が見えて来た。 ※クリックで拡大して見てね。 ・右岸を登るヤビツさん
P6280010-1_convert_20150701173917.jpg P6280012_convert_20150701174437.jpg
・uconさんに基本の8の字、復習・・・・・・その後、  を慎重に登る・・・
P6282004_convert_20150703194757.jpg
・F2 大きな岩のある4m滝 大岩の右の梯子(無い時もある)を利用して登る。
※クリックで拡大可                      ・鉄梯子が中々安定しなくって手間取った
P6280014-1_convert_20150701181650.jpg P6280016_convert_20150701181827.jpg
・更に太い流木を登った所からの進行方向の景色・・・
P6280019-1_convert_20150701185213.jpg
・F3 6m滝  ※クリックで拡大可               ・右岸を登る、登り易かった・・・
P6280022-1_convert_20150701190442.jpg P6280024_convert_20150701190516.jpg
ナメ床交じりのモードから再びゴルジュに入る、岩壁の高い所にイワタバコの花が咲きだしていた・・・拡大可
P6280025-1_convert_20150701205156.jpg P6280029-1_convert_20150701205422.jpg
・F4 5m滝 段々状の右岸登る・・・            岩の緑の苔が美しい・・・拡大可          
P6280032-1_convert_20150701212740.jpg P6280037-1_convert_20150701212810.jpg
大きな丸っこい岩が色んな顔(人面・魚面・モグラなど)に見えて面白!また河原モード、庭園モードになったり・・・
P6280038_convert_20150701224852.jpg P6280042_convert_20150701224920.jpg
4m滝  拡大して見てね 自然が創り上げたアトラクション的造形に感心するばかり・・・
 右岸の血塗られたような赤い岩のオドロオドロしさが雰囲気をより盛り上げている・・・
P6280044-1_convert_20150701230435.jpg
大きな岩がゴロゴロ転がる河原状~苔むした巨岩を競技のように越えて行くと、右岸山の斜面が階段状になってる所が有り、ここはエスケープルートになってるとか・・・またまたゴルジュ突入になるが、入り口手前にはツル性の植物が垂れ下がっていたり、アドベンチャー気分を盛り上げる小道具的演出も抜け目なく・・・各拡大可
P6280048-1_convert_20150702001859.jpg P6280051-1_convert_20150702001933.jpg
是非クリックで拡大して見て下さい。左岩がモアイ像のように見える・・・モアイ像の左水流を登る・・・
P6280052-1_convert_20150702004117.jpg P6282039_convert_20150702004227.jpg P6282043-1_convert_20150702004329.jpg
5m滝 ※各拡大可
ここは右壁に残置シュリンゲが2カ所ぶら下がってるが、超初心者のくろすけが見ても難しそうな岩壁。ここは高巻く。
P6280057-1_convert_20150702012747.jpg P6280058-1_convert_20150702012241.jpg
3mヒョングリ滝 潜れると聞けば潜ります・・・  振り返れば確かにトンネル状・・・拡大して見てね。
P6282692_convert_20150702180722.jpg P6280066-1_convert_20150702180324.jpg
・河原状を歩いて行くと名物の大岩が・・・拡大して見てね。    ・ゴッキゲン・・・
P6282700-1_convert_20150702195054.jpg P6282066_convert_20150702195355.jpg
・苔むした一枚岩の岩壁が巨大母艦のよう・・・       ・ナメ床になる・・・
P6280076_convert_20150702200409.jpg P6280080_convert_20150702200447.jpg
・水色はコバルトグリーン・・・素敵なジャグジー、色っぽくつかりた~い・・・  ※拡大可
P6280081-1_convert_20150702201113.jpg
・冒険心をあおるゴルジュ・・・
P6280084-1_convert_20150703094615.jpg P6282082-1_convert_20150703102858.jpg P6280086-1_convert_20150703094835.jpg
①どうってことないような小さな岩をズリズリと腹ばいで・・・    ②上手く下りられますように・・・ 
P6282709-1_convert_20150702204414.jpg P6282712-1_convert_20150702205433.jpg
③立派なデカ尻・・・                      ④着地・・・ ・・・ ①~④各拡大可
P6282088_convert_20150703111331.jpg P6282716-1_convert_20150702205523.jpg 
・楽し~~い!面白~い!・・・ 華麗(加齢)なる少女に・・・
P6282093_convert_20150703112952.jpg
・深いゴルジュの滝、右岸を登るSLヤビツさん・・・何か探検ぽい・・・
P6280096-1_convert_20150702224904.jpg
くろすけ登りま~す・・・気分は最高潮!
P6282103_convert_20150703101542.jpg
・右岸より大コバ沢の10m滝に出合う
P6280104-1_convert_20150702225446.jpg P6282747_convert_20150702222715.jpg
・ルンルン・・・             ・奥の方に2段20mの滝(石棚)が見えて来た
P6282752_convert_20150703100953.jpg P6280111-1_convert_20150703095859.jpg P6280113-1_convert_20150703100109.jpg 
・右岸を高巻く・・・拡大可                    ・この小さな滝を登る(奥2段が石棚だとか)・・・拡大可
P6282759-1_convert_20150703110159.jpg P6282760-1_convert_20150703110213.jpg
・登りやすかったのですが、 モロ全身シャワー・・・ベテランさんほど濡れないんだとか・・・
P6282769_convert_20150703114045.jpg P6282135_convert_20150703113847.jpg
・どうしたっけ? 見ながら通り過ぎたような・・・何処かを登ってます・・・  ・山側の急斜面を登る・・・
P6280123-1_convert_20150703121226.jpg P6282138_convert_20150703121120.jpg P6280125-1_convert_20150703121257.jpg
・山を下り沢床に戻る・・・  天然の滑り台有り    ・普通?平凡?・・・になる
P6280133_convert_20150703123016.jpg P6280138_convert_20150703123104.jpg
・こんな所を行く・・・                                  ・拡大可
P6280141_convert_20150703125216.jpg P6280146_convert_20150703125305.jpg P6282155-1_convert_20150703132133.jpg
・こんな所も岩が滑らないので・・・安心
P6280152_convert_20150703125338.jpg P6282779-1_convert_20150703125542.jpg
・グングン進んで行く・・・
P6280157_convert_20150703135224.jpg P6282170_convert_20150703140106.jpg P6280161_convert_20150703135246.jpg
・次から次と飽きません・・・
P6280167-1_convert_20150703135321.jpg P6280172-1_convert_20150703135344.jpg

P6282783_convert_20150703143837.jpg P6280178_convert_20150703142055.jpg P6280179_convert_20150703142131.jpg 
                                              ・短い足を踏ん張って・・・
P6280181_convert_20150703142156.jpg P6280183_convert_20150703142223.jpg P6282796_convert_20150703143909.jpg
夢中になって進んでいると・・・いつの間にやら・・・
ジャ~ン!最後の5m滝にやって来ました。
P6280195-1_convert_20150703150151.jpg
写真は見事登り切るSLのヤビツさん・・・
くろすけは、途中でシュリンゲ(右壁にぶら下がっている)を回収するという任務を必死でこなし、なんとか写真のヤビツさんのいる所までは行けたのですが、最後の一手(右手)がどうしてもホールドが見つからなく、結局ロープに摑まって這い上がりました。uconさんに落ちても釜だから大丈夫なんて冗談?言われましたが、勿論落ちたくはないので超必死でした。こんなに緊張したのは超久しぶりです・・・  
くろすけのチャレンジしてるところの写真がなくて、超残念!
P6280201-1_convert_20150703152413.jpg
滝を登り切った所から、壊れた石積み堰堤をくぐる・・・
・壊れた堰堤が素晴らしい演出をしている、まるで時空を超えるタイムトンネルのような雰囲気・・・
P6280209-1_convert_20150703151543.jpg P6280211-1_convert_20150703151632.jpg
河原を進むともう一つ堰堤が出て来た。堰堤の右岸を登り、鹿柵を抜け、山の急斜面を登って行く。途中から道も明瞭となり迷う事もない。やり切った満足感で、足取りも軽い・・・
P6280217_convert_20150703160825.jpg P6282196_convert_20150703161024.jpg P6282199_convert_20150703161049.jpg
朝の出発時には、車2台とバイクが1台あったのにすでに無くなっていた。
P6282207_convert_20150703161129.jpg P6280229_convert_20150703163253.jpg P6282210_convert_20150703161201.jpg 
uconさんの後にひたすら続く・・・ゲートを抜け、橋を渡り駐車場に戻る。お疲れ様でした。m(__)m
P6280232_convert_20150703161316.jpg P6280233_convert_20150703160850.jpg P6280234_convert_20150703171358.jpg

 本日の体験は、今月6/9に小川谷で死傷事故があったという事も有り、くろすけが超初心者ということでも勿論ありますが、要所でロープで安全確保していただき安心のもとに登攀遡行できました。思い切りエンジョイさせて頂き、
uconさんとSLヤビツさんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
また、uconさん(3匹)、SLヤビツさん(1匹)とヒルの襲撃に遭われてしまいましたが、くろすけはお二人の犠牲のお蔭で純血?を守ることができました。ラッキーでした。ありがとうございます。
来月からは、またあらためてお世話になります。今後とも宜しくお願い致します。m(__)m


 沢7回目にして小川谷廊下・・・まさしくラッキー7!な舞台でした。
これからも恋人(沢)との逢瀬を少しでも多く楽しんでいけるよう、新たなる師匠のもとスキルアップに精進していきたいと思います。
   


最高の恋人(沢)に巡り会えた幸せ・・・
いつまでも青春まっただ中でありたい・・・
 くろすけの願望で~す・・・。


※uconさん、ヤビツさん写真いっぱい使用させて頂きました。m(__)m

※ご訪問して下さる皆様へ
いつもありがとうございます。
先日チラリと触れましたが、パソコン不調(ピンク画面)になり、何とか今回時間がかかりましたが頑張って記事アップしました。修理にこれから出しますので、直るまで少しの間、またお休みとなります。皆様の所にも早くお邪魔したいです・・・ コメント等できませんが、よろしくお願い致します。m(__)m

<追記>
パソコン修理に出そうと思ってた矢先、復活・・・元の画面に戻っていました。
どういう訳か機器音痴のくろすけにはわかりかねますが、取りあえず様子を見ながら使用していきたいと思います。
調べたい事もいっぱいあるし、山の計画も立てたいし・・・あ~時間がい~っぱい欲しいくろすけで~す。  7/9

スポンサーサイト
タグ :
コメント
精力的な沢登りに驚きです

小川谷の記事を読んでいたら、いつの間にか奥飛騨
の沢までお出かけしていたとは、驚いてしまいます。
私達も、昔に小川谷に廊下に行ったことがありますが、
ヒルが出るようになったのですね。その頃から丹沢に
もヒルが出るとは言われていましたが、一度も被害に
会わなかったのは、ラッキーだったのかもしれません。
【2015/07/09 14:18】 | snow drop #- | [edit]
snow drop さんへ

こんにちは。

小川谷廊下近辺でヒルが出るようになったのは、ここ数年の事らしいです。
ヒルにはできれば会いたくないものです。

益々沢にのめりこみ熱くなっていますが、
時々は山の縦走もしたいなと思っています。

パソコン、修理に出そうと思って準備していたら、原因不明ですが自然に?直っていました。
調べたいことが一杯あるので、様子をみながら対応していきたいと思います。




【2015/07/09 16:50】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/225-fe0c1b4f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫