西丹沢/河内川火打沢

 2017-04-24
この青い吊橋(河内川)を渡って。。。
今日のワクワクとドキドキは始まる。。。

P4230016_convert_20170424095953.jpg


幾度も直登できない大滝に出会う。。。
そのたびに緊張を強いられる高巻きの繰り返し。。。
最後まで気の抜けない沢でした。。。

                                    終盤近くの標高570mにて
P4230168_convert_20170424081907.jpg


美しい新緑に心癒されながら
沢の醍醐味を味わった充実の一日。

P4230088_convert_20170424091926.jpg


2017.4/23(日)晴

<西丹沢/河内川火打沢(ヒイチ沢)>
 不老山の西方、番ケ平から流れ出して河内川に注ぐ。里の近くにありながら、知られざる険谷である。短いながらもゴルジュの中に次々と登攀困難な滝が現れ、多くは不安定な高巻きを余儀なくされるが、それだけ魅力を秘めた沢ともいえる。ゴルジュを抜けた後のナメ滝も美しい。東京起点沢登りルート120より抜粋

★メンバーさわね: Kリーダー Mさん くろすけ

 深夜に掛けての大雨も予報通り止み、早朝は少し肌寒い位で家を出た。
乗換駅構内でまた間抜けな事をしでかし、「あ~ぁ…」と自分にあきれながら予定より1本早い電車で新松田駅に着く。8:05発の西丹沢自然教室行きのバスは、臨時便も出たが混むこともなく、40分ほど揺られ向河原で下車。

・沢日和!      ・河内川に掛かる青い吊り橋を渡る   ・小屋の手前で装備し登山道を行く。
P4230011_convert_20170427164242.jpg P4230014_convert_20170427164357.jpg P4230018_convert_20170427183107.jpg
登山道を離れ火打沢に下りると若者3人組と出会う。同じく初めての沢との事。堰堤は右岸を巻く。
P4230020_convert_20170428001212.jpg P4230022_convert_20170428000825.jpg
直ぐに両門状に滝が見えた。
右の本流の10m滝は、直登無理なので右岸を巻く。         ・10m滝のアップ
P4230026_convert_20170427171326.jpg P4230027_(2)_convert_20170427175324.jpg 
・10m滝上の先から下の様子を偵察するリーダー  の写真より先に進み下りる。。。
P4230029_convert_20170428002109.jpg P4230032_convert_20170428004817.jpg
4段30m?滝は右岸を巻き懸垂下降       ・Mさんが下りるところ
P4230035_convert_20170428005248.jpg  P4230043_convert_20170428003510.jpg
・ホッとして進む。。。
P4230048_convert_20170427190347.jpg P4230065.jpg P4230056_convert_20170427190501.jpg   
15m滝の登場、やはり直登は無理…
15m滝手前の左岩壁残置ロープ(+ リーダーが安全のためロープ出す)を利用して登り巻く。慎重に
P4230061_convert_20170428014536.jpg P4230063_convert_20170428014603.jpg
・急斜面(ザレていて滑りやすい)を慎重にトラバース。(写真では伝わりませんね。
P4230068_convert_20170427193707.jpg P4230066_convert_20170428015426.jpg
沢床に下りるにもリーダーが場所を検討しながら。。沢床の大岩の先に下りる事になった。
P4230073_convert_20170427193045.jpg P4230074_convert_20170427192204.jpg
広い河原状になってきた所で昼食。 
緊張の連続で水分を摂るのも忘れていた。。。ミルクティーがしみいる様に美味し~い!
桜の花びらが散りばめられた河原、キラキラ光る沢の流れ、眩しいほどの新緑。。。
穏やかな時間が流れていた。。。
P4230089_convert_20170427201416.jpg P4230084_convert_20170427203000.jpg
くろすけ緊張から解放されちょっと食べすぎ。。。
さぁ、後半も頑張らなくっちゃ。。。
・460m二俣を右に                    ・トイ状はお助けが出て。。。
P4230093_convert_20170428013133.jpg P4230101_convert_20170428013208.jpg
・チョイへつり。。。                ・平常心で。。。
P4230108_convert_20170427204018.jpg P4230114_convert_20170427204044.jpg
・苔がきれい。。。              ・山吹の花がいい感じだったが、倒木が・・・
P4230124_convert_20170427204114.jpg P4230131_convert_20170427204142.jpg
・小滝とナメを楽しむ。。。
P4230140_convert_20170427210035.jpg P4230144_convert_20170427210104.jpg
・525m二俣を左に   ・先に見える滝は濡れたくないので巻いた
P4230150_convert_20170427214416.jpg P4230151_convert_20170427214704.jpg P4230157_convert_20170427214754.jpg
・560m二俣を右に                ・おっ、小滝の先に何やら大きな滝が見えて来た
P4230158_convert_20170427212453.jpg P4230163_convert_20170427212821.jpg
・570m お~、深いゴルジュ内に二つの大滝、本流右の10m滝は直登できないので巻く。。。
巻き方は他の方々の資料も参考にしたが、結果的には全く別のルートで。。。①中央ガレ場を登り。。。
P4230167_convert_20170427213457.jpg P4230174_convert_20170427215911.jpg
②更に左側ザレ場を慎重に詰めて行き、右へトラバース。檜林を降りて行くと下に590mの二俣が見えていた。
P4230176_convert_20170427220059.jpg P4230177_convert_20170427221316.jpg P4230179_convert_20170427221409.jpg
・590m二俣を右へ進んで行く ・9m滝は、リーダーとくろすけは右岸、Mさんは左岸(鎖有り)から巻いた
P4230185_convert_20170427224725.jpg P4230188_convert_20170427223951.jpg
この小滝が最後だった。。。普通に登ったが、くろすけはチビなのでチョイ濡れた。。。
この後、二俣を右に入り、水も枯れ藪っぽくなってきた所(740m)で左岸へ上がり登山道を目指す。。
P4230198_(2)_convert_20170427224512.jpg P4230204_convert_20170427230218.jpg P4230208_convert_20170427225757.jpg
・10分程で不老山の登山道へ出た。針葉樹~新緑ゾーンへと。 ・ミツバツツジが「お疲れ様」とほほ笑む
P4230209_convert_20170427232519.jpg P4230214_convert_20170427233038.jpg P4230215_convert_20170427233114.jpg
茶畑と吊り橋は記憶にあり調べたら、不老山は2008.2/17に登っていた。同じ道を沢登りをして下りて来るなんて、その頃は想像だにもしていなかった。本当に人生はわからないものだ。。。
約1時間ほどでバス停へ戻り、最終バスに間に合う事が分かりホッとした。バスを待つ間に装備を解き、荷物を整理する。
帰路は、山北駅で下り、さくらの湯で汗を流し、御殿場線で松田駅~小田急線新松田駅へと。。。お疲れ様でしたぁ~。Kリーダー、Mさんお世話になりました。ありがとうございました。m(__)m
P4230216_convert_20170427233158.jpg P4230220_convert_20170427234021.jpg P4230219_(2)_convert_20170427233301.jpg


 今回の沢は緊張を強いられる高巻き(崩れやすい・滑りやすい急斜面の上り下り)のシーンが多かったので、珍しく他の物に目を移すゆとりなくくろすけ的いろいろな発見はできませんでしたが、中身の濃い充実した遡行となりました。帰りの電車では、人身事故の影響とかで予定より1時間以上も遅くなってしまい、前夜ほとんど寝てない事もあり、帰ったらバタンキューでした。
あ~でも、沢はやっぱり楽しい!最高! 

今日もくろすけの沢やか人生に乾杯! 

※追記
 大手町の乗換駅構内で落としたお気に入りの帽子は、有難いことに拾われ、飯田橋駅の忘れ物取り扱い所にあることがわかり、昨日(26日)取りに行ってきました。今年になって帽子は。。。2度目です。3度目がないように厳重注意! ですね。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。

くろすけさんの沢のシーズンがいよいよ開幕ですね!
まだ、ちょっと寒そうですが・・
ご覧になったスミレは、シロバナナガバノスミレサイシンで間違いありません。
5弁の花は、ツルシロカネソウだと思います。
【2017/05/02 21:47】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
カッパ さんへ

こんにちは。

スミレの名前、カッパさんに断定して頂いてスッキリしました。
また、ツルシロガネソウもありがとうございました。

珍しくもない花達なのでしょうが、くろすけにとって初めての出会いだったのでメチャ嬉しかったです。



【2017/05/03 16:33】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/368-bc724132

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫