戸隠西岳縦走 その③

 2016-10-22
前頁より続き  (※写真は全てクリックで拡大可)

本日の核心部(最難関)を絶対無事故で・・・慎重に!
ガスってしまって真っ白だ・・・
・11:50 P1よりロープで下って笹薮に突入・・・
PA130417_convert_20161022153421.jpg PA130418_convert_20161022153459.jpg
・11:57 間もなくに不帰の剣登場、上部70度下部ほぼ垂直の鎖場20m…そして10m強の鎖を慎重に慎重に!
PA130421_convert_20161022161403.jpg PA130424_convert_20161022161445.jpg
お~足下には両サイド切れ落ちだ断崖が待っているぞ ・ミニ蟻の塔渡り…ここは立って歩ける・・・
PA130426_convert_20161022162725.jpg PA130429_convert_20161022162757.jpg
・が、深い谷が待ち構えている・・・
PA130427_convert_20161022180027.jpg
・振り返って見る・・・落ちたら谷底へ・・・あらためて
 斜めに跳ね上がった木の下(ほぼ垂直)を鎖で下りて来た
PA130430_convert_20161023161733.jpg

無念の峰の鉄梯子(上部)と鎖場
PA130434-1_convert_20161022164045.jpg
ここは凄く大変なように書いてある記事が多く心配していた場所だったが、確かに梯子の上部はハングしていて緊張を強いられるが思ったほどではなかった。
PA130435_convert_20161022164934.jpg PA130436_convert_20161022165003.jpg
・鉄梯子から上部鎖場へのトラバースも慎重にクリア~・・・   真っ赤かがきれい!
PA130437_convert_20161022170405.jpg PA130438_convert_20161022170256.jpg
・5m鎖場・・・泥土が滑りやすく注意した・・・その後ロープも登場
PA130439_convert_20161022171332.jpg PA130440_convert_20161022190413.jpg
 
・霧が素敵な演出してます・・・
PA130442_convert_20161022171538.jpg
また両サイド笹に覆われた泥土の滑りやすい鎖場を進下って行くと西側に巨大岩壁が現れ、鎖に沿って進んで行く。高さ1.5mのコメツガが1本と案内には書いてあったがこの先っちょの木の事だろうか?
PA130447_convert_20161022173015.jpg PA130449_convert_20161022173050.jpg
・緩い岩稜帯を下って行くが、沢筋の紅葉がきれいだ・・・
PA130452_convert_20161022174212.jpg PA130456.jpg
・急な部分を下るとミニ五十閒長屋もどきが現れる。・・・         ・岩場の鎖・・・もう何本目?
PA130458_convert_20161022192203.jpg PA130459_convert_20161022192240.jpg
・鎖場が切れまなく続く・・・草付だったり岩ゴツゴツだlたり・・・トラバースしながら下って行く・・・
PA130461_convert_20161022192918.jpg PA130463_convert_20161022192948.jpg
と。。。お~~~ここが 熊の遊び場 か・・・
・12:47 ここまでくればもう安心、最難関は突破しました。やっとランチできま~す。   
能の字の下に誰かがマジックで点々を入れて熊に ・見上げれば黄色のモミジがきれい!もっと光を~~~
PA130465_convert_20161022194635.jpg PA130466_(2)_convert_20161022200629.jpg
お腹は空いていたはずなのに、ずっと神経を使って下って来たせいか、大好きなサンドイッチも思ったように胃袋に入っていかない。半分だけ食べてみかんを食べたら落ち着いた。15分ほどの休憩で熊の遊び場を後にする。

・13:05 おっ、展望が・・・ガスが少しとれてきたぞ~・・・
 面白い岩の形状が見える・・・
PA130471_convert_20161022210022.jpg
・一部紅葉が見られますが、まだ全体的には緑色で~す・・・左と右写真の間に鎖場1か所有り・・・
PA130473_convert_20161022212945.jpg PA130475_convert_20161022213020.jpg
・そそり立つ断崖・・・
PA130476_convert_20161022213238.jpg
・青空が出てきましたが残念ながら頭上だけ・・・      ・こんな所を登り返します・・・
PA130478_convert_20161022213814.jpg PA130479_convert_20161022213841.jpg
・すると・・・・深山幽谷の雰囲気ですねぇ~・・・
 ダイレクト尾根が見えて来た・・・
PA130483_convert_20161022212011.jpg
・ヒバの木の間~岩壁の横を通り抜け、それなりの 展望を楽しみながら下って行く・・・
PA130485_convert_20161023093025.jpg PA130489_convert_20161023093900.jpg
・青空が欲し~い~~~
PA130490_convert_20161023094755.jpg

PA130491_convert_20161023094520.jpg
・ヤマハハコ:花言葉(純情)も季節を楽しんで・・・            ・13:23 おっ、鎖場・・・
PA130493_convert_20161023095232.jpg PA130494_convert_20161023095618.jpg
・13:25 どうやら最後の鎖場に来たようだ・・・トラバース気味に下る(滑落注意)…これより樹林帯の急下降となる
PA130495_convert_20161023101331.jpg PA130496_convert_20161023101531.jpg
・急下降と言っても細い尾根の小さなピークを幾つもアップダウンしながら・・・   ・
PA130499_convert_20161023103627.jpg PA130502_convert_20161023103412.jpg
・ダウン・・・                                ・アップ・・・
PA130503_convert_20161023104908.jpg PA130506_convert_20161023104935.jpg
・変わらずの展望 13:53 おっ急に緩やかに!1350m付近だ。やっとこれで急下降から解放されたぁ~
PA130508_convert_20161023105916.jpg PA130509_convert_20161023105943.jpg
・小休止して森を進む・・・心癒される空間が続く!
難所を越えて来た感慨もあったのか何だか急に涙が出てウルウルしてしまった。(年のせいかな? )
山の神、天の加護に と思わず声に出して叫ばすにはいられなかった。
PA130510_convert_20161023110703.jpg 
・14:06 天狗平の牧草地・・・頭上は青空、日射し強し…
 なのに楽しみにしていた展望得られず…14:08 再度振り返るも右端に西岳のみ辛うじて…残念!
PA130511_convert_20161023113403.jpg PA130514_convert_20161023113547.jpg 
・牧草地は左側が登山道になっていて迷わず導かれ・・・  ・樹林帯に入ると太い配管が・・・
PA130515_convert_20161023122442.jpg PA130517_convert_20161023122513.jpg
・沢沿いを緩く下って行く・・・トクサが・・・ぬかるみが出てきて通り越すと1回目の渡渉が待っていた・・・
PA130520_convert_20161023122901.jpg PA130525_convert_20161023122925.jpg
・2回目渡渉          ・チョロ小川風渡る・・・       ・3回目の渡渉 
PA130526_convert_20161023123951.jpg PA130527_convert_20161023124027.jpg PA130528_convert_20161023124054.jpg
・14:38 ロープ付の急坂を一登りすると分岐に着いた・・・  が、登りが待っていた・・・
PA130531.jpg PA130532_convert_20161023125118.jpg PA130536.jpg
15:01 沢沿いを進んで行くと道路に出た 15:03 程なく西岳登山口到着… 縦走完遂!(*^^)v
PA130537.jpg PA130538.jpg PA130541_convert_20161023125400.jpg
・舗装道路を足取りも軽く?(縦走ハイ?15:13 鏡池に戻る。
この出発地点で本当のゴールインですね。遂に念願果たせました。
早朝5:05出発して休憩含め10時間と08分。よく頑張りました。
<鏡池5:05~隋神門5:28~5:47戸隠奥社5:57~百間長屋6:43~蟻の塔渡り7:24~7:40八方睨7:44~7:52戸隠山~8:06八方睨8:15~10:11本院岳10:31~11:03西岳11:23~11:46 P1 11:50~12:47熊の遊び場13:02~13:53 1350m付近13:58~牧草地14:06~1回目渡渉14:29~分岐14:38~15:03西岳登山口15:08~15:13鏡池>
休憩合計1時間と27分 実動時間 8時間41分 : 写真もたくさん撮りながら慎重(ゆっくり)歩行
 結果、長野県山岳連盟地図 8時間50分の方がくろすけ的にはよりリアルな時間の案内(配分)だと思いました。

自分にご褒美と言う事で、鏡池前のどんぐりハウスで・・・
PA130544_convert_20161023131956.jpg PA130547_convert_20161023132019.jpg
・お疲れ様でしたぁ~!・・・大好きなアップルケーキ     
PA130555_convert_20161023133412.jpg

どんぐりハウス内には、鏡池の素敵な写真がいっぱい。なかでも虹のかかったミラクルな鏡池の写真は、とっても素敵でした。やっぱり写真家を虜にするスポットですね。
15:55 鏡池より、長野駅に向けて出発。昨日の神告温泉に寄ってサッパリしてから帰ろうかとも思ったのですが、時間的にギリギリの感じなので真っ直ぐ駅に向かう事にした。(レンタカー会社で夕方駅近辺は渋滞すると聞いていたし・・・)

景色を楽しみながらドライブ、駅近辺でガソリンスタンドに寄り、レンタカー会社の駐車場には17時前には戻る。混雑する前だったようですんなり戻れて良かったぁ。駐車場で荷物整理する時間を頂く・・・自宅が白馬だと言う係の方と雑談しながら、アンケートに答えるとなんと七味唐辛子(八幡屋磯五郎)のプレゼント有り・・・ラッキー!
PA130562_convert_20161023143729.jpg

長野駅構内の駅弁屋さんに寄り、昨日の朝GETできなかったお弁当を今度こそと思って訪ねたが、すでに売り切れとのこと・・・超ガックシ!・・・あ~ぁ   善光寺口より東口に出て5分ほどの帰路のバス会社の待合室で山の残りもんで簡単な夕食を取り、18:10発新宿行きの高速ℬスに乗車。(何と帰りの高速バス代は1500円と言う破格、座席も真ん中辺で一人でゆったりの超ラッキー!参考までに行きは2500円)自宅には深夜の12時を過ぎてしまったが無事ご帰還と相成る。

 兼ねてからの念願だった戸隠西岳縦走を無事故で完遂でき今はやり切ったと言う達成感とともに安堵感に満たされております・・・ お天気は青空が出たものの雲多く展望は今一つでしたが、要所要所でそれなりの展望も得られたのでまぁそれなりに良かったかと・・・。今回の縦走で思ったことは、沢登り効果が大だったと言う事です。沢登りでの登攀、巻きでの急登、藪漕ぎなどが、大いに役立って大難関のP1尾根での下りでも、ゆとりを持って取り組めた事です。そして今回特に心がけたのは、デンジャラスゾーン以外でも慎重に!でした。ザレタた所、湿った泥土、落ち葉の堆積に隠れた岩や根っこ等、用心しながら一歩一歩確実に進みました。それでもズルットと言うところは何カ所かありました・・・。
いつも山の長時間の下りでは、登山靴の紐を調整してもつま先が痛くなり辛いものがありましたが、今回初の試みで傷んで捨てるばかりの沢靴(ラバー底)利用してみましたが、これが大正解!つま先痛くなること全く無し、勿論最後の渡渉も濡れる事気にせず、靴底が薄くなった事での疲労感も無し・・・と、バッチリ!でした。
コースは、半時計回りでくろすけ的には大正解!(P1尾根を登りに使うのは、よりハードの印象。)

<ふくろう大好き!>
・長野駅善光寺口外通路              ・鏡池どんぐりハウス内にて
PA120007_convert_20161023153046.jpg PA130559_convert_20161023153027.jpg
   
山の尖がりやギザギザに魅了され、妙に登高意欲をかきたてられるくろすけですが、こんな事できるのもあと少し…。
様々な一期一会の出会いを大切に、これからも風のように、雲のように大自然を楽しみたい・・・
全てに感謝! 
スポンサーサイト
タグ :
コメント
おはようございます。

なんと!10月12、13日、カッパも戸隠に、ハイキング仲間と旅行してました!
そしてなんと!なんと!・・そばの実さんで12時から13時頃までランチしてました~
多分、ニアミスしているか、すれ違っていた?
その後は鏡池に廻って、奥社駐車場までぶらぶら散策でした。

それにしても、単独で戸隠西岳縦走とは!!・・凄すぎます~!
さすがくろすけさんですね。
無事に踏破・・おめでとうございます~、そしてお疲れ様でした
【2016/10/24 10:33】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
こんにちは。
縦走…!すごいですね。
やっぱり高山の上でしか見れない景色ってありますよねぇ…
僕は穴に篭ってばかりで最近登山してないので、やっぱり登山もしたいなぁという気持ちにさせてもらいました。
そんな2000m以上の高山に登ったことない元九州人です。
【2016/10/24 21:32】 | もぐら #aIcUnOeo | [edit]
カッパさんへ

ビッ、ビックリ~~~!
くろすけが鏡池から「そばの実」に着いたのは1時30分頃でした。
カッパさん達が鏡池に戻った頃にもしかしたら、くろすけは鏡池を出る頃だったかも。。。
キャァ~、どこかできっとすれ違ってますね・・・(^^;

前からやりたかった縦走でしたので、念願叶い嬉しいです。
とにかく無事帰ってこれて良かったです。
ありがとうございます。

【2016/10/24 22:56】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
もぐらさんへ

こんばんは。
山の良さは標高でばかり決められませんが、
確かに下界で見られない景色、大自然が創り上げた造形美、
朝な夕なの素晴らしい演出、高山でしか見られないお花達とか
様々な非日常の出会いがたまらないですね。

未知との遭遇をもとめて、山にも沢にもそして洞窟にもと・・・
飽くなき追及していきたいですが・・・
なんせ、お年なんであと少~しチャレンジャーでいたいくろすけで~す。(^^♪



【2016/10/24 23:18】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
さすがくろすけさんです。
自分も面白いコースと計画したこともありますが
カミさんには無理、薦められないと断念です。
このレポでもって歩いた気分、楽しめました。
【2016/10/28 19:27】 | yamasanpo #- | [edit]
yamasanpo さんへ

興味のある尖がりやギザギザの連なりがまだありますが、
いつまでできるやら・・・
今できる事をできるうちにと思ってますが。。。
山も沢もエンドレスで困ってしまいます・・・
とにかく健康第一で悔いなくと思ってます。(^^;

【2016/10/28 23:26】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/321-005645ba

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫