カラスの巣

 2012-04-30
2012.4/30(月)
 勤務先の駅前に高さ25m位の大きな銀杏の木がある。4月半ばの雨上がり、銀杏の芽吹きに見とれながら歩いていると、木のてっぺんから2m位下がった場所に、ムムッ!何やら発見!もしかして・・・カラスの巣?
後日カメラを望遠にして撮ってみると・・・結構大きな巣だ。
IMG_8189_convert_20120510123214.jpg IMG_8187_convert_20120510124101.jpg
IMG_8188_convert_20120510124422.jpg
 その後、時々観察してみたが、巣のそばにカラスがいたのを見たのはたった1回きり・・・
はて~?と思いながらネット上で色々調べてみたら、どうもカラスは賢くってダミーの巣も作るらしい・・・
カラスの卵は、うずらの卵大でくすんだ緑色を帯びた褐色地に黒い斑点模様がついているらしいが、
ドアップにして見ると、(画面ではわかりにくいが)卵のような物が見えるような、見えないような・・・
 まっ、生まれて初めてカラスの巣を見たので、ちょっと取り上げてみたが、人間様に嫌われもののカラスではあるが、巣の作りを見ると知恵のあるカラスらしく、小枝の他に針金ハンガーなども上手に利用して頑強な巣(中央には15~20㎝の産座という部分があるらしい)を匠の技で作っている。・・・自然界ばかりではなく、街場で生きる様々な生物も生きにくくなっているに違いないが、彼らの創意工夫には感心することしきり・・・実に面白い!
 今は銀杏の木もすっかり新緑におおわれ、巣の存在すらわからなくなっている。
IMG_8288_convert_20120510122712.jpg
<おまけ>
 童謡で「かわいい7つの子があるからよ」と歌われているが、実際にはカラスの卵は4~5個らしい。
古来、熊野の神の使いとして知られ、またその鳴き声は不吉なものとされている・・・とetc
これはみんな人間が勝手に思い創りあげたもの・・・人間の勝手でしょ?・・・カラスの勝手ではありません
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/5-f9cbe4c2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫