焼岳南峰と安房山(北アルプス) ②

 2016-03-24
<安房山 2219.4m>
 乗鞍連峰北端の山。三等三角点が有り、無雪期は一般的に登頂の目的とならず振り返られない山だが穂高連峰の好展望の山。国土交通省の建物とアンテナが3本立っている。 BCスキーヤーの人達には知られているようで、今日も二組に出会った。
                                ※写真はクリックで全て拡大可

2016.3/13(日)薄雲

 いつものようにあまりよく眠れなかったが、温泉効果で気持ちよく目覚めた・・・
6:50朝食、今日も必要な物だけ持って7:50旅館を出発。(穂高と霞沢岳)     ・途中までは昨日と同じ道。
P3130231_convert_20160324162301.jpg P3130234_convert_20160324163140.jpg
・8:22 分岐:昨日とは反対方向の左の樹林に入る。
樹林を抜けると広い雪原に飛び出し、真っ白な白谷山が目を引く・・・  ・まだうっすらと青空も・・・
P3130239_convert_20160324162047.jpg P3130241_convert_20160324164533.jpg
カラマツ林を抜け、霧氷の山の斜面に取付き、エンヤコラ登り詰めR158の車道に出る。
P3130245_convert_20160324165337.jpg P3130250_convert_20160324165406.jpg P3130257_convert_20160324170454.jpg
そして今日もまた激急登が・・・  (写真では伝わらな~い)
・上部の土留めの柵の辺りからはより斜度がきつくなった・・・ ・ヒ~コラ何とか鉄塔(NO.59)にたどり着く・・・
P3130263_convert_20160324170905.jpg P3130270_convert_20160324171008.jpg
・横を振り向けば昨日登った焼岳が・・・ザクッザクッと緩やかな尾根を登って行くと左側の展望が開け穂高の一部が見えて来た。                      さらにj進んで行くと目の前が突然開け・・・
P3130276_convert_20160324185231.jpg P3130280_convert_20160324185412.jpg P3130289_convert_20160324185650.jpg
・ワォ~! 穂高連峰と霞沢岳が・・・     青空が欲し~~い・・・    ・穂高連峰をバックに・・・
P3130291_convert_20160324200305.jpg P3130298_convert_20160324200038.jpg
・尾根伝いを緩急有り~ので進んで行く・・・             ・絵になる木・・・
P3130300_convert_20160324203856.jpg P3130311_convert_20160324204108.jpg P3130317_convert_20160324204300.jpg
・絵になる木・・・
P3130319_convert_20160324204415.jpg P3130325_convert_20160324204448.jpg P3130335_convert_20160324204848.jpg                     ・気になっていた常念岳もよりハッキリと
P3130337_convert_20160324205452.jpg P3130343_convert_20160324205533.jpg P3130349-1_convert_20160324210031.jpg
・遠くに白山が輝いて見える・・・                  ・前方にアンテナが見えて来た・・・
P3130351_convert_20160324205806.jpg P3130354_convert_20160324205850.jpg P3130357_convert_20160324205933.jpg
・安房山2219.4m 12:25着            ・ 縦に長い山頂P3130362_convert_20160324232419.jpg P3130365_convert_20160324232552.jpg
なっ、なんと笠ケ岳発見!(焼岳の左側)
現地では気が付かず、パソコン大画面で見っ~け・・・    ※全ての写真はクリックで拡大可
P3130369-1_convert_20160324232116.jpg
薄雲でもこれだけの素晴らしい展望が得られるのだから、今日はツイテル!
それに今日も無風だ・・・有難い!山の神様に感謝で~す!
鉢盛山(左下の雪は国土交通省の建物の屋根部分)       ・十石山
P3130371_convert_20160324233338.jpg P3130376_convert_20160324233445.jpg
しっかりと展望を満喫し12:45下山開始 
アカンダナ山と白谷山             ・雪質は山頂付近はフカフカでスノーシューが心地よい
P3130387_convert_20160325005104.jpg P3130392_convert_20160325005340.jpg
・名残惜しいなぁ~・・・    ・鉄塔の所まで戻ってきた・・・  ・今朝の急斜面を回避し別ルートで道路に出る
P3130398_convert_20160325003119.jpg P3130406_convert_20160325003216.jpg P3130415_convert_20160325003531.jpg
・今朝の急斜面を振り返る ・往路を戻り中の湯温泉旅館16:05着。今日も皆怪我なく無事故でお疲れ様でした。
P3130418_convert_20160325003804.jpg P3130421_convert_20160325003929.jpg P3130429_convert_20160325004027.jpg P3130434_convert_20160325004228.jpg
帰路は時間が押していたので入浴せず、一路東京へと高速に乗り・・・ 新宿にて解散。

 安房山はメジャーな山ではありませんが、素晴らしい大展望が待ち受けている山でした。
お天気が良かったら大感動間違いなしの山、お勧めの山の一つになりました。
焼岳、安房山共に積雪は少なかったですが、十分にスノーシューは楽しめました。
温泉付き山三昧はやっぱいいなぁ~・・・満足度の高い雪山行でした。
リーダー始め会員の皆様、そして出会った全てに感謝!家族にも感謝! 


※FC2から連絡が有り、只今調整中!との事。
ブログ内での乱れはくろすけだけではなかったらしい。
乱れて見える方、いま少しご辛抱を・・・m(_ _)m
スポンサーサイト
タグ :
コメント
乗鞍は、長年のスキーのホームグランドであります。
サラサラの雪が踏みしめられて ” 鳴く声 ” 懐かしいです。

登山はできないのですが、、この景色には感激ですね。(拍手) 
【2016/03/25 09:28】 | dowさん #4bWz8s1g | [edit]
dowさん

こんばんは。
dowさんはスキーもなさるのですね・・・超羨ましい!
くろすけもゲレンデで滑るのではなく、BCスキー・・・憧れです。
でももう年なので、新規開拓は沢登りだけです・・・(^^;
峰々の白銀の世界の魅力と魔力・・・身体の許す限り楽しみたいと思ってます。
【2016/03/25 20:28】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/264-a6ee2e39

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫