夏沢鉱泉をベースに その②

 2017-01-20
 2017.1/16(月)曇(吹雪~曇~時々晴れ間)

  朝目を覚ますと外は吹雪いていた。
6時の朝食時も変わらず・・・この場所(夏沢鉱泉標高2060m)でこの状態だったら、硫黄岳2760m山頂は吹きっさらしの所なのでとんでもないことになってるに違いない。
1階の食堂の薪ストーブで 暖を取りながら様子を見る事に・・・。

 10:55 大分落ち着いてきたようなので、取りあえず希望者は夏沢峠まで行って見る事に・・・。
(温泉組は鉱泉に残留) ずっと降りっぱなしだったので、先行者のトレースもややわかる程度。
夏沢峠までは特別急登もないので比較的歩きやすいが先頭を交代しながら進んで行く。
12:10 オーレン小屋前で休憩              ・Myマーキング・・・
P1160124_convert_20170204113021.jpg P1160126_convert_20170204113200.jpg
12:57 夏沢峠・ヒュッテ夏沢にて一瞬、硫黄岳がチラリ・・・
天候・時間的に硫黄岳は厳しいとの事で根石岳手前の蓑冠山に行く事に。こちらはノートレース!・・・
P1160129_convert_20170204114916.jpg P1160132_convert_20170204114948.jpg
ワ~ォ、雪が深~~い!
先頭を交代・ラッセルも有り~ので進んで行きましたが、平坦な所、やや急斜面な所、踏みぬいてしまうと深い所でお尻の半分位(くろすけはチビなので)まで埋まってしまう所も一部あり。。。
  体重減につながればとガンバ!でした・・・
P1160133_convert_20170204123545.jpg

青空!
P1160143_convert_20170204124125.jpg P1160145_convert_20170204124213.jpg

おっ、先にご案内板が出て来たぞ!
P1160147_convert_20170204125237.jpg
14:12 蓑冠山(みかぶりやま)2580m 到着。(休憩) 
樹林帯で展望無し・・・帰路はオーレン小屋目指す。(トレース有り)
P1160151_convert_20170204125317.jpg P1160153_convert_20170204125756.jpg

楽ちん楽ちん!
P1160156_convert_20170204133332.jpg

3姉妹?・・・
P1160157_convert_20170204133828.jpg

可愛い!モンスター・・・手は加えてません 
P1160173_convert_20170204135949.jpg

すっかりお馴染みのオーレン小屋に戻って来た。バックの山は峰の松目2568m
P1160181_convert_20170204140411.jpg P1160200_convert_20170204140432.jpg

雲がびゅんびゅん流れて青空が・・・
P1160213_convert_20170204141318.jpg

雲が裂けた!・・・
P1160221_convert_20170204141912.jpg 
可愛いモンスターNO.2・・・  手は加えてません。
P1160224_convert_20170204141935.jpg


P1160227_convert_20170204142635.jpg

橋を渡って・・・
P1160231_convert_20170204142851.jpg
15:30 夏沢鉱泉に戻って来た・・・
鉱泉前(沢筋)の若い木々がとってもメルヘンチックで素敵なのですが、
どうしても美しく上手く撮れません。
P1160234_convert_20170204143052.jpg

 夕食までの時間を思い思いに過ごし、食後皆とおしゃべりし、今日もくろすけは早めにご就寝。
どうか最後の日位は、お天気が良くなりますように・・・  



<おまけ>
 ファンタスティック! 幻の羽・・・部屋(赤岳)の窓にできた氷の結晶
P1160241_convert_20170121134052.jpg


※その③ 1/17へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/342-5db657c9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫