紅葉の涸沢~北穂高岳を行く②

 2012-10-17
▲2012.10/11(木)曇り~小雨~小雪~曇り~晴 単独

 早朝3:45起床。朝食4:20。今日は涸沢岳~北穂高岳へと縦走予定だが、小屋の受付の方に天気を聞きながら相談すると、今日は雨から雪になる可能性もあるのでこの時期、単独の縦走は危険だと言われてしまった。留まるべきか、進むべきかどうしたもんか迷ってるうちにどんどん時間は経ってしまい最終的に、北穂に直登だったら、時間的に3時間位しかかからないので、何とか行けるのではと思い、計画変更し、北穂の南稜を登る事にした。天気が危ぶまれるが、曇ってるうちに決行しようと、ちょっぴり不安を抱えて6:30出発。階段の急坂を登って行くが、ナナカマドがきれいだ。
・北穂の登山口   ・涸沢ヒュッテ(中央)が小さく見えます
PA110129_convert_20121231004331.jpg PA110135_convert_20130106201530.jpg
・ナナカマドまだ充分きれいです
PA110140_convert_20121231004839.jpg
・一瞬カールに日も差して7:05
PA110147_convert_20130106172328.jpg
・前穂北尾根と小さく涸沢ヒュッテがまだ見える7:16
PA110150_convert_20130106172521.jpg
ゴロゴロ、ゴツゴツの岩場をペンキ印のマークを探しながら登って行くが、ガスッテしまって視界はほとんどない。
・鎖場(降りてくる人を待ってます)7:52と梯子場(右)7:59
PA110153_convert_20121231005252.jpg PA110154_convert_20121231005103.jpg
 途中から、やはり小雨が降ってきました。さらに標高が上がると雨は小雪に変わり、予想していたものの、大雪にならぬよう祈りながら、ひたすら急登を頑張るくろすけでした。
・真っ赤に紅葉したミヤマダイコンソウ8:36   ・草の霧氷?8:59
PA110157_convert_20121231005923.jpg PA110162_convert_20121231010045.jpg
分岐に着く頃には、雨も雪も止み、とりあえずホッとしました。
・分岐9:06 ・北穂北峰山頂9:16到着・・ガスッてて何も見えませ~ん!
PA110163_convert_20130106175238.jpg PA110165_convert_20130102120512.jpg
北峰山頂から小屋までは、すぐの距離。北穂高の小屋に9:18着。まだ早すぎるが、外は天気が悪く寒いので、小屋の食堂で休ませてもらうことにした。まだ誰も登頂した人はいなく、くろすけが一番のりだったようだ。しばらくすると単独の人が2組きたが、それぞれすぐに下山してしまった。その後2階の部屋(ウォールグラート)に案内され、天気の回復を祈りながら、山の雑誌など読みながら過ごす。昼頃になると、登山客も少しずつ現れ小屋の食堂も少しにぎやかになった。昼食にキーマカレー(900円)コーヒー(400円)を頂く。食堂には、クラッシック音楽が流れ、なんとなくおしゃれな空間です。
 午後になると、少しずつ雲がとれ、山頂からは素晴らしい展望が広がりました。涸沢小屋に留まるか随分と揺れましたが、やっぱ来てよかったぁ~!
・常念岳 13:10
PA110166_convert_20130106184430.jpg
・蝶ヶ岳と屏風岩(中央)
PA110167_convert_20130106184652.jpg
・クライマーのメッカ:滝谷
PA110169_convert_20130106182231.jpg
奥穂の横に吊り尾根もジャンダルムも見えてきました。2年前の夏の終りに、やはり単独で西穂~ジャンダルム~奥穂~前穂~上高地へと繋げた大縦走を昨日のように懐かしく思い出されます。(今更ながらひとりでよくやったもんだと・・・。)
・前穂の吊尾根          ・ジャンダルム
PA110195_convert_20130106185322.jpg PA110187_convert_20130106185128.jpg
・前穂の北尾根        ・北穂山頂より槍を望む
PA110185_convert_20121231010255.jpg PA110188_convert_20121231010517.jpg
・槍が岳までの険しい稜線
PA110194_convert_20130106183924.jpg
 日没時の夕焼けは残念ながら期待はずれに終わりましたが、夕食(17:30)は小屋自慢のしょうが焼きと言う事でテーブルが一緒になった人と楽しくおしゃべりしながら美味しく頂きました。この日の宿泊者は15人位?だったかな・・・。下界の涸沢の小屋は、今晩も人であふれている事でしょう・・・。
・夕食(小屋名物のしょうが焼き)
IMG_1419_convert_20121231031506.jpg
 明日は天気が晴との予報・・・期待しちゃおう!
部屋(小さいが4人位は寝れそう)は後から一人来るかもと言われたが、来なかったのでくろすけひとりゆったりと休む事ができました。夜11時頃星を見に山頂に行くと、真っ暗な中で、何やら人の気配が・・・。滝谷の上の星をカメラで収めてるんだとか・・・少しおしゃべりし、満天の星を満喫して部屋に戻った・・・深夜目を覚ますとなんとしんしんと雪が・・・。いっぱい積もったらやばいぞ~。雪の事が気になって、とうとう朝まで何回も起きてしまいました。・・・でも明け方寝たようです。


                    その③へ続く    
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/35-61dd5622

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫