表丹沢/四十八瀬川水系:勘七ノ沢

 2016-03-31
2016.3/29(火) 晴~曇
 渋沢駅北口8時待ち合わせで、表丹沢県民の森まで GO!平日ですが小さな駐車場は満車(10台位)だ。
満開の椿が落ち始めていてすみれが陽だまりで可愛く咲いていました・・・  暖かく沢日和!
今日もkamog先生にお世話になります。
・表丹沢県民の森より10分程で勘七橋を渡りすぐ左へ ・二股の木橋を渡らず沢に沿って進み入渓
P3290001_convert_20160331112711.jpg P3290003_convert_20160331112810.jpg P3290006_convert_20160331112934.jpg P3290009_convert_20160331114759.jpg
小さな堰堤は手前から巻き径を使い左隅の残置ロープを利用して越す・・・左から鋭角で合わさる勘七ノ沢本流を見逃さないように進む。(うっかり勘七ノ沢を見過ごして、そのまま真っ直ぐ方向の小草平ノ沢に入るパーティが結構多いとの事。)
P3290011_convert_20160405202543.jpg P3290012_convert_20160407104621.jpg
・間もなくにF1:6 mにやって来た・・・ (倒木のおまけ付き)
この最初の岩壁が中々の曲者で取付いたもののスムーズには上がらせてくれない…初級でも「甘くはないぞ」といきなりパンチを喰らわされたが、へこんでる場合ではないので気合入れなおして何とか突破 。        
                ・kamog先生      ・邪魔な倒木は太く短い足で跨ぐくろすけ
P3290019_convert_20160405214346.jpg P3290020_convert_20160405213311.jpg t_ea1f87750e922041d6e775ee5092ee4c-1.jpg
F2:8 m 右壁登る・・・見た目ほどではありませんが慎重に!
P3290024_convert_20160407112046.jpg P3290031_convert_20160407112112.jpg
・堰堤は少し手前の右壁に取付き、滑落に注意して登る。
F3(6×10m)は滑り台のように流れ込んでいて釜の右側をへつって行く。
ヘツリで初の失敗!・・・ドボン!… 脂ののり切ったBODYはこんな時だけ役に立つ…
肺の手術後左手の握力が極力弱いので、体重移動を掛けるときに上手くいかず壁から剥がされてしまったようなのですが、Kamog先生からは握力ではなく体幹力がないからだと指摘されました。 律儀に落ちた所からやり直してクリア~
P3290033_convert_20160407115627.jpg P3290039_convert_20160407115748.jpg t_8f8c50771dd14935ce629436e3131d1f.jpg
・F4:(3+10mの2段の滝)              ・慎重に登って行きます
P3290045_convert_20160407132726.jpg P3290049_convert_20160407132801.jpg t_a7acbec6255fd1291b1e3c79875a1a86.jpg
沢を進んで行くと幾つもの堰堤が登場・・・3つ目の堰堤下に前の晩の?雹が残っていた・・・ビックリ!
P3290055_convert_20160407134021.jpg P3290057_convert_20160407140755.jpg P3290060_convert_20160407141834.jpg P3290061_convert_20160407141917.jpg
・ヤマルリソウ                  ・アセビ        ・5つ目の堰堤
P3290065_convert_20160407143506.jpg P3290067_convert_20160407143536.jpg P3290069_convert_20160407143621.jpg P3290071_convert_20160407143652.jpg
・5つ目の堰堤を越すと740mの二股に・・・本流である右股に進む・・・
・ジャ~ン!F5:大滝12m 
・左のバンドに取付き流心近くまでトラバースして左壁をクライミング・・・一部ヌメリがあり慎重に!
P3290085_convert_20160407162112.jpg t_6d69f6e8a1861b667a38dcbfed9b5611.jpg
・この先で小滝が連続してくる・・・           ・楽しくミニゴルジュ
P3290090_convert_20160407165217.jpg t_dca9c7d960df60a5a145ef4480f57397.jpg P3290096_convert_20160407165013.jpg P3290098_convert_20160407170520.jpg
・短びの~~ステミング!
t_bbcfbe78444e717a4d75af67eea542f7.jpg P3290103_convert_20160407171228.jpg P3290106_convert_20160407171308.jpg t_98e81bff1e5437e99d5c7e636c8ec09f.jpg
・また堰堤が見えて来た   ・右を越す   ・890m二股の手前を少し戻り右(東北東)の尾根に取付く
P3290108_convert_20160407171333.jpg P3290109_convert_20160407172611.jpg P3290114_convert_20160407173556.jpg t_d69761fe9def29d773e5fe1a66946976.jpg
毎度のことながら急登・・・でも今日は30分程の頑張りで大倉尾根の1128m地点登山道に出た・・・
・植生保護策の脇を抜けて ・ベンチで小休止    ・堀山の家からは直進で小草尾根へ
t_4a9461bae2991e1379f25398b8867865.jpg P3290122_convert_20160407175854.jpg P3290126_convert_20160407175925.jpg P3290129_convert_20160407180010.jpg
地図読みしながら下山・・・820mの尾根分派地点では路迷いの事故が多発したため現在はトラロープが張られいてる。踏み跡薄い部分有り、木の根の張り出しやガレ場も有り~ので中々気が抜けない・・・二俣への標柱が出てきた所で渡渉し杉林を抜け、今朝来た道を戻る。勘七橋を渡り駐車場に無事到着。お疲れ様でした。
Kamog先生今日も「ワクワクとドキドキ」をありがとうございました。m(__)m
P3290132_convert_20160407181711.jpg P3290134_convert_20160407181739.jpg P3290137_convert_20160407181809.jpg P3290144_convert_20160407181849.jpg

湯花楽秦野で入浴(レディースデーで500円)し、渋沢駅まで送って頂き車中の人となる・・・。

 勘七ノ沢はタイプの異なる滝が点在し丹沢でも三指に入る人気の初級者沢との事。(登攀系1級沢)
初級との事でしたが、くろすけにとって今日は「なめたらあかんぞよ…」を実感した日、戒めの日となりました。
滝の登攀は、やりがいがあって超面白楽し!・・・ 本日の核心はF1の取付き、F3のヘツリでした・・・体幹力鍛えなくっちゃ!・・・もあるし、体重減が一番の課題かな・・・あ~難し~~~い!
 

様々な緑たちが美しく萌え出し、
ツツジなどの花木達も華やかに咲き競うこれからの季節・・・
貴方(沢)はより輝きを増して益々私を虜にさせるのでしょうね。・・・


今日も沢やか人生に乾杯!
スポンサーサイト
カテゴリ :沢登りと滝 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/266-c4601e84

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫