一夜山へ(戸隠西岳へのプロローグ)

 2016-10-16
2016.10/12(水)晴れ後曇時々雨 単独
                        
 前夜東京駅八重洲南口より24:10発の夜行高速バスに乗り、長野駅東口に6:15到着。
朝食はたまには駅弁でもと…6:30開店の駅構内の弁当屋さんに行く。「信州寺町弁当」なるものをGETしたく楽しみに行ったのに、売店には10時過ぎにならないと届かないとの事。超ガックシ!この時間あるのは味噌かつ弁当のみ…朝からカツと言うのもハードだなと思ったが、味噌かつのキャッチコピーに…まっ食して見るかぁ… 
味は普通でした。が、凝り具合がなかなかでした・・・。    ※本文中の写真は全てクリックで拡大可
・立派な長野駅(外壁工事中) ・左下のキャッチコピーがGOOD!錦糸卵と鳥そぼろ・長芋酢漬が心憎い演出
PA120001_convert_20161015181348.jpg PA120003_convert_20161015181641.jpg PA120006_convert_20161015181700.jpg

ボリューム満点の朝食を頂いた後、天気予報や予定を確認したりしながら時間をつぶし、7:45 善光寺口すぐ傍のレンタカー会社へ。

今日は、鬼が一晩で築いたと言う伝説が残る「一夜山」
8:20 ナビを取りあえず鬼無里財又方面に設定し長野市内を進む・・・
・長野県庁前から見える山は?   ・鬼無里神社         ・迫力ある戸隠西岳の山並みが・・・
PA120008_convert_20161015191251.jpg PA120009_convert_20161015191313.jpg PA120010_convert_20161015191335.jpg
財又集落の中に一夜山の標識有り左折、冷沢沿いの狭い舗装道路を行く・・・9:20 T字路にぶつかり左折、すぐのY字路は右を行くが悪路だぁ~!
PA120011_convert_20161015191353.jpg PA120012_convert_20161015191412.jpg PA120015_convert_20161015191435.jpg
作業場跡の広いスペースに出るまで、この車で行けるのかと心配になるほどの悪路だったが、何とかクリアーして・・・9:25着  駐車地の先が登山口だ。必要な物だけ持って、9:31 さぁハイキング! 昨日までの雨のせいなのか元々湿地っぽいのかぬかるんだ所もあったり、小石ゴロゴロで歩きずらい部分もあったが、登山道は広めでさわやかな秋の日差しを感じながら登って行く・・・。
PA120016_convert_20161015204018.jpg PA120021_convert_20161015204352.jpg PA120022_convert_20161015204420.jpg
ヤマブドウのたわわに実った蔓が故意に引っぱられたように道のわきに無造作に放置されていた・・・
いっぱいあったので、お持ち帰りしてジャムでも作りたいと少し心揺れたが、明日の事を思うとそんな気持ちはすぐに吹き飛んでしまって小鳥さんになってちょっとだけ頂いた・・・
甘酸っぱい味が口いっぱいに広がった・・・美味~しい!・・・
PA120059_convert_20161015210116.jpg
緩やかな登りも少しずつ傾斜を増してくるが、折り返す道が東を向くたびに明日縦走予定の西岳連峰が姿を現して、否が応でも気分が高揚してくる。今日は明日の為の足馴らし・・・急ぐこともないので気持ちを切り替えお天気に感謝しながら登って行く。
お~白馬三山も・・・ (右奥の山並み)              
PA120025_convert_20161016222804.jpg
時折紅葉したものも目にするが全体的には緑っぽい。200m毎に道標があった。ブナの若木に迎えられ傾斜も緩むと・・・
PA120026_convert_20161016223319.jpg PA120027_convert_20161016181447.jpg PA120028_convert_20161016181505.jpg
一気に展望が開け・・・一夜山山頂 1562.2m 10:18着               
PA120030_convert_20161016192055.jpg

頭上は真っ青な空、山のバックには薄雲がかかっているが展望はほぼ360度の大パノラマ・・・
お~~!槍ヶ岳も・・・
PA120033_(2)_convert_20161016201211.jpg

・左から蓮華岳~針ノ木岳~爺ケ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳
PA120035_(2)_convert_20161016201712.jpg 

・左から五竜岳~唐松岳~天狗の頭~白馬鑓ヶ岳~(※杓子岳~白馬岳~うっかり撮ってなかった(^^;)
PA120036_(2)_convert_20161016201734.jpg

・飯縄山
PA120041_(3)_convert_20161016201806.jpg

・奥にうっすらと見えるシルエットは根子岳~四阿山
PA120045_(2)_convert_20161016202118.jpg

・鬼無里の山々・・・
PA120044_(2)_convert_20161016201855.jpg

・真ん中のこんもりは焼山               ・雨飾山
PA120046_(2)_convert_20161016204735.jpg PA120047_(2)_convert_20161016204759.jpg

長野市の役所の方が電波塔の点検で山頂に登ってこられ、ご挨拶してついでに写真を撮って頂いた。m(__)m
・ありがとう!一夜山                         ・鬼無里伝説鬼女紅葉の碑
PA120052_convert_20161016190717.jpg PA120054_convert_20161016191023.jpg

登山者はくろすけ独り、秋晴れのもと大展望を満喫し下山。(登山口駐車場11:12 戻る)
登り約50分、下り37分の楽々ハイキングでした。

一夜山は、2002年のゴールデンウイークに家族で訪れていた山でしたが、その当時は山頂に電波塔は無かったような・・・・。登山道にはまだ残雪がしっかりとあり、水芭蕉が咲いていたり、雪解けあとにはフキノトウがたくさん出ていた。やはりお天気が良かったので、壮大なる白い峰々の大展望に大感動したことを昨日の事のように思い出した。

<おまけ>
限りある生の燃焼・・・花も蝶も・・・
傷んだ羽が憐憫の情を誘う

PA120051_convert_20161016232035.jpg


                                    

11:38 鬼無里にせっかく来たのですから・・・
やっぱり、いろは堂に寄りおやきを購入 (かぼちゃ・野沢菜・切り干し・あざみ・・野菜ミックス・粒あん)
PA120063_convert_20161016233456.jpg kv_02.jpg


さてこれから、明日の出発地の鏡池に向かいま~す・・・
ナビをセットし快適ドライブ・・・
すると~まるでくろすけを待っていたかのような絶景に遭遇・・・
PA120066_convert_20161016235404.jpg
12:40 鏡池到着。
鏡池に映る戸隠連峰の写真はこの時間では無理だろうなぁ…とは思っていたがやはり残念ながら撮れなかった。
これは案内板の写真です。紅葉時は特にカメラマンが大勢押し寄せるスポットでもあります。
PA120094_convert_20161017003419.jpg

紅葉もまだこれからなのか、それともやはり雨多く日照不足で発色が悪いのか、鮮やかな色の樹々が見られなかった。
明日縦走予定のコースを目で追いながらしっかりと戸隠連峰と対峙した。
IMG_0004_(2)_convert_20161017210531.jpg
・池を約30分ほどで一周・・・
IMG_0007_convert_20161017174930.jpg IMG_0011_convert_20161017175250.jpg


お昼は、中社宮近くの戸隠そば「そばの実」へ。途中から雨が降ってきて、いいタイミングで鏡池を後にしたもんだと思った。お店は、人気店なので平日でも混んでいるだろうとわざと遅めに出て来たのに、40分位待つことになった。待ってる間に気温も下がってきたのか、少し寒くなって来たので、ざるそばの予定が、温かい天ぷらそばに変更した。食後にそばのチーズケーキも頂いて幸せ!美味しかったぁ。。。
PA120096_convert_20161017004522.jpg PA120097_convert_20161017004720.jpg

昼食後も、雨は降ったり止んだり・・・取りあえず鏡池に戻り、車中にて休息するも、お天気のせいで落ち着かない。ここは温泉にでも入って身も心もさっぱりしようと日帰り入浴の「神告温泉」に行く事にした・・・ が、ナビを上手くセットできなくて、近くまで行って教えてもらい何とか迷わずすんだ。。。
・雨が降ったり止んだり、時に青空・・・  ・神告温泉は、ツアーとかで何度か利用していた。(入浴料600円)
PA120104_convert_20161017011430.jpg PA120106_convert_20161017011549.jpg PA120107_convert_20161017011617.jpg

 入浴後、取りあえず雨は止んでいてホッとする。往路を戻り鏡池の駐車場へ。今日は車中泊。同じような車が数台あった。
明日の天気予報を何社かチェックする。ほぼみな曇りで、 雷雨に注意とも。明後日(金曜)からは高気圧が張り出すので全国的に晴マークの行楽日和になるらしい・・・土日はこの紅葉時期交通規制があるので、わざと平日狙ってきたのに…う~~ん、裏目に出たかぁ~・・・今日降った雨も気になるし(雨の降った後は大変滑りやすい個所多く特に危険、絶対避けるべき。。。と様々な案内に書いてあった。)それに今日も微かに遠雷を聞いた。あんな所で雷にあったら・・・考えただけでも恐ろしい・・・。 簡単な夕食を取りながら、どうしたもんかと悩むも決断つかず、うだうだしてる間にいつの間にかうつらうつら寝てしまった。22時過ぎ目を覚まし外を伺うも真っ暗闇でうっすらガスってる感じだった。より困難なデンジャラスゾーンゆえ、「絶対天気は良くなくっちゃ駄目だ」・・・とあらためて思い、半ばあきらめ気分で寝なおす・・・ 毎度のことだが、その後3度ほど目が覚め、確認するほどに漆黒の闇には月が出、星の見える数が増え、3:50には 満天の星空へと変わった・・・。これは、「行ける」・・・と思った。高気圧が張り出し安定するのは㏠後からだが、悪くなることは無い訳なのだから・・・「予定通り行く事にしよう」・・・やっと決断できた。

なんやかんやと慌ただしく準備。5:05 まだ真っ暗闇の中、ヘッドライトの明かりを頼りに鏡池を出発した。


※10/13(木)本番の舞台(西岳縦走)へと続く




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/318-559f59ac

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫