白雲山(表妙義)

 2012-10-05
 妙義山は赤城山・榛名山と共に上毛三山の一つである。中木川を挟んで南側の表妙義(白雲山・金洞山・金鶏山)、北側の裏妙義(丁須の頭・谷急山など)と分かれ、険しい岩峰の尖った姿が特徴的だ。日本三大奇勝の一つでもあり、国の名勝に指定され日本百景に選定されている。
 今回は表妙義の白雲山にAE社のツアーで登って来た。

▲2012.10/2(火)曇り

●新宿7:00<関越道>松井田妙義IC=妙義神社…大の字岩…白雲山…相馬岳(1103m)…タルワキ沢…中間道…妙義神社=妙義温泉=新宿

・表妙義(車窓より)・・・そそられる景色だ。
IMG_1071_convert_20130222154649.jpg
・「道の駅みょうぎ」から見える白雲山
IMG_1074_convert_20130222155016.jpg IMG_1076_convert_20130222155453.jpg
・これから向かう大の字  
IMG_1077_convert_20130222155834.jpg IMG_1078_convert_20130222160031.jpg
・妙義神社
IMG_1079_convert_20130222160451.jpg IMG_1088_convert_20130222160740.jpg
・大の字直下の鎖場
IMG_1097_convert_20130222161352.jpg IMG_1098_convert_20130222161525.jpg
・大の字岩より妙義の町を望む(厚い雲に覆われ展望が今一つ)
IMG_1099_convert_20130222161829.jpg
・これより上級コース突入(岩にキケンと書いてある)
IMG_1108_convert_20130222162625.jpg IMG_1111_convert_20130222163003.jpg
・鎖場が続く、足場がしっかりしているので思った程大変でもない
IMG_1117_convert_20130222163517.jpg IMG_1120_convert_20130222163654.jpg
・見晴より…裏妙義の烏帽子~赤岩(中央)丁須の頭(右)
IMG_1121_convert_20130222163916.jpg IMG_1123_convert_20130222164154.jpg IMG_1122_convert_20130222164031.jpg
・人がやっと一人通れる岩の間を登る  ・表示はないが白雲山
IMG_1125_convert_20130222165024.jpg IMG_1128_convert_20130222165202.jpg
・次から次と鎖場のアップダウンが続く  ・入山禁止の金鶏山
IMG_1132_convert_20130222171350.jpg IMG_1137_convert_20130222171525.jpg
大のぞきより、目の前に切り立った100m以上の断崖絶壁の天狗岩、ワクワクどきどきする風景です。
IMG_1139_convert_20130222170721.jpg IMG_1143_convert_20130222170850.jpg
右:このコースの難所と言われている滑り台状3連30mの鎖場を下降する。上からだと着地点が見えないが、慎重に降りればさほど大変なところでもない。
IMG_1146_convert_20130222171941.jpg IMG_1155_convert_20130222172106.jpg

IMG_1158_convert_20130222172817.jpg IMG_1159_convert_20130222172940.jpg
相馬岳からはガスッテしまって楽しみにしていた金洞山が見えず残念!
IMG_1163_convert_20130222173139.jpg IMG_1170_convert_20130222173318.jpg
・分岐に戻り、タルワキ沢を下る(ガレた沢で鎖場もあり)
IMG_1171_convert_20130222180040.jpg IMG_1176_convert_20130222180548.jpg
・奇怪な巨樹たち・・・くろすけはこんなんが大好きです  右:A
IMG_1178_convert_20130222180733.jpg IMG_1186_convert_20130222180842.jpg
・歩きやすい中間道を行く
 右:Aを別角度で撮る・・・奇怪で面白い!
IMG_1184_convert_20130222181031.jpg IMG_1187_convert_20130222181204.jpg
大黒の滝の前を通り、彼岸花の咲く駐車場に無事戻ってきました。
IMG_1188_convert_20130222181337.jpg IMG_1190_convert_20130222181451.jpg

※今回の山行は詳細省略。(記録を取らなかった事もあるが、パソコン調子悪く、翌年になってからの過去登録としたため、記憶が一部不鮮明だったため

 尖がりやギザギザ、奇岩・怪石の岩峰が大好きなくろすけには、妙義の山々が魅力的に映る。
2000.4/28表妙義:中間道コース(夫と)、2007.5/15丁須の頭(M社ツアー)、2011.5/7谷急山(M社ツアー)・・・と登ってきたが、上級者コースの白雲山・金洞山も是非登ってみたいと思っていた。まずは白雲山からと今回のツアーに参加したのですが、結果的に難易度はそれほどでもありませんでした。もちろん、油断大敵のデンジャラスな場所ではありますが・・・
(注)あくまでも個人の感じ方ですので参考にはなりません。
・・・是非とも今度は、紅葉の真っ只中、白雲山~さらに難関と言われている金洞山へと縦走してみたいものです。

 ワクワクやドキドキはスリリングさだけではありません。
自然のなかで出逢う花・植物・樹・生物・空・雲・星・月・太陽・雲・雨・雪・etc・・・そしてあらゆる自然の現象(神秘・不思議等)・・・これらの未知との遭遇がたまらないのです。
わくわく・どきどき・・・やっぱ山はやめられませ~ん!
・・・と、熱く叫ぶくろすけ、でした。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/30-6a9bbd13

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫