湯檜曽川/白樺沢ケサ丸沢

 2016-10-07
谷川岳方面の沢に初めてやって来たぁ~・・・。
ケサ丸大滝2段25m  今日は絶好調!?
PA020052_(2)_convert_20161004214319.jpg


                                        

 10/1~奥利根・矢木沢川ジロウジ沢四の沢(刃物ケ崎山)の予定が天候悪く、
急遽10/2日帰りで白樺沢ケサ丸沢に変更となった。
谷川岳方面はくろすけにとって過去どうも上手く受け入れてもらえない山域だが、今回は沢登りと言う形での初のTRY!参考記事を読むと登攀系の沢らしいが、どんな結果になるやら・・・何が待ってるやら・・・(^^;


2016.10/2(日)曇時々晴れ
 前夜20時、練馬高野台で 世話人のI 氏にNさんとくろすけピックアップしてもらい、一路「道の駅みなかみ」へ
駐車場の端の方の芝生にワンタッチ式こりゃ便利のテントを張り、お泊り。駐車場には水たまりがあり、昼間は雨が降っていたようだ。明日の天候を祈り、早めにご就寝・・・

 4:30起床。簡単に朝食を済ませ、白毛門登山口駐車場へ。予報通り生憎の曇り空・・・(^^;
装備を整え、5:50出発!
PA020001_convert_20161005205816.jpg PA020003_convert_20161005205849.jpg PA020004_convert_20161005205917.jpg
・新道を行く・・・
PA020007_convert_20161005205955.jpg PA020009_convert_20161005210022.jpg PA020014_convert_20161005211046.jpg
武能沢を渡り、登山道が登りに入った所で、湯檜曽川の魚留の滝をパスする時間短縮の踏み跡があり利用する。
・JR巡視小屋を通り・・・                           ・湯檜曽川入渓
PA020015_convert_20161005211106.jpg PA020017_convert_20161005211127.jpg PA020018_convert_20161005211151.jpg
・水量が多いような?
PA020021_convert_20161005220355.jpg PA020022_convert_20161005220433.jpg
・朝霧が立ち込め岩盤は乾いてる所が無い・・・
PA020024_convert_20161006215254.jpg
・出合で左の白樺沢へ…直ぐにゴルジュ登場、濡れたくないので右岸巻く
PA020025_convert_20161005220003.jpg PA020031_convert_20161005220955.jpg
・巻きは藪漕ぎで・・・          
PA020035_convert_20161006203552.jpg 
・藪を抜け沢に下りる・・
遠くに見えるのは、白樺沢の大滝に違いない・・・
PA020037_convert_20161006205241.jpg

PA020038_convert_20161006211151.jpg PA020041_convert_20161006211208.jpg
                           ・ぬめってる所が多いので、神経使います・・・
PA020042_convert_20161006211457.jpg PA020043_convert_20161006211524.jpg

白樺沢とケサ丸沢の出合にやって来た・・・
(左)白樺大滝3段30mと(右)ケサ丸沢5m滝
開放的空間にダイナミックな滝・・・実に爽快です!
PA020045_convert_20161004211905.jpg

右のケサ丸沢を進むと・・・直ぐに 2段25m滝(本日の核心部)
PA020046.jpg PA020049_convert_20161006220652.jpg
右岸巻く・・・岩場から滑りやすい泥壁草付へと!…何と2段目まで巻いてしまいました。(^^; 青空が!
PA020054_convert_20161006222243.jpg DSCF1386.jpg PA020061.jpg
・50m大ナメ                       ・振り返れば笠ヶ岳方面でしょうか・・・
PA020063_convert_20161006224725.jpg PA020065_convert_20161006224812.jpg
ウメバチソウ
花言葉 : いじらしさ・・・
PA020059_(2)_convert_20161006225255.jpg
二俣となり右股を行く・・・沢幅が狭くなり両側が潅木地帯となる。すぐに2段10m逆くの字滝 
2段目を上がって、落ち口から右に移る所が激コワッ!くろすけ足を流れに持っていかれそうで怖くって、落ち口を跨いで渡った・・・(^^;
PA020071_convert_20161006234040.jpg PA020077-1_convert_20161007190534.jpg
次から次と休む間もなく滝が現れます・・・(^^;、 ・ の奥の滝のアップ ここは右岸巻く・・・
DSCF1396.jpg PA020082_convert_20161007193620.jpg
この滝は                    ・左登る・・・
DSCF1398.jpg PA020085_convert_20161007194200.jpg
・この滝は右岸巻く                      ・この滝は右端登る
PA020087_convert_20161007195100.jpg PA020090_convert_20161007200217.jpg
                           ・ここいら辺りからトップで歩くことに・・・
PA020091_convert_20161007200525.jpg PA020093_convert_20161007200553.jpg
くろすけはどうも身の程知らずのイケイケタイプのようなので、右写真の滝は滑らないようであれば普通に登ろうとしましたが、I 氏から「僕だったらここはロープを出します。」と言われ、くろすけ(^^;身の程をわきまえて左岸を巻きました・・・(^^;
PA020096_convert_20161007201550.jpg PA020097_convert_20161007201614.jpg
この奥の滝は登れるのかなぁ・・・と思っていたら、右側登れました・・・
PA020099_convert_20161007202825.jpg PA020101_convert_20161007203210.jpg
・8m 滝らしい滝はこれが最後だったような・・・
右側から取付き右壁登り、落ち口手前の岩を左に回り込んで超緊張の一歩で落ち口に出た
PA020102_convert_20161007203613.jpg
沢にボサがかぶってきたので、標高と共に旧道を気にしていたがうっかり見逃し少し先まで進んでしまった・・・(^^;
PA020107_convert_20161007210454.jpg PA020111_convert_20161007210526.jpg
ロスタイム10分程…戻り、1340m地点の旧道発見!
ヌルヌル・ズルズルから解放され、楽々登山道!・・・
PA020113_convert_20161010183334.jpg PA020114_convert_20161007213821.jpg
・途中から新道に入れば近道なのだが、I 氏のリクエストで旧道を行く事に。。。
PA020117_convert_20161007213045.jpg PA020121_convert_20161007213108.jpg PA020124_convert_20161007213148.jpg
沢も数本渡り、変化のある旧道だ・・・。
PA020129_convert_20161007213227.jpg PA020130_convert_20161007213317.jpg PA020120_convert_20161007220738.jpg
・ブナの巨木も時々目にします・・・            ・面白!
PA020136_convert_20161004215730.jpg PA020138_convert_20161004215753.jpg
・そそられる岩峰が・・・                  ・芝倉沢を振り返る・・・紅葉前で残念です
PA020141_convert_20161007221152.jpg PA020149_convert_20161007221347.jpg
・ブナの滴で喉を潤す・・・        ・幽の沢もガスがかかって・・・
PA020152_convert_20161007222627.jpg PA020153_convert_20161007222738.jpg PA020156_convert_20161007222702.jpg
絶景コースを辿って来ましたが、生憎ガスがかかってしまい残念!
・一ノ倉沢              ・マチガ沢            ・17:10 ゲート
PA020162_convert_20161007224024.jpg PA020163_convert_20161007224055.jpg PA020166_convert_20161007224210.jpg
2008.10/22 マチガ沢~芝倉沢までの旧道を紅葉時にハイキングしましたが、山に登らずとも素晴らしい絶景が見られるお勧めコースだ。

17:28 白毛門駐車場到着。今日は、途中ロスタイムが1時間30分位あったけど、暗くなる前に戻ってこれて良かった。
それに天気予報では、一日曇りだったのに途中から青空のさわやか演出も有り超ラッキーでした。(*^^)v
沢より登山道(新道・旧道)歩きが長~~い今回の行程、コースは変化が有り退屈しませんでした・・・が、やっぱ沢で神経使いまくったせいかちょっぴり疲れたぁ~。(^^; 
水上ふれあい交流館で入浴(100円でお買得の万願寺とうがらし購入したら、後からおかみさんが追いかけてきてみんなにカボチャのプレゼント、気前のよいサービスにちょっぴり恐縮・ラッキー!(*^^*)

帰路、SAで夕食をとったが、塩分補給が足りなかったのか、くろすけ珍しくラーメンのスープを全部飲んでしまった・・・おぉ~~~! + 


 今日は、後半トップを歩かせてもらい自分を見つめなおすいい機会になった。トップの体験をさせてくれたI 氏と終始気遣いフォローしてくれたNさん。。。お二人に感謝だ。ありがとうございました。お疲れ様でした。m(__)m
 
滝の高巻きや藪漕ぎにもだいぶ慣れて来たが、ぬるぬるズルズル慣れませ~~ん!

そして「魔の山:谷川岳」には、やっぱり何かがあるようです・・・「ケサ丸沢」での きつねにつままれたような時間、忘れられない沢の一つととなりました・・・ 

 今日もくろすけの沢やか人生に乾杯!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/315-85ab3b68

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫