会越国境/叶津川木ノ根沢 その②

 2016-09-30
2016.9/25(日)晴

 5時起床。朝食のにゅう麺が体に優しくってとても美味しかった。苦心の斜長屋撤収し、Mさんが今朝執念で火おこしした小さなたき火跡もきれいにし、7:33出発!今日はまずは源頭を詰めて行く・・・。
P9250260_convert_20161003184352.jpg P9250262_convert_20161003184800.jpg P9250265_convert_20161003184612.jpg
木ノ根沢ともお別れです・・・最後までありがとう・・・(*^^*)
・朝の光りに映えて・・・               レンズ水滴でにじんじゃって・・・(^^;<
P9250266_convert_20161003185323.jpg
水もチョロチョロとなり、鞍部1025mを目指す。灌木と笹のミックスの藪となり、ネマガリダケの密集部分も・・・(^^;
P9250271_convert_20161003185803.jpg P9250274_convert_20161003185833.jpg P9250276_convert_20161003190059.jpg
鞍部よりヒ~フ~藪をかき分け・・・9:39 1135m峰到着
木々の間からはこれから目指す田代平が眼下に見えた・・・
P9250278_convert_20161003191402.jpg
これより激急斜面の藪(途中から沢型)を降下し、八十里越登山道に出る・・・
時間にして50分程、くろすけまだわずかの藪漕ぎ経験しかありませんが、本日が一番ハードでした・・・(^^;
10:32 ヤッター!草払いがされ登山道は明瞭だ・・・
P9250286_convert_20161003193806.jpg P9250287_convert_20161003193829.jpg
10:41 ぐんぐん登山道を進んで、せっかくですから寄り道して行きま~す・・・(*^^*)
P9250293_convert_20161003195956.jpg
10:47 小さな朽ちた木橋を渡ると気持ちの良い湿原に出た。田代平だ。30分程大休止! 
湿原には小川も流れ水芭蕉などもあったが、木道はすっかり朽ち果て湿原自体も大分乾燥化が進んでいるように見受けられた。
P9250294_convert_20161003200631.jpg P9250298_convert_20161003200715.jpg
・烏帽子山が彼方に・・・   ・左側の山が1135m峰です。あそこから下りて来た・・・
P9250300_convert_20161003203508.jpg P9250304_convert_20161003203534.jpg P9250309_convert_20161003203556.jpg
・八十里越登山道に戻り、これから変化のある長~い歩きが・・・(^^;   ・ブナの林を通りぬけ抜ける・・・
P9250310_convert_20161003203306.jpg P9250314_convert_20161003204519.jpg
・ブナの実で埋まった登山道・・・             ・何気に可愛い!
P9250317_convert_20161003204832.jpg P9250322_convert_20161003204859.jpg
                           ・八十里峠・木のノ根茶屋跡
P9250327_convert_20161003205752.jpg P9250344_convert_20161003205816.jpg
・ドロドロ湿地帯が嫌と言うほど・・・(^^;             ・オニシオガマ       
P9250345_convert_20161004162839.jpg P9250356_convert_20161004162905.jpg
・ブナの巨木には魅かれます・・・
P9250359_convert_20161004163244.jpg
・幾つもの沢筋を横切る・・・
P9250364_convert_20161003211641.jpg P9250371_convert_20161003211709.jpg
・秋らしい花に出会えた・・・               ・12:47 松ヶ崎
P9250375_convert_20161003211915.jpg P9250377_convert_20161003211935.jpg
・秋の恵みも色いろ・・・                        ・豆大福?(^^;
P9250382_convert_20161003212458.jpg P9250388_convert_20161003212519.jpg P9250390_convert_20161003212539.jpg
・何本沢筋を越えた事か・・・(^^;                          
P9250394_convert_20161003213111.jpg P9250396_convert_20161003213142.jpg
                         ・14:58 やっと八十里越入口に着いたぁ~・・・
P9250399_convert_20161003213209.jpg P9250403_convert_20161003213232.jpg
・奥会津の森にありがとう・・・良き沢旅でした。(*^^*)
P9250406_convert_20161003214422.jpg
15:00 森を抜け一登りで国道289号(八十里越旧街道)に出た。 昨日は奥のトンネルを抜けて行った。
・お疲れ様でしたぁ~・・・。
P9250407_convert_20161003213736.jpg P9250410_convert_20161003213757.jpg

国道を4人でテクテク歩いていると1台の車が止まった。何と昨日木ノ根沢遡行中にお会いした釣り師だ。
おしゃべりしてお別れした後、どういう訳かまたその車が戻ってきた。何と「大変だろうから、運転する人だけ駐車地まで乗せてくれる」と言う。釣り師の友人を降ろし、Nリーダーが車に乗せてもらい、車を運んでくることになった。有難いことだ。お蔭様で国道歩きが随分とカットされ、疲労も緩和されました。あの時の福島の釣り師の方々本当にご親切にありがとうございました。感謝!
(釣り師の方々は来月から禁漁期間になってしまうとの事。解禁日最終日曜日のご親切は、心温まるエピソードとなって私たちにとっても忘れられない思い出の一つとなりました・・・。m(__)m )

只見温泉保養センター「川の駅」で入浴、SAで夕食を取り、集合地の南浦和に戻る。
また色いろの学びと反省もした充実の沢旅でした。
Nリーダー、I さん、Mさん、お世話になりました。ありがとうございました。


 くろすけの沢やか人生に今日も乾杯!

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。
木の根沢懐かしいです~・・渓流釣りにはまっていた頃、叶津川の本流に、毎年行ってました。
その昔、まだ道ができる前は、川沿いに付けられた山菜道を辿って入渓したものでした。
木の根沢出会いのブナ林も素晴らしいですよね!
晩秋にはブナの倒木に、見事なナメコが出てました。
くろすけさんの記事を見せていただいて、あの辺りのブナに会いに行きたくなりました!
【2016/10/06 23:22】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
カッパさんへ

こんにちは。

まだ山菜道だった頃にいらしてたんですね。
今よりもっともっと素の大自然を満喫され歩かれていたんですね。

木ノ根沢では、渓流釣りの方は独りしかいませんでしたが、ご挨拶して先に進ませて頂きました。
魚影も確かに見ました。
秋の恵み(キノコ)にも沢山出会えました。
いつもキノコ達に出会うとカッパさんの事を思い出します。。。(*^^*)

南会津方面の森は原始の森を感じさせるような手付かずの自然がいっぱい残っていてとてもいいですね。
歴史を感じさせる巨木、特にブナたちは魅力的に映りますね。

遅番が多くって、なかなかお邪魔できなくってすみません。
コメントありがとうございました。
【2016/10/07 13:33】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/314-ca9f2598

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫