伊豆山稜線歩道(天城峠~船原峠) その①

 2017-02-22
【 伊豆山稜線歩道 】

 伊豆山稜線歩道は、静岡県伊豆半島西側を縦に伸びる稜線、天城峠バス停から修善寺虹の郷の里までの全長約43キロの自然歩道(一部伊豆スカイラインの道路と交わる個所有り)コース。
今回は、天城峠バス停から船原峠までの24.6キロ+大曲茶屋バス停までを縦走して来た。


 初日は、天城らしいブナ・ヒメシャラの樹林帯、火山の名残を伝える火口池を巡り、2日目は開放的な笹原の先に広がる青い海原(駿河湾)と富士の雄姿、そして真っ白に輝く南アルプスの峰々を眺めながらの素晴らしい展望のトレイルでした。。。が、重た いザックと後半の嫌になるほどの階段の上り下りはまるでくろすけの人生そのものを思わせ、試練に耐えた縦走でもありました。。。 そう言えば10年以上前に行った沼津アルプス縦走も低山だったけどきつかったことを思い出しました。。。
冬場のトレーニングにはピッタシのコースですが、新緑の頃にテント泊ではなく、温泉宿に泊まりながら(タクシー利用で起終点に戻る)歩いたらきっと楽でいいでしょうね。。。
※コース中は、避難小屋、トイレ、水場は全くありませんが、エスケープルートは幾つか取れる余地あり。
また、修善寺駅から天城峠へのバスは、始発が8:15、その次が9:55と間が空いており、始発のバスに乗れないと出発が大分遅くなる事になります。今回の私達がそうでしたが・・・ちょっと交通不便ですが、お勧め?コースでありま~す!

・左上が天城峠、中央赤字(現在地)が船原峠の位置です。
P2190274_(2)_convert_20170301193110.jpg


<1日目>
2017.2/18(土)晴後曇のち夕方晴
 
 三島駅より伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換え、修善寺駅に向かう。大仁駅手前からは、昨年2月岩トレした城山が視界に入る。まさか1年後の同じ月にまた伊豆に来るとは思ってもみなかった。今日は、新潟の白鳥山に行くはずだったが、またしても天候悪く、さわねのNリーダーが悩んだ末での伊豆方面の山への転進だった。
修善寺駅にて、水2ℓと名物のあじ寿司をGETし、9:55発の河津行きのバスに乗車。バスは客を拾いながら走って行くが、土曜日で観梅の名所ということもあるせいか、予想外の渋滞にもちょっとだけはまりバス停:天城峠には、11時ジャスト到着。(1090円)
(余談ですが、横断歩道の上にバスが停車するという珍百景のバス停が有り、面白ビックリ! )

・城山342m ・2014年に新駅舎になった小奇麗な修善寺駅  ・改札を出て直ぐのお目当ての店   
P2180003_convert_20170301183201.jpg P2180005_convert_20170301183644.jpg P2180004_convert_20170301183611.jpg
・バス停天城峠11:05出発
新天城トンネル脇からいきなりの急な石段(苔むしたいい感じ)を登り詰めて行く… 
1泊とは言え、ザックには炊事分の水2ℓに2日分の飲み物ペットボトル500ml×4本他、冬装備も大分軽量化してきたつもりだが、2年前の北アルプスソロテントデビューを思い出すような重量に感じた。水場が全くないというのは、軟弱者には辛いものだ・・・
P2180008_convert_20170301184449.jpg P2180009_convert_20170301185214.jpg P2180014_convert_20170301184654.jpg 
旧天城トンネル(天城山隧道は全長445.5m、川端康成の「伊豆の踊子」などでも有名)をチラリと覗く…
木橋~鉄橋と渡り、見上げれば巨木が視界に。。。そこは11:35天城峠 830mでした。
素晴らしいブナの巨木が私達を迎えてくれました。巨木(怪樹)好きのくろすけには願ってもない出逢い。さっきまでの重たいザックを背負っての罰ゲーム?のような石段の登りの大変さが一辺に吹き飛んでしまいました。ワクワクどきどきしながらしっかりとカメラに収めお別れしましたが、新緑の頃にもう一度お逢いしてみたいもんだとも思いました。
P2180016_(2)_convert_20170301214737.jpg P2180018_convert_20170301213700.jpg P2180022_(2)_convert_20170301214506.jpg
・樹間より富士山も…    ・イナバウアーな樹…   ・木橋~崩壊地~鉄橋を渡り古峠に12:26
P2180036_convert_20170302213111.jpg P2180038_convert_20170302213145.jpg P2180043_(2)_convert_20170302213636.jpg
12:35 昼食 評判通り旨かった!あじの下に桜の葉っぱが・・・ ・13:16 二本杉峠(旧天城峠)
P2180046_convert_20170302214731.jpg P2180047_convert_20170302214814.jpg P2180052_convert_20170302214846.jpg
・このコースは何度も木橋や鉄橋を渡る ・13:45 滑沢峠     ・崩壊地も結構登場
P2180056_convert_20170302220801.jpg P2180058_convert_20170302220845.jpg P2180061_convert_20170302220919.jpg
・丸太の階段を登って行くと・・・アセビやヒメシャラの樹林帯の先にブナ林が・・・
P2180062_convert_20170302222213.jpg P2180067_convert_20170302222323.jpg
・くろすけワールドが展開するような巨木も。。。
P2180071_convert_20170302222821.jpg
・またまたブナ林・・・気持ちの良い空間だ!        ・足元にはマリモの様な苔が・・・
P2180077_convert_20170302223131.jpg P2180080_convert_20170302223249.jpg
・14:33 三蓋山1013mだった。               ・アセビを潜り抜け・・・
P2180081_(2)_convert_20170302225248.jpg P2180088_convert_20170302225412.jpg P2180090_convert_20170302230154.jpg
・15:02 つげ峠  ・この辺りから雲海のように光る海がきれいに見えたが、海からの風が冷たい。
P2180091_convert_20170302225534.jpg P2180092_convert_20170302230640.jpg P2180096_convert_20170302230722.jpg
・誰が名付けたか・・・            ・確かに立派なブナが・・・
P2180102_convert_20170302230840.jpg P2180104_convert_20170302230921.jpg

・ヒメシャラの大木が美しい!
P2180108_(2)_convert_20170302232304.jpg

・ブナの巨木が点在する・・・
P2180111_convert_20170302232340.jpg

・見事な貫禄だ・・・
P2180118_convert_20170302232956.jpg
・16:04 猫越峠      ・えぐれた登山道に泥濘も少々   ・アセビに花芽も・・・
P2180128_convert_20170302233924.jpg P2180129_convert_20170302233512.jpg P2180131_convert_20170302233547.jpg
・気持ちの良い森です・・・少し先に・・・・・・水呑頭1010mと手書きで・・・  
P2180132_convert_20170302234644.jpg P2180133_convert_20170302234733.jpg
・枕木の様な階段を登って行くと16:31 猫越岳1034.8m おっ青空が ・すぐ先の山頂火口池
P2180137_convert_20170302235535.jpg P2180138_convert_20170302235605.jpg P2180140_convert_20170302235642.jpg
・夕日に光る海が美しい!     ・アセビの林の階段を下りて行く・・・
P2180147_(2)_convert_20170303001401.jpg P2180150_convert_20170303002304.jpg P2180152_convert_20170303001505.jpg
・17:18 後藤山 も巨木の点在する雰囲気のいい所でした・・・
P2180154_convert_20170303002716.jpg P2180155_convert_20170303003445.jpg
・視界が開けると日没シーンが待っていてくれました・・・
P2180156_(2)_convert_20170303003152.jpg
・ゲートを開け、目の前の仁科峠展望台に向かう ・17:49 展望台からは入り江の町の明かりがきれい
P2180165_convert_20170303004536.jpg P2180166_convert_20170303003952.jpg P2180169_convert_20170303004019.jpg 

タイムリミットで、展望台を下った笹原の中腹で今宵は幕・・・
海風が少し冷たかったですが、夜は満天の星、入り江の夜景も美しく、なかなかの好適地でした。
P2180170_convert_20170303004709.jpg


※2日目に続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/348-6f250105

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫