焼岳南峰と安房山(北アルプス) ①

 2016-03-23
群青の空・・・
遥か先に立ち上る噴煙・・・
今日はあの白い頂をめざす・・・
                      
P3120056_convert_20160323214341.jpg
                                 ※写真は全てクリックで拡大可

2016.3/12(土)晴
 前夜バスで新宿を21:30出発。参加者はSHC:Kリーダー他16名(男5 女11)。
上高地に向かう158号線沿いの道の駅「風穴の里」パーキングで仮眠を取り(4時起床5時出発)、40分程で中の湯のバス停駐車場に到着。送迎バスに乗り換えて本日の宿:中の湯温泉旅館(日本秘湯を守る会会員の宿)へ。
・旅館の前からは朝日に染まる穂高連峰・・・胸が高鳴る・・・       ・スノーシュー装着し旅館を6:30出発
P3120002_convert_20160321110920.jpg P3120004_convert_20160321111504.jpg
旅館の裏~車道に出る直前は結構な急登だ・・・が、登り詰めるとまた穂高連峰が見えてワクワク!・・・
・登山道を行く          ・山の端から太陽が顔を出した・・・     
P3120222_convert_20160321115343.jpg P3120011_convert_20160322103454.jpg P3120013_convert_20160321115403.jpg 
・7:02 山側に取付きこれより急登   ・巨木に励まされる        ・霧氷が美しい・・・
P3120016_convert_20160321115427.jpg P3120017_convert_20160322104847.jpg P3120027_convert_20160322105334.jpg
・ザクッザクッと登って行く・・・     ・オーナメントみたい・・・     ・メルヘンチック!
P3120034_convert_20160322110545.jpg P3120035_convert_20160322110615.jpg P3120039_convert_20160322110637.jpg
・アップダウンを繰り返し樹林帯を抜けて行く・・・                ・オ~ォ!
P3120040_convert_20160322111504.jpg P3120041_convert_20160322111537.jpg P3120045_convert_20160322111841.jpg
・焼岳の全容が・・・                ・ダケカンバの若林を抜けて行く(これよりノートレース)
P3120051_convert_20160323200027.jpg P3120071_convert_20160323201410.jpg
・群青の空に魂まで吸い込まれる・・・        ・振り向けば六百山~霞沢岳
P3120084_convert_20160323204730.jpg P3120079_convert_20160323204639.jpg
・傾斜が激となる・・・  写真では伝わらないな・・・      ・噴煙の先に北峰が・・・
P3120090_convert_20160324001326.jpg P3120112_convert_20160324001228.jpg P3120094_convert_20160324001409.jpg
激急斜面を登り詰めて小休止
・明神岳と六百山の間に蝶ケ岳、中央には大正池・・・
P3120104_convert_20160323234016.jpg
・まだまだガンバ!・・・       ・平凡な木が絵になる・・・   ・コロコロと急斜面を転がる雪の球が描く線
P3120107_convert_20160323225930.jpg P3120109_convert_20160323230048.jpg P3120113_convert_20160323230230.jpg
・緩いアップダウンを繰り返し・・・                  
P3120117_convert_20160323232809.jpg P3120120_convert_20160323232850.jpg
・2318m峰から見る乗鞍岳と手前の白谷山
P3120125_convert_20160323233341.jpg
・雪紋・・・           ・黒豚一匹 ・・・     ・さぁ、あとひと踏ん張りだ!・・・
P3120129_convert_20160323235929.jpg P3120131-1_convert_20160323235954.jpg P3120133_convert_20160324000025.jpg
・積雪薄い地帯から岩々の急斜面を慎重に登って行く・・・先行者の感嘆の声が聞こえて来た・・・
P3120135_convert_20160324002402.jpg P3120136_convert_20160324002443.jpg P3120140_convert_20160324002512.jpg
 オ~ォ、素晴らしい!・・・ (笠ヶ岳~抜戸岳~水晶岳~槍ヶ岳~穂高連峰)
ちょっと前までは雲がほとんどなく、左側に笠ヶ岳も見えていたとの事・・・
チト残念だが、槍ヶ岳()が見えただけでも良しとしよう・・・                11:59
P3120141-1_convert_20160324004658.jpg
北アルプス焼岳・南峰 山頂2455.4m 
山頂は無風に近い・・・有難い!・・・しばし絶景を楽しむ・・・    
P3120159_convert_20160324005031.jpg
・噴煙の後ろに北峰2444.3m     奥穂高~吊尾根~前穂高のラインが美しい!
P3120148_convert_20160324013231.jpg
・山頂直下の火口湖は雪で覆われ見えない・・・     ・稜線の先に六百山~霞沢岳    
P3120161_convert_20160324014319.jpg P3120165_convert_20160324014400.jpg

焼岳は、飛騨山脈の主稜線上にあり、長野県と岐阜県にまたがる山で百名山の一つ。
双耳峰(北峰・南峰)で活火山(現在警戒レベル1)でもある。
北峰は2444.3mで登頂可能だが、南峰は崩落等で危険なため登山禁止となっている・・・が、積雪期には北峰へのルートが雪崩のリスクが高まるのに対し、南峰は夏道はないが尾根上を歩くことができるので積雪期限定で登れる山となるらしく許可はされてないが結構登ってる人達が居るのを知り、今回の企画に「こりゃチャンス!」だとばかりに申込み参加した。

 くろすけの焼岳は、2010.7/20 ソロ:夜行バスに揺られ釜トンネルで下車。中の湯ルートから北峰の山頂を踏み、急な鉄梯子を下りて上高地へと抜けた。新中の湯ルートの方が利用者が多いようで、中の湯ルートは一部藪状態でドキドキしながら登って行った事を思い出す・・・


休憩してる間にすっかり厚い雲に覆われてしまい、後から登って来た若者二人にはお気の毒だった。
・12:34 下山開始(スノーシュー外しツボ足)   ・岩場を慎重に・・・  ・2318mの白い峰が眼下に・・・
P3120173_convert_20160324105309.jpg P3120176_convert_20160324105346.jpg P3120178_convert_20160324105416.jpg
・また青空ものぞくように・・・     ・大正池           ・最後の急斜面・・・
P3120183_convert_20160324110138.jpg P3120187_convert_20160324110238.jpg P3120188_convert_20160324112141.jpg
・爽快な下り (眼前に六百山~霞沢岳)         ・急斜面を下り切った所で・・・しみじみ
P3120194_convert_20160324112437.jpg P3120197_convert_20160324112507.jpg
・さよなら焼岳・・・                             ・
P3120198_convert_20160324112958.jpg P3120200_convert_20160324113025.jpg
・メルヘンの森で出会ったモンスター達・・・          ・右:メチャ可愛い!(是非拡大して見て)
P3120211_convert_20160324114545.jpg P3120214_convert_20160324114608.jpg P3120216_convert_20160324114640.jpg
お決まりですが下りてくるほどに青空・・・  車道に出て最後の急斜面を下り、15:45 旅館に戻る。
P3120218_convert_20160324115416.jpg P3120219_convert_20160324115539.jpg P3120223_convert_20160324115611.jpg

部屋は穂高(くろすけは6畳に3人)。夕食前にひと風呂(単純硫黄温泉の掛け流し)浴びさっぱりする。
夕食はお腹を空かせていたのでいつものように完食。煮豆のようなナツメが美味だった。
夜中11時過ぎ一人露天風呂に行った。誰も居らず、漆黒の夜空を仰げば、湯けむりの間から煌めく星たちが見えた・・・明日もいい感じかも・・・ 


※翌日②に続く


<皆様へ>
 やっと時間が取れるようになり、パソコンの前に座れるようになったのに、数日前にブログ内の文章が勝手に乱れるようになってしまい・・・???・・・機器音痴のくろすけには原因がわかる訳もなく・・・ストレス!
(FC2に問い合わせ中)
ずぼらだけど几帳面のくろすけ・・・大分遅れてしまっていますが何とか頑張って
 ・冬でも沢へ(12月ダルマ沢 1月ヒゴノ沢 2月寺ノ沢)
 ・スノーシュー登山(1月北八ケ岳縦走 2月黒姫山と五地蔵山 3月平標山)
・・・上記アップしていきたいと思います。順不同!(然したまり過ぎてるなぁ・・・いつになるやら・・・

ご訪問下さる皆様の中には同じように乱れて見える方もあるかと思いますが、大らかな気持ちで見てやって下さいませ。m(__)m
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/263-a3d42f9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫